コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

構造不況業種

書店倒産急増…街の本屋が消える

出版業界が危うい。
1997年以降、市場規模は年々縮小し、この傾向は一段と加速している。
結果、出版社と書店の倒産が止まらない。
瀕死の状態といえる。

⇒2009年11月23日「新聞・テレビ・広告は構造不況業種」はこちら。

出版社は、書籍と雑誌のいずれも悪い。
インターネットでほとんどの情報が瞬時に無料で得られる。
わざわざ書籍や雑誌を買い求める人が劇的に減った。

出版社の買収では、中央公論社、婦人画報社、プレジデント社、立風書房、山と溪谷社、中経出版ほか。
出版社の倒産や破産では、柴田書店、勁文社、同朋舎、社会思想社、婦人生活社、山海堂、草思社、雄鶏社、ゴマブックス、理論社ほか。
このなかには形を変えたり、規模を小さくしたりして営業を継続しているところもある。

⇒2009年11月20日「書籍・雑誌・新聞、紙媒体消滅へ」はこちら。

書店は、1日1店の割合で消える。
オンライン書店の利用が当たり前になり、わざわざ街の本屋へ足を運ばない。
新古書店などのライバルも現れた。
また、万引きの被害を食い止められない。
待ち合わせや暇つぶしの利用も少なくなった。

零細書店は、品ぞろえの豊富な大型書店に客を奪われ、収入の柱の雑誌販売でコンビニエンスストアに客を奪われ、経営が厳しいと指摘されてきた。
が、書籍や雑誌の購買意欲そのものが大幅に落ち込んだ。

書店の倒産や破産では、福岡の積文館書店、関西の駸々堂書店、青山ブックセンターほか。
このなかには形を変えたり、規模を小さくしたりして営業を継続しているところもある。

今後ますますインターネットを通じた情報提供と情報摂取が普及する。
紙媒体は歴史上の使命を終えようとしている。
大手出版社や大手書店といえども、大規模な再編が避けられない。
そうでなくては生き残れないはずだ。

                      ◇◆◇

出版業界に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年9月8日「日経電子版、突出した利便性と使い勝手!」はこちら。

⇒2010年9月7日「電子辞書の利便性…紙の辞典・事典は不要?」はこちら。

⇒2010年1月25日「付録は雑誌を救わない…不振は深刻」はこちら。

⇒2009年12月25日「神保町・三幸園に出版不況が直撃?」はこちら。

⇒2009年11月23日「新聞・テレビ・広告は構造不況業種」はこちら。

⇒2009年11月20日「書籍・雑誌・新聞、紙媒体消滅へ」はこちら。

⇒2009年11月11日「ファッション誌、付録バブル終焉?」はこちら。

⇒2009年10月14日「凄い! 日経が電子版で読める!」はこちら。

⇒2008年6月23日「電子辞書に驚き!」はこちら。

⇒2008年6月12日「部数減少に苦しむ雑誌」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

神保町「三幸園」に出版不況が直撃?

神保町の交差点そばに「三幸園」という街の中華料理店がある。
1階も2階も客で賑わう繁盛店。
カウンターの向こうでは十人近いコックが凄まじい勢いでオーダーをこなす。
フライパンから立ち上る煙と炎は迫力がある。

わが人生0705はっきり言って、店がきれいなわけでない。
壁や床、テーブルや椅子は油汚れを感じる。
また、とくにおいしいわけでない。
ただし、メニューは非常に多い。
そして、価格は激安でないが、こなれている。

私は数年来、月1回「三幸園」に寄るのが楽しみだ。
それはNPO法人営業実践大学公開講座の終了後。
会場のJAICセミナールームを出て1分足らず、ほとんど隣である。
わが人生0706時刻は午後10時頃で、たいてい満席。
食べるのは、決まってボリューム十分の「五目焼きそば」。
ニンニクの詰まった餃子も大好きなのだが、還暦間近の私は焼そばで腹一杯になる。
以前はときどき食べた。

40年近く前、国電東小金井駅南口に中華料理屋ができた。
真正面、広場の一角といった印象が残っている(曖昧)。
この店は厨房が標準化されており、私は感心した。
分業を基本に、実に手際がよい。
注文を受けるとすぐに調理に取り掛かれるよう、あらかじめ材料が刻まれ、チャーハンなどはベースが用意されていた。
客はわずかな待ち時間で食べられる。
わが人生0707おいしく、わりとリーズナブル。
外食が奮発の時代。
まして、貧乏学生。
ここでときどき食べることが貴重なデートだった。

神保町の三幸園もやはり厨房が標準化されている。
それでも「五目焼きそば」はつくる人により出来が大きく違い、味がかなり変わる。
ほかの料理もそうだろう。
私は毎回同じメニューなので、がっかりすることも…。
が、概して五目焼きそばはおいしい。

                       ◇

わが人生0708活気に溢れる三幸園だが、実は秋口から店内の様子が変わってきた。
月を追って客が減り、コックやスタッフが少なくなった。
先日、厨房は4人。
1〜2年前、コックがぶつかり合っていたのに…。

神保町界隈は日本を代表する出版社が集まる。
岩波書店、集英社、小学館、三省堂…。
しかし、不況と構造不況のWパンチを食らい、書籍や雑誌は売れ行きの下落が止まらない。
出版社の社員は締め切りに追われ、仕事が夜遅くにずれ込みやすい。
わが人生0709そうした残業族は三幸園の上客だったはず。
いまや残業が厳しく制限される?
それとも近隣に強力なライバル店が出現した?

大繁盛店でも深刻な影響を受けはじめた。
会社からチケットが支給されなくなったせいか、無線を待つ個人タクシーの台数もだいぶ減ったのでは…。
この辺り一帯の景気は、二番底、三番底に入った?

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年1月公開講座

新聞・テレビ・広告は構造不況業種

私が出張から戻ると、ショッキングな手紙ばかり。

先日のブログで書籍や雑誌、新聞などの紙媒体は、不況もさることながら業界の地殻変動により衰退もしくは消滅へ向かうと述べた。
実は、馴染みの出版社から休刊のお知らせが届いていた。
再建屋雑記帳0995しかも、私が長らく定期購読を行っていた1誌だけでなく3誌をまとめて打ち切った。
もう一通。
やはり馴染みの出版社。
雑誌の休刊に踏み切り、書籍の刊行に振り替えた。

雑誌はいったん赤字に転落すると、立て直しがきわめて難しい。
とりわけ販売収入における定期購読料の比重が大きい雑誌。
あっという間に損失が膨らむ。
年の瀬が近づき、出版社や新聞社のなかには資金繰りがひっ迫してきたところが少なくない?

再建屋雑記帳0996日本は21世紀に入り、歴史的な転換期に差しかかりつつあった。
ここに今回の戦後最大級の不況が重なり、政治・経済・社会の変化に一段と加速がついた。
私は3年先どころか来年がどうなるか読めない。
身の回りの風景が猛烈な勢いで変貌を遂げていく。
恐ろしい…。

                       ◇

ところで、マイミクのムッチー氏から私のブログ「書籍・雑誌・新聞、紙媒体消滅へ」に対してコメントが寄せられた。
広い意味での「広告業界」で働いている。
以下に紹介しよう。

再建屋雑記帳0997ご無沙汰しています。
業界は大揺れです。
日本を代表する全国紙でも厳しいらしいです。
また、電波媒体も紙媒体と同じ状況です。

スポーツイベントについてもスポンサーが軒並み撤退し、テレビ局はかなりの持ち出しになっています。
当然、経営が苦しくなります。

プロスポーツがそうなのですから、アマチュアスポーツはもっと酷いです。
不確かですが、「箱根駅伝」も売れ残っているとの噂が聞こえてきます。

しかし、学生スポーツは、人材育成の観点から大会を簡単に取り止めることができません。
多くのイベントは規模を縮小するか、参加大学が費用の一部を負担するようになっています。

私自身も仕事が厳しいなか、学生の活躍の舞台を減らさないように頑張っています。

以上。
ムッチー氏のコメントから、マスコミ業界全体を襲う空前の危機がひしひしと伝わってくる。
正月の風物詩、箱根駅伝でさえ運営が大変なのか…。

インターネット社会の出現により、広告業界も出版業界も新聞業界もさらに周辺業界も「構造不況業種」になった。
10年前、今日の状況をそれなりに予測した事業者はどれくらいあったろうか。

⇒11月20日「書籍・雑誌・新聞、紙媒体消滅へ」はこちら。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ