マスコミが「現代のベートーベン」ともてはやした佐村河内(さむらごうち)守の「交響曲第1番 HIROSHIMA」は代作だったことが発覚した。
東日本大震災の被災地では、「希望のシンフォニー」と呼ばれた。
代作は、新垣隆が18年間にわたり行ってきた。
佐村河内守を作曲家として売り出すためのストーリーとイメージがどんどん膨らみ、大きな社会現象になった。
結果として「被爆」が商売に利用され、広島の人たちはとくにやりきれない気持ちだろう。
佐村河内守は、予定されていた公演が中止になり、自伝が絶版になる。
むろん、CDやDVDの販売も中止になる。

私たちは、楽曲でなく、それにまつわる観念を聴いていたのかもしれない。

私がもう一つ心配なのは、フィギュアスケート男子シングルの高橋大輔である。
現役最後の今シーズン、佐村河内守の「ヴァイオリンのためのソナチネ」をショートプログラム(SP)で用いている。
自らが気に入って選んだ。
特別な意思が込められている可能性もある。

ところが、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)の開幕直前に同曲がやはり代作と判明した。
このタイミングで変更のしようがないので、SPの作曲者の欄をブランクにする。

今回の騒動は、己の心身をピークの状態に高めていた高橋大輔にあまりに気の毒だった。
私は、その動揺がSPの演技、なかでも高難度ジャンプに悪い影響を及ぼさないように祈っている。
頑張ってほしい。

◆書き加え1(2月6日)

新垣隆が謝罪会見を行った。
そのなかで、佐村河内守が全聾(ろう)をよそおっていたことを明らかにした。
私は呆れ返り、言葉が見つからない。

また、自身がゴーストライトした曲をソチオリンピックで高橋大輔が用いることについて、「事実を知ったうえで堂々と戦ってほしい」「偽りの状況で踊っていただくことは、よくないことだと思いました」と語った。
私は訳が分からず、怒りが込みあげてきた。

本人は懺悔と考えているようだが、せめてオリンピックの終了後にしてほしかった。
世間の注目がもっとも集まるタイミングを狙ったとしか思えない。

           
                ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年1月10日「高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う」はこちら。

⇒2014年1月5日「高橋大輔は文句なしに選ばれたわけでない」はこちら。

⇒2013年12月24日「高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?」はこちら。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!