コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

浅田真央自己ベスト

浅田真央北京五輪とコストナー平昌五輪の31歳

浅田真央が北京五輪に出場すれば31歳になる

浅田真央はいつだったか、現役を引退したことに何の後悔もないと語っています。
自分としてはやりきったという心境なのでしょう。
私はそれを疑いませんし、その意思を尊重します。

コストナーが欧州選手権で浅田真央に迫った

先日、欧州選手権(ヨーロッパ選手権)がモスクワで行われました。
五輪代表がかかるエフゲニア・メドベージェワやアリーナ・ザギトワなどのロシア勢にまじり、すでに代表切符をつかんだイタリアのカロリーナ・コストナーが滑っています。

ショートプログラム(SP)のセリーヌ・ディオン「行かないで」で4年振りに自己ベストの 78.30点を叩き出し、3位に入りました。
3回転トウループでミスがありながら、浅田真央の自己ベスト 78.66点に迫りました。

カロリーナ・コストナーはこれまでに5種類の3回転ジャンプを用いていますが、近年は高難度のコンビネーションジャンプを跳べなくなりました。
十代後半の選手が高難度ジャンプを多く組み込むフリースケーティング(FS)ではさすがに順位を上げられません。

得点を伸ばしにくい条件で最強のロシア勢を相手に奮闘しています。
私はすごいと思います。

⇒2018年1月21日「カロリーナ・コストナー、31歳で平昌五輪へ」はこちら。

「行かないで」に自分の人生を重ね合わせる

そのカロリーナ・コストナーがSP後のインタビューに答えました。
「行かないで」のプログラムには、人生で大きな困難とぶつかって倒れても立ちあがり、闘いながら前へ進んでいくことの大切さを込めているそうです。
幸せを感じたいのなら、ときに苦しみを味わうことも大切と語りました。
しかし、勇敢さ、我慢強さ、強い決意を持たなくては困難に立ち向かえないとも言い添えています。
自分の人生と重ね合わせてSP「行かないで」を滑ったのでしょう。

欧州選手権で昨年の第2組から最終組で滑れるまでに回復できたことを誇らしく思うと語りました。

私は浅田真央の現役引退がいまだにさみしい

私は平昌五輪開幕前日の2月8日に31歳の誕生日を迎える彼女の演技を見て、もしも浅田真央が北京五輪に出場すると31歳になると思いました。
彼女の現役引退はいまだにさみしい。

浅田真央は心の状態も厳しかったはずですが、それ以前に慢性的な痛みで練習を積めなくなったことが現役引退の大きな理由でしょう。
跳べないと知りながら、最後の試合となった全日本選手権で代名詞のトリプルアクセルに挑んでいます。

⇒「浅田真央ブログ」はこちら。

浅田真央は勝てなくなるたびに美しくなった

カロリーナ・コストナーが現役を続ける意図と浅田真央が現役を辞める事情は異なりますので、私は二人を比べたいわけでありません。
浅田真央の円熟した演技を見たいという思いがふつふつと湧いてきたのです。

フィギュアスケーターとして一段と「深み」が増していくと考えていました。
実際、この選手は勝てなくなるたびに美しくなっていきました。

私はレジェンドになってほしかった。
未練がましいようですが、現役引退が残念でなりません・・・。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年1月23日「浅田真央が一番のライバルを明かす」はこちら。

⇒2018年1月16日「浅田真央は抱き合い、泣き合う」はこちら。

⇒2017年12月16日「浅田真央はどこへ向かおうとしているのか」はこちら。

⇒2017年10月18日「浅田真央に浮いた噂、フランス人の彼氏」はこちら。

⇒2017年10月17日「浅田真央に関するニュース」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

メドベージェワ、ザギトワに敗れる

異次元同士の初の直接対決!
エテリ・トゥトベリーゼコーチの同門対決

フィギュアスケートの欧州選手権(ヨーロッパ選手権)がモスクワで行われています。
世界女王、ロシアの18歳、エフゲニア・メドベージェワが2か月ぶりに実戦に復帰しています。

ロシアは国家ぐるみのドーピング問題で国際オリンピック委員会から資格停止処分を科されており、個人資格で平昌五輪へ派遣する3選手の選考を厳格に行わざるをえません。
この欧州選手権での好成績が絶対条件となります。
現地は熱狂的な盛りあがりでしょう。

メドベージェワは通常強度のトレーニング

エフゲニア・メドベージェワは右中足骨骨折の故障が回復し、通常の強度のトレーニングを行えたようです。
前日練習ではトウループ、ルッツ、サルコウ、ループ、フリップの5種類の3回転ジャンプを軽々と跳びました。
米メディアがこの状態なら演技中のアクシデントにも対応できそうと太鼓判を押しました。

大会3連覇を果たして平昌五輪代表入りを目指しています。
しかし、十分な調整を積めたとはいえません。
ライバルは欧州選手権で通算5回の勝利を収めたイタリアの30歳、カロリーナ・コストナーよりも同じロシアの若手選手のほうが手ごわいでしょう。

ザギトワはシニア1年目で4戦全勝と無敵

シニアデビュー1年目、15歳のアリーナ・ザギトワは今シーズン4戦全勝という無敵の強さを誇ります。
が、グランプリ(GP)ファイナルとロシア選手権はエフゲニア・メドベージェワが欠場していました。

その背中を追いかけてきたアリーナ・ザギトワが指導を仰ぐのはエテリ・トゥトベリーゼコーチですが、二人に共通です。
最大のライバルであるとともに練習のパートナーなのです。
異次元の二人はおそらく初の直接対決を心待ちにしていました。

GPファイナルとロシア選手権2位の17歳、マリア・ソツコワも平昌五輪のメダル候補とされています。

とはいえ、エフゲニア・メドベージャワはベストコンディションでなくても欧州選手権の表彰台の頂点に立てるでしょう。
彼女の持つ世界歴代最高得点は 240点を超えており、女子シングルで突出しています。

◆書き加え(1月19日)

ザギトワがSPでメドベージェワを上回る

きょうのブログは書き溜め記事です。

欧州選手権のレベルがすごすぎます。
ショートプログラム(SP)の映画「ブラックスワン」でアリーナ・ザギトワが自己ベストの 80.27点で首位に立っています。
エフゲニア・メドベージェワに次ぐ史上二人目の80点超えとなりました。
浅田真央の自己ベストの 78.66点を上回りました。

今シーズンはSPでいくらかミスが出ていたはずですが、非の打ちどころのない演技です。
しかも、自分にはまだ伸び代があると語りました。

メドベージェワがダブルアクセル着氷ミス

復帰戦のエフゲニア・メドベージェワはショパン「ノクターン第20番」で 78.57点の2位につけました(滑走は先)。
3本のジャンプのうち、惜しくも最後のダブルアクセルの着氷が乱れました。
いたずらっぽく「ペロリ」と舌を出しました。
(この選手は知性と美しさだけでなく、茶目っ気があります。)
昨シーズンからSPとフリースケーティング(FS)を含め、1位を逃したことがありません。
後輩の成長の勢いに衝撃を受け、脅威を感じているかもしれません。

私は二人のスーパーヒロインに喧嘩をさせたいと思いませんが、五輪本番へ向けて微妙な空気が流れるのは確かでしょう。
エテリ・トゥトベリーゼコーチは選手をどのように動機づけ、導いていくのでしょう。
(教育指導者の端くれとして気になります。)

コストナーが浅田真央の自己ベストに迫る

私が一番驚いたのはカロリーナ・コストナーがセリーヌ・ディオン「行かないで」で自己ベストの 78.30点を叩き出し、3位に入ったことです。
3回転トウループでミスがありながら、浅田真央の自己ベストに迫りました。
30歳にして4年振りの快挙です。
この選手に頭が下がります。
FS次第ですが、平昌五輪の表彰台に上れる可能性さえ感じさせました。

いよいよFSが行われます。
総合でもエフゲニア・メドベージェワがアリーナ・ザギトワに敗れるという結末を迎えるのでしょうか。
それぞれのファンはもとより、世界中のフィギュアスケートファンが固唾を呑んで見守っています。

◆書き加え(1月21日)

ザギトワが自己ベストを約15点更新し優勝

FSが行われ、SP1位のアリーナ・ザギトワが238.24点で完全優勝を飾っています。
けがからの復帰戦となった世界女王、エフゲニア・メドベージェワは232.86点で2位に留まり、2年振りに個人戦で敗れています。

欧州選手権ではSPでもFSでもエフゲニア・メドベージェワが持つ世界歴代最高得点に次ぐ高得点を叩き出しています。

アリーナ・ザギトワはFSでも後半に集めたすべてのジャンプを完璧に跳び、自己ベストを15点近く更新しています。
顔や体つきに幼さが残っていますが、化け物です。
韓国のキム・ヨナ(金妍児)の自己ベスト228.56点を10点近く超えています。

欧州選手権の結果により、アリーナ・ザギトワは平昌五輪金メダルの最有力候補としてエフゲニア・メドベージェワと肩を並べました。
エフゲニア・メドベージェワが本番へ向けて調子を上げてくるとしても、15歳のアリーナ・ザギトワは成長の勢いが止まりません。

個人的には、18歳のエフゲニア・メドベージェワに勝たせてあげたい気もします。
表彰台の頂点に立つのはどちらでしょう。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央は金妍児を上回れるか…ソチ五輪

フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)第4戦「NHK杯」。
女子シングルのフリースケーティング(FS)が行われた。
浅田真央は安定した演技で、12月に福岡で開催されるグランプリファイナル(GPファイナル)進出を決めた。
NHK杯は2年連続4回目の優勝、GPシリーズ&ファイナルは6連勝を飾った。
また、1998年長野冬季五輪(オリンピック)で銀メダルを獲得した米国のミシェル・クワンと並び、歴代2位のGP通算13勝となった。

浅田真央は得点が207.59点だった。
銀メダルを獲得した2010年バンクーバー冬季五輪(オリンピック)で出した205.50点の自己ベストをようやく更新した。
佐藤信夫コーチと二人三脚の道のりは、長く険しかった。

私は 210点台後半を望んでおり、なるべく 220点台前半と願っていたので、得点はかなり物足りない。
実は、ショートプログラム(SP)とフリーの両方で会心の演技ができれば、ぎりぎり 220点台に届くと思っていた。
とても残念・・・。

浅田真央は、2つの高難度ジャンプに失敗した。
冒頭、代名詞のトリプルアクセル(3回転半)は両足着氷で回転不足になった。
3回転−3回転の2連続ジャンプは2つ目が2回転になった。

浅田真央はトリプルアクセルについて、「後一歩のところまで来ている」と手応えを口にした。
バンクーバーオリンピックのシーズンより順調に来ているらしい。
しかし、私はNHK杯の滑りを見て、ここから先が大変だと感じた。

とはいえ、私は悲観ばかりしているわけでない。
浅田真央は、佐藤信夫コーチとの基礎練習の積み重ねの成果が表れている。
スケーティングがよくなっている。
また、佐藤信夫コーチの助言を理解し、受け入れられるようになった。
スタミナがついている。
演技の後半に入っても、速度、伸び、動き、切れが鈍ることはない。
スピンでもステップでも、余裕で最高評価を得ている。
私はとくに「ステップ」にぞくぞくする。

浅田真央は、何より大きな意味の「表現力」が格段に増した。
素晴らしい、と思う。
プログラム全体の流れと魅力で、観客と審判を惹きつけられる。
振り付けの見直しは、SPを終えており、すぐにフリーを行う。
一段とブラッシュアップされるので、楽しみ。

浅田真央は、早ければGPファイナルでフリーにトリプルアクセルを2つ組み込む。
そのうえで3回転−3回転を決められれば、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)の金メダルが見えてくる。

浅田真央は強い!
現時点で、韓国のキム・ヨナ(金妍児)のほかにライバルを見つけられない。
ソチ本番の大舞台において、得点で上回れるかどうかだ。
悲願の金メダルを手にしてほしい。

◆書き加え1(11月10日)

私は、浅田真央のエキシビションに息を飲んだ。
曲は、「スマイル」。

浅田真央は心身ともに成熟したスケーターとして、豊かな「表現力」で会場を包み込んだ。
素晴らしいという言葉のほかに、私は形容を思いつかない。

浅田真央は、かつての四肢と体の動きがどこかちぐはぐでぎこちない印象がすっかり消えた。
全身の動きにしなやかでやわらかな一体感が出てきた。
表情や目線もよくマッチしている。

浅田真央のエキシビションは、大勢の人を幸せにする、明るくビビットな「美しさ」に満ちていた。
スケーティング自体がとても心地いい・・・。

                      ◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年10月26日「浅田真央、現役引退から現役続行へ!」はこちら。

⇒2013年10月20日「浅田真央、GPシリーズ&ファイナルは無敵」はこちら。

⇒2013年10月13日「浅田真央の人気、高橋大輔の人気」はこちら。

⇒2013年10月12日「浅田真央の伸び代…キム・ヨナの高得点」はこちら。

⇒2013年10月10日「浅田真央調子…ソチ五輪へ開き直りと悟り」はこちら。

⇒2013年10月8日「浅田真央、ソチで高得点へ…タラソワ振り付け」はこちら。

⇒2013年10月6日「フィギュア日本女子代表選考レースは混戦」はこちら。

⇒2013年8月6日「日本はフィギュア王国の看板を下ろす」はこちら。

⇒2013年3月17日「浅田真央とキム・ヨナ、演技と得点に大差がつく」はこちら。

⇒2013年3月15日「浅田真央の調子はどうか…フィギュア世界選手権」はこちら。

⇒2013年3月14日「浅田真央、金妍児の順位予想…世界フィギュア」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り
カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ