コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

浅田真央視聴率

浅田真央が一番のライバルを明かす

対決の構図に世界が注目

浅田真央が年明けにTBS番組「バース・デイ 1時間スペシャル」に出演しました。
大晦日にやはりTBS番組「KYOKUGEN」に出演し、姉・浅田舞にこれまでの感謝の気持ちをスケートの演技で伝え、ファンの間で話題になっていました。

テレビ視聴率もそれなりに取らなければなりませんから、本人は曲やプログラム、衣装にかなりこだわったはずです。
スーパースターの浅田真央はファンの期待に懸命に応えようとしてきました。

キム・ヨナ(金妍児)の存在の大きさ

MCの東山紀之が浅田真央にキム・ヨナ(金妍児)の存在について尋ねています。
浅田真央は正直に「大きかったです」と語っています。
15歳頃からは「対決の構図」としてとらえられ、世界の注目が集まりました。

当時は「負けたくない」という気持ちのほうが断然強かったようですが、20代くらいからは「自分も頑張ろう」という思いが出てきました。

キム・ヨナがいまは滑っていないことに「残念だな」と感じているようです。
浅田真央はそれぞれに道、考え方があると言葉を補っています。

私自身は大舞台でひりひりする緊張感と闘いながら滑る選手を見るのが好きなので、アイスショーに関心が薄い。
しかし、キム・ヨナはバンクーバー五輪の金メダリストですので世界中で滑っていると思い込んでいました。

浅田真央は二人で滑る機会を望んでいます・・・。

「お姉ちゃんに勝ちたいと思っていた」

また、浅田真央は一番のライバルとして姉・浅田舞の名前を挙げました。
「お姉ちゃんにずっと勝ちたいと思っていた」と明かしました。
互いに小さい頃から練習に励んできましたので「負けたくない」という気持ちが強く働いたのでしょう。

学習成績(受験勉強)でもそうした切磋琢磨はあり、兄弟全員が競い合うように有名大学に合格している家庭は珍しくありません。
身近な存在に競争心や対抗心が芽生えます・・・。

真に闘うべきは自分のなかの弱い自分

東山紀之が語った「ライバルは自分のなかにいる弱い自分」に対し、浅田真央は即座に同意しています。

私は営業の教育指導にも当たっており、かつては営業の現役でもありました。
口癖のように「闘うべきはライバル(競合他社)でも、まして顧客でもない。営業活動の過酷な現実から逃げ出したがる弱い自分」と説いています。
営業成績は面談相手の財布の中身で決まりますので、決定権者(社長)への働きかけを求めていますが、低迷者や不振者は面談の申し入れさえ避けます。

浅田真央が現役引退を決断した理由

番組では「自分が楽しんで滑っていないと観客に伝わる」という趣旨の発言をしています。
このブログでも述べましたが、近年の浅田真央の演技からは楽しさが伝わってきませんでした。
本人が何よりも分かっているはずで、現役引退を決断した大きな理由かもしれません。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年1月16日「浅田真央は抱き合い、泣き合う」はこちら。

⇒2017年12月16日「浅田真央はどこへ向かおうとしているのか」はこちら。

⇒2017年10月18日「浅田真央に浮いた噂、フランス人の彼氏」はこちら。

⇒2017年10月17日「浅田真央に関するニュース」はこちら。

⇒2017年9月13日「美しき氷上の妖精 浅田真央展・・・衣装、スケート靴も」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

樋口新葉は別人、いったい何が起こったのか

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「中国杯」の女子シングル。
平昌五輪代表2枠を狙う日本勢3人、そしてロシア勢3人、カナダ勢1人の有力選手の表彰台争いは見応えがありました。
意地とプライドがぶつかる白熱の勝負でした。
私は久し振りに画面にくぎづけになり、手に汗を握りました・・・。

それにしてもテレビ局は視聴率が取れないと判断したのでしょうか、「試合を見るな」という時間帯の放送になりました。
フィギュアスケートの人気の維持のためにも「浅田真央」に代わるスターの登場が待たれます。

さて、ショートプログラム(SP)2位の樋口新葉がフリースケーティング(FS)も2位となり、合計212.52点で2位に入りました。
本人に申し訳ないのですが、練習が好調と聞いていましたが、それでも私はこの選手に期待していませんでした。

ロシアの世界ジュニア女王、アリーナ・ザギトワに1.36点及ばなかっただけです。
この選手はジャンプを基礎点が 1.1倍になる後半に持っていき、しかも手を挙げながら回転します。
それを踏まえると樋口新葉が技術も表現もいかに充実した演技を披露したかが分かります。
私はSPもFSも「気迫」に圧倒されました。
ようやく彼女の真の実力を感じ取ることができました。

樋口新葉はSP後も「気は抜けない」と厳しい表情を崩しませんでした。
そして、臨んだFSで直前にアリーナ・ザギトワが高得点を叩き出しました。
しかし、まったく動じることなく、自分の演技に集中しました。

映画007の音楽と一体化し、力感と疾走感にあふれたほぼ完璧な滑りを見せました。
会場全体を巻き込み、演技終了と同時にガッツポーズを取りました。
私が思い込んでいた、好不調の波の激しいジャンプだけの選手でありません。
観客と審判に強烈な「印象」を残したところが、やはりほぼノーミスに近い滑りを見せた三原舞依や本田真凜との決定的な違いでした。
アピールする「力」が素晴らしかった!!!
SPもFSも得点で宿敵の三原舞依を上回っています。

しかも、樋口新葉は演技構成点や出来栄え点(GOE)でまだ上積みを図れそうです。
男子シングルと違ってジャンプ構成の差が極端でありませんので、細かい得点が勝負のカギを握りそうです。



骨格のがっちりした樋口新葉は身体能力が際立つそうです。
全日本フィギュアスケート選手権は2014年が3位、2015年が2位、順序からいえば1位となるはずの2016年が2位でした。
もともと十分な才能も備えていたのです。

しかし、2017年四大陸フィギュアスケート選手権で惨敗を喫し、自信をすっかり喪失しました。
が、この大会で華々しく優勝を飾った1学年上の三原舞依に悔しさがこみ上げ、「負けず嫌い」に火がついています。

直後からトレーナーをつけて食べ物の節制に努め、増減が激しかった体重の安定を図りました。
それにより、練習の質をおおいに高めることもできました。
私は中国杯のSPとFSの演技を見て、別人みたいに生まれ変わった樋口新葉にいったい何が起こったのかと驚きました。
練習はもとより、こうした地道な取り組みがGPシリーズの2戦で実を結んだのでしょう。
何より「心構え」が堅固になった・・・。

私は平昌五輪代表の2枠はおおよそ全日本フィギュアスケート選手権の順位で決まる思います。
しかし、優勝者は無条件で選ばれるとして、もう一人はGPファイナルの成績や国際スケート連盟(ISU)公認の今季最高得点なども考慮されるかもしれません。
樋口新葉はGPシリーズ第1戦「ロシア杯」が3位でしたので、初のGPファイナル出場が叶いそうです(確定に非ず)。
現時点で五輪切符に一番近いところに立ちました。

国民の期待を受けて「プレッシャー」の高まる大会で、樋口新葉ははたして結果を残すことができるでしょうか。

◇◆◇

樋口新葉に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年11月6日「樋口新葉が平昌五輪代表選考前哨戦で勝つ」はこちら。

⇒2017年10月22日「樋口新葉と坂本花織のフィギュアGPシリーズ」はこちら。

⇒2017年4月27日「三原舞依と樋口新葉が宮原知子を超える」はこちら。

⇒2017年2月18日「樋口新葉と三原舞依の順位・・・四大陸選手権」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央、ジャパンオープン回避と視聴率

このところフィギュアスケート女子シングルの浅田真央の音信を聞かなくなりました。
シーズンオフなので、それが当然なのかもしれません。
あるいは、私が忙しくて世相に疎くなっているだけなのかもしれません。
インターネットでちょっと調べてみました・・・。

浅田真央はおそらくわりと静かな環境のなかで練習に励んでいます。
すでにカナダでショートプログラム(SP)とフリースケーティング(FS)のプログラムを固めました。

浅田真央は先だってアイスショー「ザ・アイス」に出ています。
姉の浅田舞も一緒だったとか。
その際かどうか分かりませんが、今シーズンの初戦が「フィンランディア杯」(10月6〜9日)になることを明かしました。

当初は日本、北米、欧州によるチーム対抗戦「ジャパンオープン」(10月1日)の予定でした。
しかし、フィンランディア杯でSPとFSの両方を試したいという理由で、FSだけのジャパンオープンの出場を見送ったようです。
主催者と協賛者はスーパースターの不在に頭を抱えていることでしょう。
また、テレビ局やスポンサーは視聴率で大打撃を受けます。

浅田真央は長らく関係者への配慮を第一にしてきましたが、ようやく自分の希望と意志を貫けるようになりました。
(宮原知子がエースに育ってきたなどの事情もあるでしょう。)
私は欠場の決断に、彼女の成長を感じました。
周囲に気兼ねはいりません。
実績と貢献が絶大のベテランアスリートは自らのプラン(計画)に沿い、コンディション(調子)を踏まえてどの大会に参加するかを決めたらいいのです。

テレビ番組の視聴率の高低に一喜一憂することはありませんが、視聴率が落ちると競技の人気が衰えるのも確かです。
フィギュアスケート男子シングルは羽生結弦がしばらく引っ張っていきそうですが、女子シングルは次のスターを待たなければなりません。
とりわけスーパースターに関しては育つというより現れるというニュアンスが強いのでないでしょうか。
大勢を惹きつける天性の魅力が欠かせません。

私はこの先、宮原知子がエースでスターになるのがいいと思っています。
いまはそれほど華を感じませんが、世界で勝っていくにつれて輝きを増すこともありうるでしょう。

なお、浅田真央がフィンランディア杯に出場するのは、「2017年世界フィギュアスケート選手権」(3月29日〜4月2日)がフィンランド・ヘルシンキで行われることと関係があるかどうかは分かりません。
冬季五輪(2018年平昌五輪)を控えた最大の世界大会ですので、どうしても出場しておきたいのでしょうか。
ここで勝つことができれば、世界女王としてオリンピックに臨めます。
メダル争いのライバルとなりそうなトップクラスの選手の水準や状態を肌で感じられます。

浅田真央は自分にとり最後のオリンピックへ向けて弾みをつけたいと考えているようです。

◆書き加え(9月22日)

このところの記事は長期出張の長距離移動時や宿泊先での十数日分の書き溜めです。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

今回の浅田真央の決断には、現在の落ち着きとともに今後への意欲が感じられます。
異国のフィンランディア杯で今シーズンの第一歩を踏み出してほしいと思います。

あとは世界の大舞台で平常心とゆとりを保てるかどうかでしょう。

◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2015年12月28日「浅田真央は生きた心地がしない」はこちら。

⇒2015年12月27日「浅田真央は「魂」をなくしたのか」はこちら。

⇒2015年12月26日「浅田真央、最高難度の無謀と動揺」はこちら。

⇒2015年12月12日「浅田真央評価…努力は報われない」はこちら。

⇒2015年11月29日「浅田真央はあんなもの」はこちら。

⇒2015年10月10日「浅田真央、GPシリーズ2015へ」はこちら。

⇒2015年10月9日「浅田真央、現役続行の条件」はこちら。

⇒2015年10月7日「浅田真央はピョンと跳び、チャンと降りる」はこちら。

⇒2015年10月5日「浅田真央、勝負師の宿命」はこちら。

⇒2015年10月3日「浅田真央が帰ってきた」はこちら。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央、GPファイナル2012制覇へ…ソチ五輪会場

フィギュアスケート・グランプリシリーズ(GPシリーズ)を勝ち抜いた上位6人によるグランプリファイナル(GPファイナル)が2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)の本番会場で行われる。
ソチオリンピックで表彰台を狙う選手なら、現地の雰囲気とリンクの感触をつかんでおきたい舞台だった。
日本勢は、男子シングルが悲願の初優勝、女子シングルが2008年の浅田真央以来の優勝を狙う。

GPシリーズ第6戦「NHK杯」。
浅田真央は万全の調子が伝えられていた。
そのとおりショートプログラム(SP)では今季世界最高の 67.95点を出した。
ノーミスで演技を終え、にこにこで観客に応えた。
ところが、フリーでは7種類のうち4種類のジャンプでミスを犯した。
あまりに不甲斐ない出来に、自分がもっともがっかりした。
キスクラに入り、カメラに向かって「ごめんなさい」と頭を下げた。
逆転負けを覚悟したが、2位の鈴木明子に0.05点差で勝利を収めた。

浅田真央は日本人最多となるGP通算10勝目を挙げたが、直後も翌日も「悔しい」を連発した。
同じ失敗を繰り返さないよう、GPファイナル直前まで国内でジャンプの修正に取り組む。

私にはフリーが強い浅田真央というイメージがまだ残っている。
やはり本調子に戻っていない。

浅田真央は昨年、母の容体の急変によりGPファイナルの現地から帰国した。
ソチで4年ぶりのGPファイナル制覇を目指す。

鈴木明子は初めから終わりまで緩急を織り交ぜた、流れるような柔らかな演技が最大の持味である。
他の選手もそうだが、波に乗ると素晴らしい得点を出す。
かなり期待できそうだ。

なお、NHK総合で24日に放送された女子シングルフリーの平均視聴率が20.2%を記録した(ビデオリサーチ調べ。関東地区)。
瞬間最高視聴率は浅田真央の優勝が決まった午後8時34分の26.0%だった。

                      ◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2012年11月25日「浅田真央、天性の清楚さ」はこちら。

⇒2012年11月23日「浅田真央、ソチGPファイナル進出…NHK杯」はこちら。

⇒2012年11月9日「浅田真央は年頃の女性、和田創は還暦の男性」はこちら。

⇒2012年7月4日「キム・ヨナ、ソチ五輪で浅田真央と再び激突!」はこちら。

⇒2012年6月23日「浅田真央と弥勒菩薩、清楚な慈愛…心の平安への祈り」はこちら。

⇒2012年6月17日「浅田真央は佐々木健介に家庭的なぬくもりを求める」はこちら。

⇒2012年6月13日「浅田真央の寝心地を初体験」はこちら。

⇒2012年5月31日「浅田真央、SPもフリーもエキシビションも新プログラム」はこちら。

⇒2012年5月30日「浅田真央、顔も体もふっくら…美しくセクシー」はこちら。

⇒2012年4月5日「溺れる浅田真央は内村航平をもつかむ…立て直しのヒント」はこちら。

⇒2012年4月4日「浅田真央抜き視聴率…フィギュア国別対抗戦放送予定」はこちら。

⇒2012年4月1日「浅田真央、ライバルと戦う前に自分に負ける…世界選手権」はこちら。

⇒2012年3月29日「浅田真央、半伽思惟像のほほえみ…世界フィギュア選手権」はこちら。

⇒2012年3月25日「浅田真央は頂点へ…世界フィギュア選手権2012放送予定」はこちら。

⇒2012年2月12日「浅田真央、ソチオリンピックで金メダルはムリ・・・」はこちら。

⇒2012年1月11日「浅田真央、女王復活のシナリオ…世界フィギュア選手権2012」はこちら。

⇒2011年12月28日「浅田真央、視聴率の化け物…日本唯一のスーパースター」はこちら。

⇒2011年12月26日「浅田真央優勝、天上の母へ金メダルのクリスマスプレゼント」はこちら。

⇒2011年12月25日「浅田真央、全日本選手権感動大賞(女子部門)決定!」はこちら。

⇒2011年12月24日「浅田真央、明るい受け答え…笑顔に隠す深い悲しみ」はこちら。

⇒2011年12月23日「浅田真央の調子…全日本フィギュア選手権5度目の優勝へ」はこちら。

⇒2011年12月15日「浅田真央、全日本選手権2011出場…母・匡子さんへの供養」はこちら。

⇒2011年12月14日「浅田真央、好意に甘えるのもよし…特例で世界選手権代表選出」はこちら。

⇒2011年12月11日「鈴木明子、浅田真央の分まで頑張る…GPファイナル銀メダル」はこちら。

⇒2011年12月10日「浅田真央、母・匡子さんの願い『娘よ、悲しみを乗り越えて…』」はこちら。

⇒2011年12月9日「トゥクタミシェワは3Aを跳び、浅田真央を揺さぶる…GP決戦」はこちら。

⇒2011年12月6日「浅田真央、トリプルアクセル回避…グランプリファイナル2011」はこちら。

⇒2011年12月3日「浅田真央、トゥクタミシェワと激突!…GPファイナル2011」はこちら。

⇒2011年12月2日「佐藤信夫、はれものに触る…浅田真央に遠慮と我慢」はこちら。

⇒2011年12月1日「グランプリファイナル2011…鈴木明子と浅田真央が出場」はこちら。

⇒2011年11月28日「浅田真央、トリプルアクセルは代名詞から疫病神へ・・・」はこちら。

⇒2011年11月26日「浅田真央、見事なダブルアクセル…GPファイナル2011」はこちら。

⇒2011年11月26日「浅田真央、心のなかで『たかちゃん、ごめんね』」はこちら。

⇒2011年11月25日「浅田真央、跳びたいから跳ぶのは幼い…GPシリーズ2011」はこちら。

⇒2011年11月23日「浅田真央、GPファイナル2011進出の条件…ロシア大会」はこちら。

⇒2011年11月20日「浅田真央に負けるわけにいかない小塚崇彦…全日本選手権2011」はこちら。

⇒2011年11月13日「浅田真央、納得の笑顔…ソチ五輪金メダルへ確かな手応え」はこちら。

⇒2011年11月12日「浅田真央、完全復活は間近…GPシリーズ2011NHK杯復調」はこちら。

⇒2011年11月2日「浅田真央をあたたかく見守ろう…心強い小塚崇彦の存在」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ