コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

浅田真央スケート靴

浅田真央はスケート靴を捨てなくてよかった

現役引退後も大きな葛藤に苦しむ

フィギュアスケート女子シングルで2010年バンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央がNHK総合「クローズアップ現代+」で昨年4月の現役引退後の心境について明かしました。

例のさわやかな会見でかならずしもすっきりとしたわけでなく、その後も大きな葛藤があったようです。
5歳からフィギュアスケートに自分のすべてを捧げてきましたので当然といえば当然です。
苦悩を引きずっていました。

「燃え尽き症候群」に近い状態か

スーパーアイドルの浅田真央はつねに国民の期待の重圧を背負いながら競技生活を続けてきました。

「スケートをやりきった」。
いわゆる「燃え尽き症候群」に近い状態でしょう。

「これからスケートとどう向き合おうか」と考え、さらに「スケートから離れたい」と思いました。
唯一の道具と呼んでいい「スケート靴」さえも捨てようとしました。

浅田真央サンクスツアーで恩返し

しかし、ファンから声援をもらい、「自分にはスケートしかない」と考え直しました。
振り返ると、フィギュアスケートとともに成長してきた自分の姿が目に浮かびました。

「スケートにさよならしては申し訳ない。恩返ししたい」との気持ちが固まりました。
そして、「浅田真央サンクスツアー」で全国を巡ることにしました。
完璧主義の浅田真央らしく音楽、衣装、振付をプロデュースします。
いまはその練習を通じて楽しさを感じられるようになりました。

⇒2018年3月17日「浅田真央、サンクスツアーで感謝を伝える」はこちら。

近い将来、小学生たちにフィギュアスケートを教える道を歩むことでしょう。
私は、高橋大輔コーチや浅田真央コーチに期待しています。

浅田真央は恋人を見つけられるか

もしもスケート靴を捨てていたら、いまごろは山中でイノシシを狩り、さばいていました。
間違いありません。

小学校のクラブ活動で「原始人クラブ」に属していたらしく、「自給自足が一番の贅沢」と語りました。
これがほんとうならば、原始人みたいに暮らし、自然に朽ちたいと考える恋人を見つけるのは大変です。

番組で「スケートは恋人でもあり、家族でもあり、運命でもある」と語りました。
これがほんとうならば、フィギュアスケートの魅力を上回る恋人を見つけるのは大変です。
私はすでに66年生きてきましたが、スケート靴みたいな顔をした男に会ったことがありません。

浅田真央は家庭を持ちたいとの思いがとても強い。
一日も早く結婚願望が叶いますように・・・。

category:浅田真央ブログはこちら。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年3月17日「浅田真央、サンクスツアーで感謝を伝える」はこちら。

⇒2018年1月25日「浅田真央のぼろぼろ靴と穴あきソックス」はこちら。

⇒2018年1月24日「浅田真央北京五輪とコストナー平昌五輪の31歳」はこちら。

⇒2018年1月23日「浅田真央が一番のライバルを明かす」はこちら。

⇒2018年1月16日「浅田真央は抱き合い、泣き合う」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央のぼろぼろ靴と穴あきソックス

浅田真央は1年履きとおし

トップ選手はスケート靴を年間3足ほど交換するとか。
ところが、浅田真央はほぼ1年履きとおしました。
お金がないという理由でありません。

コーチがストップをかけるくらいの猛練習で知られていました。
まして足にも靴にも負荷の大きいトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑みます。
好きで跳ぶ自分はともかくとして、靴はたまったものでありません。

私にはスケート靴の悲鳴がよ〜く聞こえます。
傷みはひどかったはずです。

靴のあちこちに不具合が出ますから、浅田真央はこまめに修理を行っていたのでしょうか。
私の人生と同様、おそらくぼろぼろです。

なお、この履きとおしというのは「眠るときも」という意味ではありません。

浅田真央は使い込みたいのだ

さらに、スケート靴専用のソックスは大きな穴が開いても履きつづけました。
本人は使い込んだほうが靴のなかで滑りにくく、よいパフォーマンスにつながるとしています。
私が飼っているアメリカンショートヘア(アメショー)の肉球みたいな感触がほしいのでしょうか。

⇒2011年6月22日「浅田真央の肉球、アメショーのトリプルアクセル」はこちら。

ならば、おろしたてのときにその部分を「はさみで切っちゃえ」と思わなかったのでしょうか。

スケート靴の臭いが選手の安心感?

スケート靴が自分の足に馴染むまでに時間がかかるのは分かります。
普通に履く革靴やスニーカーでもそうですからね。

フィギュアスケートはきわめてデリケートな感覚が大事になる競技です。
大舞台ほどしっくりとするスケート靴で滑りたいに決まっています。
(ひもを取り替えるだけでも違和感を覚えるという話を聞いたことがあります。)

が、履きとおしだといささか臭いがきつくなる気がします。
それとも、ずっと一緒にやってきたという選手の安心感につながるのでしょうか。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月24日「浅田真央北京五輪とコストナー平昌五輪の31歳」はこちら。

⇒2018年1月23日「浅田真央が一番のライバルを明かす」はこちら。

⇒2018年1月16日「浅田真央は抱き合い、泣き合う」はこちら。

⇒2017年12月16日「浅田真央はどこへ向かおうとしているのか」はこちら。

⇒2017年10月18日「浅田真央に浮いた噂、フランス人の彼氏」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

美しき氷上の妖精 浅田真央展・・・衣装、スケート靴も

フィギュアスケート女子シングルの浅田真央。
4月にスーパースター(ヒロイン)にふさわしい晴れやかな引退会見を行い、現役生活に別れを告げました。

その軌跡を衣装やメダル、スケート靴、映像など約百点で再現した展示会が日本橋高島屋で13日から25日まで開催されています(日程も時間も確認のこと)。
浅田真央が自ら展示物を選びました。
(最初の5歳の試合や最後の試合の衣装も見られるようです。)
題して、「美しき氷上の妖精 浅田真央展」。

初日は本人が除幕式からしばらく、会場の入口でファンを出迎えました。
サプライズ演出に泣き出す方もいたのだとか。

なお、こうした際に驚くのはいいとしても、本人に「本物?」と尋ねるのはやめましょう。
偽物だって「本物」と答えますから。
私が知る範囲で「決して怪しいものです」と答える怪しい人はいません。

サプライズはこの後も続き、姉・舞が現れました。
(浅田真央にも知らされていませんでした。)

そして、選手として最後のプログラムとなった「リチュアル・ダンス」のショートプログラム(SP)の終わり、フリースケーティング(FS)の始まりの等身大写真パネルの前で、二人でポーズを取りました。

同展示会は今後、横浜、大阪、京都、名古屋の各店へと巡回します(予定)。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年7月3日「浅田真央は大事なときにかならず転ぶ」はこちら。

⇒2017年5月8日「浅田真央、五輪金メダルは悲願のまま」はこちら。

⇒2017年4月24日「真央から舞依、真凜へ、マママの系譜」はこちら。

⇒2017年4月12日「浅田真央、現役引退のたった一つの理由」はこちら。

⇒2017年4月12日「浅田真央に国民栄誉賞を贈るべきか?」はこちら。

⇒2017年4月11日「浅田真央が現役引退・・・寂しいかぎり」はこちら。

⇒2017年3月30日「浅田真央が背負った期待は重圧どころか恐怖」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ