濱田美栄コーチは負担と疲労を心配

フィギュアスケートの女子シングル。
平昌五輪代表の宮原知子は、本番へ向けての調整の機会と位置づけて四大陸選手権に出場しました。
それと、本番へ向けての最後の実戦と位置づけて出場したはずです。

宮原知子は長期のけがから復帰してGPシリーズ2戦、GPファイナル、全日本選手権の4大会で滑りましたが、自分の気持ちとしては試合の感覚をもっと磨いておきたかったのでしょう。

実は、濱田美栄コーチは出場を見送るように助言しました。
練習の強度を上げ、短期間で4試合に出場した身体的な負担と疲労を心配したのです。
それに対し、宮原知子は自ら志願して四大陸選手権に出場しました。
(私は後で知ったのですが、これが強行出場気味でした。)

宮原知子はジャンプで痛みを感じる

宮原知子はショートプログラム(SP)で1位に立ちましたが、フリースケーティング(FS)で3位に落ちました。
SPで僅差の2位につけていた平昌五輪代表の坂本花織に逆転されたというより、自分のミスで敗れました。
平昌五輪代表になれなかった昨年の覇者、三原舞依にも抜かれています。

濱田美栄コーチが試合後に明かしたのは、1月上旬に右足甲に炎症が出て、本人が大会前に不安を感じていたことでした。
ジャンプを跳ぶときに痛みを感じるとかで、安定感が持ち味の宮原知子がFSの演技後半の3回転サルコウで転倒したわけが分かりました。
ロシアのエフゲニア・メドベージェワもそうでしたが、滅多に転ばない選手が転ぶときにはたいてい故障を抱えています。

category:宮原知子ブログはこちら。

選手にブレーキをかけるのは難しい

宮原知子は記者会見で「自信がなかった」と語り、悔し涙を流しました。
ならば、私は休むべきだったと思います。
本人が課題と話していた「回転不測の克服」も果たせませんでした。

優秀なコーチでも選手の頑張りたいという気持ちにブレーキをかけるのは難しい。
(羽生結弦でも現役を引退した浅田真央でもそうでした。)
本人の意向を無視して出場をやめさせると信頼関係が崩れてしまいます。

膝を交えて話し合っても選手の意思が変わらなければコーチが譲るほかにありません。
我慢、我慢の職業なのです。

敗北経験をモチベーションに変える

私がちょっと救いを感じたのは、全日本選手権を 100とするなら、四大陸選手権は60くらいの状態だったという言葉です。
本人は「ジャンプの面で見直さないといけない。そこをしっかり調整したい」と口にしました。
この敗北経験をモチベーションに変え、本番までにコンディションをしっかりと整えてくると信じます。

ロシアの2選手の平昌優位は動かず

平昌五輪ではロシア(個人参加)のエフゲニア・メドベージェワとアリーナ・ザギトワの2選手の優位はまず動きません。
欧州選手権で苦もなく 230点台を出し、金メダル争いは 240点前後になりそうだと感じさせました。

しかしながら、銅メダルを争う選手にはそれほど大きな力の差がありません。
日本の2選手に加え、ロシアのマリア・ソツコワ、カナダのガブリエル・デールマンとケイトリン・オズモンド、米国のブラディー・テネルと長洲未来、イタリアのカロリーナ・コストナーの名前が挙がります。

宮原知子はけがの苦労を味わっていますので、復帰戦のエフゲニア・メドベージェワの演技を称えています。
おおいに刺激も受けたはずです。

category:宮原知子ブログはこちら。

宮原知子は 225点で銅メダルに届く

「練習の虫」とされる宮原知子は努力を積み重ね、技術力を高めただけでなく表現力を培ってきました。
世界のトップクラスの選手と演技構成点でも引けを取りません。
(観戦して楽しめるようになりました。)

女子シングルではSPで75点を出せると、FSで 145点を出すことで 220点台に届きます。
宮原知子も坂本花織もSPの点数をいくらかでも伸ばしたいところです。

私は3位に食い込むには 225点が必要になるのでないかと考えています。
そこにもっとも近いのはノーミスで滑ったときの宮原知子でしょう。
ちなみに、宮原知子の自己ベストは218.33点です。
右足甲の痛みは心配ですが、万全な状態で滑るなら決して不可能な点数でありません。
(ロシアの2選手が致命的なミスを犯せば、順位が引っ繰り返ることもありえます。)

本人も表彰台に狙いを定めています。
やってくれるでしょう。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月30日「宮原知子、平昌「練習の虫」作戦は大丈夫か?」はこちら。

⇒2018年1月12日「宮原知子と坂本花織は四大陸選手権で調整」はこちら。

⇒2018年1月7日「宮原知子選手に憧れました・・・」はこちら。

⇒2017年12月31日「宮原知子の演技はお年玉並みの安定感」はこちら。

⇒2017年12月29日「宮原知子といえば練習の虫、辛抱の天才」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!