コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

末期がん

病床で子どもの食事を案じる…盆に思う

今年は曜日の並びがよく、Facebookを見ても盆休みをゆっくりと過ごした方が多かった。
私はクライアントの仕事を4本抱えて猛烈に働いた。
実は、わが家に不相応な、とても立派な仏壇がある。
両親が無理をして買い求めたものだ。
相当な値段(金額を聞かされたが、忘れた)。
私はその仏壇に手を合わせるのが精一杯だった。

せめてというわけでないが、盆の間、眠る前に前妻のことを振り返った。
すると、いまの妻のことも思い浮かんだ。

                       ◇

前妻は末期がんの病床で、3人の子どもの食事がどうなるのかを気にかけていた。
家事のことも…。
賢い彼女は、家に戻れないと悟っていたのか。
考えたところで自分がどうにかできるわけでないが、それがモルヒネでぼんやりした頭を占めていた。
私が妻の立場でも同じだっただろう。

テレビドラマ「八日目の蝉」で、野々宮希和子が警察に逮捕・連行される際、「その子はまだ朝ごはん食べてないの」と叫んだ(不確か)。
このシーンはどこかで前妻と重なり、胸に迫った。
母が子どものもとを離れざるをえないとき、その世話をもっとも案じる。

私は40代前半、猛烈なせきから大量の喀血を起こした。
新宿・河田町の東京女子医大(東京女子医科大学病院)に緊急入院。
ここは呼吸器の疾患に定評があった。
血液が片側の肺に溢れ、それが片側の肺にかなり流れ込んだ。
両方の肺が血液に浸かっていたら助からなかったと、医師に後日言われた。

前妻を亡くした後だったので、私は医師に「ほんとうのことを教えてください。自分は片親なので、もし助からないなら、生きているうちに子どもをどうするかを決めなくてならないのです」と伝えた。
医師は「末期のがんか重度の結核か、どちらかです」と答えた。
私は死を覚悟した。
看護婦(看護師)の気配からも、生きられないと感じていた。
しかし、残される3人の子どものことで頭が一杯で、不思議と恐怖心はなかった。
前妻もそうだったのかもしれないと、ふと思った。

私が真っ先に案じたのは、子どもの養育費のことだった。
妻が子どもの世話のことだったように…。
子どもが食べていく、まして育っていくには、大きなカネがいる。
それを手当てするのは、私の役目だ。
が、まったく果たせないで、この世を去る。

子どもの面倒を老いた富山の両親に頼めない。
地元に留まってほしいとの父の懇願を振り切り、高校卒業と同時に上京したので、なおさら。
富山の妹夫婦も同じ。
妻の実家も同じ。
3人の子どもを引き取る余裕はどこにもない。
私はだれにも相談を持ちかけられなかった。
子どもを施設に入れるしかないのだが、それだけはどうしても避けたかった。
望ましい結論は出せないと分かっていたが、病床で考えつづけた。

幸い、医師が推察したがんも結核も該当せず、私は手術を経て回復を果たした。
人間の限界を超えた頑張りで体が壊れたとの診断だった。
たいてい先に心が壊れるが、私の場合はそれが頑丈だったために無理を重ねて体が壊れたらしい。

私は40代になり、転職に挑んだ。
「石の上にも三年」。
そう言い聞かせて狂ったように働いたが、能力が乏しいこともあり、3年を過ぎてもうまくいっていなかった。
目指していた教育指導の仕事(現在の職業)を軌道に乗せられなかったのだ。

私は大病の後で、調子が戻らない。
むろん、無理は禁物。
再発の恐怖に怯えていた。
コンサルタントや講師としての仕事を得ることができず、収入が途絶えがちになった。

すぐにどん底へ。
家政婦を雇うなどとんでもない。
食べものを買うカネがなくなった。
電話はまだしも電気が止まるようになった。
子どものぎりぎりの生活さえ支えられなくなった。

どうにもならない窮状を救ってくれたのが、いまの妻だった。
近所の店で難のある野菜を安く譲ってもらうなどし、私と子どもの命をつないでくれた。
ときに自分は食べなくても、最低限の食事をやり繰りした。
空腹で目まいを起こすこともあった。
前妻が最後まで気にかけていた子どもの食事をすべて担った。
この間、家賃の滞納で幾度か追い出されそうになったが、そのたびに大家と掛け合ってくれた。

また、一周忌か三回忌(2年目)か、前妻の父が途方に暮れていた私を救ってくれた。
「子どもたちに母親が必要だ」。
高崎弁だった。
伏し目がちで口にした言葉に、私はやさしさと配慮を感じた。

やがて、いまの妻は初婚で、難しい時期を迎える3人の子持ちに嫁ぐ覚悟を決めた。
壮絶な苦労が待ち受けているのに、驚きだった。
それを片親で育てた彼女の母が快く許した。
これも驚きだった。
自分が親の立場なら認めなかっただろう。

私は、入籍・挙式は前妻の七回忌を済ませてからと決めていた。
自分なりの区切りとしたかった。
が、45歳に達しており、いまの妻をすぐに家に迎え入れた。
彼女は子どもを望んでおり、私は自分の年齢を考えると、子どもを急ぎたかったからだ。
正直、育てられるのかという不安のほうが大きかった。
その苦労は3人の子どもで身に染みていた。
1年後にいまの子を授かった。
入籍・挙式を遅らせたことで妻と子、とくに女房の姓で生まれた子に申し訳なく思う。

                       ◇

私は盆の間、仕事に忙殺されながらも、二人の妻に対する感謝の念がふつふつと湧いてきた。
もちろん、亡くなった母に対しても…。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

愛猫アメショーのガン…創生水の効果

私は年末にパソコンがクラッシュしてから睡眠時間を削り、新講演のコンテンツに全力を注いできた。
自分との格闘だった。
それにともない、最大の懸案だった自分商品の開発・投入は大幅に遅れることになった。
気持ちは焦っているが、なかなか発表できない。

この先も次々と新講演を行うので、毎月のようにコンテンツのつくり込みに追われるが、一番のピークは乗り越えた。
安ど感から、3カ月の疲労がドッカーンと出ている。
ぐったり、へとへとの状態・・・。

徹夜の場合には脱水状態と塩分不足になりやすく、私はそれを防ぐために「創生水」でインスタントラーメンをつくった。
老いとともに袋麺を食べる機会がめっきり少なくなったが、この間は受験生並みに戻った。
デスクワークのときは連日だったので、さすがに飽きた。
また、昔と違って胃がもたれる。
いまどき、受験生の夜食はバラエティに富んでいるか?

きょうは2007年6月3日の記事にいくらか手を加えてアップする。
不思議な水「創生水」の話だ。

                      ◇◆◇

久し振りのわが家。
嵐のような1週間を何とか乗り切ることができた。
私は溜まりに溜まった疲れ、足・腰・首の張り、ノドの痛みなどで座っているのもつらい。
たいして使わなかったはずなのに「頭」もやられている。

無気力に横たわるしかない私を、書斎のアメリカンショートヘア「フウ」が案じ、近寄ってきた。
何せ母ネコ「モモ」が末期がんの際につきっきりで看病し、死んだらそのショックから「拒食症」になり、命を落とす寸前までいった。

フウは心がやさしく、頭がいいので、周りの家族やネコの様子が気になって仕方がないのだ。
わが子が風邪でも引こうものなら、ベッドで寄り添う。
人間の言葉もかなり分かるようで、会話に耳を傾ける。

さて、私は少し落ち着いたところで「創生水」をごくごく飲んだ。
出張中は持ち歩くことができない。
温めず冷やさず、そのままの状態で大量に飲むと、体のなかがきれいになった感じがする。
老廃物とか有害なものを、体の外へ排出してくれるからではなかろうか。

「創生水」のお陰で、私はオーバーワークにもかかわらず、かろうじて体調を回復し、ぎりぎりで健康を維持している。
ここ一月ほどの間にお会いした経営者や役員のなかに、明らかに重い疲労を引きずっている方が何人かいた。
彼らには、守るべき社員、そして家族がいる。
元気で長生きしてほしい。
私は見かねて「創生水」を飲むように強く勧めた。

ところで、モモはある日突然、普通に歩けなくなった。
その異変を最初に目撃したのは、私である。
水を飲みにいこうとして、足が進まないどころか後ずさりし、体がぐらりと大きく傾いた。
この光景を鮮明に覚えている。
だいぶ後で思ったのだが、ガンが脳に達していた。

私は大声で妻を呼んだ。
モモはやがて頭部、顔面がみるみる変形していった。
じきに眼が腐り、閉じなくなった。
耳も…。
おそらく脳が腐ったのだ。
壮絶な症状…。

フルの仕事を持つ妻の不眠不休に近い看病もむなしく、家にだれもいない昼間に妻のベッドで息を引き取った。
その姿勢から、モモは水を飲みにいこうとして力が突きたのかもしれないと、私は思った。

振り返ると、死より6〜7年前から、モモはときどき口元が歪むことがあった。
それが何ともいえない“愛嬌”に見え、家族でかわいいと笑ったものである。
実は、この時点でガンを発症していたのでないか。

逆に言えば、モモは6〜7年間も生き延びたことになる。
水が「創生水」という以外は何もしていない。
ガンの進行を大幅に遅らせてくれたのだろう。

「人は水、水は命」。
つくづくそう思う。

⇒2011年1月16日「創生水の健康回復効果を実感…運命的な出合い」はこちら。

私と「創生水」との出合いを綴っている。
実の母のガン、そして愛猫アメリカンショートヘアのガンや皮膚病についても触れた。
この水にどれくらい救われたろう。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

二人の妻の忠臣蔵…私の12月14日

日本人はわりと最近まで「忠臣蔵」が大好きだった。
師走になると決まって映画、テレビ、舞台などで上演された。
大石内蔵助は、当代きっての人気俳優が務めた。
この間、考証と研究が進み、史実が次第に明らかになってきた。
ドラマ自体は、さまざまな創作や脚色が施されている。
何より吉良側の視点が欠落し、赤穂側の立場で忠義を強調している。
しかし、日本人がどこかで大切にしてきた美意識をくすぐるのは間違いない。

とくに中高年の男性は12月14日というと、「赤穂浪士の討ち入り」を思い浮かべるだろう。
赤穂藩の旧藩士47人(赤穂四十七士)が本所の吉良邸を襲撃した。
江戸時代の出来事とはいえ、彼らの覚悟に驚かされる。

                       ◇

私にとり、12月14日は前の妻の命日である。
当時は、プランナーからコンサルタントへの転職に挑んでおり、妻には言わなかったが食うや食わずの状態だった。
むろん、生活の厳しさは感じていたはずだ。
末期がんの妻は自分の病にまったく触れず、3人の子どもを私に託して逝った。
凄まじい覚悟だった。

私にとり、12月14日はいまの妻の誕生日である。
もっとも難しい年頃の3人の子どもがいるのを承知で、私との結婚に踏み切った。
初婚。
そして、年中無休のハードワークに耐えながら、なおかつ私と子どもの世話、そして家事をこなした。
やがて生まれた子ども、やがて富山から呼び寄せた私の両親の面倒を見た。
凄まじい覚悟である。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ