コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

小塚崇彦コーチ

高橋大輔に現役復帰のサプライズはあるのか

日本のフィギュアスケート男子シングルには羽生結弦とその背中を懸命に追いかける宇野昌磨という「2枚看板」がおり、私を楽しませてくれます。
とくに羽生結弦はオリンピックやフィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルなどで頂点に立ち、フィギュア人気をさらに高めることに貢献しています。

これで文句を言ったら罰(ばち)が当たりますが、私は高橋大輔が出場しない全日本フィギュアスケート選手権はつまりませんでした。
国際大会では気にならなかった物足りなさを国内大会では感じました。
自分にとって大事な何かが欠けていたのです。

「つまらない」は言いすぎだとしても、「味気なかった」のは確かです。
得点や順位にかかわらず、ぜひとも演技を見たい選手の数少ない一人でした。

五輪王者の羽生結弦は高難度ジャンプなどの技術だけでなく表現でも魅了します。
が、彼の表現は高橋大輔の表現と質が異なります。
高橋大輔は人懐っこさも相まって、演技そのものの楽しさが格別でした。

私は高橋大輔に全日本選手権2017に挑んでほしい。
アイスリンクに姿を見せるだけで熱烈に応援するファンが大勢現れるし、何より大会が盛り上がります。

⇒2016年12月29日「高橋大輔はこちんこちんでいいのか」はこちら。

高橋大輔はインタビュアーよりも選手のほうが断然似合います。
全日本選手権と2018年平昌冬季五輪への出場を目指した「現役復帰」のサプライズははたしてあるのでしょうか。
(全日本選手権後の本人の記事によれば、ないとのこと。)

現役復帰が難しいというのなら、指導者の道を歩み、「大輔2世」を世界の大舞台に送り出してほしい。
彼は清潔で柔和な性格ですので、十代の女子選手のコーチにも適していると思います。
(私は、苦しんでいる浅田真央に「救いの手」を差し延べてもらえないかと願っているほどです。)

小塚崇彦が先頃、自分が教わったスケーティングの技術を次世代に伝える役割を果たしたいと表明しました。
彼はもともとスケート一族のサラブレットであり、この仕事に関わるのは「宿命」みたいなものでした。
いきなりメインコーチは務まらないので、アシスタントとして始めることになるでしょう。

高橋大輔と小塚崇彦は現役時代のように、若い有力選手の育成を激しく競い合ってほしい。
ならば、「フィギュア王国」は安泰です。
私はキス&クライで教え子(選手)と笑顔を浮かべる二人を想像するだけで、わくわくします。
そうした光景を早く見たい・・・。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2016年12月29日「高橋大輔はこちんこちんでいいのか」はこちら。

⇒2014年10月19日「高橋大輔から小塚崇彦へ」はこちら。

⇒2014年10月16日「高橋大輔、人を楽しませる天才」はこちら。

⇒2014年10月15日「高橋大輔、ありがとう、お疲れさま」はこちら。

⇒2014年2月23日「真央と大輔がソチでカップル」はこちら。

⇒2014年2月22日「浅田真央と高橋大輔、ソチエキシビション」はこちら。

⇒2014年2月15日「高橋大輔、ソチメダルへ…フリーで巻き返し」はこちら。

⇒2014年2月6日「高橋大輔に気の毒…ソチ直前の佐村河内守騒動」はこちら。

⇒2014年1月10日「高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う」はこちら。

⇒2014年1月5日「高橋大輔は文句なしに選ばれたわけでない」はこちら。

⇒2013年12月24日「高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?」はこちら。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔はこちんこちんでいいのか

高橋大輔が全日本フィギュアスケート選手権のテレビ放送でナビゲーターとやらを務めました。
ワニの一種ではありません。
金曜日の夜、男子シングルでは選手に負けないくらいの緊張が伝わってきました。
インタビューなどこちんこちんです。
気のせいか、顔が青白く、引きつって見えました。

どうかすると、演技を終えた選手より緊張が感じられます。
それとも現役の苦労だの心の痛みだのが分かっているので、遠慮があるのかもしれません。
彼のキャラクターでなければ行えない、ざっくばらんで突っ込んだ質問を期待していましたが、抑えている気がしました。

私としてはインタビューを済ませたらアイスリンクに飛び出し、「こうやって滑りなさい」と選手に手本を示してほしかった。
大会運営がめちゃくちゃになり、翌朝のスポーツ新聞のトップを飾ったことでしょう。

・・・高橋大輔が現役を引退してからかなりの歳月が経っています。
発表は2014年10月でしたが、実質は同年ソチ五輪が最後でした。
私としては、男子シングルを観る楽しみがハーフハーフになりました(←意味不明)。
このところ音信を聞くこともなくなりました。
現在は何をして過ごしているのでしょう。

実は、私は全日本選手権の男子シングルの演技にがっかりしました。
それぞれの選手が目標を持ち、練習を積んできたことは承知していますが・・・。

5連覇のかかる羽生結弦がインフルエンザで棄権した時点で、宇野昌磨の優勝が決まってしまいました。
競技なのに、勝負の興味が失われたわけです。

⇒2016年12月23日「宇野昌磨は全日本初優勝よりも3百点超えを!」はこちら。

その宇野昌磨も勝って当然という重圧に押しつぶされたのか、それとも自分が大会を盛りあげなくてはという気負いが出たのか、ジャンプを含めた演技全般が固かった。
勢いと愉悦が感じられる以前の滑りが消えていました。

そして、私がもっとも思ったのは、羽生結弦と宇野昌磨に続く選手が見当たらなかったということ。
女子シングルは十代半ばくらいの有望な選手が大勢います。
大人への身体的な壁があり、将来は不透明だとしても、期待を抱かせてくれます。

⇒2016年12月24日「女子はすごい・・・全日本フィギュアSP」はこちら。

ところが、男子シングルは若い世代がほとんど育っていません。
羽生結弦と宇野昌磨はオリンピックで金メダルを争えるレベルに達しており、突出しています。
二人と比べるのは気の毒な気もしますが、開きが大きすぎます。
しかも、大学生が中心になっていて平均年齢が高く、伸び代の大きい十代半ばの選手があまりいません。
「フィギュア王国」は、男子シングルについては維持が難しくなりそうです。

私は、高橋大輔に若い世代を育ててほしいと思います。
日本男子の最年長選手として活躍し、豊富な経験と実績を持ちます。
表情は優しいですが、厳しさを備えており、コーチに適任でないでしょうか。

あくまで私の目からですが、現役としては不完全燃焼に終わった小塚崇彦についても同じ。
二人がコーチとして日本選手権で激突するのも楽しみです。

⇒2016年4月20日「小塚崇彦、不完全燃焼の現役引退」はこちら。

◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年10月19日「高橋大輔から小塚崇彦へ」はこちら。

⇒2014年10月16日「高橋大輔、人を楽しませる天才」はこちら。

⇒2014年10月15日「高橋大輔、ありがとう、お疲れさま」はこちら。

⇒2014年2月23日「真央と大輔がソチでカップル」はこちら。

⇒2014年2月22日「浅田真央と高橋大輔、ソチエキシビション」はこちら。

⇒2014年2月15日「高橋大輔、ソチメダルへ…フリーで巻き返し」はこちら。

⇒2014年2月6日「高橋大輔に気の毒…ソチ直前の佐村河内守騒動」はこちら。

⇒2014年1月10日「高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う」はこちら。

⇒2014年1月5日「高橋大輔は文句なしに選ばれたわけでない」はこちら。

⇒2013年12月24日「高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?」はこちら。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

小塚崇彦、不完全燃焼の現役引退

フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪代表の小塚崇彦(27歳)が「スターズ・オン・アイス東京公演」の最終日に出演し、ファンに別れを告げた。
すでに現役引退を発表していた。
最後の演目は坂本龍一の「エピローグ」だった。
演技の終了後にファンからスタンディングオベーションを受けると感極まり、目頭を押さえた。

小塚崇彦はスケーティングの技術に定評があった。
そして、長らく課題とされてきた表現力が備わりはじめ、これからが楽しみというところで不振に陥った。
得点の比重が高いジャンプがほとんど決まらないのだ。
せっかく跳んでも着地で踏ん張れず、転倒が相次いだ。
この頃からけがを抱えていたのだろう。

小塚崇彦は高橋大輔や織田信成、安藤美姫や浅田真央らとともにフィギュア王国を築いた。
最後の挨拶を済ませ、佐藤信夫コーチから背中をポンと叩かれる儀式で新たな職業人生に送り出された。
トヨタ自動車所属からトヨタ自動車社員になり、スポーツ関連の仕事に専念するらしい。

私は近い将来、フィギュアスケートのコーチとして世界で戦える若手を育ててほしい。
本人はけがに苦しみ、選手としては不完全燃焼だったのでなかろうか。
競技人生の目標をきわめて高いところに置いていたはずだ。

                 ◇◆◇

小塚崇彦に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月4日「小塚崇彦、美しい滑りと端正な演技…現役続行」はこちら。

⇒2014年1月23日「小塚崇彦は燃焼し尽くしたのか…現役引退」はこちら。

⇒2013年11月14日「小塚崇彦危うし、現役引退の危機」はこちら。

⇒2013年11月13日「小塚崇彦、ソチ五輪代表は崖っぷち!」はこちら。

⇒2013年11月10日「高橋大輔と小塚崇彦はソチへ行けるのか」はこちら。

⇒2012年12月29日「小塚崇彦不調、ジャンプ崩壊…佐藤信夫コーチ怖い?」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ