コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

東京五輪

東京五輪はメダル獲得目標数に届くのか

日本は2016年リオデジャネイロ五輪で2012年ロンドン五輪を上回る過去最多のメダルを獲得しました。
金12個、銀8個、銅21個で、合計41個。
2020年東京五輪では飛躍的なメダル獲得目標数を掲げており、大きな弾みをつけることができました。

ところが、好成績を挙げるほど難しくなるのが、メダリストなどの主力選手の世代交代のタイミングです。
例えば、「なでしこジャパン」の著しいチーム力の低下はそうした問題と無関係でありません。

例えば、栄和人強化本部長が率いるレスリング女子は金メダル6個を獲りにいきます。
要は、全階級制覇です。
そのために積極的に若手の台頭を促し、世代交代を推し進めます。
吉田沙保里と伊調馨の2枚看板に頼ってきた状態を改めようと、2017年世界選手権への派遣を見送ります。
最大の功労者に対し、恐ろしく冷徹な扱いにも思えます。
ついては、川井梨紗子を58キロ級、渡利璃穏を63キロ級に戻し、年末の全日本選手権に出場させる予定です。

日本は東京五輪で金メダル世界3位に届きそうな20〜33個を目指しています。
絶対的なエースだった内村航平などのベテランを当てにしては達成が不可能です。
選手育成の拡充と世代交代の促進を並行させることが急務といえるでしょう。

加えて、リオ五輪でメダルを逃したアーチェリーやフェンシング、バレーボールなどを立て直せばメダルを増やせます。
さらに、東京五輪で採用された野球・ソフトボール、空手で金メダルを狙えます。

IOCのバッハ会長はJOCの幹部に「開催国の選手の活躍が大会成功の鍵を握る」と期待を語りました。
メダル獲得目標数をクリアするには思い切った強化費の投入が大前提となります。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

日本列島で地殻変動が活発化

私が二度経験した「震度5」でもかなりの揺れでしたが、「震度6」という発表(報道)をしばしば目にするようになりました。
マヒしたというか、それほど驚かなくなった自分が怖い・・・。

日本列島で地殻変動が活発化しています。
巨大地震だけでなく噴火もあちこちで起こっています。

長らく大きな地震が起こっていない東京と神奈川は猛烈なエネルギーが溜まっているはずです。
はたして東京五輪終了まで待ってくれるのでしょうか。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

浅田真央と生ガキ…森喜朗元首相

私は先日、森喜朗元首相の発言に驚いた。
巨額の総工費が議論を呼んでいた2020年東京五輪のメインスタジアムとなる新国立競技場。
森喜朗元首相は建設計画の白紙撤回が決まった際、「もともとスタイルは嫌いだった。生ガキをどろっと垂らしたようなデザイン…」と切り捨てた。

「消費者に新鮮でおいしいカキを食べてもらいたい」。
精魂を傾けて養殖し、生業(なりわい)にしている生産者がいる。
森喜朗元首相はザハ・ハディドによる新国立競技場のデザインから受けた印象を伝えたかったのだろうが、単にカキのような形状でよかった。
生ガキの「生」は余分である。
「どろっと垂らしたような」も…。

森喜朗元首相はソチ冬季五輪が行われた際、フィギュアスケート女子の浅田真央について、「あの子は大事なときにかならず転ぶ」と突き放した。
事実を言えばいいというものでない。
浅田真央は好きで転んでいるわけでない。
日本フィギュア界でのこれまでの実績と貢献は突出している。
思いやってほしい。

森喜朗元首相は発言に配慮を欠き、神経を逆なでする。
マスコミが一部を切り取っているとしても、デリカシーがなさすぎる。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

アベノミクスと東京五輪で受注拡大…土木建設

本日は「営業人」最新号をお届けします。

「営業人」第27号の「苦闘する日本の営業への貢献」はこちら。

最新号と述べましたが、実際の執筆は6月中旬です。
その後、アベノミクスの加速と東京オリンピック(夏季五輪)の開催決定により、営業を巡る環境は著しい好転を見せています。
例えば、土木建設業界では、東北地方と関東地方から遠く離れた地場ゼネコン(地域ゼネコン)からも受注拡大の朗報が寄せられています。
仕事を獲っても現場の人手が足りなくて、社長が営業活動にストップをかけているとの悲鳴(?)も聞こえてきます。
収益伸長、業績向上に大きな弾みがついてきました。

「営業人」第25号の「TOKYO2020…景気沸騰、ミニバブルへ」はこちら。

しかしながら、業種により、あるいは長期の傾向として、数字づくりは楽観を許しません。
いまもなお格闘を続けている営業がいます。
どうかご参考になさってください。

◇◆◇「営業人」バックナンバー

和田創が不定期で発行する「営業人」が大勢の営業関係者に読まれています。
原稿の叩き台はほとんど新幹線の「のぞみ」の車内でつくり、後日この素材を幾度か練って完成度を高めています。
「営業人」は、売り上げを伸ばすヒントが簡潔に綴られており、社員に配布する社長や営業幹部の方もおられます。

「営業人」第26号の「営業ノウハウは役立たない」はこちら。

「営業人」第24号の「青春の影…愛することへの純粋な情熱」はこちら。

「営業人」第22号の「経営も人生も目標設定から始まる(特別号)」はこちら。

「営業人」第20号の「売上改善・業績回復へ2つのアプローチ」はこちら。

「営業人」第18号の「営業の数字立て直しの最大のキモ」はこちら。

「営業人」第16号の「売上を伸ばす“本物の提案営業”の条件(特別号)はこちら。

なにとぞお目通しください。

                      ◇◆◇

TOKYO2020(東京オリンピック2020)に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年9月27日「より薄く、より強く…東京五輪選手村コンドーム」はこちら。

⇒2013年9月14日「東京オリンピック観戦ツアー予約が入る…旅行会社」はこちら。

⇒2013年9月10日「東京五輪2020…景気沸騰、ミニバブルへ」はこちら。

⇒2013年9月8日「TOKYO2020…オリンピック開催都市決定」はこちら。

⇒2013年9月6日「2020年東京オリンピック開催へ…日本の景気」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ