コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

徳島県立城北高校

クマを飼う…アメショーブラック

思い切って徳島のクマを飼うことにしました。
生後1カ月を過ぎたばかりですが、すでに狂暴です。

01私は昨年7月にアメリカンショートヘアの♀「フウ」を亡くしました。
長く同室していましたので死後6カ月、とくに3カ月はさみしさに苦しみました。
自分の気持ちに整理をつけるのに、1年以上がかかりました。

そして、先ごろ、新しい出会いがありました。
私が50年近く前に通学していた「徳島県立城北高校」の近所の方からアメリカンショートヘアの♂を譲り受けることになりました。
深い縁を感じます。

「クマ」はフウと同じ、アメリカンショートヘア(アメショー)ブラックタビーです。
このブログでフウをアメリカンショートヘア(アメショー)ブラックスモークと記しましたが、間違いでした。

アメショーはシルバータビーなど、どの毛色もかわいいです。
私自身はブラック、なかでもブラックタビー、ブラックスモークが圧倒的にかわいいと思います。
毛色は飼い主の好みとはいえ、どうして人気がないのか不思議です。

徳島のクマは猛烈にやんちゃです。
私の書斎で暮らしますが、ベッドやイス(座面)をぼろぼろにしてくれるでしょう。
朝は顔面に容赦ないネコパンチを浴びせ、私を叩き起こしてくれるでしょう。
「M」の私は快感です。

クマはネコなのに、怪獣のように「ガオ〜」と鳴きます(画像による推察)。

ちなみに、我が家にやってくるのはしばらく後になります。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

卒業式シーズン…大人への通過儀礼

卒業式シーズンは今週がピーク?
還暦間近の私はこれまでに「卒業式」を経験していない。

直江津小学校(新潟県)では、卒業式の前日に伊那市へ引っ越した。
信じられない・・・。
いまだに引きずる無念については、先日のブログ「心にぽっかり穴…直江津小学校卒業式」で詳しく述べた。
しかも無念は年とともに募る。

伊那中学校(長野県)では3年間クラスが同じだった。
級友に恵まれて卒業式を迎えられると喜んだら、10月下旬に小松島市(徳島県)へ引っ越した。

生まれて初めての丸刈り(坊主頭)。
小松島中学校で卒業式を経験したはずなのに…。
高校受験を目前にした時期であり、皆心の余裕がなかった。
教科書が変わり、しかも転入時にはそれを用いた授業がほぼ済んでいた。
成績が落ちた。
私は徳島の言葉に親しめなかったこともあり、クラスメイトと満足に会話を交わしていない。
一人の名前も思い出せない。
友だちがいてこその卒業式だ。
記憶が抜け落ちているのは、感動を味わえなかったからか。
恐らく校歌も覚えないうちに小松島での中学生活は終わった。

高校に至っては、徳島県立城北高校、東京都立墨田川高校、富山県立魚津高校と3校を渡り歩いた。
ことごとく学年途中。
そのたびに教科書が変わり、勉強が滅茶苦茶になった。
城北高校は1クラス50人、1年生12クラスのマンモス校だった。
私は6百人中7番目の成績で入学したが、魚津高校を卒業する頃には急降下。
明治大学に合格してまもなく、日本経済新聞社の高円寺専売所に入店したので、魚津高校の卒業式に出席していない。
家に金がなく、新聞奨学生制度を利用して進学するしか選択肢がなかったのだ。

そして、明治大学では4年制の経営学部を5年で“中退”することになる。
世界の「北野武(きたの・たけし)」は明治大学を4年で中退したので、私は1年分勝った。
私のささやかな誇りだ。
だが、北野武の母親は本人がその気になったら復学できるように5年目の学費を払い込んでいた。
北野武は後年それを知ったらしい。
うーん、イーブン(ドロー)になってしまった。

当然、「中退式」はない。
ところが、私はこの中退さえ怪しくなった。
十年程前に公開セミナーの受講者だったか、退学手続きを取らないと“除籍”扱いになると聞かされた。
どうだったか?
迂闊に「明治大学中退」とも名乗れないとは…。

私は結局、一度も卒業式を経験してこなかった。
古い自分と決別し、新しい自分へ脱皮する節目のイベントだというのに…。

さらに、だらしなさの延長でフリーランスの道に迷い込んだため、「就職活動」を経験することもなかった。
フリーランスといえば聞こえはいいが、企業社会からのドロップアウトにほかならない。
そう、「成人式」も。

私は、社会の正門をくぐる努力と苦労、そして精神の高揚を知らない。
裏口から世間に紛れ込んでしまった。
40代になり講師の仕事を始めるまで、スーツもワイシャツもネクタイもベルトもクツもろくに持っていなかった。
腕時計はいまだに持っていない。

出口と入口というケジメを欠いた人生…。

我ながら思う。
この齢になっても子どもっぽさが抜けない。
というより、「幼児性」が色濃く残っている。
それは、大人になるための「社会儀礼」を通過しなかったことと無関係であるまい。

ちなみに、会社に関わる式典や旅行、忘年会や新年会、結婚式や葬儀、接待などで揉まれていない。
組織に溶け込んだり集団に同化したりするのが苦手だ。

私は来年、還暦を迎える。
もはや手遅れだ。
できそこないの大人として残りわずかな人生を生きていこう。

このブログは2007年5月13日「私にいまだに残る幼児性…」に手を加えたものである。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ