コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

巨大津波

3連動の宝永級巨大地震の発生が迫る【南海トラフ】

以前の日本経済新聞に、高知大学の岡村真特任教授のチームによる3連動巨大地震の調査結果が載っていた。
とても気になる情報なので、きょうのブログで紹介したい。

1707年の宝永地震は、東海・東南海・南海地震の3連動で起きたとされる。
それに匹敵する巨大地震が、過去約六千数百年の間に15回程度起きていた。
同チームが高知県土佐市の蟹ケ池で津波堆積物を確認した。

これまでに実施した約2千年前までの地層調査で、1707年の宝永地震、1361年の正平地震、 684年の白鳳地震、300〜600年頃の地震、約2千年前の地震の5層の津波堆積物を発見した。
新たに実施した地層調査で、約2千年前から六千数百年前頃の間に、10層程度の津波堆積物を発見した。

東海沖から四国沖にかけての「南海トラフ」付近の津波痕跡は、約2千年前までのデータしかない。
したがって、同チームが発見した津波痕跡は最古級となる。

岡村真特任教授は、この調査結果は「300〜400年の間隔で宝永級の地震が起きる」という従来の研究成果を裏付けたと語った。
そして、次に発生する地震が宝永級の3連動巨大地震になる可能性が高いと付け加えた。

結局、いま起こっても不思議でないという危険な時期に入っているようだ。
岡村真特任教授は、巨大津波から逃げるための対策の整備が急務と締め括った。

◆書き加え1(2月8日)

先月11日頃から箱根山の駒ヶ岳付近で地震活動が活発化している。
衛星を使った観測でも山が膨張する変化が見られる。
気象庁は「噴火の心配はないものの、注意深く監視を続ける」と話した。

                      ◇◆◇

大地震と大津波に関するブログは以下のとおり。

⇒2009年8月11日「東海地震と東海道新幹線のぞみ」はこちら。

⇒2009年8月11日「東海地震の1%以下でも東名高速崩落」はこちら。

⇒2011年4月14日「震源は南下、東京・神奈川の直下型地震が心配」はこちら。

⇒2011年4月16日「ぐらり…関東直下地震の足音」はこちら。

⇒2011年4月24日「首都直下地震(東京直下地震)誘発の可能性」はこちら。

⇒2012年1月2日「憧れの湘南は大丈夫か?…東海地震巨大津波が市街地を襲う」はこちら。

⇒2012年8月30日「巨大津波シェルター・ノア…湘南などで注文殺到」はこちら。

⇒2012年9月3日「南海トラフ巨大地震発生⇒死者最大32万人の衝撃」はこちら。

⇒2013年1月15日「地震雲発生…東北〜関東で震度5〜6の恐れ?」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

南海トラフ巨大地震発生⇒死者最大32万人の衝撃

政府は8月29日、「南海トラフ」を震源域とする巨大地震が発生した場合の被害想定を発表した。
それは衝撃的な内容(数字)だった。

「南海トラフ」とは、駿河湾から日向灘の海底に延びる溝状の地形であり、海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいる。
100〜150年の周期でマグニチュード8クラスの東海地震や東南海地震、南海地震が起きている。
政府は「東日本大震災」の教訓を踏まえ、千年に一度起こりうるマグニチュード9クラスの地震を「南海トラフ巨大地震」と呼ぶこととし、その被害を推計した。
この際には3つの地震が連動するようだ(不確か)。

以下は、あくまでも最大級の地震が発生した場合の、しかも最悪の想定である。
それが起こる可能性は決して高くないが、あす起こる可能性を否定することもできない。

関東から九州までの太平洋側が震度7の揺れと34メートルの津波に見舞われる。
震度7になるのは10県151市町村。
津波が20メートルに達するのは8都県23市町村。
沖縄を含む30都府県で32万3千人が死亡。
内、23万人が津波、8万2千人が建物倒壊、1万人が火災。

都府県別の死者は静岡県が10万9千人と最多。
和歌山県が8万人、高知県、三重県、宮崎県が4万人超。
負傷者は62万3千人。
建物の下敷きになるなど、要救助者は33万人。
建物の全壊・焼失は238万6千棟。
浸水は1015平方キロ。
内、津波に巻き込まれるとほぼ全員が死亡するとされる水深1メートル以上は 602平方キロ。

また、もっとも被害が小さい場合でも、死者は「東日本大震災」を大きく上回る3万2千人。
建物の全壊・焼失は94万棟。

今回、地震のタイプや発生時期・時刻、風の強さ、早めに避難する人の割合など、条件の異なる96のケースについて推計した。
在宅率が高い冬の深夜に東海地方を中心に大津波が襲うケースで死者が最多になる。

政府は「南海トラフ巨大地震」を国難と位置付け、官民が一体となった特別法の制定を急ぐ。
大幅な「減災」は十分に可能としている。

政府は当面、津波からの避難の徹底や建物の耐震化を急ぐように呼びかける。
例のコスモパワーの「ノア」は注文に火がつくだろう。

◆書き加え1(8月3日)

私は夜、NHK総合テレビをつけっ放しにして仕事をしている。

海岸沿いで大地震に遭遇し、近くの10階建てのビルに避難した。
そのおかげで、家族が大津波に飲み込まれずに済んだ。
皆、胸をなで下ろした。
ところが、ほどなく津波火災が発生し、ビルに延焼した。

番組(クローズアップ現代)ではこうした事態が容易に想定されるという。
もう、どうしたらいいか分からない・・・。

以下に、「巨大津波シェルター・ノア…湘南などで注文殺到」と題する2012年8月30日のブログを収める。

                      ◇◆◇

「東日本大震災」の発生を契機に、巨大地震とそれにより引き起こされる巨大津波に対する危機感と警戒心が一気に高まった。
その後、震源が南下して関東地方が頻繁に揺れた。
また、日本全体で地震活動が活発化した。

それを受け、「首都直下地震(南関東直下地震)」と「東海・東南海・南海地震」の発生が迫っているとの報道が相次いだ。

なかでも東京大学地震研究所の試算は衝撃的だった。
「首都直下地震など、マグニチュード7クラスが懸念される南関東での地震について、4年以内に発生する確率が約70%に達する」。
私は地震の予知は不可能と思っており、東大が短期間に絞り込んだことに違和感を持った。
現時点でそこまで突き止められるのか?
もちろん、それが発生しないということでない。

平田直教授は「発生確率はそもそも非常に高かったが、東日本大震災でより高まった可能性がある」とした。

政府の見解では、過去の地震の発生間隔などから、30年以内の発生確率は70%程度としている。
これなら分からなくない。
逆に言えば、素人でもそれくらいの勘は働く。

はっきりしているのは、「首都直下地震(南関東直下地震)」だけでなく「東海・東南海・南海地震」もいま起こって不思議でないということだ。

                       ◇

海の光と風をいつも感じられる湘南は憧れの住宅地として高い人気を誇ってきた。
とくに海辺の近くに自宅を構えることはステータスだった。
その希少性から地価も突出していた。
ところが、大震災以降、売り物件が急増し、しかも買い手がつきにくい状態が続く。

湘南を含む太平洋沿岸の平野部には広大な市街地が形成されている。
逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市などに百万人を優に超える方々が暮らす。
私は横浜市に住んでおり、おもに仕事で、まれにレジャーで幾度も訪れているが、東海地震による巨大津波が押し寄せたときに市街地全体が飲み込まれかねないと思った。
住民はそのリスクに怯えている。
が、行政による津波対策には膨大な時間と費用がかかる。

そこに飛び込んできた朗報・・・。
平塚市の10人の町工場「コスモパワー」が球形の防災シェルター「ノア」を開発した。
発想が斬新だ。
地震で家屋が倒壊してもつぶされず、津波に流されても水に浮く。
発売前から予約が殺到していた。

「ノア」は、軽量かつ頑丈な繊維強化プラスチック(FRP)製の直径1.2mのボール。
変形や浸水に強い。
内部は、中心のつかまり棒を囲んで大人4人が座れる。
重さは約70圓如屋内にも庭にも置ける。

塗装は黄色で救助の際に目立つ。
2カ所の空気孔、外の様子がのぞける小窓が設けられる。

田中昭次社長がアイデアをホームページに公開していた。
東日本大震災後に問い合わせが激増し、急きょ製品化に動いた。

「ノア」は、自宅の補強工事を行うよりも断然安い。
また、津波の到達が早くて避難が間に合わないエリアで心強い。

この商品は巨大地震や巨大津波に襲われたときに「ノアの方舟」となる。
家族の命を守ることができそうだ。
なお、直径1.5mの6人乗り、2.5mの12人乗りも発売される予定である。

                      ◇◆◇

⇒2011年4月14日「震源は南下、東京・神奈川の直下型地震が心配」はこちら。

⇒2011年4月16日「ぐらり…関東直下地震の足音」はこちら。

⇒2011年4月24日「首都直下地震(東京直下地震)誘発の可能性」はこちら。

⇒2012年1月2日「憧れの湘南は大丈夫か?…東海地震巨大津波が市街地を襲う」はこちら。

⇒2012年8月30日「巨大津波シェルター・ノア…湘南などで注文殺到」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

巨大津波シェルター「ノア」…湘南などで注文殺到

「東日本大震災」の発生を契機に、巨大地震とそれにより引き起こされる巨大津波に対する危機感と警戒心が一気に高まった。
その後、震源が南下して関東地方が頻繁に揺れた。
また、日本全体で地震活動が活発化した。

それを受け、「首都直下地震(南関東直下地震)」と「東海・東南海・南海地震」の発生が迫っているとの報道が相次いだ。

なかでも東京大学地震研究所の試算は衝撃的だった。
「首都直下地震など、マグニチュード7クラスが懸念される南関東での地震について、4年以内に発生する確率が約70%に達する」。
私は地震の予知は不可能と思っており、東大が短期間に絞り込んだことに違和感を持った。
現時点でそこまで突き止められるのか?
もちろん、それが発生しないということでない。

平田直教授は「発生確率はそもそも非常に高かったが、東日本大震災でより高まった可能性がある」とした。

政府の見解では、過去の地震の発生間隔などから、30年以内の発生確率は70%程度としている。
これなら分からなくない。
逆に言えば、素人でもそれくらいの勘は働く。

はっきりしているのは、「首都直下地震(南関東直下地震)」だけでなく「東海・東南海・南海地震」もいま起こって不思議でないということだ。

                       ◇

海の光と風をいつも感じられる湘南は憧れの住宅地として高い人気を誇ってきた。
とくに海辺の近くに自宅を構えることはステータスだった。
その希少性から地価も突出していた。
ところが、大震災以降、売り物件が急増し、しかも買い手がつきにくい状態が続く。

湘南を含む太平洋沿岸の平野部には広大な市街地が形成されている。
逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市などに百万人を優に超える方々が暮らす。
私は横浜市に住んでおり、おもに仕事で、まれにレジャーで幾度も訪れているが、東海地震による巨大津波が押し寄せたときに市街地全体が飲み込まれかねないと思った。
住民はそのリスクに怯えている。
が、行政による津波対策には膨大な時間と費用がかかる。

そこに飛び込んできた朗報・・・。
平塚市の10人の町工場「コスモパワー」が球形の防災シェルター「ノア」を開発した。
発想が斬新だ。
地震で家屋が倒壊してもつぶされず、津波に流されても水に浮く。
発売前から予約が殺到していた。

「ノア」は、軽量かつ頑丈な繊維強化プラスチック(FRP)製の直径1.2mのボール。
変形や浸水に強い。
内部は、中心のつかまり棒を囲んで大人4人が座れる。
重さは約70圓如屋内にも庭にも置ける。

塗装は黄色で救助の際に目立つ。
2カ所の空気孔、外の様子がのぞける小窓が設けられる。

田中昭次社長がアイデアをホームページに公開していた。
東日本大震災後に問い合わせが激増し、急きょ製品化に動いた。

「ノア」は、自宅の補強工事を行うよりも断然安い。
また、津波の到達が早くて避難が間に合わないエリアで心強い。

この商品は巨大地震や巨大津波に襲われたときに「ノアの方舟」となる。
家族の命を守ることができそうだ。
なお、直径1.5mの6人乗り、2.5mの12人乗りも発売される予定である。

◆書き加え1(8月29日)

私はブログに時間を取れず、このところは1週間から1カ月くらい前の書き溜め記事をアップしてもらうことが多い。

政府は29日、「南海トラフ」を震源域とする最大級の地震が起きた場合、関東から九州・沖縄の30都府県で最大32万3千人が死亡、 238万6千棟が全壊・焼失するとの被害想定を公表した。
都府県別の最大死者数は静岡県が10万9千人と最多。

政府は津波からの避難の徹底や建物の耐震化を急ぐように呼びかけている。
コスモパワーの「ノア」は注文に火がつくだろう。

                      ◇◆◇

⇒2011年4月14日「震源は南下、東京・神奈川の直下型地震が心配」はこちら。

⇒2011年4月16日「ぐらり…関東直下地震の足音」はこちら。

⇒2011年4月24日「首都直下地震(東京直下地震)誘発の可能性」はこちら。

⇒2012年1月2日「憧れの湘南は大丈夫か?…東海地震巨大津波が市街地を襲う」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

三陸は壊滅…東北地方太平洋沖地震

2011年3月11日、14時46分、東北地方から関東地方北部にかけての太平洋沖で巨大地震が起こり、それにともない沿岸部に巨大津波が押し寄せた。
震源は三陸沖、深さは24キロメートル。
国内では観測史上最大のマグニチュード 9.0。
1900年以降、世界でも4番目の規模である。
宮城県栗原市で震度7の揺れを記録した。
私が暮らす横浜市でも震度5を記録した。
3月9日〜10日に起こったのは「前震」だったのでないかという声が上がっている。
私はこの言葉を初めて知った。
ちなみに、1923年の「関東大震災(大正関東地震)」はM 7.9。

この地震(本震)を含め、3つの地震が5分ほどの間に連動して発生した。
震源域は岩手県沖から茨城県沖にわたる。
西北西−東南東方向に圧力軸をもつ逆断層型の海溝型地震とのこと。
破壊された断層は南北に5百キロメートル、東西に2百キロメートル。
これにより「阪神・淡路大震災」の千倍のエネルギーが放出されたらしい(新聞報道による)。

地震発生後、北海道から千葉県にかけて大津波が襲った。
なかでも岩手県、宮城県、福島県では海岸部の集落が丸ごと飲み込まれた。
津波が高さ10メートルの防潮堤を乗り越えた地域もある。
さらに、津波襲来後に大規模な火災が発生した。
結局、日本のすべての沿岸地域で大津波警報、津波警報、津波注意報のいずれかが発令された。

気象庁は当日、一連の地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名した。
より正確には「東北・北関東太平洋沖地震」でなかろうか。
報道機関(マスコミ)は「東北関東大震災」「東日本大震災」「東北・関東大地震」「東日本巨大地震」「東日本大地震」などと呼称している。
いずれも表現が的確でない。
一言で括れないくらい広域かつ深刻な災害だからだろう。

今回の地震は東北地方と関東地方北部に直接、甚大な被害をもたらした。
何よりも大勢の人命が失われた。
さらに、日本の社会・経済・産業に、また国民の生活全般に深刻な影響を及ぼしている。
加えて、原子力発電所の損傷による放射能漏れが発生した。
こちらも重大な懸念である。

このブログでは、大震災とそれに関わる事柄をなるべく取りあげない。
マスコミ報道がすべて正しいと思わないが、未曽有の災害時には“取材”を経た情報を判断材料としてほしい。
裏付けのないものは不安を増幅させ、混乱を深刻にするだけである。

私たちは金銭・物資・労力の提供など、自分にできる範囲で“何か”を実行すべきだ。
一人ひとりがたとえささやかであっても被災地や被災者に手を差し延べるなら、大きな助けになる可能性がある。
言葉より「行動」で示そう。

                       ◇

私は、昔のことなので記憶が曖昧だが、今回の津波で最悪の被害が出た「三陸沿岸」を数回は訪れた。
「宮古」から電車やバスで南下して「釜石」「大船渡」「陸前高田」「気仙沼」「石巻」まで。
少ないところで2〜3回、多いところで5〜6回?
明治大学の学生だったが、生活の必要で楽譜専門卸(問屋)・松沢書店の一員として主要な書店を巡った。
名前はうろ覚えだが、「山田屋旅館」に泊まることをとても楽しみにしていたのでは…。
きわめてリーズナブルな料金なのに、新鮮な海産物がふんだんな夕食付きだった。
ただし、これに関しては、はなはだ不確か。

テレビに映し出される三陸地方の惨状は目を疑うものだった。
海と山に挟まれた平野に形成された市街地は壊滅。
住宅が残っておらず、辺り一面、瓦礫の山。
私は、食べるために飛び回っていた青春時代の思い出がオーバーラップした。
あまりのひどさに、被災地と被災者にかける言葉が見つからない・・・。

                       ◇

今回の地震後しばらく気象庁による「緊急地震速報」が1日に何回も流れた。
テレビ画面に「強い揺れに警戒」と出る。
精度が低く、誤報と思われるものが多かった。
そのたびに緊張を強いられる。
現状ではやむをえないのだろう。
確かに、用心第一、安全第一、人命第一なのだが・・・。

長野県や新潟県、静岡県でも強い地震が発生した。
あちこちで地震活動が活発になっている?
日本列島全体が激しく揺れている。

Copyright (c)2010 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ