コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。

浅田真央失敗

浅田真央は「魂」をなくしたのか

全日本フィギュアスケート選手権が行われている。
浅田真央は2年ぶりに戻った舞台だったが、トレードマークの笑顔が消えていた。
SPのプログラムの難度を下げて臨んだが、それでもジャンプにミスが相次いだのは屈辱的である。
5位と出遅れた。

浅田真央は団体戦のジャパンオープンでは次世代が主体となった日本チームの優勝を姉さん格で引っ張った。
個人戦のGPシリーズ中国杯では優勝を果たし、自身もファンも世界のトップクラスでまだやれるとはしゃいだ。
しかし、GPシリーズNHK杯ではジャンプにミスが目立ち、3位に留まった。
そして、圧倒的な強さを誇ってきたGPファイナルはまさかの最下位(6位)に沈んだ。
とくにフリーのジャンプは散々だった。

浅田真央はインタビューで「やらなきゃというのが強すぎるのかもしれない」と唇をかみ締めた。
その傾向は前からあったが、ジャンプの出来にかなりの波がある。
復帰直後は新鮮な喜びを感じながら「無欲」で滑ることができた。
あまりにスムーズな成功に落とし穴があった。
勝てるという意識、やがて勝たなければという意識が「滑る喜び」に勝り、浅田真央からしなやかさを奪っていった。
実際、わくわくした気持ちが試合を重ねるごとに薄れていったという本音を漏らしている。

完璧主義者の浅田真央は高い理想を掲げ、必要以上に自分を追い詰めたがる。
得点源のジャンプでつまずくと気持ちを切り替えらず、最後まで引きずりやすい。
ルッツの踏み切り違反の判定も堪えた。
意識が過剰になり、体の動きを委縮させ、演技そのものを硬直化させている。

このところの浅田真央の演技から伝わってくるのは楽しさより「頑張り」、頑張りより「義務感」だった。
これでは見ているほうもつらい。
上辺の表現は何とか整えているものの、内側から溢れ出る歓喜が感じられない。
平たく言えば、表現者としての「魂」をどこかに置き忘れている。

私は、全日本選手権のSP後の「気持ちが下降気味」「いいイメージを持って試合に入れない」という言葉に驚いた。
浅田真央は自分をすっかり見失い、負の連鎖に陥っている。
目から光、表情から力が消えた。
(覇気に満ちた宮原知子と対照的である。)

ひどく不安定な精神状態で臨むフリーでの巻き返しは至難だろう。
しかし、浅田真央は絶望的な状況で底力を見せてきたのも事実である。
2014年ソチオリンピックのフリーは感動的だった。

私自身は、浅田真央が復帰シーズンで世界最高難度のプログラムを組む以上は長期計画で推し進めるつもりと理解している。
したがって、世界選手権への出場にこだわることもないと思う。

なお、私の見立てでは、浅田真央は「メッセージの発信」「本番へのメンタルの持っていき方」で失敗を繰り返してきた。
この2つが大舞台での主たる敗因でなかろうか。

◆書き加え(12月27日)

いま浅田真央の全日本選手権でのフリーを見た。
SPでは5位と出遅れた。
フリーでは初めの2つのジャンプのミスを引きずらず、最後まで粘って滑った。
3位に入れば上出来である。

私は、浅田真央は世界選手権に出ても出なくてもどちらでもいいと考えていた。
ただし、選手は大会が続くと疲労が溜まるが、大会が空くと勘が鈍ってしまう。
それ以前に、大会への出場は練習の目標とモチベーションになっている。
世界選手権に出られるに越したことはない。

女子シングルの日本代表は、余裕の1位の宮原知子、3位の浅田真央、4位の本郷理華の3選手で決まり?

2位の樋口新葉(ひぐち・わかば)は14歳で出場資格がない。
この子の2百点近い高得点は立派である。
昨年も3位に入っている。
本田真凜(ほんだ・まりん)など中学生に楽しみな選手がたくさんいる。

余談。
浅田真央は、自分は追い詰められてからが強いなどと言い聞かせないことだ。
追い詰められなくても強いほうがいい。
応援していて、はらはらする。

私はフリー後半の演技を見て、浅田真央はいまだに世界一の女子フィギュアスケーターだと確信した。
安易に新旧交代などという言葉を使うべきでない。

               ◇◆◇

浅田真央に関する最近のブログは以下のとおり。

⇒2015年12月26日「浅田真央、最高難度の無謀と動揺」はこちら。

⇒2015年12月12日「浅田真央評価…努力は報われない」はこちら。

⇒2015年11月29日「浅田真央はあんなもの」はこちら。

⇒2015年10月10日「浅田真央、GPシリーズ2015へ」はこちら。

⇒2015年10月9日「浅田真央、現役続行の条件」はこちら。

⇒2015年10月7日「浅田真央はピョンと跳び、チャンと降りる」はこちら。

⇒2015年10月5日「浅田真央、勝負師の宿命」はこちら。

⇒2015年10月3日「浅田真央が帰ってきた」はこちら。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央、勝負師の宿命

浅田真央が復帰初戦のジャパン・オープン2015で素晴らしい演技を披露した。
非公認記録ながら、フリーの自己ベストに迫る高得点だった。
個人戦ではないが、圧勝と呼んでいい。

浅田真央は開始前の表情がいくらか硬かったが、落ち着いて滑った。
無難に全体をまとめ、ほっとした表情を浮かべた。
私は、淡い紫色の着物を連想させるコスチュームをまとって悲恋のオペラ「蝶々夫人」を舞う浅田真央を見て、表現力が格段に豊かになったと感じた。
(帯はもっとシンプルにしたほうが浅田真央の身体と演技の美しさが引き立つ。)

技術的には後半のコンビネーションジャンプが抜けてしまったが、冒頭のトリプル・アクセル(3回転半ジャンプ)は何とか踏ん張った。
ただし、失敗と紙一重であり、私は完ぺきと思わない。
彼女の自己採点が厳しいのもうなずける。

浅田真央は「フィギュアスケート」の魅力にはまり、20年近くのめり込んで有数の実績を残してきた。
いまや、フィギュアスケートへの思いはプロとして「ショー」で滑ることによって満たされる。
しかし、アスリートとして「競技」で滑ることによってしか満たされない何かを忘れられなかった。

世界トップクラスのスポーツ選手はだれも負けず嫌いであり、頂点に立とうとして厳しい精進を積んでいる。
なかでも浅田真央はそうしたこだわりがとくに強いように思う。

選ばれて最高の舞台で滑り、大勢の声援に応える誇りと喜び!

浅田真央は周囲と世間から勝つことを宿命づけられてきたとも思う。
現役復帰は、アスリートとしての闘志がよみがえった証しである。

浅田真央は、大会へ向けた練習の緊張、そして気分の高揚が好きなのだろう。
が、それゆえに重圧に押しつぶされ、本番で痛々しい姿をさらすことも多かった。
根っからの勝負師である。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央のリップサービス…マスコミ対応

きのうのブログ「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」の続き。

⇒2010年12月1日「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」はこちら。

フィギュアスケートは日本人がもっとも注目する競技の一つである。
なかでも女子フィギュア。
大会前、主催者や放映権者(テレビ局)は当然、前評判を高めたい。
ついては人気選手を引っ張り出し、世間への露出度を増やすのがもっとも有効である。

浅田真央はそれを痛いほど分かっていて、マスコミの取材に対して「リップサービス」を行う。
事前の期待を盛りあげる大役を笑顔で務めることが多い。
好調期ならともかく、気の毒だ。
とくに今季の浅田真央にとり…。

これがなぜ問題かというと、結果として自分を追い詰めるからだ。
本人は「調整」していると考えているのに、周囲は「失敗」したと思ってしまう。
実際、浅田真央は6種類のジャンプを一から見直しているところと語っていた。
いまは結果を出せない段階であり期間である。
注目の集中は負担や苦痛にしかならない。
フィギュア選手は皆、美しい自分を見てほしいと願っている。

また、それにより佐藤信夫コーチへの風当たりがさらに強くなるからだ。
重大な覚悟のうえで浅田真央を引き受けたとはいえ、あまりにつらい。
コーチは世界最高峰の選手を指導するとき、おそらく自らも悶絶しかねない。
競泳平泳ぎ・北島康介をオリンピック2大会連続金メダルへ導いた平井伯昌コーチがそうだった。
佐藤信夫コーチは本職(指導)の苦労に加え、心ない非難をしょい込む。

浅田真央は、エースとして日本のフィギュアスケート界をもり立てていかなくてはという思いを抱く。
恩返しという気持ちも…。
それゆえのリップサービス。

しかし、浅田真央が2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)の栄冠を目指して練習にじっくりと取り組むにはマイナスである。
自身の環境、コーチの立場を悪くしかねないのだ。
マスコミをうまくコントロールすることも勝利の条件になるのでなかろうか。

このブログで幾度か述べたが、浅田真央はすでに十分に国民を楽しませた。
私も存分に楽しんだ。
今後はもうちょっと“自分本位”になってもらいたい。

なお、6種類のジャンプとは、難度の低い順序に並べれば、トウループ (Toe loop)、サルコウ (Salchow)、ループ (Loop)、フリップ (Flip)、ルッツ (Lutz)、アクセル (Axel) 。
ウィキペディアによった。

                       ◇

念のため。
私は「リップサービス」という言葉を用いた。
しかしながら、浅田真央がそれを望んで行っているかどうかは別である。

成功者になるほど“広告塔”として、自分が所属したり活動したりする分野や団体などの利益を代表しなければならない。
まして、浅田真央は人気が断トツ。
周りが放っておかない。

もう一つ。
浅田真央は、自分をとことん追い込んでいく。
成功者に共通しているが、彼女は顕著。
逃げ道を断ち、言い訳を封じ込めちゃう。

マスコミを通じた大会前の公言は、周囲へのやさしさ(気配り)と自らへの厳しさという両面が関係していそう。

続きはあさって、「浅田真央、惨敗後インタビューの残酷と地獄」のブログで…。

                      ◇◆◇

フィギュアスケート女子・浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年12月1日「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」はこちら。

⇒2010年11月29日「浅田真央、ジャンプの修正か改造かの判断」はこちら。

⇒2010年11月28日「惨敗・浅田真央は輝きを取り戻せるか?」はこちら。

⇒2010年11月27日「浅田真央、得意なジャンプが壊れる恐怖」はこちら。

⇒2010年11月25日「浅田真央を引き受けた佐藤信夫コーチの胸中」はこちら。

⇒2010年11月23日「浅田真央、ソチ五輪栄冠への長いトンネル・・・」はこちら。

⇒2010年11月21日「浅田真央が流した悔し涙の価値とは?」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

和田創研

お気に入り




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ