アメリカの企業経営で沸騰するキーワードがある。
そう、「ディスラプティブ・チェンジ」。
「破壊的変化」を意味しており、「AI」がその引き金となる。

破壊しなければ、創造できない。
壊したらつくるほかにない。
決別しなければ、前進できない。
別れたら進むしかない。
破壊と決別が先である。

2020年代、何もかもダイナミックに変貌を遂げる。
昨日までの職場や仕事の光景が葬り去られる。

高いポテンシャルを秘めるロボットビジネス。
具体的なアクションを起こそう。
「本業刷新」が存続条件という企業も少なくない。
月例開催の「ロボットビジネス勉強会(交流会)」を参加者とともに、「新しい成功者の会(NSC)」に育てあげたい。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!