コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

提案営業

ツインバード工業GateCAFEイベント

第12回首都圏新潟県人会

私は「フェイスブック新潟県人会」のページをまれに覗いています。
交流会などの催事がとても活発です。

そこで目に留まったイベントがオープンしたばかりの「Gate CAFE」で行われる「第12回首都圏新潟県人会」でした。
日時は2018年2月3日(土) 17:00〜20:00です。

燕三条体感アンテナショップ

ここはツインバード工業のいわゆる「アンテナショップ」です。
が、それだけでなく、本社の上越新幹線の最寄駅「燕三条駅」に関わる燕市と三条市を体感できるそうです。
地域密着・地元貢献の一環でしょう。

私や家族、和田創研の社員がデスクワークで使ってきた照明器具はツインバードブランドですが、新潟県の会社ということを、恥ずかしながら初めて知りました。
確かめたら、和田創研の銀座のセミナールームも天井のLED照明器具がそうでした。
気づかないうちにずいぶんとお世話になっていたようです。

しかも、私が新潟県直江津市で生まれた昭和26年(1951年)が創業です。
現在は東証2部に上場していました。

また、燕三条駅の「中小企業大学校三条校」に社員を講師として幾度か派遣していました。
提案営業研修(コース)」を受け持ちました。

ツインバード工業に親しみ

結婚後に三鷹の自宅(借間)で仕事をしていたフリーランスのプランナーの私が30歳頃に勝負をかけて最初に都心に構えたオフィスがこの辺り(小伝馬町駅そば)でした。
約36年前。
記憶が曖昧ですが宮澤薬品ビルは当時もそれほど新しくなかったはずですが(失礼)、いまもあります。
私は小伝馬町から人形町にかけてよく歩いたものですが、この界隈の雰囲気が大好きです。

さらに、私が成長構想や中期経営計画を請け負ってきた会社が東証一部に上場しましたが、この近くにあります。

いずれも偶然の「」にすぎませんが、ツインバード工業に親しみが湧いてきました。

私は2月、クライアントからの制作物や企業研修の受託業務、リーダーシップセミナーの開催、ロボットビジネス勉強会の開催など、その準備を含めてスケジュールが詰まっています。
が、時間のやり繰りをつけられそうなら、ぜひとも伺いたいと考えています。

生まれ故郷の直江津市(現上越市)、そして新潟県に対する思いは薄れるどころか、年を重ねるごとに募っています。
(単に老いただけかもしれません。)

価値共創のGateCAFE

「Gate CAFE」は価値共創の場として3つのコンテンツを有します。
.フェとして、燕三条の「食」を体験できます。
▲▲鵐謄淵轡腑奪廚箸靴董燕三条の「モノ」を体験できます。
イベントとして、燕三条の「コト」を体験できます。

名称◆Gate CAFE
住所◆東京都中央区日本橋小伝馬町14-4 ツインバード日本橋ゲートオフィス
交通◆東京メトロ日比谷線小伝馬町駅歩2分ほか
HP◆http://www.twinbird.jp

ツインバード工業ホームページはこちら。

image余談。
私は四半世紀を超え、提案営業研修で「価値共創(バリュー・コラボレーション)」の重要性を説いてきました。
提案営業(ソリューション・セールス)は、「インプット(顧客理解)⇒コラボレーション(顧客共創)⇒アウトプット(顧客貢献)」の順で進めます。

⇒「提案営業研修標準講座」パンフレットはこちら。

⇒「営業精鋭学校」パンフレットはこちら。

eigyouseiei-gakkou提案営業の際立った特色はカスタマー・ファーストに基づく顧客価値の最大化の追求です。
ざっとお目通しくださるだけで、「本物の提案営業」のイメージをつかんでいただけます。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

とみん経営研究所、人気の提案営業セミナー

私・和田創は11月8日(火)に東京・とみん経営研究所で「提案営業セミナー」の講師を務めます。
当日は、受注拡大や販売増加を叶える“本物の提案営業”のエッセンスを分かりやすく解説します。
バブル崩壊後の厳しい市場環境で四半世紀にわたり絶大な評価と支持を得てきました。
営業の仕事に自信と誇りを持てる内容です。
なお、会社や職場として収益を伸ばすため、営業担当者が営業管理者や経営幹部の方々と一緒に参加されようにお奨めします。

◆演題
成績・業績を大きく伸ばす、提案営業の進め方、営業提案書のまとめ方
提案営業実践セミナー

◆日程
2016年11月8日(火)

◆時間
午前10時〜午後4時30分

◆会場
とみん神田ビル 3階セミナー会場(東京・神保町)

◆対象
社長、営業管理者、営業担当者、営業支援スタッフの方々

◆内容紹介
提案営業とは、商品推奨営業や御用聞き営業ではなく、引き合いや注文が年々減っていく市場環境下で、営業担当者が自らきっかけをつくり、案件に育てる取り組みのことです。
具体的には、顧客の抱える課題を明確化し、その解決策を提示する「ソリューション」の実践にほかなりません。
本講座では、提案営業指導の第一人者が顧客のベネフィットにフォーカスし、その最大化を追求する“本物の提案営業”について事例を織り交ぜながら解説します。
また、提案営業の最重要ツールとなる「提案書」の素早い作成法についても書式を用いて解説します。
成果の上がる提案営業の考え方と進め方、さらに具体的なイメージをつかんでいただきます。

◆内容構成
[第1部]提案営業の進め方

機ヽ亮造棒果につなげるポイント
1)注目の提案営業をどのように適用すべきか
2)提案営業にはとてもマッチする領域がある
3)役立ちの追求をベースに潜在ニーズを掘り起こす
4)「ルーティン」を超えた働きかけが必須となる
5)この際、営業の仕事に対する基本認識を改めよ
6)収益伸長の鉄則はがっかりするほどシンプル!
7)提案営業の2つの呼称、2つの支柱とは
8)営業が向かい合うべきはパソコンでなく顧客である
9)提案営業をこう捉え直せば、数字を大きく伸ばせる
10)提案営業に取り組むうえでの2つのキーワード
11)営業の根本思想を誤ったままでは努力が空回りする
12)営業活動にともなうストレスと苦労を減らすコツ

供…鶲同超函∨槓の条件と手続き
1)提案営業の定義・流れ、ソリューションの本質
2)課題と解決策の関係に気づけば、収益を伸ばせる
3)本物の提案営業では「提案」を重んじない
4)顧客理解の勘どころ、提案内容の勘どころとは
5)営業担当者が商談を決めることはありえない
6)いやというほど分かる「和田創方式 提案の概念」
7)課題の析出の手順、解決策の具体化のポイント
8)まずは顧客の現状における「問題点」を掘りさげよ
9)どうしたら大きなソリューションにつなげられるか
10)提案営業における商品の具体的イメージとは

[第2部]営業提案書のまとめ方

機仝楜劼稜柴世魄き出すポイント
1)いわゆる「提案書」は販売資料にすぎない
2)提案書の作成に入る前に不可欠な自問自答とは
3)顧客への貢献を証明することが提案書の役目
4)横並びの商品でなく課題解決の知恵で差別化を図れ
5)提案書による商談をかならず決める最大の要諦

供ー蟯屬鬚けない提案書の作成法
A.「課題」のまとめ方 〜顧客理解の核心
1)提案書と呼べる最低の要件はシンプルな2部構成
2)提案営業のカギを握るのが診断に当たる課題である
3)種まきがうまいかへたかで収穫量は全然違う

B.「解決策」のまとめ方 〜顧客貢献の核心
1)課題という診断に則して解決策という処方を固めよ
2)解決策では役立ちという価値がシビアに問われる
3)顧客の立場でどこまで商品の利用に踏み込めるか
4)顧客価値の最大化を追求すると商品の複合が起こる
5)ライバル商品から自社商品への買い替えを促すコツ

C.「効果」のまとめ方 〜ベネフィットの描写
1)CSの実現を目指すには効果を最重視せよ
2)顧客の観点で思いつくかぎり効果を洗い出す
3)どうしても「効果」の欄を埋められないなら…

D.「表紙」のつくり方 〜顔の魅力の演出
1)顧客の関心を喚起するだけでなく食欲を刺激せよ
2)表紙の中核要素となるタイトルは踏ん張りどころ
3)ビジュアルと「はじめに」は顧客への訴求力を増す

※ご参加者にもれなく和田創著作『結果を出せない営業はこう立て直す』を差しあげます。本書は、トップと営業管理者向けの内容です。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
とみん経営研究所
⇒「提案営業実践セミナー

以上。
なにとぞ奮ってご参加ください。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業精鋭学校…和田創研

和田創研主催の公開セミナーのご案内です。
くつろいだ雰囲気のなかで楽しんでいただけるように心がけています。
全メニュー&全スケジュール

◇◆◇

私がこだわってきた“本物の提案営業”のエッセンスを半日(3時間)で説き明かします。
わくわく、ぞくぞくする内容です。
第一級のコンサルティングマインドとソリューションスキルを感じていただきます。

◆演題
社長と幹部をトップセールスに育成する
営業精鋭学校 説明会(提案営業研修公開コース)
「ソリューション」の基本と実践のツボをシンプル解説

◆日時
2015年11月24日(火) 午後1時20分〜4時40分
2015年12月7日(月) 午後1時20分〜4時40分
2016年1月18日(月) 午後1時20分〜4時40分
2016年2月22日(月) 午後1時20分〜4時40分
2016年3月14日(月) 午後1時20分〜4時40分
teiei-koukaikosu-setumeikai◆会場
和田創研セミナールーム(東京・銀座)
◆対象
社長、営業役員、営業部長、後継者の方々

「なるほど、これなら優良顧客や大口商談を取り込める」。
いやというほど腑に落ちる事例に触れていただけます。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
⇒「営業精鋭学校 説明会 〜深い学びと大きな感動」」

なにとぞ奮ってご参加ください。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

「情報営業」の考え方と進め方

企業研修に採用されつづけてきた2つの定番講座を公開します。
1つは「情報営業セミナー」です。
顧客(見込客)とのコミュニケーションやリレーションに苦労する若手が増えています。
初面談でも口下手でも相手と打ち解けられ、商談の糸口をつかむコツを解説します。

◆演題
キーマンに通えれば、売り上げは大きく伸ばせる
「情報営業」の考え方と進め方
狙い定めた顧客と良好な関係を築くコツを解説

jyohoueigyou◆日時
2015年6月2日(火) 午前10時〜午後5時
◆会場
和田創研セミナールーム(東京・銀座)
◆対象
営業担当者、営業関係者、営業管理者、営業役員、社長の方々
◆備考
同一内容での企業研修が可能(情報提供に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「情報営業の考え方と進め方 〜重要な顧客と距離を縮める」

もう1つは和田創の代名詞「提案営業セミナー」です。
こちらは20年を超える、日本の営業セミナーの超ロングセラーです。
顧客価値の最大化を追求する“本物の提案営業”を明快に解説します。
また、「提案書」の素早い作成法についても解説します。
成績・業績を大きく伸ばせます。

◆演題
プレゼンの成功率、コンペの勝率を高めたい…
提案営業実践セミナー
落とせない商談を確実に決める急所を解説。

teianeigyou◆日時
2015年6月3日(水) 午前10時〜午後5時
◆会場
和田創研セミナールーム(東京・銀座)
◆対象
社長、営業管理者、営業担当者、営業支援スタッフの方々
◆備考
同一内容での企業研修が可能(成果向上に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「提案営業実践セミナー 〜成績優良者の仲間入りを果たせる」

2日連続のご参加をお勧めします。
1日目「情報営業セミナー」がレディメード(入口はありもの、手抜き)の情報提供、2日目「提案営業セミナー」がカスタムメイド(出口はあつらえ、手づくり)の情報提供という関係です。
実は、「提案営業」は「情報営業」に含まれ、商談の着地(成約)に用います。
提案営業に持ち込んだら、かならず決めましょう。

◆◇◆結果を出せない営業はこう立て直す

和田創の営業本をPDFでプレゼントしています。
パソコンに一瞬でダウンロードできます。
登録手続きなどは一切不要です。

結果を出せない営業はこう立て直す(308頁)

御社の営業をよくするヒント(272頁)

ご本人の自己学習のための利用に限ります。
御社の営業をよくするヒント本書の著作権は和田創に留保されます。

2冊とも売り上げづくりに役立つ内容です。
周囲の方々やお仲間にお知らせくだされば幸いです。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案営業とは・・・ガイダンス

私・和田創が行う「提案営業セミナー」のガイダンステキストを公開します。
teianeigyou本テキストは、和田創著作『結果を出せない営業はこう立て直す』から付録を抜粋したものです。
それなりの読み応えがあり、新しい学びと気づきが得られると思います。

提案営業実践セミナー 〜落とせない商談を確実に決める急所」はこちら。

結果を出せない営業はこう立て直すPDF(A4判・横位置)ですので、パソコンにダウンロードしてお楽しみいただけます。
なお、著作権は和田創に留保されます。

◆◇◆

和田創研では、和田創の営業本2冊の大改訂版をPDFで無料プレゼントしています。
パソコンに一瞬でダウンロードできます(登録手続きなど一切不要)。

『結果を出せない営業はこう立て直す』(308頁。2月14日発売)

『御社の営業をよくするヒント』(272頁。2月10日発売)

御社の営業をよくするヒントあくまでもダウンロードしたご本人の自己学習のための利用に限ります。
本書の著作権は和田創に留保されます。

2冊とも売り上げづくりに役立つ内容です。
周囲の方々やお仲間にお知らせくだされば幸いです。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

落とせない商談を確実に決める急所

お世話になります。
和田創でございます。

私は2月のほとんどが銀座出張になりました。
teiei-koukaikosu仕事三昧でしたが、社長や幹部の方々と交流も楽しみました。
水曜日の深夜、博多を経て約10日ぶりに横浜の自宅に戻りました。
いつもそうするように、長く留守にしたお詫びに「土産」を買い求めました。
今回は定番の「博多通りもん」「博多じまん」「博多ぽてと」の3点でした。

teianeigyou・・・気づくと、日差しが明るく暖かくなっています。
梅の季節が終わり、桜の季節が巡ってこようとしています。
営業は書き入れ時を迎え、今年度はとくに現場の熱気が伝わってきます。
皆さまが素晴らしい数字を残せますように・・・。

9784907620004-00ガイダンステキスト2点をダウンロードしていただけます。
いずれもA4判・横位置です。

提案営業研修公開コース 〜業績直結研修をそのまま再現!』

提案営業実践セミナー 〜落とせない商談を確実に決める急所』

書籍2冊(虎の巻&ヒント)をダウンロードしていただけます。
御社の営業をよくするヒント売上づくりと目標達成にお役立てください。

『結果を出せない営業はこう立て直す』(308頁。2月14日発売)

『御社の営業をよくするヒント』(272頁。2月10日発売)

ご自宅で和田創研のホームページ(トップページ)からもダウンロードしていただけます。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案営業ガイダンステキスト

私・和田創が行う「提案営業セミナー」のガイダンステキストを公開します。
teianeigyou本テキストは、和田創著作『結果を出せない営業はこう立て直す』から付録を抜粋したものです。
それなりの読み応えがあり、新しい学びと気づきが得られると思います。

提案営業実践セミナー 〜落とせない商談を確実に決める急所」はこちら。

PDF(A4判・横位置)ですので、パソコンにダウンロードしてお楽しみいただけます。
なお、著作権は和田創に留保されます。

                  ◆◇◆

結果を出せない営業はこう立て直す和田創研では、和田創の営業本2冊の大改訂版をPDFで無料プレゼントしています。
パソコンに一瞬でダウンロードできます(登録手続きなど一切不要)。
63歳の私も試しましたが、とても読みやすいです(ご年配者も大丈夫)。

『結果を出せない営業はこう立て直す』(308頁。2月14日発売)

『御社の営業をよくするヒント』(272頁。2月10日発売)

御社の営業をよくするヒントつきましては、以下の事柄に同意していただくことが条件となります。
あくまでもダウンロードしたご本人の自己学習のための利用に限ります。
本書の著作権は和田創に留保されます(著作権フリーに非ず)。
したがって、本書の一部または全部を複写・複製・翻訳・掲示・転載・送信・配信すること、および各種媒体に入力することはできません。
以上の事柄をかならずお守りください。

なお、会社でダウンロードできない方は、ご自宅で和田創研ホームページ(トップページ)からダウンロードしてください。

2冊とも売り上げづくりに役立つ内容です。
周囲の方々やお仲間にお知らせくだされば幸いです。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

結果を出せない営業はこう立て直す 無料版

『結果を出せない営業はこう立て直す』(308頁)

営業が果たすべき使命・・・和田創の祈り

私は、日本人の国民性を一言でいえば「誠実」になると考えています。
しかも、それは社会と経済のグローバル化が進むほど際立ってきました。

結果を出せない営業はこう立て直すそして、日本人の誠実な国民性は、顧客の豊かさや幸せにフォーカスし、コンサルティングマインドとソリューションスキルで働きかけていく「提案営業」にとてもよくマッチしています。

そもそも営業が果たすべき使命とは、商品を売ることでなく顧客に役立つことです。
「うまい営業」でなく「いい営業」、それも「最良の営業」を目指して楽観的に働くという提案営業の発想は何とすがすがしいのでしょう。

皆さまの応援をよろしくお願いします。
(お仲間やお知り合いにご紹介くだされば幸いです。)

[PDF無料版]
ダウンロードは、こちらで!(一瞬で終了)
つきましては、以下の事柄に同意していただくことが条件となります。
あくまでもダウンロードしたご本人の自己学習のための利用に限ります。
本書の著作権は和田創に留保されます(著作権フリーに非ず)。
したがって、本書の一部または全部を複写・複製・翻訳・掲示・転載・送信・配信すること、および各種媒体に入力することはできません。
以上の事柄をかならずお守りください。

[紙の本]
仕様:四六判・288頁(初版)
定価:1,600円(税別)
お買い求めは、アマゾンで!

[kindle版]
仕様:308頁(改訂新版)
定価:800円(税別)
お買い求めは、アマゾンで!

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

ソリューションスキル

私がこだわってきた“本物の提案営業”のエッセンスを半日で説き明かします。
teiei-koukaikosu-setumeikai第一級のコンサルティングマインドとソリューションスキルを感じていただきます。

「提案営業研修公開コース説明会」パンフレット

「顧客第一」を本気で追求した営業活動の事例もご紹介します。
自社の営業力との格差を目の当たりにし、溜め息を漏らす社長もおられます。
(本セミナーは「虎の子倶楽部」の特典対象外です。)

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

情報営業と提案営業の関係

企業研修に採用されつづけてきた2つの定番講座を公開します。
jyohoeigyo1つは「情報営業セミナー」です。
営業活動でキーマンに通えれば、売り上げは大きく伸ばせます。
ところが、顧客(見込客)とのコミュニケーションやリレーションに苦労する若手が増えています。
初面談でも口下手でも相手と打ち解けられ、商談の糸口をつかむコツを解説します。

「情報営業の考え方と進め方」カラーパンフレット

もう1つは和田創の代名詞「提案営業セミナー」です。
こちらは20年を超える、日本の営業セミナーの超ロングセラーです。
顧客価値の最大化を追求する“本物の提案営業”のエッセンスを明快に解説します。
teianeigyouまた、「提案書」の素早い作成法についても解説します。
成績・業績を大きく伸ばせます。

「提案営業実践セミナー」カラーパンフレット

2日連続のご参加をお勧めします。
1日目「情報営業セミナー」がレディメード(入口はありもの、手抜き)の情報提供、2日目「提案営業セミナー」がカスタムメイド(出口はあつらえ、手づくり)の情報提供という関係です。
実は、「提案営業」は「情報営業」に含まれ、商談の着地(成約)に用います。
プレゼンテーションの成功率を高められます。

なお、「虎の子倶楽部」の会員企業は特典制度をご利用ください(2015年3月開催分までの適用となります)。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業の使命とは・・・

私は、日本人の国民性を一言でいえば「誠実」になると考えています。
「和」「思いやり」「おもてなし」はもちろん「真面目」「勤勉」など、さまざまな美徳もそこを根にして育まれたのでないでしょうか。

しかも、日本人の誠実な国民性は、社会と経済のグローバル化が進むほど際立ってきました。
例えば、報道などで繰り返し認識させられます。

そして、日本人の誠実な国民性は、顧客の豊かさや幸せにフォーカスし、コンサルティングマインドとソリューションスキルで働きかけていく「提案営業」にとてもよくマッチしています。

そもそも営業の使命とは、商品を売ることでなく顧客に役立つことです。
「うまい営業」でなく「いい営業」を目指して楽観的に働くという提案営業の発想は何とすがすがしいのでしょう。

私は、日本の営業が世界の最高峰に到達してほしいと願っています。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

情報営業セミナー

プライベート感覚とコンサルティング感覚を大切にした和田創研主催の公開セミナーのご案内です。
親密な時間、濃厚な学びを共有していただけます。

◇◆◇

jyohoeigyo企業研修に採用されつづけてきた2つの定番講座を公開します。
1つは「情報営業セミナー」です。
営業活動でキーマンに通えれば、売り上げは大きく伸ばせます。
ところが、顧客(見込客)とのコミュニケーションやリレーションに苦労する若手が増えています。
初面談でも口下手でも相手と打ち解けられ、商談の糸口をつかむコツを解説します。

「情報営業の考え方と進め方」カラーパンフレット

eigyo201402もう1つは和田創の代名詞「提案営業セミナー」です。
こちらは20年を超える、日本の営業セミナーの大ヒット・ロングセラーです。
顧客価値の最大化を追求する“本物の提案営業”のエッセンスを明快に解説します。
また、「提案書」の素早い作成法についても解説します。
成績・業績を大きく伸ばせます。

「提案営業実践セミナー」カラーパンフレット

2日連続のご参加をお勧めします。
1日目「情報営業セミナー」がレディメード(入口はありもの、手抜き)の情報提供、2日目「提案営業セミナー」がカスタムメイド(出口はあつらえ、手づくり)の情報提供という関係です。
実は、「提案営業」は「情報営業」に含まれ、商談の着地(成約)に用います。
プレゼンテーションの成功率を高められます。

◇◆◇

seminargaido和田創研で初となる「セミナーガイド」を作成しました。
階層別(経営層・管理職・社員)、職能別のカリキュラムがだいぶ充実してきました。
皆さまに腑に落としていただけるよう、重要な内容を分かりやすく解説します。

どうか「セミナーガイド」にお目通しください。
そして、関心をお持ちのテーマが見つかりましたら、ご参加いただければ幸いです。

「セミナーガイド」

なお、和田創研主催の公開セミナーでは、事前予約をしていただくことで、終了後にヾ臣未竜_顱△修慮紊豊∈親(個別相談)の機会を設けられます。
△砲弔い討錬閏匕堕蠅任垢里如∪菽綵腓砲覆蠅泙后

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

勝ち組営業のレベル

プライベート感覚とコンサルティング感覚を大切にした和田創研主催の公開セミナーのご案内です。
親密な時間、濃厚な学びを共有していただけます。

◇◆◇

teiei-koukaikosu-setumeikai社長と幹部を対象とした業績テコ入れのためのガイダンスセミナーを開催します。
なるべく大勢の方々にその急所をつかんでいただきたく、参加費を3千円と抑えています。
私は精魂を込め、お話しします。
がっかりするほどシンプルな、しかし頭をかち割られるような真理を得られます。
また、提案営業の「成功事例」をご紹介します。
大きな括りでの物流、建設、食品、医療、リース、エネルギー、メンテナンス、情報システムなど、内需型が中心です。
「これは凄い!」と驚嘆していただけます。
いわゆる勝ち組企業や勝ち組営業は想像を絶するレベルに達しています。

「提案営業研修公開コース説明会」パンフレット

自社の営業力とのあまりの違い(格差)を目の当たりにし、溜め息を漏らす社長や幹部の方々もおられます。
(本セミナーは「虎の子倶楽部」の特典対象外です。)

◇◆◇

seminargaido和田創研で初となる「セミナーガイド」を作成しました。
階層別(経営層・管理職・社員)、職能別のカリキュラムがだいぶ充実してきました。
皆さまに腑に落としていただけるよう、重要な内容を分かりやすく解説します。

どうか「セミナーガイド」にお目通しください。
そして、関心をお持ちのテーマが見つかりましたら、ご参加いただければ幸いです。

「セミナーガイド」

なお、和田創研主催の公開セミナーでは、事前予約をしていただくことで、終了後にヾ臣未竜_顱△修慮紊豊∈親(個別相談)の機会を設けられます。
△砲弔い討錬閏匕堕蠅任垢里如∪菽綵腓砲覆蠅泙后

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案営業研修公開コース説明会

私・和田創は東京駅の近郊会場で社長など経営層を対象としたセミナーを開催します。

◆日程
2015年1月20日(火)

◆タイトル
営業の統率者・牽引者・指導者向けガイダンスセミナー
提案営業研修公開コース説明会
「ソリューション」の基本と実践のツボをシンプル解説


teiei-koukaikosu-setumeikai◆内容紹介
日本の営業研修の定番を紹介。
単なる説明会でなく、「本物の提案営業」を理解していただきます。コンサルティングマインドとソリューションスキルのエッセンスを吸収できるでしょう。

皆さま、なにとぞ奮ってご参加ください。

「提案営業研修公開コース説明会」パンフレット

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

業績不振に苦しむ社長の共通点

私・和田創はこのたび社長と幹部を対象とした業績テコ入れのためのガイダンスセミナーを開催します。
なるべく大勢の方々にその急所をつかんでいただきたく、参加費を3千円と抑えています。

実は、売れない時代でもっとも難しいのは売ることです。
にもかかわらず、業績不振に苦しむ社長の共通点は、「商品を売れ」ともっとも難しいことを社員に要求します。
したがって、収益が振るわないばかりでなく、社員がストレスに押し潰されそうになります。
これでは営業の仕事に誇りと喜びを感じられるはずがありません。
おのずと社員の定着も悪くなります。

社長は「商品を売れ」でなく「顧客に役立て」と命令するだけで、社員も顧客も、そして自社もハッピーになることに気づくべきです。
業績不振の原因(理由)は、経営理念に謳う「顧客第一」をなおざりにし、社員を「自社第一」に走らせようとする社長自身にあります。

しかし、「顧客第一」は口先で唱えたところで数字の改善につながりません。
社員が営業現場で具体的な行動や話法に落とし込み、顧客にはっきりと実感してもらうことが条件になります。

どうか本ガイダンスセミナーで、その真髄をつかみ取ってください。

◆演題
営業の統率者・牽引者・指導者向けガイダンスセミナー
提案営業研修公開コース説明会
「ソリューション」の基本と実践のツボをシンプル解説


teiei-koukaikosu-setumeikai◆日程
ご都合のいい日程をお選びください。
2014年11月27日(木)
2014年12月18日(木)
2015年1月20日(火)

◆時間
午後1時20分〜3時40分(正味2時間)

◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
※東京駅周辺もしくは近郊の別会場になる場合あり。

◆対象
社長、役員、営業部門長・拠点長・管理者、後継者の方々

◆参加費
3千円
※1名当たり。資料代込。消費税別途。

◆内容構成
機 崢鶲同超函廚亡悗垢覺霑鍛亮
1.売上を伸ばす「本物の提案営業」の条件
2.優良顧客・大口商談を取り込むための手続き
3.―猗/充電(スタンバイ)
4.⊆錣泙/見込客づくり(ターゲティング)
5.H芽/商機創出(関係形成⇒情報収集)
6.だ鍵蕁唇瞳鎔蘋(提案内容⇒提案書)
7.ゴ△蠎茲蝓疹γ明立(プレゼンテーション)
8.提案営業の3工程「顧客理解⇒顧客共創⇒顧客貢献」
9.提案営業の推進に必須のフォーム(書式)
10.顧客歓喜! 提案営業の成功事例(ケーススタディ)

供ヾ尭阿半弖發慮開コース紹介

◆内容紹介
日本の営業研修の定番となった「和田創方式 提案営業研修標準講座」。
業種や規模を問わず多くの企業で採用され、突出した実績を残してきました。
最大の特徴は、市場縮小や景気後退などの逆風が吹き荒れる環境でも収益を伸ばせること。

全員が目標必達を誓う「業績直結型企業研修」をそっくりそのまま再現し、中小・中堅・地場企業の皆さまに開放するのが、今回ご紹介する「提案営業研修公開コース」です。
とはいえ、当日は本コースの単なる説明会でなく、「本物の提案営業」が何かを大きな感動と衝撃とともに理解していただきます。
最重要となる「コンサルティングマインド」と「ソリューションスキル」のエッセンスを吸収できるでしょう。

わずか2時間のガイダンスセミナーですが、未知の学びに満ちています。
本コースは社長や役員、幹部など、営業の統率・牽引・指導に当たる立場の方々に強くお勧めします。

◆講師
和田創研代表/営業再建屋
和田創(わだ・そう)

◆特典
〇臆端圓砲發譴覆『結果を出せない営業はこう立て直す』(著作)を進呈
▲愁螢紂璽轡腑鵑乏萢僂任るフォーム5点をデジタルデータで進呈
K椒イダンスセミナーは「虎の子倶楽部」の特典対象外

◆備考
‘蔚伴圓よび個人のお申し込みは不可
∈脳催行人員は8名

私は精魂を込め、お話しします。
がっかりするほどシンプルな、しかし頭をかち割られるような真理を得られます。
皆さま、なにとぞ奮ってご参加ください。

「提案営業研修公開コース説明会」パンフレット

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

御社の営業をよくするヒント…アマゾン

私・和田創は本日、今年2冊目の著作『御社の営業をよくするヒント』をアマゾンで発売しました。
1冊目『結果を出せない営業はこう立て直す』は紙の本ですが、こちらは電子書籍です。
以下は、出版のご案内です。

9784907620011◆書名
御社の営業をよくするヒント
◆著者
和田創
◆発行日
2014年2月14日
◆発行所
和田創研
◆定価
800円(税別)
◆ボリューム
四六判の紙の本で 256ページ相当

『御社の営業をよくするヒント』のご注文はこちら。

◆内容紹介
本気の「顧客第一」が会社を伸ばす。
お客さまに選ばれる営業に改めよ。
経営戦略・営業方針の策定に、訓示・朝礼・営業会議の材料に、短時間の社員研修の教材などに最適。
「営業変革」による業績の劇的回復・拡大のコツと事例も紹介。

◇内容の特色
感動の経営・営業講演集
営業再建屋・和田創が、社長など取締役の方々を対象に行ってきた幾多の講演や公開セミナー、企業研修のなかから大きな感動を呼び、「営業を語らせたら天下一品」「理詰めなのに感動がある」といった高い評価をいただいた「営業変革」に関わる内容を選び、大幅な加筆と丁寧な練磨を加え、営業再生のヒントとしました。
また、「マーケティング(商品・事業)」や「マネジメント(経営)」の革新に関わる内容を盛り込みました。
さらに、『あなたの人生をよくするヒント』という祈りも込めました。
私たちは皆、豊かで幸せになるべきです。
どうか本書をお楽しみください。

◆目次
はしがき
親愛なる読者へ

第1章 トップは「買ってくれ」を禁句にせよ
1 御社の営業はちゃんと機能しているか
2 赤字や不振に浸かる社長は“健忘症”である
3 トップは「買ってくれ」を禁句にせよ
4 営業がマーケティングを誘導せよ
5 御社が掲げる「顧客第一」は大丈夫か

第2章 御社の営業はどれほど頭で稼いでいるか
1 営業活動を「人的サービス」と位置づけよ
2 錆びついた営業観が予算未達を慢性化させる
3 数字を好転させるには営業の基本をやり抜け
4 なぜ「提案営業研修」なのか
5 正社員の営業としての「存在意義」とは?
6 御社の営業はどれほど頭で稼いでいるか

第3章 目標達成を確実にするために提案営業はある
1 目標達成を確実にするために提案営業はある
2 儲かるやり方へシフトせよ
3 逆境の指揮官が指摘した営業の真髄とは?
4 提案営業は考える営業担当者を育てる

第4章 「営業ノウハウ」は役立たずなのか
1 社長は売れない時代の売り方だけを考えよ
2 「営業ノウハウ」は役立たずなのか
3 「営業プロセス」もないなんて!
4 「営業プロセス」の実際

第5章 どうすれば営業を変えられるのか
1 頑張るのはもうやめよう
2 どうすれば営業を変えられるのか
3 「変わるが勝ち!」という楽観性

あとがき

◇特典 収益伸長への研修教材
一人ひとりの成績向上

◆著者紹介
和田創研代表/営業再建屋
和田創(わだ・そう)
営業立て直し・業績テコ入れ専門の経営コンサルタント。
おもに教育を通じた社員の意識・行動改革により、組織風土の刷新、業績の拡大、成長の持続を支援する。業種や規模を問わず、多くの顧問先を「営業が強い会社」によみがえらせてきた。
「環境適応と経済合理性」を2本柱とした明確な指導に対し、経営トップが絶大な信頼を寄せる。とりわけコンサルティングの精神とソリューションの技術に根差した“本物の提案営業”の定着に心血を注ぐ。
「営業リーダー養成コース」主宰。「丸の内経営サロン」にて社長など取締役を対象とした個別相談に応じる。企業での教育と指導を含めた年間の講演実績は2百回近く。
『御社の営業をよくするヒント』『社長の打ち手』『社長の営業活動』のほか、各種営業研修教材など著作は多数。

『御社の営業をよくするヒント』のご注文はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業が強い会社へ…社員診断票・処方箋付き

私・和田創は、和田創研から今年1冊目の著作を刊行しました。
以下は、出版のご案内です。

◆書名
社長虎の巻 結果を出せない営業はこう立て直す
9784907620004-00◆著者
和田創
◆発行日
2014年1月14日
◆発行所
和田創研
◆定価
1,600円(税別)
◆仕様
四六判・ 288ページ・ソフトカバー

◆目次
はじめに
本書の活用法

第1部 営業強化・再生の方向づけ
〜自らの問題点をあぶり出し、手がかりをつかむ

1講 収益を著しく左右する営業の2大エレメント
2講 演習/マトリクスで営業実態をとらえる
3講 4ゾーン、16タイプの手法と人材に分けられる
4講 引き合いを前提とした「受け身営業」の限界
5講 顕在ニーズを刈り取る「御用聞き営業」の限界
6講 資料づくりにいそしむ「おたく営業」の限界
7講 顧客への貢献に徹する「役立ち営業」の優位性
8講 [タイプ別]営業力の強化策はこれだ!
9講 これからの効果的な手法、理想的な人材とは?

第2部 営業強化・再生の勘どころ
〜目指すべき営業はこれまでとはどう違うのか

1講 じり貧の業績を上向きに変える2つの着眼点
2講 「提案営業」の適合領域、構造と工程を知るべし
3講 「商品推奨営業」から「課題解決営業」へ
4講 「御用聞き営業」から「案件育成営業」へ
5講 「価格提示営業」から「価値提供営業」へ
6講 「予算争奪営業」から「予算創出営業」へ
7講 売れた時代の常識はことごとく疑ってかかれ!

第3部 営業強化・再生の取り組み
〜組織の指針と個人の誓いの両方でやり抜く

1講 能力でなく行動、営業の本質の周知が大前提
2講 決め手は「超ルーティン」が活発な風土づくり
3講 管理が変わらないと営業は決して変われない
4講 組織の全員を巻き込んで営業強化を推し進めよ
5講 営業会議の活用により動機づけと底上げを図る
6講 社員の「行動改革」を徹底させる秘訣とは?

第4部 営業強化・再生の実行計画
〜会社や職場ぐるみのムーブメントに仕立てよ

1講 営業立て直しのカギは「評価基準」の掘りさげ
2講 設定した評価基準の適否を検討する4つの尺度
3講 売上グラフを引っ込め、これを壁に貼り出せ
4講 上と下の役割、責任をはっきりと切り分けよ
5講 これでいける! 評価基準のブラッシュアップ
6講 営業変革キャンペーン実行へ向けた準備の完了
7講 変革キャンペーンがもたらす劇的な自律成長
8講 営業立て直しはムリと投げ出そうとする社長へ
9講 教育指導の現場における著作権侵害の横行

おわりに

◇付録 収益伸長へのガイダンス
経営トップ向け高評価セミナーのご案内

社長の打ち手
社長の営業活動
提案営業実践セミナー
営業リーダー養成コース

◇特典 収益伸長への研修教材
簡単な手続きと条件で読者にプレゼント

一人ひとりの成績向上

◆内容紹介
いまこそ、営業が強い会社へ。
行動改革優先、業績テコ入れの実際。
社員診断票・処方箋付き。
立て直し専門の経営コンサルタントが、営業強化・再生の進め方とポイントを解説します。組織ぐるみで売り上げと利益を伸ばせます。

◇本書の趣旨と主張
営業担当者と顧客との“やり取り”により数字はつくられる。この数字が社員の成績であり、それを足しあげたものが部門や拠点の業績になり、最終的に企業の業績になる。
この至極当然の認識を土台とし、結果を出せない営業を立て直すというのが本書の趣旨である。さらに、営業の数字を決定づけるこのやり取りを会社として、しかも仕組みにより高めることで、業績の回復・拡大を果たすというのが本書の主張である。
言い換えれば、営業の強化・再生を社員一人ひとりの頑張りに託すのでなく、全体的な制度と計画に基づいて確実かつ着実に推し進めていく。
なお、ほぼ同時期に刊行する『御社の営業をよくするヒント』(和田創研)を併読してくだされば、一層効果的である。

◇本書の特色
本書は、私が企業で実施してきた「営業立て直し研修3日間コース(2日+1日)」の講義内容を収めている。さらに、私が研修の際に用いる「講師用マニュアル」の詳細な記述も収めている。これにより一番の勘どころとなるワークショップの進め方が分かる。
この研修の狙い、したがって本書の狙いは、企業が外部の講師やコンサルタントに頼らず、自力で営業の強化、そして人材の育成を継続的に図れる状態へ導くことだ。本書では、組織ぐるみで取り組める、自律成長のためのセオリーとノウハウをまるごと移植する。
営業が長らく結果を出せなければ、社長が主導して変えるほかにない。とはいえ、社員に一方的に押しつけたところでうまくいかない。本書で説く取り組みの眼目は、社員が進んで関わりながら、営業活動で「やるべきこと」を決めることにある。自らの行動を律することが、社員のモチベーションの源泉になる。
本書の活用は、社長に限定されない。営業管理者は、社長を上司、社員を部下と置き換えて読み進めよ。この取り組みは、部門や拠点などの職場の単位で、中小企業なら会社の単位で行う。
本書の内容を咀嚼して実行に移すならば、社員は行動が変わり、意識が変わっていく。それにつれ、職場や会社は風土が変わり、数字が変わっていく。このほかにも、社長は社員へ有効な指導、的確な助言が行えるようになる。
営業は「結果がすべて」という仕事であり、その結果を決定づけるのはやり方である。本書は、社員の行動改革を優先することにより、困難極まりない営業立て直し・業績テコ入れを迅速かつ円滑に成し遂げる。

◆著者紹介
和田創研代表/営業再建屋
和田創(わだ・そう)
営業立て直し・業績テコ入れ専門の経営コンサルタント。
おもに教育を通じた社員の意識・行動改革により、組織風土の刷新、業績の拡大、成長の持続を支援する。支出削減でなく収入増加による企業再生にこだわる。業種や規模を問わず、多くの顧問先を「営業が強い会社」によみがえらせてきた。
不毛の“ガンバリズム”と決別、「環境適応と経済合理性」を2本柱とした明確な指導に対し、経営トップが絶大な信頼を寄せる。とりわけコンサルティングの精神とソリューションの技術に根差した“本物の提案営業”の定着に心血を注ぐ。
「営業リーダー養成コース」主宰。「丸の内経営サロン」にて社長など取締役を対象とした個別相談に応じる。また、MBAで「営業学」の授業を行う。企業での教育と指導を含めた年間の講演実績は2百回近く。
『御社の営業をよくするヒント』『社長の打ち手』『社長の営業活動』のほか、各種営業研修教材など著作は多数。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案営業の事例と提案書の実際セミナー

私は東京駅会場で近々、即効性を重視した「和田創 提案営業実践セミナー」を行います。
本物の提案営業と提案書を「事例」と「実際」、ごく簡単な「プレゼンテーション」と「ロールプレー」で腑に落とします。
営業力の向上を主眼としており、底上げを目的としておりませんので、ご注意ください。
また、技術・サービススタッフなどの営業戦力化にも最適です。
当日のテキストはバインダー入り、提案書はフルカラーです。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
本物のケーススタディとローププレーをプラス!
和田創 提案営業実践セミナー
提案営業の進め方、営業提案書のまとめ方を明快解説

eigyo20131004-01◆日時
2013年11月13日(水) 10:20〜16:40
◆会場
フクラシア東京ステーション5階(JR東京駅日本橋口歩1分、地下鉄大手町駅B6出口直結)
◆対象
社長、営業部・課長、営業所長、営業マネジャー、営業担当者、製造・技術・サービススタッフ
◆参加費
33,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(収益強化・伸長に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「和田創 提案営業実践セミナー」カラーパンフレット

以上。
北海道や九州など、遠方の方にもやさしいロケーションです。
なにとぞ奮ってご参加ください。
(先着順につき、満席の節はなにとぞご容赦ください。)

◇◆◇「営業人」バックナンバー

和田創が不定期で発行する「営業人」が大勢の営業関係者に読まれています。
原稿の叩き台はほとんど新幹線の「のぞみ」の車内でつくり、後日この素材を幾度か練って完成度を高めています。
「営業人」は、売り上げを伸ばすヒントが簡潔に綴られており、社員に配布する社長や営業幹部の方もおられます。
以下に、バックナンバーの一部をご紹介します。

「営業人」第26号の「営業ノウハウは役立たない」はこちら。

「営業人」第25号の「TOKYO2020…景気沸騰、ミニバブルへ」はこちら。

「営業人」第24号の「青春の影…愛することへの純粋な情熱」はこちら。

「営業人」第23号の「営業を学ばせるのは間違い」はこちら。

「営業人」第22号の「経営も人生も目標設定から始まる(特別号)」はこちら。

「営業人」第21号の「道場六三郎のお品書きの感動」はこちら。

「営業人」第20号の「売上改善・業績回復へ2つのアプローチ」はこちら。

「営業人」第18号の「営業の数字立て直しの最大のキモ」はこちら。

「営業人」第16号の「売上を伸ばす“本物の提案営業”の条件(特別号)」はこちら。

「営業人」第10号の「生き残りをかけた提案事例のすごさ」はこちら。

「営業人」第9号の「社員に伝えたい感動の営業事例」はこちら。

「営業人」第7号の「営業管理が目標未達を引き起こす」はこちら。

なにとぞお目通しください。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

人徳講師…九州生産性大学の感動的な出来事

先週、感動的な出来事がありました。
ほとんど事件です。

私の62歳の誕生日に、九州全域から大勢の方がお祝いに駆けつけてくれたのです。
島根と埼玉からも・・・。
女性はねぎらいの言葉とともに、フランスのお菓子をプレゼントしてくださいました。
私は老いにつれ、涙腺がゆるんでいます。
自分で言うのもなんですが、「人徳」の素晴らしさを再認識しました。

私はややあって冷静になりました。
ひょっとしてセミナーの参加者かもしれないと…。
確かに、当日は九州生産性大学・経営講座「提案営業実践コース」が行われます。

やはり勘違いでした。
「人徳講師」と呼ばれるのは、いつの日でしょう。

                      ◇◆◇

九州生産性大学「提案営業実践コース」に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年4月23日「九州生産性大学人気講座…提案営業実践コース」はこちら。

⇒2012年12月11日「和田創・提案営業研修…提案書審査結果」はこちら。

⇒2012年12月10日「提案書最優秀賞…提案営業実践コース」はこちら。

⇒2011年11月30日「提案営業の手本…営業提案書の見事な出来栄え」はこちら。

⇒2011年11月28日「技術と営業の両方ができれば鬼に金棒…提案営業研修」はこちら。

⇒2011年3月23日「受講生の胴上げが始まった…提案営業コース」はこちら。

⇒2010年11月30日「提案書優秀作…九州生産性大学提案営業コース」はこちら。

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

⇒2010年11月15日「松下奈男&向井理子…提案営業太鼓判&認定証」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業本を知るために読む人がいる

私が講師として駆け出しの頃に出した『提案営業成功の法則』に対し、読者から「自分が知っていることばかり」といった感想が寄せられた。
私は、仕事本を知るために読む人がいると分かり、衝撃を受けた。
ましてや同書は営業の実務本である。

「自分がやっていることばかり」という感想なら、私が主宰する「NPO法人営業実践大学」の月例セミナーにゲストとして招いた。
同書の内容は、トップセールスマンのなかでも突出した成績を残している人のそれである。
その2割ができていれば、私は上位3パーセントに入れると考えていた。

また、「自分がやっていることばかり」でありながら成績がよくないとしたら、私は深く反省する。
同書の内容に有効性がないということだ。

営業本だけならまだしも、事態はもっと深刻である。
実は、営業セミナーに知るために参加する。
私は成績を上げるには、営業の基本中の基本を徹底して行えば十分と考えている。
したがって、内容はどうかすると小学生が理解できる水準である。
営業本と同様、「自分が知っていることばかり」といった感想が寄せられる。

営業職のなかにも、知ることで満たされようとする人が増えた。

私は職業教育の現場において、知識偏重の学校教育の弊害と闘っている。
彼らは、教室の授業との違いが分かっていない。
受講者から寄せられる質問も行うためでなく、知るための質問が増えた。
私はたいていそれが分かってしまうので、教えていてむなしい。

今日、薬には効用だけでなく副作用があることは広く知られている。
が、案外、知識には効用だけでなく副作用があることは知られていない。
営業再建屋の私は、知識が“猛毒”になっている実態をたくさん見てきた。
例えば、高学歴者が集まるITシステムなどの先端分野に目立つ。
なかには先生顔負けの豊富な知識を持つ人もいる。

私は、とくに営業の仕事は知識に浸かると行動が鈍ると考えている。
結果を出せない人は概して「手法」に依存しすぎる。
もしも成績が伸び悩んでいるなら、あり余る知識を頭からいったん外し、営業の仕事の本質を思い切りシンプルにとらえ直すことを勧める。

私は職業柄、大勢のトップセールスマンと接してきた。
営業の手法にまつわる知識へ傾斜する人を一人も知らない。
俗にいう「頭のいい人」はおそらくゼロ。
ちなみに、私は明治大学5年中退なので「頭の悪い人」である。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業指導へのクライアントの要望

私が営業の指導に携わるようになり、まもなく20年を迎える。
これまでを振り返り、営業の指導に対するクライアントの要望が大きく変わった。
それは、日本の企業が置かれた経営環境、日本の営業が置かれた市場環境の厳しさが増していったことと符合する。

私は1990年代半ば過ぎに幸運に恵まれ、「提案営業」の講師として脚光を浴びた。
それがきっかけとなり、提案営業は私の代名詞になった。
しかし、私は当初から売り上げを伸ばす手段と位置づけていた。
従来の営業活動で結果を出せないなら、提案営業へ転換しようとの趣旨だった。

したがって、私はもともと「営業変革」を主眼とした講師であり、その具体的な手法として提案営業の導入や定着に力を注いできたにすぎない。
当然ながら、クライアントの関心は業績の向上にある。
むろん、私自身の関心も…。

が、現実には「営業を学ばせたい」「営業を教えてほしい」という声が多く寄せられた。
私は、先方とのやり取りのなかで、営業の研修を行うことが目的化しているとしばしば感じた。

そうした傾向に変化が表れたのが2002年〜2003年頃である。
そして、2005年〜2006年頃に変化が加速し、変化が決定的になったのが2008年秋の「リーマン・ショック」以降である。

今日、私に寄せられる声は「数字を何とかしたい」に尽きる。
これには「数字を立て直したい」と「数字を伸ばしたい」の2つが含まれる。
前者が業績不振の負け組であり、後者が業績好調の勝ち組である。
日数の短い企業研修を別にすれば、私には中間のクライアントがほとんどいない。

私は、顧客の要望に導かれるように営業講師から営業コンサルタントへ、さらに「営業再建屋」に変わっていった。
しかも、クライアントは結果を急いでおり、時間がかかってもいいという依頼はない。
私は、社長の本気に背中を押され、大ナタを振るう。
この稼業が病みつきになった。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

【和田創】本物の提案営業の核心…営業人第16号

和田創の「営業人」の“特別号”をお届けします。
かなり気合いの入った原稿です。

16某都市銀行シンクタンクの会員向けに以前配信し、大反響を巻き起こした記事をさらにブラッシュアップしました。
ピカピカです。
営業成績(売り上げ)がよくなる本物の提案営業の核心をずばり解説しました。

「提案営業をやっても成果が上がらない」どころか、「提案営業をやって成果を落としている」という声がよく聞こえてきます。
それは、提案営業を勘違いしているか、提案営業と呼べるレベルに達していないか、いずれかです。

「売上を伸ばす“本物の提案営業”の条件」は、とても分かりやすいと思いますので、ぜひお目通しください。
また、皆さまでご共有ください。

「営業人」第16号の「売上を伸ばす“本物の提案営業”の条件」はこちら。

◆「営業人」バックナンバー

「営業人」は、発行を心待ちにしてくださる方がおり、社員に配布する社長や営業幹部の方もおられます。

「営業人」第15号の「営業の総合力を身につけよ」はこちら。

「営業人」第14号の「技術・サービスが営業に本格参戦」はこちら。

「営業人」第13号の「来年度予算目標は平均120%台」はこちら。

「営業人」第12号の「新年度の経済環境はこうなる」はこちら。

「営業人」第11号の「営業は義理チョコでいいのか?」はこちら。

「営業人」第10号の「生き残りをかけた提案事例のすごさ」はこちら。

「営業人」第9号の「社員に伝えたい感動の営業事例」はこちら。

「営業人」第8号の「行動計画を訪問計画と勘違いするな」はこちら。

「営業人」第7号の「営業管理が目標未達を引き起こす」はこちら。

「営業人」はPDFですので、営利目的でない社内利用に限って無料のダウンロードが可能です。
訓示・朝礼の素材に、経営会議・営業会議の話材(議題)に、営業戦略・営業方針樹立のヒントにお使いくだされば幸いです。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業マンにスカウトがどんどん舞い込む

私が責任指導を行った「提案営業」の成功事例の報告に立ち会いました。
30歳を超えたばかりの営業マンが市長とじかに面談を果たし、やがて渾身の働きかけが受け入れられました。

提案自体は、売り上げを目論んだわけでなく、行政と住民への純粋な貢献を目指しています。
数字はゼロですので、提案書に「見積書」を添えようがありません。

が、結果として、長期にわたって安定的に売り上げが見込める大型プロジェクトに優先的に参加することを許されました。
彼は、市役所の上層部から絶大な信頼を寄せられるようになりました。

「強く太いパイプを築けました」。
素晴らしい発表だった。

報告の終了後、二人きりの場で尋ねたら、営業活動の立ち位置を自社の側から顧客の側へ移してから、スカウトがどんどん舞い込むようになったそうだ。
顔に自信がみなぎっていた。
別れ際、「和田先生、営業の仕事が楽しくて仕方ありません」。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業人第15号…営業の総合力を身につけよ

私は、40代半ばに差しかかる頃から「提案営業」の教育指導に携わる機会が増えた。
当初は「企画」の教育指導が中心だった。
やがて研修やセミナーの講師として一年中、おもに東京以西の各地を飛び回るようになった。

15なかでも40代後半から50代前半にかけての7〜8年間は体力の限界との戦いだった。
顧客に対する感謝の念は忘れなかったが、疲れ果てていた。
正直に言うと、私がもっとも脚光を浴びていた時期が、もっともつらい時期だった。
自分では消耗しているという実感しか持つことができなかった。

私は、50代後半からいくらか落ち着きを取り戻し、職業人生の集大成を意識するようになった。
仕事の合間を縫いながら、営業に関わるさまざまな教育指導のコンテンツをまとめはじめた。
とはいえ、そのど真ん中に「提案営業」があることに変わりない。
それは40年を超える働き方、いや働きざまそのもの。
おおげさな言い方になるが、根っこで人生につながっている。

私にとって大きな幸運は、「提案営業」に営業の総合力が求められたことだった。
いずれのコンテンツも、自分が顧客へ働きかけるなかで実践してきたセオリーとノウハウを整理しながら言葉でつづったにすぎない。

数年にわたる地道な努力が還暦を迎える頃に実り、コンテンツのバリエーションが一気に広がった。
現在では、「テレフォン・アポイントメント」「セールストーク」「情報営業」「質問話法」「提案書作成」「プレゼンテーション」「クロージング」「値引き封じ」など、営業に関わる教育指導はおおよそ網羅した。
これらを眺めて思うのは、営業社員は長く険しい職業人生をやっていくためにも「提案営業」を身につけるべきだということ!

余談。
私は両親がアルツハイマーの家系だが、教育指導の内容が毎日変わるようになり、ボケの防止に役立っている。
頭と心が活性化するのだ。
数年前まで「提案営業」を壊れたレコードみたいに伝えていた。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

15年ぶり大刷新「提案営業セミナー」デビュー!

営業分野で指折りのロングセラー「提案営業セミナー」を15年ぶりに大刷新しました。
長年、和田創の代名詞となってきた超・人気講座です。
何と公開セミナーだけで千回近い開催数を誇ります。
日経ビジネススクール、読売経営セミナー、プレジデントセミナーなどマスコミ系、SMBC、三菱UFJ、みずほ、りそななど銀行系シンクタンクほかで実施し、圧倒的な評価を獲得してきました。
今回、テキストを全面改訂し、内容を大幅パワーアップしています。
これまでに「提案営業セミナー」を受講したくださった方々にも新たな学びと気づきを差しあげられる内容と信じます。
また、提案営業を行っても成果が上がらないとお悩みの会社にも大きなヒントが得られるでしょう。

「和田創 提案営業実践セミナー DEBUT!」パンフレットはこちら。

eigyo20130523-01-245◇◆◇ご案内1

大リニューアル講座「提案営業セミナー」を開催します。
なにとぞ大勢お誘い合わせのうえ、ふるってご参加ください。
テキストはバインダー入り、カラー提案書サンプル付き、立派な昼食(弁当)付きで、講師主催ならではのとてもお得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
大人気の定番講座が15年ぶり大刷新
和田創 提案営業実践セミナー DEBUT!

「提案営業」の進め方、「営業提案書」のまとめ方を明快解説
◆日時
2013年5月23日(木) 午前10時20分〜午後4時40分
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
◆対象
社長、営業部門長、営業拠点長、営業担当者、営業支援スタッフ
◆参加費
22,000円(謝恩価格) 33,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能
※本物の提案営業と提案書を事例と実際、プレゼンテーションとロールプレーで腑に落とします。

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「和田創 提案営業実践セミナー DEBUT!」カラーパンフレット

なお、2013年5月23日(木)は、「値引きのなくし方、減らし方」から「和田創 提案営業実践セミナー DEBUT!」にテーマが変更になりました。

kouen20130327-01-245◇◆◇ご案内2

毎回、突出した評価をいただく社長と幹部のための「業績セミナー」です。
目標必達のマネジメントを分かりやすく解説します。
“勝ちっ放し”の営業に再生する急所をつかんでいただきます。
お得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
予算達成⇒業績回復へ
社長の打ち手

◆日時
ご都合のいい日程をお選びください。
2013年4月23日(火) 13:20〜16:40
2013年5月28日(火) 13:20〜16:40
◆会場
丸の内トラストタワー本館20階(JR東京駅日本橋口歩0分)
◆対象
社長、営業統括役員、営業本部長、経営企画室長、業務改革推進室長など
◆参加費
22,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(対象は経営層)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「社長の打ち手」カラーパンフレット

kanrisha20130411-01-245◇◆◇ご案内3

大人気の「営業管理者研修」の開催が迫っています。
本講座では、予算目標達成の急所を解説します。
部下をつかみ、動かし、育てて、業績をよくするコツをつかめます。
SMBC(三井住友)、三菱UFJ、みずほなど大手セミナー会社で実施し、主催者が驚く高評価を獲得しています。
猛烈にお得な謝恩価格にて申し込みを承っています。

◆演題
部門・拠点の業績は管理者次第
営業管理者セミナー

動機づけと行動改革、目標管理の手法をずばり解説
◆日時
2013年5月22日(水) 10:20〜16:40
◆会場
フクラシア東京ステーション5階(JR東京駅日本橋口歩1分、地下鉄大手町駅B6出口直結)
◆対象
営業部・課長、営業所長、営業マネジャー、支社・支店長、社長
◆参加費
22,000円(謝恩価格) 44,000円(通常価格)
※1名当たり。教材費・昼食代込。消費税別途。
◆備考
同一内容での企業研修が可能(業績回復・向上に重き)

本セミナーの詳しいご案内と参加のお申し込みはこちら。
「営業管理者セミナー」カラーパンフレット

今後ともよろしくお願いします。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業の総合力が求められる幸運…営業人第15号

私は、40代半ばに差しかかる頃から「提案営業」の教育指導に携わる機会が増えた。
15当初は「企画」のそれが中心だった。
やがて研修やセミナーの講師として一年中、おもに東京以西の各地を飛び回るようになった。

なかでも40代後半から50代前半にかけての7〜8年間は体力の限界との戦いだった。
顧客に対する感謝の念は忘れなかったが、疲れ果てていた。
正直に言うと、私がもっとも脚光を浴びていた時期が、もっともつらい時期だった。
自分では消耗しているという実感しか持つことができなかった。

私は、50代後半からいくらか落ち着きを取り戻し、職業人生の集大成を意識するようになった。
teieisougoupanhu01仕事の合間を縫いながら、営業に関わるさまざまな教育指導のコンテンツをまとめはじめた。
とはいえ、そのど真ん中に「提案営業」があることに変わりない。
それは40年を超える働き方、いや働きざまそのもの。
おおげさな言い方になるが、根っこで人生につながっている。

teieisougoupanhu02私にとって大きな幸運は、「提案営業」に営業の総合力が求められたことだった。
さまざまなコンテンツは、どれも顧客へ働きかけるなかで自分が実践してきたセオリーとノウハウを明確な言葉に表したにすぎない。

数年にわたる地道な努力が還暦を迎える頃に実り、コンテンツのバリエーションが一気に広がった。
現在では、「テレフォン・アポイント」「セールストーク」「情報営業」「質問話法」「提案書作成」「ネゴシエーション」「プレゼンテーション」「クロージング」「値引き封じ」など、営業に関わる教育指導はおおよそ網羅した。
こうして眺めると、営業社員は長く険しい職業人生をやっていくためにも「提案営業」を身につけるべきだと思う。

余談。
私は両親がアルツハイマーの家系だが、教育指導の内容が毎日変わるようになり、ボケの防止に役立っている。
頭と心が活性化するのだ。
数年前まで「提案営業」を壊れたレコードみたいに伝えていた。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創・提案営業研修で大口商談を決めた!

先日、福岡から朗報が届いた。
teieisougoupanhu01私が「提案営業研修」を行った営業マンが受講後まもなく拠点長に抜擢され、大阪へ赴任した。
渾身の大口商談を決めたことが評価された。
この時期の異動は驚きである。
彼の意識と意欲が素晴らしかったことに尽きるが、それにしてもうれしい。
teieisougoupanhu02営業講師、営業コンサルタントとして教育指導の仕事に携わっていて、つくづくよかったと思う。

企業は人材が育つと即座に登用したいのだろう。
経営を取り巻く環境の厳しさの裏返しである。

                       ◇

kouen20130117-01ところで、私が新春から東京駅会場で行っている講演会とセミナー。
参加者から絶大な評価をいただいている。
どちらも「目標達成のマネジメント」が最大のテーマ。
もしも前年割れや目標未達に苦しんでいるとしたら、きわめて有益なヒントが得られる。
悩みが解消するはずだ。

和田創による社長向け講演会の詳細はこちら。

和田創による営業管理者向けセミナーの詳細はこちら。

kanrisha20130122-01目からウロコの内容であり、皆さまに自信をもってお勧めできる。
ただいま謝恩価格で申し込みを受け付けており、ぜひご参加いただきたい。
なお、業績テコ入れのノウハウ(具体策)を公開しているため、同業者の参加は不可。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

「大増税時代」の入口に立つ・・・企業経営の正念場

私は年初に営業本を2冊出そうと思い立ち、出版企画書をまとめた。
そして、出版社へ働きかけ・・・。

その内、「提案営業」をテーマとした著作について、昨日こちらから取りやめをお願いした。
編集者と詰めに入る前だった。
もちろん、丁寧にお詫びした。
他の出版社へ持ち込むということでない。

私は、企業での「提案営業研修」で行っている講義をそのまま原稿に起こそうとした。
しかし、冷静に考えると、私にとり依然として最大の収入源である。
かれこれ20年近く提案営業一本で食べてきたといっても過言でない。
それをわざわざ同業者に教えることもないかと・・・。

私の最初の営業本『提案営業成功の法則』は凄まじい著作権侵害を受けたが、もっともひどいのが同業者だった。
プロ講師やプロコンサルタントであり、それなりの舞台で活躍している人が含まれる。
このブログでも信じられない事例を幾度か取り上げた。
『提案営業成功の法則』はそのくらい大勢から高い評価をいただいたわけだ。
が、千4百円の同書に、プロ講師やプロコンサルタントとしての手の内まで明かしたわけでない。
実際、私は企業研修などの冒頭で受講者に「私の本に書いていないことを話す」と述べることがある。

私は年も年なので、そろそろ講義の中身を洗いざらい記してもいいかなと思ったのだった。

私はこの2年で多くのテーマ(演題)を開発したが、私の教育指導の土台が「提案営業」であることは変わりない。
おおげさに言えば、私の職業人生そのものであり、ノウハウが詰まっている。
一番のキモはもうちょっと手放さないことにした。

私は幸い、来年度の仕事が順調に入りつつある。
手帳(スケジュール)の埋まり方が悪くない。
急増しているのが「営業管理者研修」、そして「開発営業研修」である。
しかし、「提案営業研修」もかなり含まれている。

なお、もう一冊、社長を対象とした営業本については夏頃を目安に出す。
ただし、「難局突破の営業力」をテーマとしている。
ところが、来年度は景気がかなり上向きそうだ。
その場合には、消費税増税の前後まで発行を遅らせる可能性がある。

私は2010年代半ばから2020年代半ばに日本経済は、そして企業経営は正念場を迎えると考えている。
私たちはいま「大増税時代」の入口に立つ。
人口激減の環境に適応するまでの十年ほどが地獄だろう。
そもそも意識や発想の切り替えが至難である。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

提案書最優秀賞…提案営業実践コース

私・和田創が講師を務める九州生産性大学「提案営業実践コース」。
カリキュラムは「2日間×7カ月=14日間」の本格派、しかも2度の合宿を含む。
毎年恒例の人気講座であり、主催は九州生産性本部。

ほとんど知られていないが、提案営業とは営業活動における生産性向上の取り組みである。
したがって、かならず収益の大幅伸長がもたらされる。
提案営業で数字が冴えないとしたら、そのレベルにまったく達していないと考えよ。

本コースは、実案件(仕事)がベースになっており、最大の課題は提案書の作成である。
むろん、大手など有力企業の決定権者など上層部に対してプレゼンテーションを行うことが大事だ。

先だって、私の手元に今年の受講者の提案書が届き、土曜日と日曜日を費やして評価を下した。
過半数が力作であり、優劣をつけるのは骨が折れた。
どこに重きを置くかにより、審査結果は大きく異なる。

私は悩みながら、最優秀賞と優秀賞を各1名選び、それぞれに入念なコメントを添えた。
きょうは、最優秀賞に対するそれを紹介したい。
ただし、提案先と提案者について、会社名や個人名、商品名など、すべてを伏せた。
まして提案書(受賞作)は載せられない。
製粉会社の40代半ば近い営業マンが行った提案営業の事例である。
最高レベルだ。

◆総評
私が営業マンを見る際に最重視する尺度は至ってシンプルである(社長が社員を、上司が部下を見る尺度も同じ)。
すなわち、数字が伸びる「動き」になっているかどうかだ。
提案書の表紙の写真に接した瞬間、同氏がいかにダイナミックな働きかけを行っているかが伝わってきて圧倒された(私は足もとにも及ばない)。
突出した営業マンが持つ、広い意味の「政治力」を感じた。
営業として最高のレベルに達している。
同時に、顧客にもたらそうとする「役立ち」のスケールの壮大さが伝わってきた。
本提案は、受け入れが出発点にすぎず、実施に寄り添っていくことになる。
これから膨大な時間とエネルギーを注ぎながら、渾身の案件を成功へ導いていかなくてならない。

◆内容
商品による差別化は至難である。
そこで、「貢献のテーマ」を前面へ押し出し、多方面の有力な関係者に果敢に切り込み、粘り強く巻き込みながら提案内容を固めようとしている。
私が感動を覚えるのは、生産関係者(流通関係者を含む)はもとより消費関係者など、すべての顧客を絶対に豊かにする、幸せにするというひたむきな姿勢と努力である。
その“熱”の大きさにおいて、今回の参加者で図抜けていた。
「内容」の欄は、関係者との“協同”を持ちかけており、具体的な商品の販売や仕事の受注を目論んだわけでない。
したがって、提案時における骨格に留まる。
その代わり、顧客に信頼を置かれるパートナーとして“取り組み”を提案しているため、決まってからが本番になる。
「方法」の欄が命だ。
自社を含め、関係者が担うべき役割、踏むべき段取り(手順)を示した。

◆表現
表紙のタイトルは泥臭く、それが貢献のテーマにマッチしている。
あくまでも取り組み提案なので、具体的な内容は今後の進行につれて固めていくというのは分かる。
しかし、現時点でもう少し丁寧にまとめることはできるはずだ。
「内容」と「方法」の欄が項目の列挙に留まっており、いくらか説明を補いたい。
また、肝心の「効果」の欄があまりに淡泊である。
案件の実施はこれからだとしても、掘り下げに欠ける。
結果として、他の欄と内容(言葉)の重複がひどくなった。
「参考資料」は新聞記事を中心に構成している。
おそらくプレゼンテーションのシナリオのなかに位置づけられている。
関係者にどうしても役立ちたいとの強い思いが反映されているのは確かだが、点数は絞ったほうがいい。
「提案書」の出来という観点からは、改善の余地をおおいに残す。
私がとくに気になったのは、同じような言葉(記述内容)があちこちの欄に見受けられ、論理の整理がしっかりとできていないことだ。
流れが悪く、プレゼンテーションで支障を来す。
本コースは実案件(仕事)をベースにしているが、学習の機会でもある。
提案書作成が課題になっており、“まとめ方”という尺度に限ればこれをしのぐ提案書が数多くあった(今年はレベルが高かった)。

◆今後
営業活動の軸足が自社の側から顧客の側へシフトしていて、一民間企業の「営業マン」として働いていない。
先に述べた広範な顧客の「購買コンサルタント」として働いている。
現在もそうだが、今後はさらに農業と農村の「再生コーディネーター」として活躍していくと思われる。
それは素朴で真っ正直で情熱的な人柄にも合っている。
近い将来、営業活動が「地域おこし」に深く関わっていくのでないか・・・。
日本は、なかでも地方は人口減少が一気に加速し、衰退が深刻になる。
地元の活性化に貢献してほしい。
同氏はすべての関係者を笑顔にする、豊かさと幸せのプロデューサーである。

「提案営業実践コース」責任指導 和田創研 和田 創

                       ◇

⇒2010年11月16日「どうしてもお礼を伝えたい…地獄の提案営業研修」はこちら。

⇒2010年11月30日「提案書優秀作…九州生産性大学提案営業コース」はこちら。

⇒2011年3月23日「受講生の胴上げが始まった…提案営業コース」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

【和田創研】営業精鋭道場が開設…第一級の人材育成

私は営業分野のコンサルタントとして、クライアントにおける数字の立て直しに携わってきました。
eigyoridayousei01 多くの経験と試行錯誤のなかで社員の成績向上、会社や職場の業績向上に直結する営業のあり方を探り、揺るぎないノウハウを築いてきました。
このたび、それを余すところなく吸収していただく機会として、公開タイプの営業セミナーを実施する運びとなりました。
eigyoridayousei02私にとっても長年にわたる教育・指導の総仕上げを図る機会となります。

名称は、「営業リーダー養成コース 〜第一級の人材に鍛えあげる」

私は、日本一の「営業精鋭道場」を開設したいと願い、プログラムのブラッシュアップに大きな情熱とエネルギーを傾けました。
eigyoridayousei03詳しくは、A4判・観音開き(8ページ)のカラーパンフレットをご覧ください。
本格的かつ高水準のカリキュラムです。
これを超える営業研修・営業セミナーは国内では存在しないのでは・・・。
大不況下でも悠然と数字を残せる、別次元の営業力が身につきます。

eigyoridayousei04「営業リーダー養成コース」はこちら。

以下に、全体のイメージを紹介しましょう。

本コースは、いわば「営業虎の穴」
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」。
勇気を奮い、金持ち(顧客)の懐に切り込んでいきます。
勇気を奮い、ライバルの牙城(顧客)に切り込んでいきます。

周囲が尊敬し、ライバルが逃げ出す営業に生まれ変わります。

◆実務としての挑戦行動
もうこれ以上はムリ…。
一人ひとりが営業活動で「顧客第一」「経済合理性」を限界まで追求します。

本コースは学習でなく実務です。
挑戦行動の連続。
成績の大化けを目指し、トップダウンアプローチで「面談有効度」を引き上げます。

農耕型から狩猟型へ。
縮小市場での収益伸長に必須の「開発営業」に関わるノウハウを凝縮しています。

◆猛烈なプログラム
「貢献のテーマ」を前面に押し出し、有力企業の決定権者へ果敢に切り込む猛烈なプログラムです。

連続2日間×連続9カ月=合計18日間。
成果に直結する「営業行動」を円滑かつ確実に取れるよう、本邦最高峰の「営業研修」が担保します。

自分と会社・職場にとり収益の柱となる優良顧客・大口商談を取り込む、実践スキルが習得できます。

以上。

覚悟を決めれば、会社や職場の数字はかならず立て直せます。
圧倒的な勝ち組を目指す方々に、和田創が自信をもってお勧めします。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ