コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

朝ドラ最高傑作

NHK夕ドラ第1弾は尾野真千子カーネーション

NHK総合で連続テレビ小説の旧作品を再放送
カーネーションは朝ドラ最高傑作

私のブログで、NHK朝の連続テレビ小説、通称朝ドラの「カーネーション」の記事を読む方が増えていました。
なぜだろうと不思議に思ったら、NHKで午後4時20分〜50分に、1日2話ずつ再放送されていました。

それにしても朝ドラの旧作品を総合テレビで「夕ドラ」として再放送するとは驚きました。
第1弾が尾野真千子主演で好評を博した2011年後期、通算85作目の「カーネーション」(渡辺あや脚本)でした。
平均視聴率19.1%を記録しています。

コシノ3姉妹を育てた母親の実話

朝ドラ「カーネーション」はファッションデザイナーのコシノヒロコ・ジュンコ・ミチコの「コシノ3姉妹」を世に送り出した小篠綾子の生涯を土台にしたフィクションです。

大正2年、大阪・岸和田の呉服商の娘として生まれたヒロイン・小原糸子が洋装店を開業しつつ、女手一つで3人の娘を育てる姿を生々しく描いています。
重い内容を含む本格的なドラマですが、朝ドラにふさわしい明るさを失っていません。
ギャラクシー賞テレビ部門で大賞に輝いています。

私は朝ドラをろくに見ていないので断定はできませんが、それでもカーネーションが朝ドラ史上で最高傑作だろうと感じていました。
(有名な「おしん」はちょっぴり知っていますが、それよりも断然上だと思います。)

category:カーネーションはこちら。

NHKが夕方の時間帯をテコ入れ

NHKではこの時間帯に番組宣伝などを放送していました。
しかし、民放の情報番組と視聴率争いが激化していました。
そのあおりを受けてNHKの「ニュースシブ5時」(月〜金曜日午後4時50分)は視聴率2%台と苦戦を強いられているようです。

そこで夕方の時間帯のテコ入れにキラーコンテンツの朝ドラの人気作品を投入するという決断を下しました。
夕食準備前の主婦や年寄りを引き寄せ、そのまま「シブ5時」に誘導しようとしています。

NHKは朝8時からの朝ドラと8時15分からの「あさイチ」の相乗効果で、どちらの番組も高視聴率を保つことに成功しています。
夕ドラでも同じやり方で視聴者の囲い込みを図ります。

朝ドラ百作へ向けて魅力を伝える

BSや地域限定なら、朝ドラを再放送した例はありました。
しかし、総合テレビでの全国再放送は連続テレビ小説の放送開始(1961年)以来初となります。
今後も、視聴者から希望が多く寄せられている朝ドラを再放送していくようです。

NHKはその意図について視聴者サービスの向上、そして「2019年春に 100作目を迎える連続テレビ小説の魅力を改めて多くの視聴者に伝えるため」としました。
ちなみに、節目の作品は「夏空(なつぞら)」といい、ヒロインは広瀬すずです。

夕ドラ視聴率はよくて6〜7%か

この朝ドラ再放送は大相撲中継や高校野球中継、国会中継の際は休止します。
1日2話ずつ再放送するのもそれを織り込んでのことでしょう。
そうなると間隔が相当あくこともあるはずで、視聴習慣を持たせるのは容易でありません。

私は夕ドラの視聴率がどのくらいに達するか気になります。
常識的に考えて10%突破はないでしょう。
それでも6〜7%を取ってしまうかもしれません。
民放は戦々恐々でしょうか。

category:カーネーションはこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

堀北真希は日本の朝を穏やかにした…梅ちゃん先生の効用

おとといのブログ「朝ドラ梅ちゃん先生の感想…急ごしらえの粗末な作品?」、きのうのブログ「梅ちゃん先生…オープンセットはカネの無駄遣い」に続いて・・・。

⇒2012年4月15日「朝ドラ梅ちゃん先生の感想…急ごしらえの粗末な作品?」はこちら。

⇒2012年4月16日「梅ちゃん先生…オープンセットはカネの無駄遣い?」はこちら。

堀北真希主演の「梅ちゃん先生」。
急速な戦後復興、経済成長の時代、東京・蒲田でヒロイン・下村梅子が住民の命を守る町医者を目指すフィクションだ。

さて、私の目が「梅ちゃん先生」に慣れてきたのか。
それとも、尾野真千子主演の「カーネーション」の印象が薄れてきたのか。
それとも、スタッフやキャストの意思疎通と連携が取れてきたのか。
初めて見たときのひどい違和感が消えつつある。
私は、新しい環境へのしなやかな順応力を持つ(自画自賛)。

朝ドラ「梅ちゃん先生」は出来がいいとは決して思えない。
しかし、視聴率がいい。
それだけでなく、視聴者の満足度調査では、高い結果が出ている。
主演を含むキャストもかなりの評価を得ている。
私には赤の他人の寄せ集めとしか映らない「下村家」の家族に対する評価も・・・。
これは意外だ。

ただし、脚本(シナリオ)は様子見という評価に留まった。
テーマ性が伝わってこないので当然だ。
それでも今後の展開に大勢が期待を寄せている。
「梅ちゃん先生」は希望を持てるストーリーなのだろう。

⇒2012年4月10日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、堀北真希・梅ちゃん先生の人気」はこちら。

朝ドラは、一日の始まりに明るさと元気をいくらかもらえれば十分と考える視聴者が少なくない。
私のFacebookの友達は、尾野真千子主演の「カーネーション」のように激しく心を揺さぶられると、日常の生活に支障を来すと述べていた。
友達はそれくらい、のめり込んだ。
大方は多忙な時間帯に、ちょっとあたたかい気持ち、しあわせな気分になれると満たされる。

「カーネーション」は朝ドラ史上の最高傑作だった。
通常のドラマとして眺めても凄い。
さらに、「芸術性」が際立っていた。
見事な出来に、私はほれぼれした。
が、これは異例というか、異常といえる。
もう一度言う、「芸術作品」。

朝ドラはドラマチックでなくてもよいし、名作でなくてもよいのだ。
普通が一番!
「カーネーション」が終わり、平和が戻った。
日本の朝を引っかき回した尾野真千子からバトンを受け取った堀北真希は日本の朝を穏やかにした。
素晴らしい!!!(特別に3個)

私はそう頭を切り替えることにした。
都合がつけば見ようと思っている「梅ちゃん先生」をけなすことはナンセンスだ。
皆、いやならチャネルを変える権利を有する。
私は横浜在住の小うるさい「朝ドラ評論家」として食べていきたいわけでない。
ゆえに、積極的に面白さを見出していく(つもり)。
あすから豹変して堀北真希主演の「梅ちゃん先生」をほめる(つもり)。
なぜなら、私は君子だからだ。
参ったかっ!

しかし、「梅ちゃん先生」の終わり方が気に入らない。
視聴者を翌日(次回)の放送に引っ張ろうとする作意が強すぎる。
演出が姑息だ。
やめてくれ!

「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督によれば、堀北真希はストイックな性格らしい。
追い詰められるほど、新しい側面(魅力)が出てくるとのこと。

そのせいか、堀北真希はあすついにドラム缶風呂に放り込まれる。
が、「R−18」の指定はなされない。
私の希望に反し、健全なシーンのようだ。

                      ◇◆◇

堀北真希と朝ドラ「梅ちゃん先生」に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年4月2日「堀北真希・梅ちゃん先生…朝ドラ高視聴率のプレッシャー」はこちら。

⇒2012年4月10日「松下奈緒・ゲゲゲの女房、堀北真希・梅ちゃん先生の人気」はこちら。

⇒2012年4月12日「堀北真希と井上真央…朝ドラヒロインおでこ比較」はこちら。

⇒2012年4月15日「朝ドラ梅ちゃん先生の感想…急ごしらえの粗末な作品?」はこちら。

⇒2012年4月16日「梅ちゃん先生…オープンセットはカネの無駄遣い?」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ