コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

平昌オリンピック

フィギュア女子日本代表の最終調整

2018年平昌五輪(オリンピック)フィギュアスケート女子シングル。

日本スケート連盟は代表選手が最良の環境で最終調整を行えるよう、異例となる大会中の一時帰国を考えているようです。
団体戦が終わってからショートプログラム(SP)まで、約1週間空きます。
この間にそれぞれの選手が国内のホームリンクで滑り込みます。
平昌五輪会場の「江陵アイスアリーナ」と日本は移動が3時間程度であり、時差もないことに着目した妙案です。
(この会場は2017年四大陸選手権で使われます。)

昨年末の全日本選手権では10代の若手が表彰台を独占しました。
代表選考を兼ねた2017年の全日本選手権もそうなら、宮原知子を含めた全員がオリンピック初出場という事態が起こりえます。
(私は、ベテランの浅田真央に代表入りを果たしてほしいと思っています。)
大舞台での経験と実績の少ない若手は過度の緊張と重圧に苦しめられることでしょう。

⇒2017年1月8日「浅田真央は平昌五輪で勝とうとしている」はこちら。

選手の立場になれば、自分がこれまでに用いてきたアイスリンクで最終調整を行うのが理想的です。
張りつめた精神状態がずっと続くことも緩和できます。
2014年ソチ五輪で浅田真央ら女子代表が現地でのコンディションづくりに苦労した経緯があります。
日本スケート連盟は知恵を絞り、日本選手のメダル獲得をサポートしていきます。

なお、男子代表は空く期間が短いために現地に留まるようです。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

安藤美姫は平昌オリンピックを狙える!

19日のブログ「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」に続いて・・・。

⇒2013年10月19日「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」はこちら。

おととい述べた悲観的な内容と矛盾するようだが、私はふと思った。
安藤美姫は、2018年平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック)を狙えるのでないかと…。
今シーズン限りの現役引退をすでに表明している。

安藤美姫はもともと体力がある。
母になり、気力も充実してきた。
波の激しかった精神面に安定感が出てきた。
未婚での出産という決断と体験を経て、彼女の最大の弱点が克服された。

選手としての安藤美姫にもっとも必要なのは、体力を含め、出産前の状態に近い体を取り戻す歳月だろう。
年齢的なハンディは大きくなるが、ソチオリンピックよりコンディションが高まっている可能性がある。

⇒2013年8月18日「華原朋美と安藤美姫…行方不明の噂」はこちら。

女子のフィギュアスケーターが30歳でオリンピック出場となれば画期的だ。
安藤美姫と似た境遇で頑張る大勢の女性に勇気と刺激を与えられる。

続きは、25日のブログ「安藤美姫、平昌五輪でキム・ヨナと戦え!」にて・・・。

◆書き加え1(10月21日)

安藤美姫が自身の現状について語った。

ソチにはすごく遠い位置におり、仕上がりは40%くらい。
骨盤のゆがみや筋力の衰えを改善するため、陸上トレーニングを取り入れている。
自分が選んだ道であり、自分がやることをまっすぐ見詰めたい。
全日本選手権で勝ちあがらないと、次の舞台はない。

安藤美姫は、目標に向かって最善を尽くす決意に変わりはないようだ。

                      ◇◆◇

安藤美姫に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年10月19日「安藤美姫、全日本選手権3位以内への課題」はこちら。

⇒2013年10月6日「フィギュア日本女子代表選考レースは混戦」はこちら。

⇒2013年9月28日「安藤美姫、SPマイウェイとFS火の鳥でソチへ」はこちら。

⇒2013年8月18日「華原朋美と安藤美姫…行方不明の噂」はこちら。

⇒2013年7月21日「安藤美姫、人はつまずくために人生を歩む」はこちら。

⇒2013年7月12日「安藤美姫演技…優しく豊かな情感で包み込む」はこちら。

⇒2013年7月7日「安藤美姫、出産・子育て・未婚でソチ表彰台へ」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

キム・ヨナ、現役続行、世界フィギュア出場へ

世界フィギュアスケート選手権2011(ロシア大会)。
終わってみれば、1年ぶりに国際試合に登場した韓国のキム・ヨナ(金妍児)は銀メダルという結果だった。

キム・ヨナは大会後の「現役引退」「プロ転向」が噂された。
が、自身は去就について言葉を濁していた。
2010年バンクーバー冬季五輪(オリンピック)で金メダルを獲得し、競技人生最大の目標は実現してしまった。
人は達成感を持つのと引き換えに虚脱感に陥りやすい。
キム・ヨナはモチベーションが下がってしまい、気持ちが揺れつづけた。
それが世界フィギュアで復帰を果たし、しかも安藤美姫に僅差の2位につけた。
キム・ヨナは選手として競技生活を送っていける手応えをつかんだのでないか。

ネット上の情報では、来季の「現役続行」を示唆したらしい。
キム・ヨナは平昌冬季五輪(オリンピック)の招致活動にしばらく専念するため、練習が不可能な状態になる。
シーズン前半のグランプリ(GP)シリーズは欠場するが、世界フィギュアは出場するのでは・・・。
浅田真央は修正(矯正)が間に合い、調子が上がっているようなら、彼女を倒して優勝を飾ってほしい。

また、キム・ヨナはプロフィギュアスケーターへ転向するといっても、それほど容易でないようだ。
条件(金額)交渉で衝突して関係が悪化したのか、世界最大のアイスショーの主催者から締め出しを食らっている(不確か)。
活躍の舞台が限られてしまい、相当なハンディである。

とはいえ、韓国では女子フィギュアスケートの人気が爆発的に高まった。
有力選手が続々と誕生するかもしれない。
そのきっかけをつくった立役者はキム・ヨナである。
彼女がコーチなどの指導者になることを望んでいるとしても、力量は未知数だ。。
振付師になれるか。
それが叶わなくても解説者として引っ張りだこになるだろう。
また、キャスターやタレントとしてテレビに出演する機会が急増しそうだ。
過度の贅沢に走ったり、危険な商売や投資を行ったりせず、堅実に暮らすかぎり食べていくのに困らない。

韓国のフィギュアスケートは発展途上である。
協会としても最大のスターが抜けるのはどうしても避けたい。
おそらくキム・ヨナの意思だけで進退を決められない。
さらに、親の思惑も大きく影響しそうだ。
彼女は何かと大変である。

以下に、「世界フィギュア2011日程…浅田真央は勝てる?」と題する2011年4月22日のブログを収める。
ただし、キム・ヨナに言及した箇所に限った。

                      ◇◆◇

キム・ヨナは韓国で国民的スターだ。
応援は彼女をしばしば苦しめるほど過熱している。
キム・ヨナが世界選手権や冬季五輪(オリンピック)で目覚ましい活躍を見せ、それによりフィギュアスケートのブームに火がついた。
現在、各地にアイスリンクの建設が進められている。

韓国ではいまのことろキム・ヨナを除いて有力選手はいない(不確か)。
しかし、私は近い将来、韓国はフィギュアスケート王国・日本を脅かす存在になると思う。
日本は「機会均等」を大切に、万遍なくカネを使う。
したがって、広く浅くなる。
それに対し、韓国は勝てると踏んだ領域に集中的にカネをつぎ込む。
恐ろしくシビアである。
オリンピック出場選手におけるメダリストの割合は、わが国と比べものにならない。
経済(産業)を例に取れば、家電や電子機器などで韓国企業は日本企業を次々と退けた。
いまやクルマでも韓国勢はトヨタなどの日本勢を大きく上回る伸びを示している。

私は、世界フィギュアモスクワ大会で日本選手に表彰台の頂点に立ってほしい。
それは大地震と大津波の爪跡に苦しむ国民を勇気づける。

                      ◇◆◇

キム・ヨナに関するブログは以下のとおり。

⇒2011年5月3日「世界フィギュア採点のなぞ…安藤美姫の勝利」はこちら。

⇒2011年4月25日「女子フィギュアと熱烈ファン…勝敗に目くじら」はこちら。

⇒2011年4月24日「世界女王・真央と五輪女王・ヨナ、プライド激突!」はこちら。

⇒2011年4月23日「キム・ヨナの恩返しと現役引退…世界フィギュア」はこちら。

⇒2011年3月4日「浅田真央、キム・ヨナよ出てこいやぁ〜」はこちら。

⇒2011年3月2日「浅田真央、キム・ヨナにめらめら…世界選手権」はこちら。

⇒2011年2月16日「キム・ヨナ、プロ転向、女優転身など基盤固め」はこちら。

⇒2011年1月28日「キム・ヨナ、浅田真央への秘策…世界選手権2011」はこちら。

⇒2010年10月26日「浅田真央の敵、キム・ヨナの敵はだれか?」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ