コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

株式上場支援

クライアントが相次いで東証上場

仕事の中心が社業発展の請け負いに変化する

私は2011年、60歳くらいからクライアントを大手企業から中堅・中小企業へ変えています。
おもに厳しい競争環境に身を置く内需・地場企業です。
これをきっかけに仕事の中心が業績立て直しの支援から社業発展の請け負いに移りました。

黒子でもまれにセレモニーでスピーチを行う

私が中期経営計画の策定を請け負ってきたクライアントが先だって東証上場を成し遂げました。
そして、わりと最近まで零細企業だったクライアントがまもなく東証上場を迎えます。
いまはその準備にばたばたです。

コンサルタントとしての誇りは「黒子」にありますので、上場関連のセレモニーなどは固辞しています。
私は会社の成長構想や経営・事業・営業戦略の策定などの核心に携わることが多く、表に出ていくとおかしなことになってしまいます。
(とくにオーナー企業のクライアントでは、私のほうが役員よりも機密情報を持っています。)

それでも熱心なお奨めにより、まれにスピーチを引き受けることがあります。
クライアント、とりわけ社長などの上層部の笑顔を見ながら、華やかな雰囲気に包まれた会場でしゃべるのは嫌いではありません。

日本経済・中小企業の沈下に危惧の念を抱く

戦後経済を長らく支えてきた中小企業の大半が元気を失いつつあります。
国際社会における日本の地盤沈下に歯止めがかかっていません。
そうした現状に危惧の念を抱いています。

老いた私にできることは限られますが、中小企業の成長持続による「勝ち残り」に寄与したいと心から願っています。
「IPO」がすべてと思いませんが、とても分かりやすい目標になることは確かです。
概して社長自身も力が湧いてきます。

コンサルタントいう仕事はほんとうに面白い。
クライアントの飛躍を見ることが何にも代えられない喜びです。
これからも中小企業の株式上場を支援し実現していきます。

和田創研ホームページはこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

新事業企画・新商品企画を請け負う

私は年末から3月にかけて「中期経営計画(中計)」の策定を請け負うことが多くなりました。
概して新事業開発や新商品開発が含まれます。

私は40歳までプランナーでしたが、職業人生の最終ステージになり自分の原点だったマーケティングとマネジメントに関する「企画」に携わるようになりました。
自分の意思というより、それを求めるクライアントに導かれました。
戻るべきところに戻ってきたのか、ちょっぴり不思議な気持ちです。

日本は世界経済の後退がなければ、2020年東京オリンピック開催へ向けて景気が沸騰するでしょう。
環境が険しい内需や地場の中小企業のなかにもこの機会をとらえ、「東京進出」や「株式上場」を目指している経営者が少なくありません。
私はその早期実現のための支援を行えればと願っています。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り
カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ