コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

守護神

沢村拓一、山口鉄也・松本哲也・長野久義に続く新人王

日本プロ野球2011年シーズンの新人王(最優秀新人)が決まった。
セ・リーグは読売ジャイアンツ(巨人軍)沢村拓一投手、23歳。
パ・リーグは埼玉西武ライオンズ牧田和久投手、27歳。

沢村拓一は29試合に登板し、11勝11敗。
前評判どおりの実力を発揮し、今季の新人でただ一人の2ケタ勝利を収めた。
セ・リーグ3位の防御率2.03も立派だ。
新人王が投球2百回を超えたのは、セ・リーグでは1964年の高橋重行以来。
巨人では1962年の城之内邦雄以来。
セ・パ両リーグを通じて1990年の野茂英雄以来。

沢村拓一は、周囲の期待の大きさを胸に刻んで投げた。
受賞の記者会見では、3年やって一人前と自分を戒めた。
昨季の新人王・長野久義は首位打者を獲得した。
沢村拓一は巨人のエース、セ・リーグの最多勝利投手を目指す。

なお、2008年の山口鉄也投手、2009年の松本哲也外野手、2010年の長野久義外野手に続く同一チームからの4年連続新人王選出はプロ野球史上初の快挙である。

牧田和久はチームトップの55試合に登板し、5勝7敗22セーブ。
シーズン途中から“守護神”として活躍した。
西武からの新人王は、1999年の松坂大輔以来12年ぶり。
パ・リーグで20セーブ以上を記録しての新人王は、1995年の平井正史、2004年の三瀬幸司に次いで3人目。
社会人出身の牧田和久はマイペース調整を貫き、開幕時に先発枠を得て、交流戦後に抑えに回った。
最下位から3位に躍進したチームを支えた。
牧田和久は先発に戻ることが決まっており、2ケタ勝利を目指す。
アンダースロー(下手投げ)ではチームの先輩の松沼博久が新人王になっているが、珍しい。

⇒2011年4月19日「牧田和久サブマリン…手玉に取る頭とテンポ」はこちら。

新人王は、新聞・通信・放送各社の取材経験5年以上のプロ野球担当記者の投票で決定される。

以下に、「澤村拓一、ぶっちぎりセ・リーグ新人王…巨人4年連続選出」と題する2011年10月17日のブログをそのまま収める。

                       ◇◆◇

読売巨人軍(ジャイアンツ)の2010年ドラフト1位指名のゴールデンルーキー、澤村拓一投手が2011年セ・リーグ新人王を獲得することが確実になった。
ぶっちぎりの活躍を示し、対抗馬が見当たらない。
これにより巨人から4年連続で選出される。

澤村拓一はシーズンを通して先発ローテーションの一角を担った。
私が予想したとおりの実力をコンスタントに発揮しつづけた。
試合をつくれなかったのは2〜3度にすぎない(おそらく)。
大崩れがなく、非常に安定していた。
監督が1年間当てにできる新人投手は滅多に入団するものでない。

ただし、私が考えていたのは15勝以上であり、勝ち星でかなりの差が生じた。
統一球(飛ばない公式ボール)の採用が影響したのか、巨人打線は極度の不振にあえぎ、得点力が大幅に低下した。
打線が元気だったら、15勝を上回ったはずだ。
巨人は2〜3シーズン前の破壊力が消え失せた。

澤村拓一は10月14日に先発し、調子が悪いながらも中日ドラゴンズのセ・リーグ連覇を阻止した。
無四球2失点完投。
これが今季最終登板だろう。
ついに、先行する負け星に勝ち星が追い付いて11勝11敗。
結局、試合数28、投球回数 196 2/3、防御率1.97、完投5、完封1、奪三振 171。

年間2百イニング近く投げる投手の存在は大きい。
負けが多いが、逆に言えば、終盤まで試合をつくった証拠である。

なお、原辰徳監督が今季最終試合で澤村拓一の2百イニング投球をサポートするかもしれない。
最多勝利を競う先発・内海哲也投手のリリーフに回る?
むろん、試合展開による。

                       ◇

澤村拓一(沢村拓一。さわむら・ひろかず)。
1988年4月3日、栃木市生まれ。
184cm、90kg、A型。
佐野日大高、中大を経て、念願の読売巨人軍(ジャイアンツ)に入団した。
注目のドラフトは実質、逆指名になった。
重い速球を武器とする本格派右腕。

澤村拓一は野武士のような不敵な面構えながら、実直で求道的な雰囲気も漂わせる。
研究熱心で、鍛錬を怠らない。
また、負けん気が強く、度胸があってプロ向き。

クライマックスシリーズ(CS)では、巨人投手陣の軸として一番の活躍を見せるのでは…。
来季にはエースとして開幕投手を務めそうだ。

◆書き加え1(10月16日)

巨人は本拠地・東京ドームで中日に3タテを食わせ、胴上げを阻止した。
シーズンの最後に意地を見せた格好。
また、Aクラスを決めた。
クライマックスシリーズ(CS)進出へ勢いのつく勝ち方だ・・・。
これで、阪神タイガース・真弓明信監督の首が飛んだ。
勝負の世界は厳しい。

◆書き加え2(10月20日)

巨人の今季最終試合は本拠地の東京ドーム。
つまり、後攻。
残り3 1/3の澤村拓一の2百イニング投球と内海哲也の最多勝利を両方叶えるには、澤村拓一が先発して内海哲也がリリーフに回るほかにないと気づいた。
例えば、澤村拓一が4回まで投げ、巨人がリードした状態で内海哲也に引き継ぐ。
どうなる?

                      ◇◆◇

読売ジャイアンツ・澤村拓一投手に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年6月7日「澤村拓一の面構えとオーラ…真っ向勝負の魅力!」はこちら。

⇒2011年4月21日「澤村拓一、巨人黄金伝説の扉を開ける」はこちら。

⇒2011年2月12日「沢村拓一は伝説の投手になれ…城之内邦雄」はこちら。

⇒2011年2月11日「沢村拓一に開幕投手テスト…巨人原辰徳監督」はこちら。

⇒2011年2月7日「沢村拓一が宮崎牛に舌鼓…巨人1軍キャンプ」はこちら。

⇒2011年2月4日「沢村拓一15番、斎藤佑樹18番…実力はどちら?」はこちら。

⇒2011年2月3日「勝ち星予想…沢村拓一・斎藤佑樹・大石達也」はこちら。

⇒2010年11月12日「沢村拓一は巨人の開幕投手、即沢村賞も…」はこちら。

⇒2010年11月6日「公家の斎藤佑樹と武士の沢村拓一…セ・パ交流戦対決」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

なでしこジャパン澤穂希、川島永嗣の眼光…W杯

サッカーの話題が私の耳に入ってくる。
きょう開幕するサッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会。
世界ランキングを過去最高の4位に上げた「なでしこジャパン」は初優勝を目指し、6大会連続で出場する。
16チームが参加。
日本代表はスピードと組織力を磨き、2008年北京夏季五輪(オリンピック)で4位に入り、メダルまで後一歩の力をつけている。
ワールドカップでは機敏なパス回しと緊密な連係により、体格とパワーで勝る強豪国に立ち向かう。

日本代表は1次リーグのグループBで、6月27日にニュージーランド戦、7月1日にメキシコ戦、7月5日にイングランド戦を行う。
いずれも格下なので、勝ちあがるだろう。

「なでしこジャパン」の主将(キャプテン)はMF澤穂希(沢穂希。さわ・ほまれ)。
1993年からW杯5大会連続出場となる32歳(INAC)。
眼光が鋭く、闘争心が表情に出ている。
澤穂希は選手生活の集大成としたいと抱負を語っていた。
有終の美を飾れるだろうか。

                       ◇

ところで、私はJリーグの発足時、サッカーがこれほどまでに日本人から支持されるようになるとは夢にも思わなかった。
プロ野球の人気をだいぶ前に超えたということはないのだろうか。

先だってNHK総合テレビに川島永嗣が出演していた。
それが何の番組か、どんな内容か、私は分からない。
テレビに映った彼の顔、そして目は、試合中と打って変わってとても穏やかだった。

以下に、「守護神・川島永嗣の目力と映画・大魔神の睨み」と題する2011年2月1日のブログを収める。

                      ◇◆◇

サッカー・アジアカップの決勝戦。
日本代表は延長戦前半に得点し、単独最多となる4度目の優勝を果たした。

堅守が光ったが、私が驚嘆したのはGK川島永嗣の神がかりのファインセーブである。
オーストラリア代表からすれば、決定的なチャンスを2度封じられたことになる。

川島永嗣は、ペナルティキックやPK戦で自分のポジションを確認するかのように足を踏ん張り、両手を広げる仕草をする。
あるいは、敵を威圧するかのように…。
彼に限らず、ゴールキーパーはたいていそうかもしれない。

が、川島永嗣はその際の眼光がとくに鋭い。
試合直後のインタビューでは興奮しているせいか、目を一杯に開き、目玉をギョロつかせる。
私は、その表情をどこかで見た記憶があるが、どうしても思い出せなかった。

それがようやく判明した。
長野県・伊那中学校時代に見た大映映画「大魔神」だった。
特撮時代劇。
大魔神はそこに登場する“守護神”の名称である。
戦国時代、穏やかな表情の石像が悪事に怒り、恐ろしい相貌にに一変する。
大魔神は目を一杯に開き、まばたきをしない。
そして、血走った目玉をギョロつかせ、悪人を追い詰める。

守護神・川島永嗣の目力は、映画・大魔神の睨みにそっくりだ。
1対1に持ち込んだキューウェルが決められなかったのは、川島永嗣の気迫に圧倒されたからか・・・。

日本代表の勝因は、ザッケローニ監督の采配、チームのまとまり、控えを含めた選手個々の頑張り。
決勝戦に関しては、とくにDF長友佑都の突破力とGK川島永嗣の防御力が大きく貢献した。
素晴らしい戦いぶりだった。

ところで、サッカーアジア杯日豪決勝戦の平均視聴率は33.1パーセント、瞬間最高視聴率は37.5パーセントだった(ビデオリサーチ調べ。関東地区)。
関西地区は若干高い。
これはテレビ朝日系列の数字。
私の書斎のテレビでは映らないが、NHKBS1も生中継したはずだ・・・。

日本代表は1月31日、ドーハから成田空港着と関西空港着の2便に分かれ、凱旋帰国した。
おめでとう。
お疲れさま。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ