脱秀才宣言まで飛び出す

四大陸フィギュアスケート選手権の女子シングル。
ショートプログラム(SP)で1位の宮原知子はフリースケーティング(FS)でジャンプに回転不足と転倒が出て、同じ平昌五輪代表の坂本花織に逆転されました。
前年の覇者の三原舞依にも抜かれ、3位に甘んじています。
(さとちゃん、かち〜ん。)

大会前から左足甲に炎症

最大の持ち味だった「安定感」がもろくも崩れてしまいました。
濱田美栄コーチによれば、大会前から左足甲に炎症が出ていて、本人は不安を感じながら出場していました。
全日本選手権の状態を百とすると60くらいだったようです。
私はそれを知り、ちょっと安心しました。

category:宮原知子ブログはこちら。

2014年から日本勢トップ

宮原知子はこの四大陸選手権まで、全日本選手権だけでなく、2014年シーズン後に出場したGPシリーズ、GPファイナル、四大陸選手権、世界選手権の主要大会で日本勢のトップを守り抜いています。
よほど悔しかったのでしょう、試合後に「あまり自信がなくて」と涙を流しています。
(心のバリアーが取れたせいか最近は感情が素直に表れます。)

四大陸選手権は平昌五輪へ向けた最後の調整の機会だったのですが、実際に敗れてみるとショックを受けました。
「自分に負けてしまった。この瞬間から気持ちを切りかえていきたい」と語りました。

哲学じみたコメント発信

宮原知子は一夜明け、笑顔が戻りました。
「考えた結果、考えることをやめた」と哲学じみたコメントを発しています。
「もっと単純になりたい」と脱秀才宣言まで飛び出しています。

category:宮原知子ブログはこちら。

曲かけ・通し練習を倍増

さらに、台湾から帰国して、耳を疑う決意を明かしました。
平昌五輪まで練習量を倍増するというのです。

本番で自信を持てるようにするため、一日1回のSPとFSの曲かけ・通し練習を多くします。
これまでの「練習の虫」に磨きをかける作戦です。

復帰間もない体が悲鳴を上げるということはないのでしょうか。
また、炎症を起こしている左足甲がパンクしないのでしょうか。

宮原知子は四大陸選手権の出来を踏まえ、「ジャンプを見直さないといけない」と課題を口にしていました。
トップアスリートは皆、悔しさをモチベーションとして得点を伸ばしてきました。
それは承知していますが、私はかなり無謀と考えます。

奇跡的な追い込みでつかんだ初の五輪代表切符ですから、何としても故障は避けてほしい。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月12日「宮原知子と坂本花織は四大陸選手権で調整」はこちら。

⇒2018年1月7日「宮原知子選手に憧れました・・・」はこちら。

⇒2017年12月31日「宮原知子の演技はお年玉並みの安定感」はこちら。

⇒2017年12月29日「宮原知子といえば練習の虫、辛抱の天才」はこちら。

⇒2017年12月25日「エース宮原知子と伸び盛り坂本花織が平昌五輪代表」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!