コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

滑川市天望町

戒名の位…父は居士、母は大姉にする

きのうのブログ、「父は認知症入所棟へ…特養老人ホーム都筑の里」に続いて・・・。

⇒2013年9月18日「父は認知症入所棟へ…特養老人ホーム都筑の里」はこちら。

私は、浄土真宗の寺と葬儀場を兼ねた建物の地下1階につくられたロッカー式納骨堂の墓を持っています。
通常の墓と同様、家族が代々、遺骨を納められます。
ロッカー式と記しましたが、正確には佛壇形式の家族墓所です。
上部は仏壇になり、下部は骨壺が6つ入ります。
この寺は、後継者が絶えても「無縁墓」として合葬しない方針を打ち出しています。

私は、バブル崩壊後しばらくして前妻が亡くなったときに買い求めました。
おそらく3百万円は支払いました。
こうしたことに疎く、しかも切羽詰まっていましたので、言われるままに契約を交わしました。
東京の一等地、なかなか見事なつくりとはいえ、値段が高すぎます。
いまなら百万円もしないでしょう。

先週、父が亡くなり、戒名をつけることになりました。
この戒名は宗派によりいくらか異なりますが、「位」が設けられています。
「浄土真宗」には位が2つしかありません。
先に亡くなった母が「大姉」でした。
そこで、釣り合いが取れるよう、父は「居士」にしました。
ちなみに、亡くなった前妻(先妻)も「大姉」でした。
戒名についても、先方に勧められるままに位を決めました。
私が両親の葬儀を経験する前に、前妻は3人の子どもを残して先立ちましたので、何も考える余裕がありませんでした。
相場は年々下がっているようですが、読経料込みでお布施は結構な金額になります。

さて、寺が戒名をつけるに当たり、「人となりを一言でいえば…」と尋ねてきました。
ところが、私は情けないことに簡潔な言葉で括れず、返事に詰まってしまいました。
このとき、父はわりとつかみどころがないと思いました。

だれから聞かされたかは忘れましたが、父は戦時中に軍隊で「堅パン」と呼ばれていました。
「尊敬半分、揶揄半分」というより、からかいの比重が大きいのかもしれません。
「憲作」という名前の「憲」が父の生き方を決めたようです。
「堅パン」は、融通がまったく利かないということでしょう。
実際、父は曲がったこと、間違ったことが大嫌いでした。
嘘偽りのない人生を歩みました。

また、父は淡々としていました。
自分の気持ちや感情を表にほとんど出しませんでした。

父はとても子煩悩でもありました。
母もそうでした。

父も母も兄弟が多く、長男と長女として大切にされたせいか、エリート意識を持っていました。
母もいくらかそうでした。
両親は「(お)にいさん」「(お)ねえさん」と周りから呼ばれていましたので…。
昔は長男と長女を立てるのが当たり前だったのかもしれません。
以上。
父の人となりの説明になったかどうか・・・。

両親は、私が横浜・港北ニュータウンに呼び寄せるまで、富山県滑川市常光寺天望町で暮らしました。
かつての実家に住む妹にこの話をしたとき、「一言でいえば、おだやかだった」と返され、意外でした。
男の私と女の妹では、父の印象がだいぶ違うのです。

私は直江津小学校時代まで、ときどき父から注意を受けました。
父がほんとうに厳しく叱ったのは一回です。
まさに激昂でした。
私が、隣(裏)の家の2階に引っ越してきて間もない小さな子を連れ出し、帰りが真っ暗になったときでした。
二人は気が合い、私は自分の一番好きな直江津から郷津にかけての砂浜をずっと歩き、戻るのが遅くなったのです。
(母は何かにつけ、買い物や掃除などの家事を命じました。)

しかし、父はそのほかは好きにさせてくれました。
母も同じでした。
子育ては、基本のしつけを押さえつつ、放任状態でした。
うるさいことはまったく口にしませんでした。
私が根っからの自由人なのも、これと無関係でないでしょう。

妹が迷うことなく口にした「おだやか」という表現はそれなりに的を射ている気がしてきました・・・。

⇒2013年9月16日「父の訃報にほっとする・・・大往生」はこちら。

⇒2013年9月17日「火葬炉の父の名前『憲作』に気づく」はこちら。

⇒2013年9月18日「父は認知症入所棟へ…特養老人ホーム都筑の里」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

富山・滑川・魚津は記録的大雪…冬将軍猛威

新潟県、富山県、石川県、福井県の北陸地方が記録的な大雪に見舞われている。
実は、昨冬もかなり積もった。
今冬はそれを大きく上回る。
「雪国」とされる新潟県でさえ、私が直江津小学校時代の約半世紀前のような豪雪は珍しくなっていた。
最近では、津南町で4メートルを超える最深積雪を記録した「平成18年豪雪」。

妹夫婦が富山県滑川市天望町の両親のかつての実家に暮らしている。
隣が魚津市、さらに隣が黒部市。
その黒部市で住宅が積雪の重みに押し潰された。
古い木造家屋はとても危険な状態である。
が、休日はともかく平日に“ドカ雪”に襲われると、雪かきが追いつかない。
実家は築20年を超えている。
妹とうまく連絡が取れない。
義弟は富山市で営業活動を行っており、参っているのでないか。
NHK総合テレビなどで再三、雪に埋もれた市内の光景が映し出された。

北陸地方で交通網がもっとも深刻な影響を受けたのは福井県。
北陸自動車道や国道8号はクルマが走行不能になり、千台以上が立ち往生した。
福井県は陸上自衛隊に災害派遣を要請した。
ほぼ解消した模様・・・。

                       ◇

私は「昭和38年1月豪雪」を経験している。
「三八豪雪」「サンパチ豪雪」と呼ばれる。
階段の踊り場から出入りした。
2階の窓を玄関にする感じ…。
クリスマスから正月にかけ、小学5年生の私は連日、両親の雪かきを手伝った。
重労働で、体が熱くなる。
雪は案外、重い。

当時、降り注ぎ降り積もる雪で天も地も真っ白だった。
見るだけなら美しい雪も、そこで生活する人にはときに過酷である。

◆書き加え1(2月1日)

猛威を振るった寒波「冬将軍」はきょう弱まり、後ずさりした。
予想天気図のあちこちに見られた雪のマークが減った。
徐々に暖かくなっていくようだ。

北陸地方は大雪のピークが過ぎ、天候が回復する。
何よりだ。

                      ◇◆◇

富山県と魚津高校などに関するブログは以下のとおり。

⇒2010年11月24日「富山名物蒲鉾(かまぼこ)に舌鼓…魚津・河内屋」はこちら。

⇒2010年11月17日「富山ブラック2年連続日本一…東京ラーメンショー」はこちら。

⇒2010年11月5日「富山ブラック麺家いろは…東京ラーメンショー」はこちら。

⇒2010年6月7日「富山ダイチのスケート親父…田中実会長」はこちら。

⇒2010年5月18日「魚津の蜃気楼に壮大なロマンを感じる」はこちら。

⇒2010年4月29日「特急はくたか、強風で全面運休」はこちら。

⇒2010年4月15日「ダイチ・田畑真紀、メダルへの道のり」はこちら。

⇒2010年3月22日「魚津高校出身講師のセミナー」はこちら。

⇒2010年3月9日「五輪銀メダルのダイチは富山中小企業」はこちら。

⇒2010年2月11日「寝台特急北陸と北陸銀行セミナー」はこちら。

⇒2009年12月21日「寝台特急北陸、急行能登が消える」はこちら。

⇒2009年12月20日「巨大カボチャ風呂に入る…富山・入善」はこちら。

⇒2009年11月10日「地方紙危機、北日本新聞が夕刊廃止へ」はこちら。

⇒2008年2月19日「古里への屈折した思い」はこちら。

⇒2007年5月9日「月収1位、富山は富の山だった!」はこちら。

⇒2007年4月24日「親不孝、富山の実家に寄りつかず」はこちら。

                      ◇◆◇

生まれ故郷・直江津に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年5月1日「鱈めしと磯の漁火は名作駅弁…直江津」はこちら。

⇒2010年4月30日「直江津マイミクとセピオーラで歓談」はこちら。

⇒2010年4月29日「特急はくたか、強風で全面運休」はこちら。

⇒2010年3月20日「校歌を歌ってみなさい…就活・面接」はこちら。

⇒2010年3月17日「卒業式シーズン…大人への通過儀礼」はこちら。

⇒2010年3月13日「駅弁甲子園ハイマート鱈めし(再録)」はこちら。

⇒2010年3月11日「心にぽっかり穴…直江津小学校卒業式」はこちら。

⇒2010年3月10日「直江津ホテルハイマートに宿泊予約」はこちら。

⇒2009年9月21日「漁師まかない飯…直江津漁港」はこちら。

⇒2009年8月30日「関川と荒川…直江津を流れる川」はこちら。

⇒2009年8月29日「筑紫もち、信玄餅、出陣餅、三つ巴」はこちら。

⇒2009年8月16日「直江津祗園祭、花火大会、舟形屋台」はこちら。

⇒2009年8月15日「絶品駅弁! 直江津ハイマート鱈めし」はこちら。

⇒2009年8月8日「夏の風物詩・花火大会ランキング」はこちら。

⇒2009年8月4日「上杉謙信・出陣餅と武田信玄・信玄餅」はこちら。

⇒2009年7月24日「感激! 生まれ故郷・直江津から…」はこちら。

⇒2009年7月22日「46年前の皆既日食」はこちら。

⇒2009年4月5日「意外、人口最多は新潟県」はこちら。

⇒2009年4月4日「桜の名所、高田城址と高遠城址」はこちら。

⇒2008年2月26日「上越・高田の観桜会…日本三大夜桜」はこちら。

⇒2008年2月17日「故郷・直江津にマイミク」はこちら。

⇒2007年4月25日「生まれ故郷・直江津へ自分探しの旅」はこちら。

⇒2007年3月11日「NHK・桜井洋子さんの活躍が励み」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

暗闇に茫然と立ち尽くす私

20080402-01先のブログの続き。
前回の北経研のセミナーでは、前日に妹と富山市で夕食をともにした。
妹夫婦は、両親が滑川市天望町に建てたかつての実家に住んでいる。
父は職業人生で大きな屈辱と挫折を味わったが、母とともにその後の度重なる苦難を乗り越えて、ついに理想の住まいを手に入れた。
決して贅沢でないが、生きる希望と執念が塗り込められた、とてもいい家だった(私は住んでいない)。
全体の造りと間取り、建物の内部と隅々に注意が行き届いていた。
私が東京から戻り、一緒に暮らす日を夢見ているのでないかと思ったことがある。
後年、私はいま暮らす横浜・港北ニュータウンの団地に一戸買い増し、両親を呼び寄せられた。

…話が横道に逸れてしまった。
セミナー当日に生まれ故郷の新潟県直江津市(現上越市)で途中下車した。
私が直江津小学校卒業まで暮らした真行寺幼稚園の前、直江津警察署の裏、呉羽紡績(現東洋紡績)の支所(住宅兼用)に足を運んだ。
しかし、生家はすでに取り壊されていた。
暗闇に茫然と立ち尽くす私。
更地になり、それほど時間が経っているように思えなかっただけに無念。
もう少し早く来られれば…。

木造住宅の寿命は30年。
まして、昔の粗末な造り。
暮らしていた当時も決して新しい建物でなかった。
私が長野県伊那市へ引っ越してから45年近くの歳月が流れていたから当然か。

私はそのまま直江津駅前のホテルセンチュリーイカヤに宿泊した。
翌日、同ホテルで直江津在住のマイミク・池田秀敏氏と歓談した後、帰路に…。
今回も直江津で途中下車して翌日、小学校の同級生、野口製畳店を訪ねたいと思っている。

私は中学、とくに高校を転々とした。
中学3年、東洋紡績による呉羽紡績の吸収合併を境に父が職業人生を転落し、家庭崩壊に直面していた。
大学は中退した。
上京後は食べていくのに精一杯で、まったくと言っていいほど授業に出席していない。ずっと働いていた。
中学・高校・大学は生涯の友人に恵まれやすい。
しかし、私はこの時期がほとんど空白のため、一度も同窓会に参加したことがない。

楽しい思い出に彩られた直江津小学校の同窓会はどうしても出席したかった。
だが、年ばかり取ってしまった。
皆は元気だろうか。
せっかくなので、街もぶらっとしてみたい。
記憶が消えかけているのだ。
それは自分を失うこと。

ところで、直江津小学校でも、私は卒業式の前日に引っ越したのだった。
卒業写真は空中に小さなマルで収まっている。
片隅…。
そのせいであるまいが、私はいまだに確たる居場所を得ていない。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ