コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

客室稼働率

宿泊客満足度…タカクラホテル福岡

私は先だって、福岡でもっともお気に入りの「タカクラホテル福岡」に滞在しました。
かつて石原裕次郎が愛した隠れ家です。
立地は繁華街からちょっと外れており、建物はこじんまりしています。
館内はとても落ち着き、室内は至って快適です。
利用案内の冒頭に、「ご自宅のようにごゆっくりと」「私どもはプチホテルならではの家庭的なあたたかいおもてなしを心がけております。」と記されています。

しかし、福岡の発展と社会の変化につれ、有名ホテルが相次いで進出してきました。
老舗の「タカクラホテル福岡」とて、厳しさを増す生き残り競争のなかで安閑としていられません。
おもに客室稼働率と宿泊料の低下により、ほとんどのホテルはサービスや食事の質を落とさざるをえません。
JTBなどの調査によれば、「タカクラホテル福岡」は宿泊客満足度で高水準を維持しています。
どうか頑張ってください。

私は「提案営業研修」の合宿で同ホテルを利用しました。
時間が朝から深夜に及ぶので講師も受講者も地獄ですが、「タカクラホテル福岡」の心地よい環境ならそれほど苦になりません。
これが仕事でなければ申し分ないのですが・・・。

私は、京都より西に行ったことがないという会津若松生まれの妻を、一度は福岡に連れてきたいと考えています。
そのときには「タカクラホテル福岡」に泊まります。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

都市ホテルが値下げ競争

人気ブログランキング←応援、よろしく!

都市ホテルのダンピングが目立つ。
2003年頃から日本経済が好調に推移しはじめた。
客室稼働率の上昇にともない、宿泊料が回復軌道に乗った。
だが、ここにきて雲行きが怪しく…。

私のケータイやパソコンにネット系旅行代理店から、比較的高級なホテルの特別プランと称する案内が連日届くようになった。
とくにケータイメールは急増している。
パソコンメールより販促上の即効性が高いからか。
直前になり、慌てふためいて空室を埋めようとしている印象である。

どのホテルも格安にする理由をうたい、もっともらしい名前をつけている。
ここをきちんとやっておかないと、定価やそれに近い金額で予約した利用者からクレームが入る。
また、そうしたときにスタッフが対応できない。
しかし、ホテルがどんなに予防線を張ろうが、宿泊料の大幅値引きという事実に変わりはない。

なかでも部屋のタイプが限られ、広さやグレードに差が少ないところは大変である。
実際、こうしたホテルでは、同一の部屋で何とおりもの価格設定がなされている。
驚くほどの開きがある。
川柳20080528-01
概して、そのホテルにこだわる人は予約が早くなり、どのホテルでもかまわない人は予約が遅くなる。
そして、前者ほど料金面で不利である。
そのホテルに価値を認めている利用者からたくさんおカネをいただくという考え方はどうだろう。
大切にすべき顧客に損をさせていないか。
昨今、「早割」などの制度を設けるホテルも現れたが、業界全体にはびこる不合理を解消するには至らない。

私は零細企業の経営者であり、全国を飛び回る講師・コンサルタントである。
最多で年間2百日近く宿泊するので、都市ホテルの値下げ競争は大歓迎。
先に述べた料金体系の混乱は納得できるものでない。
しかし、それが現実である以上、私は企業防衛・生活防衛のために賢い利用を心がけている。

                      ◇

東京ではここ数年、世界中に展開する外資系高級ホテルが華やかな話題を振りまき、相次いで開業した。
威容の凄いこと。
やっかみ半分で宿泊料を調べたら、私が普段支払っている金額の数倍だった。
これで回していけるのか不思議だったが、実際には大盛況だったらしい。
カネに糸目をつけない人が大勢いるものだ。

ところが、サブプライムローン問題の発生により先進国で景気後退が起こり、羽振りのよかった金融関係を中心にエグゼクティブクラスのビジネスマンの日本出張が減った。
また、日本の富裕層も財布の引き締めに走った。
この1年で、外資系高級ホテルは客室稼働率が大幅に低下している。

…当初から顧客の争奪戦が勃発するのではと懸念されていた。
だが、折からの好況、さらにミニバブルの恩恵に与り、そうした問題が表面化しなかったのだ。
外資系高級ホテルが船出したばかりで、もう生き残りを模索しなければならない状況に追い詰められるとは気の毒なこと。

もし私が利用できる水準まで料金が落ち込むことがあれば、1回くらいは宿泊してみたい。
不謹慎だが、楽しみ。
さぞかし立派で快適な部屋だろうなぁ。

Copyright ©2008 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!(1日1クリック)
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ