コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

徳永えり

うた魂(うたたま)♪夏帆(かほ)の歌唱

2008年公開の邦画「うた魂(うたたま)」をhuluで観た。
私は例により夜間から深夜、ときに早朝に及ぶデスクワークの際に、パソコンの画面の片隅にごく小さいサイズで流している。
仕事に没頭していて映像はほとんど見ておらず、音声もところどころ聞こえてくる程度である。
一作品につき、こうした視聴を3〜7回ほど繰り返し、内容がぼんやりつかめる。
「映画鑑賞」と呼べる状態でないので作品の評価は行えないが、とても面白かった。

「うた魂」は高校女子合唱部を舞台にしたユーモラス、ときにコミカルな青春映画である。
歌が苦手という夏帆(かほ)がヒロイン「荻野かすみ」として頑張っている。
冒頭の海岸と最後のステージにおけるソロ(独唱)はうまいといえない。
が、この映画にはこのくらいの出来が似合う。
好感の持てる歌いっぷり・・・。

また、薬師丸ひろこが合唱部の臨時顧問「瀬沼裕子」を演じている。
存在感が際立つ。
大勢の生徒を前にした挨拶では、「私はしがない産休代員にすぎませんが…」と切り出す。

さらに、ガレッジセールのゴリが実年齢の半分ほどの高校男子合唱部の部長「権藤洋」を演じている。
違和感がない。
熱く真っ直ぐに歌うヤンキーがこの映画の面白さと感動を増幅させている。

「うた魂」はストーリーがたわいなく、見る側は頭を使わなくてよい。
特有の緩さやいい加減さを含め、丁寧につくり込まれている。
作品は、誇張の利いた演出や演技が笑いを誘いつつ、クライマックスとなる合唱コンクール地区予選のシーンになだれ込んでいく。
ごくシンプルに歌中心に締め括ったのも作品の意図を引き立てている。

「うた魂」はキャスティングもよかった。
徳永えりがピアノ伴奏担当の「野村ミズキ」、亜希子が合唱部の部長「松本楓」を演じている。
二人はかすみの親友でもある。
また、間寛平がかすみの祖父、木彫りの熊職人「荻野知恵蔵」を演じている。
この人は訳が分からない。

かすみの横で歌う髪の長い女の子は感受性がとても豊かなのだろう、表情が一杯いっぱいだった。

「うた魂」は幅広い年齢層が楽しめる。
私は「歌の力」、さらに「合唱の魅力」を堪能した。
それは「人間の感動」そのものだ。
「うた魂」はいい映画である。

余談・・・。
レコードで聴いたエノケン(榎本健一)の歌唱は格別だった。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

徳永えりと世良公則、尾崎将也の危うさ…梅ちゃん先生

NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」。
堀北真希がヒロイン・下村梅子を演じる。
視聴率が絶好調であり、彼女の大ヒット作となった。

⇒2012年7月6日「梅ちゃん先生視聴率…朝ドラファンを虜にする面白さ」はこちら。

医専(医学専門学校)の同級生の一人、澤田弥生(徳永えり)は下村梅子と同じ帝都大学医学部附属病院の内科にインターンとして務めていた。
私は同級生がちりぢりになったと思い込んでいた。

澤田弥生は、蒲田の開業医・坂田医院でアルバイトとして働く下村梅子の代役になった。
父・下村建造(高橋克実)が倒れたためだ。
娘・下村梅子の開業医になりたいとの申し出が引き金になった。

そして、澤田弥生は医院長の坂田俊一郎に憧れと愛に似た感情を抱く。
手を握られるシーンはばかばかしかった。

「梅ちゃん先生」はわけの分からないストーリーが楽しい。
日々、危うさに満ちており、視聴者を退屈させない。
尾崎将也の脚本は巧みである。
たわいない笑いを取るのがうまい。

⇒2012年4月26日「梅ちゃん先生脚本、尾崎将也シナリオはどうよ?」はこちら。

徳永えりも世良公則もこの朝ドラにいい味を添えている。
好調な視聴率をさらに押し上げそうだ。

                       ◇

私にとり世良公則といえば、1984年に公開された角川映画「Wの悲劇」に出演した男優である。
薬師丸ひろ子がヒロイン・三田静香を演じた。
スターを夢見る劇団の研究生。
世良公則は相手役・森口昭夫を演じた。
元劇団員で、不動産屋の社員。

森口昭夫は井の頭公園で三田静香の真剣な練習ぶりを見て、心を惹かれた。
彼は公園に面して建つおんぼろの木造アパート「ローズハウス(不確か)」に住んでいた。
この部屋での三田静香の初体験のシーンがユーモラスだった。

私は学生時代、前妻と幾度も井の頭公園に足を運んだので、「Wの悲劇」が懐かしい。
当時、さまざまな芸術家を目指す人たちが溜まり場にしていた。

・・・スターの座をつかみかけた三田静香は再び、失意のどん底へ。
が、女優としての再起を誓い、別れを告げる。
森口昭夫がゆっくりと大きな拍手で送り出すシーンは印象に残っている。

「Wの悲劇」は青春映画であり、薬師丸ひろ子と世良公則はいい組み合わせだった。

⇒2011年3月24日「薬師丸ひろ子、セーラー服と機関銃の快感」はこちら。

                      ◇◆◇

堀北真希と朝ドラ「梅ちゃん先生」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年4月2日「堀北真希・梅ちゃん先生…朝ドラ高視聴率のプレッシャー」はこちら。

⇒2012年4月10日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、堀北真希・梅ちゃん先生の人気」はこちら。

⇒2012年4月12日「堀北真希と井上真央…朝ドラヒロインおでこ比較」はこちら。

⇒2012年4月15日「朝ドラ梅ちゃん先生の感想…急ごしらえの粗末な作品?」はこちら。

⇒2012年4月16日「梅ちゃん先生…オープンセットはカネの無駄遣い?」はこちら。

⇒2012年4月17日「堀北真希は日本の朝を穏やかにした…梅ちゃん先生の効用」はこちら。

⇒2012年4月18日「堀北真希ドラム缶風呂入浴シーン…梅ちゃん先生視聴率」はこちら。

⇒2012年4月23日「朝ドラ梅ちゃん先生が面白い…平均視聴率上昇へ」はこちら。

⇒2012年4月25日「朝ドラ梅ちゃん先生、林家正蔵ナレーションは興醒め」はこちら。

⇒2012年4月26日「梅ちゃん先生脚本、尾崎将也シナリオはどうよ?」はこちら。

⇒2012年4月27日「梅ちゃん先生、脚本のばかばかしさ、演技のわざとらしさ」はこちら。

⇒2012年4月28日「堀北真希は大根役者?…朝ドラ梅ちゃん先生の演技」はこちら。

⇒2012年4月29日「梅ちゃん先生…苦し紛れの日替わり定食が人気を呼ぶ」はこちら。

⇒2012年4月30日「堀北真希の演技…下村梅子ははまり役」はこちら。

⇒2012年5月1日「梅ちゃん先生、高視聴率…素人芝居への挑戦」はこちら。

⇒2012年5月8日「堀北真希、本気の学芸会並み演技」はこちら。

⇒2012年5月10日「下村松子・ミムラと真田伸吉・平岳大の関係…梅ちゃん」はこちら。

⇒2012年6月14日「宇野実彩子と小出恵介、ミムラと平岳大の破局」はこちら。

⇒2012年6月16日「朝ドラ梅ちゃん先生、絶好調の平均視聴率!」はこちら。

⇒2012年6月18日「梅ちゃん先生SMAP主題歌…目覚めのすきっ腹にスイーツ!」はこちら。

⇒2012年6月20日「山本高樹ジオラマ…梅ちゃん先生タイトルバックの完成度」はこちら。

⇒2012年6月22日「堀北真希熱演、梅ちゃん先生高視聴率…空中分解の魅力」はこちら。

⇒2012年7月6日「梅ちゃん先生視聴率…朝ドラファンを虜にする面白さ」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宇野実彩子と小出恵介、ミムラと平岳大の破局

連続テレビ小説「梅ちゃん先生」。
堀北真希がヒロイン・下村梅子を演じる。
私は仕事が立て込み、腰痛が悪化して、朝ドラを見る心のゆとりも時間の余裕も失ってしまった。
先日、出張先のホテルで久し振りにちらっと見たが、チンプンカンプン。
後日、公式サイトであらすじを調べ、思っていたよりも展開が早いことに驚いた。

下村梅子は医学専門学校を卒業していた。
仲良しの沢田弥生(徳永えり)、須藤雪子(黒川智花)、瀬川典子(西原亜希)、園田江美(白鳥久美子)は姿が消えた。
今後、友情を深めていく予定(?)はあるのか。

下村梅子は医師国家試験に合格していた。
結局、秀才なのか。
父・下村建造(高橋克実)が働く帝都大学医学部付属病院(おそらく)にインターン(おそらく)として働く。

兄・下村竹夫(小出恵介)は、キャバレーで歌う矢吹あかね(宇野実彩子)との愛が実らなかった。
姉・下村松子(ミムラ)は、職場の上司・真田伸吉(平岳大)との愛が実らなかった。
「梅ちゃん先生」では、すべての恋が破局に至るのか。

私がもっとも意外だったのは、バラックが新築に代わっていたこと。
あまりに早く、あまりに立派だ。
下村建造はエリート教授なので、不自然でないか。
あっ、分かった、名前が建造だからだ。

NHKが巨費を投じて築いた(?)自慢のオープンセット(茨城県高萩市)は御役御免なのか。
だとすれば、無駄遣いが過ぎる・・・。

                       ◇

妻に尋ねたところ、「梅ちゃん先生」は視聴率が依然として好調に推移しているらしい。
慌ただしい朝の時間帯に放送される、明るくたわいない内容が人気の主因だろう。
シナリオ(脚本)も演出も演技も素人っぽく仕立てられている。
その意図を汲み、ごくごく軽い気持ちで接するのが正しい。

この朝ドラにチャンネルを合わせる以上、「目くじらを立ててはいかん」と言い聞かせよ。
視聴者の忍耐と寛容が前提になる。

なお、「梅ちゃん先生」からBSプレミアムで深夜の再放送が始まった。
午後11時〜11時15分。
視聴がさらに分散することを考えると、この朝ドラの視聴率はやはり好調といえる。

                      ◇◆◇

堀北真希と朝ドラ「梅ちゃん先生」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年4月2日「堀北真希・梅ちゃん先生…朝ドラ高視聴率のプレッシャー」はこちら。

⇒2012年4月10日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、堀北真希・梅ちゃん先生の人気」はこちら。

⇒2012年4月12日「堀北真希と井上真央…朝ドラヒロインおでこ比較」はこちら。

⇒2012年4月15日「朝ドラ梅ちゃん先生の感想…急ごしらえの粗末な作品?」はこちら。

⇒2012年4月16日「梅ちゃん先生…オープンセットはカネの無駄遣い?」はこちら。

⇒2012年4月17日「堀北真希は日本の朝を穏やかにした…梅ちゃん先生の効用」はこちら。

⇒2012年4月18日「堀北真希ドラム缶風呂入浴シーン…梅ちゃん先生視聴率」はこちら。

⇒2012年4月23日「朝ドラ梅ちゃん先生が面白い…平均視聴率上昇へ」はこちら。

⇒2012年4月25日「朝ドラ梅ちゃん先生、林家正蔵ナレーションは興醒め」はこちら。

⇒2012年4月26日「梅ちゃん先生脚本、尾崎将也シナリオはどうよ?」はこちら。

⇒2012年4月27日「梅ちゃん先生、脚本のばかばかしさ、演技のわざとらしさ」はこちら。

⇒2012年4月28日「堀北真希は大根役者?…朝ドラ梅ちゃん先生の演技」はこちら。

⇒2012年4月29日「梅ちゃん先生…苦し紛れの日替わり定食が人気を呼ぶ」はこちら。

⇒2012年4月30日「堀北真希の演技…下村梅子ははまり役」はこちら。

⇒2012年5月1日「梅ちゃん先生、高視聴率…素人芝居への挑戦」はこちら。

⇒2012年5月8日「堀北真希、本気の学芸会並み演技」はこちら。

⇒2012年5月10日「下村松子・ミムラと真田伸吉・平岳大の関係…梅ちゃん」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

梅ちゃん先生、脚本のばかばかしさ、演技のわざとらしさ

NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」。
脚本家・尾崎将也が書き下ろしたオリジナル。
堀北真希が医者を目指すヒロイン・下村梅子を演じる。
うぶで清潔なイメージをよく出しており、当時の乙女の姿と重なる。
といっても、昭和26年(1951年)生まれの私は実際に見たわけでない。

⇒2012年4月26日「梅ちゃん先生脚本、尾崎将也シナリオはどうよ?」はこちら。

朝ドラ「梅ちゃん先生」は制作陣(東京制作局)の開き直りみたいな作品である。
内容がないのに講釈が多い。
台詞(せりふ)も、語り(ナレーション)も…。
脚本(シナリオ)のばかばかしさからくる演技のわざとらしさが持ち味であり、魅力になっている。

⇒2012年4月25日「朝ドラ梅ちゃん先生、林家正蔵ナレーションは興醒め」はこちら。

豊富な実績を持つ役者が少なくないが、皆申し合わせたように下手な演技を行っている。
演出の意向か。
どこか素人の演劇に通じ、ほほえましい。
視聴者につくりものとしてのドラマを安心して楽しんでもらおうとの趣旨だろう。

朝ドラ「梅ちゃん先生」はかたいことを言わなければ、それなりに面白い。
視聴率が高いのもうなずける。

⇒2012年4月23日「朝ドラ梅ちゃん先生が面白い…平均視聴率上昇へ」はこちら。

                       ◇

さて、下村梅子は5月、医学生として第一歩を踏み出した。
同じ班になった級友に、合格を教えてくれた沢田弥生(徳永えり)がいた。
ほかに、病院の一人娘の須藤雪子(黒川智花)、夫が戦死して幼い娘を育てる瀬川典子(西原亜希)、無口な園田江美(白鳥久美子)がいる。
今後の展開を盛り上げる狙いか、5人は不ぞろいだ。
よくぞここまでというくらい凸凹(デコボコ)である。

なお、無口な園田江美がついに口を開いた。
視聴者の度肝を抜く秋田訛り(なまり)。
そもそも白鳥久美子という本名(芸名)は本人のイメージと別次元・・・。
やはり朝ドラ「梅ちゃん先生」はたわいない。

                      ◇◆◇

堀北真希と朝ドラ「梅ちゃん先生」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年4月2日「堀北真希・梅ちゃん先生…朝ドラ高視聴率のプレッシャー」はこちら。

⇒2012年4月10日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、堀北真希・梅ちゃん先生の人気」はこちら。

⇒2012年4月12日「堀北真希と井上真央…朝ドラヒロインおでこ比較」はこちら。

⇒2012年4月15日「朝ドラ梅ちゃん先生の感想…急ごしらえの粗末な作品?」はこちら。

⇒2012年4月16日「梅ちゃん先生…オープンセットはカネの無駄遣い?」はこちら。

⇒2012年4月17日「堀北真希は日本の朝を穏やかにした…梅ちゃん先生の効用」はこちら。

⇒2012年4月18日「堀北真希ドラム缶風呂入浴シーン…梅ちゃん先生視聴率」はこちら。

⇒2012年4月23日「朝ドラ梅ちゃん先生が面白い…平均視聴率上昇へ」はこちら。

⇒2012年4月25日「朝ドラ梅ちゃん先生、林家正蔵ナレーションは興醒め」はこちら。

⇒2012年4月26日「梅ちゃん先生脚本、尾崎将也シナリオはどうよ?」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ