コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

濱田美栄同門

濱田美栄コーチ、同門対決の心労とプライド

有力選手がひしめく関大IA濱田チーム
一人勝ちゆえの贅沢な悩み
宮原知子への早めの後継指名がベストか

勝敗を競うスポーツでは「ライバル関係」が注目されます。
両者の力が拮抗するほど、どちらが勝つかに関心が集まります。
代表的なところでは、浅田真央と韓国の金妍児(キム・ヨナ)です。
マスコミでもしばしば取り上げられますので、おのずと当人も意識せざるをえません。
これはトップクラスのアスリートの「宿命」ともいえます。

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」。
日本女子エースとして長らく君臨する宮原知子を紀平梨花が抑え、ファンを驚かせました。
しかも、この二人は濱田美栄コーチに師事する同門の先輩と後輩という間柄です。

濱田美栄コーチは紀平梨花のポテンシャルの大きさを分かっていました。
しかし、シニアデビューでいきなり宮原知子を上回ることは想定していなかったでしょう。
「同じ大会に二人を出すのは難しかった」と語ったようです・・・。

⇒2018年11月13日「濱田美栄コーチは胸中複雑、紀平梨花が宮原知子に勝利」はこちら。

濱田美栄コーチは二人の関係をより発展的なものにしようと腐心しています。
競争相手をエネミー(敵)でなく、よきライバルであると考えられるように導いています。
互いにリスペクトし、力や強みを認め、それを糧にして成長することの重要性を訴えています。

どちらもグランプリ(GP)ファイナルに出場しますので、濱田美栄コーチは神経を使います。
私は本領を発揮すれば紀平梨花は頂点に立てると思っていますが、紀平梨花やアリーナ・ザギトワの出来により宮原知子が頂点に立つこともありうると考えています。
試合の展開次第では二人の対決、真っ向勝負の構図になります。
濱田美栄コーチの予想もおおよそ変わらないでしょう。

が、もっと悩ましいのは宮原知子が4年連続で優勝を飾っている「全日本選手権」のはずです。
これはほんとうに困ります。
宮原知子は浅田真央もなしえなかった5連覇がかかっています。
その夢を打ち砕くとしたら同門の紀平梨花を置いてほかにいません。

選手同士の緊張、そしてコーチの緊張もMAXに達します。
私は二人が濱田チームの好敵手として2022年北京五輪まで日本女子を引っ張っていくのが理想と考えますが、3人それぞれの接し方がきわめて微妙です。
ある意味で贅沢な悩みですが、濱田美栄コーチの心労は計り知れません。
同時に、選手育成を使命とする指導者のプライド(誇り)でもあります。

私自身は濱田美栄コーチが早めに宮原知子を「後継者」に指名するのが丸く収まると考えます。
立派な指導者になりうる数少ない「人財」であり、多くの選手を輩出できるでしょう。
私は日本のフィギュアスケート界の将来にわたる発展のためにも宮原知子にその道を歩んでほしい。
これ以上の適任者はだれも思い浮かべられません。

宮原知子は両親が医師ということもあり、将来の夢が「ドクター」になることという記事をウェブで見たことがあります。
米国で幼少期を過ごしており、TOEICの点数が高くてインタビューでも通訳を必要としません。
おそらく何事においても努力家ですから、練習を優先しながらも勉強を怠らないはずです。
表情やコメントからしても「才女」と分かります。
たやすくありませんが、スポーツ系のドクターの資格を持つコーチが生まれれば画期的といえます。
(そのくらいでないとオリンピックで頂点に立つアスリートを育てられない時代が訪れるかもしれません。)



ところで、フィギュアスケート選手の所属先としてしばしば見かけるのが、「関大KFSC」です。
ウェブで触れた記事によれば、2016年4月にNPO法人として誕生しました。
トリノ五輪で荒川静香が金メダルに輝いた2006年の7月、高槻市に総工費約8億円の「関西大学たかつきアイスアリーナ(関大IA)」が完成しました。
(京都でなく大阪なのですね。)
当時は関西でリンクの閉鎖が相次ぎ、多くのスケーターがここに集まるようになりました。

他のスケートクラブと違ってISU(国際スケート連盟)の試合に出るための組織であり、選手とコーチとの契約は個々で行われます。
※ISU(国際スケート連盟)でなく、JSF(日本スケート連盟)かもしれません。
現在の会員数は20名強であり、トップアスリートを目指しています。

新星・紀平梨花、女王・宮原知子、4年振り現役復帰の高橋大輔ら、錚々たる顔ぶれが関大IAを練習拠点として切磋琢磨しています。
しかし、選手が師事するコーチは同じとは限りません。

関大IAにおける指導体制は大きく3つに分かれます。
「織田チーム」は織田信成の母でもある織田憲子コーチが中心です。
「本田(長光)チーム」は本田武史と長光歌子両コーチが中心です。
「濱田チーム」は濱田美栄コーチが中心です。
そして、各チームは4人のインストラクター、トレーニングコーチ、バレエ・ダンスコーチなどで構成されます。
定員はそれぞれ35人であり、約百人が練習を積んでいます。
最年少は5歳、最年長は高橋大輔の32歳です。

したがって、関大IAでは他チームの所属選手からも刺激を得られます。
宮原知子は曲かけ練習で瞬間に世界をつくってしまう高橋大輔の表現力に感嘆しています。
ここは必然的に選手が集い、育つ好循環が生まれます。

この3チームのなかで濱田美栄コーチのもとに有力選手がひしめき、濱田組の一人勝ちとされています。
宮原知子 20歳
白岩優奈 16歳
紀平梨花 16歳
本田望結 14歳
本田紗来 11歳
17歳の本田真凜は今春、濱田美栄コーチのもとを離れ、ラファエル・アルトゥニアンコーチのもとへ移りました。
詳しい事情は分かりかねますが、ほぼ同世代の有力選手との関係も気になったのかもしれませんね。

クラウドファンディングで競技と練習を続けるための資金調達を行った白岩優奈が伸びると、濱田組はさらに活況を呈します。

コーチの指導だけでも、選手の努力だけでもトップクラスの選手は生まれないはずであり、資質が欠かせません。
そうなら、コーチとして成功を収めるには選手との出会いも大切になります。
いくらか運にも左右されるのでしょうか。

(2018年11月29日執筆)

category:宮原知子ブログはこちら。

◆書き加え(12月12日)

GPファイナルの結果はご承知のとおりです。
紀平梨花が天分を開花させて平昌五輪金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワを寄せつけず、世界の頂点に立っています。
スターダムに駆け上っています。

私は濱田美栄コーチのリンクサイドやキス・アンド・クライでの様子を注視していました。
すでに心の準備ができていて、二人への接し方・処し方をつかんでいると感じました。
頭がいいし腹も括っているからでしょう。
このコーチはマネジメントができるのかな・・・。

⇒2018年11月13日「濱田美栄コーチは胸中複雑、紀平梨花が宮原知子に勝利」はこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年12月13日「宮原知子、全日本選手権4連覇は勝ちすぎ」はこちら。

⇒2018年12月12日「宮原知子から努力を取ったら何も残らない」はこちら。

⇒2018年12月3日「フィギュアGPファイナル2018優勝予想・順位予想」はこちら。

⇒2018年11月11日「宮原知子、濱田美栄コーチ同門の紀平梨花にライバル心」はこちら。

⇒2018年11月10日「宮原知子、芝居がかった表情と表現力は唯一無二」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

白岩優奈、競技生活の活動費が不足(資金調達完了)

クラウドファンディングで資金調達
白岩優奈、北京五輪で感動を!

フィギュアスケート女子シングルの白岩優奈。
私はウェブで彼女が「ACT NOW」というクラウドファンディングで活動費の不足分、4百万円を募集していることを知りました。
以前、フィギュアスケーターが競技生活を続けるには年間1千万円前後が必要という記事を目にした記憶があります。
スポンサー契約を結べるとか、広告収入を得られる選手はほんの一握りのようで、大半の選手が活動費の手当てに苦しんでいます。

白岩優奈は昨シーズンにシニアデビューし、日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手に選ばれています。
そして今シーズンはフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第3戦「フィンランド大会」で4位になりました。
ショートプログラム(SP)2位で迎えたフリースケーティング(FS)では表彰台がちらついたのか、それとも緊張と重圧からか、ミスが出ました。

GPシリーズで活躍できる選手でもサポートがないのです。
彼女は、年間の活動費を 610万円と計算しました。
内訳は振付代・衣装代 100万円、氷上・表現レッスン代 150万円、フィジカル・メンタルトレーニング60万円、海外強化合宿 150万円、国内外試合経費 150万円です。

白岩優奈は「北京オリンピックで4回転ジャンプと表現力で感動を届けたい」と夢をつづりました。
「個人では資金調達に限界があり、フィギュアスケートを思うように続けられない」と窮状を訴え、応援を求めています。

ファンからは驚きとともに支援金の申し出が殺到しており、すぐに百万円を突破しました。
期限は1月15日までとなっています。
支援者には金額に応じてサイン入りポストカードやタオルなどのお礼を提供するそうです。

白岩優奈は宮原知子や紀平梨花と同門であり、濱田美栄コーチの指導を仰いでいます。
濱田組は有望な選手が多いのですね。

◆書き加え(11月16日)

驚きました。
クラウドファンディングが開始初日で早くも目標の4百万円に到達しました。
ファンはあたたかい。

白岩優奈はケガで欠場した樋口新葉の代わりにGPシリーズ第5戦「ロシア杯」に出場します。
公式練習に臨み、入念に氷の状態を確認しました。
大勢が応援してくれたわけですから、本人とすればいい演技を見せたいところですね。
(今大会は急きょ出場ですので、コンディションづくりが難しいかな。)

◆書き加え(11月17日)

私はあす日曜日から出張になり、その前に片づけなければならないデスクワークに追われています。
午前3時を回ったところで、ウェブに白岩優奈のショートプログラム(SP)の得点が表示されました。
映像を見ていませんが、日本勢で最高の 60.35点で5位でした。
まあまあ頑張ったといえるでしょう。

直前に滑った(不確か)ロシアのアリーナ・ザギトワが80点台を記録しています。

◆書き加え(11月17日)

白岩優奈は冒頭の3回転ルッツ−3回転トウループのコンビネーションでどちらも回転不足を取られました。
続くダブルアクセル(2回転半)、最後の3回転ループは決めましたが、GOE(出来栄え点)を引き出せませんでした。

やはり直前の滑走がアリーナ・ザギトワであり、完璧な演技への歓声や興奮がリンクに残っていて、平静な精神状態を保つのに必死だったそうです。
観客席がざわついていると演技に集中しにくく、気の毒でした。

◆書き加え(11月18日)

クラウドファンディングはすでに1千万円を突破しているそうです。
勇気づけられますが、プレッシャーにもなるでしょう。
急な代役は心身の準備が難しい。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

濱田美栄コーチは胸中複雑、紀平梨花が宮原知子に勝利

濱田美栄コーチの気遣い
宮原知子、紀平梨花と祝勝会と慰労会

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
フリースケーティング(FS)はショートプログラム(SP)5位の紀平梨花が先に滑り、とんでもない高得点を叩き出しました。
本人が喜んだのは当然として濱田美栄コーチも感無量の様子でした。

その同門、SP2位の宮原知子が後から滑り、パーフェクトな演技を見せました。
完成度の高さはさすがです。
実際には回転不足などを取られたのですが、滑り終わった瞬間に優勝争いは二人に絞られたとだれもが思う会心の出来でした。

「どちらが勝ったのか」という微妙な空気が会場に漂いました。

濱田美栄コーチは宮原知子とキス・アンド・クライで得点を確かめ、何とも複雑な表情を浮かべました。
結果を予想できたはずですが、にもかかわらず心の準備が間に合いませんでした。
(私はどちらも応援していましたが、素人なりに紀平梨花に及ばないと感じていました。)
リアクションを取れず、宮原知子にかける適切な言葉を見つけられませんでした。
本人としては精一杯の演技でしたから余計に困ります。
濱田美栄コーチの胸中は複雑だったと推察します。

私は平昌五輪での同門対決、ロシアのアリーナ・ザギトワとエフゲニア・メドベージェワのエテリ・トゥトベリーゼコーチの表情を思い出しました。
こういうときは対応や対処がきわめて難しい。



濱田美栄コーチの人間性とたゆまぬ努力を重んじた指導が宮原知子を育てました。
必死についていった宮原知子も立派でした(「練習の虫」とされています)。
が、開花した宮原知子が濱田美栄コーチの名声を高めた側面もあります。
二人は人生観や価値観が共通していて、相性もいいのでしょう。

そして、日本女子エースとなった宮原知子が同門の選手の最高の手本となり目標となりました。
濱田美栄コーチは指導を通じ、宮原知子は競技人生のありようや普段の練習への取り組み姿勢を通じ、若い選手を率いてきました。
濱田組はうまく回っていきます。
しかし、後輩が「同一大会」で先輩に勝ってしまうと厄介です。
NHK杯のFSの技術点で、紀平梨花は宮原知子に15点以上の大差をつけました。

私は宮原知子と紀平梨花を違う大会に割り振ることができなかったのかと思いました。
(ちなみに、どのように出場選手が決まるかを理解していません。)
きっとやむをえなかったのでしょう。
勝者と敗者しかいない競技の世界とはいえ、宮原知子には気の毒でした。
厳しい自己管理(節制)と鍛錬により階段を一つずつ上ってきた濱田組の看板選手ですから・・・。

濱田美栄コーチによれば、紀平梨花は調子の波がかなり大きいそうです。
(トリプルアクセルに挑むことと無関係でないはずです。)
が、好調ならば高得点を出せると考えていました。
したがって、こういう事態はいつしか起こります。
それでも、長らく不安定だった紀平梨花がシニアデビューの実質初戦でいきなりびしっと決めることは想定外だったのではないでしょうか。
「早すぎる」というつぶやきが聞こえてきます・・・。

濱田美栄コーチはFS(試合)の終了後にお祝いとねぎらいを兼ねた食事会を設けました。
その席で何と語ったのか知る由もありませんが、どちらかというと宮原知子への気遣いからでしょうか。
宮原知子は「おめでとう」と紀平梨花を祝福しました。
よかった、よかった・・・。

二人は記者の質問に対し、互いに刺激を受けていると語っています。
宮原知子は「悔しい気持ちはあるけれど、また一緒に頑張りたい」と誓いました。
また、濱田美栄コーチは日頃からライバルを敬い、ライバルに学ぶことの大切さを説いているようです。

宮原知子と紀平梨花の競り合い、切磋琢磨が日本女子全体のレベルアップにつながってほしい。
(猛烈な負けず嫌いの宮原知子はこの敗北を踏まえて立て直してくるでしょう。)



私はすべての日本選手を応援していますが、女子シングルは宮原知子と紀平梨花の「二強の時代」がやってくると感じました。
それも後輩の紀平梨花が上に立ちます(幾度か述べていますが、女性としての成長期を乗り越えられるという前提です)。

同じコーチが1位と2位の選手を預かるのは至難です。
とりわけ女性のコーチ、女性の選手は・・・。
例えば、全日本選手権では両者が激突します。
そうした状態が続くことを、私はイメージできません。

濱田美栄コーチは頭のいい方ですから二人をさらなる高みへ導きながら、チームをうまくまとめあげていくのかもしれません。
自らの度量や力量も試されることになります。

でも、やはり厄介です。
宮原知子が勝てなくなってから(第一人者でなくなってから)紀平梨花が勝てるようになる(第一人者になる)のが理想的でした。
そうなら、宮原知子は姉さん格のまとめ役として濱田組で存在意義を発揮できました。
私まで頭がずきずき痛み出しました。
困った・・・。

category:紀平梨花ブログはこちら。

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月12日「紀平梨花はエキシビションで女王のオーラ」はこちら。

⇒2018年11月9日「16歳紀平梨花はNHK杯で16歳浅田真央に並ぶ」はこちら。

⇒2018年11月7日「紀平梨花、GPシリーズNHK杯で高得点へ」はこちら。

⇒2017年12月21日「紀平梨花、全日本で勝っちゃっていいんですか」はこちら。

⇒2017年12月9日「紀平梨花は3回転半でロシア勢を吹き飛ばす」はこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月11日「宮原知子、濱田美栄コーチ同門の紀平梨花にライバル心」はこちら。

⇒2018年11月10日「宮原知子、芝居がかった表情と表現力は唯一無二」はこちら。

⇒2018年10月23日「宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒」はこちら。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

宮原知子、濱田美栄コーチ同門の紀平梨花にライバル心

後輩・紀平梨花に敗れて闘志!
ジャンプ構成の基礎点を引き上げるか

フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦「NHK杯」女子シングル。
先ほどフリースケーティング(FS)が終わりました。
最終滑走、ショートプログラム(SP)2位の宮原知子はSP1位のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワを何とか上回りました。
FSでは143.39点、合計では219.47点でした。

しかし、それをさらに上回ったのがSP5位の紀平梨花でした。
FSでトリプルアクセル(3回転半)を2本決め、 220点超えの高得点を叩き出しました。
紀平梨花は濱田美栄コーチの指導を受ける同門の後輩です。
男女を通じて日本勢で初となるGPシリーズ初出場初優勝を飾りました。

宮原知子は豊かな表現力と安定したジャンプを見せました。
ほぼ完璧な演技でした。
スタンディングオベーションが沸き起こり、満面の笑みを浮かべました。

私もエースにふさわしい出来だと思いました。
体は小さいのですが四肢を限界まで使っており、滑りがダイナミックになり、しかもドラマチックになりました。
切れと伸びのあるステップも素晴らしい。
非の打ちどころがないでしょう。
会場を自分の色に染め、観客を惹き込む術を備えています。
(この選手はどのような曲を用いても演技に繊細で優雅な「和」のテイストが漂います。)

宮原知子は回転不足を防ぐため、ジャンプの改良に取り組んできました。
GPシリーズ第1戦「スケートアメリカ」でも前日のSPでも回転不足を取られませんでした。
ところが、FSでは2つの回転不足、2度のルッツで不明瞭な踏み切りと判定されました。
本人はかなりの緊張を感じていて、硬さが出てしまったと語っています。
それでもGOE(出来栄え点)や演技構成点の高さで2位に入りました。

紀平梨花には普段の練習から刺激を受け、ライバル心を持ちつづけています。
濱田美栄コーチからはそれぞれの選手のよさを盗み、足りないところを補うように言われています。
「悔しい気持ちがあるけれど、もっと頑張らないといけない」と闘志を燃やしました。

昨シーズンは故障の影響で補欠からの繰り上げだったGPファイナルへ4年連続出場を決めました。
それまでにNHK杯の課題を修正したいと語りました。



紀平梨花がSPでトリプルアクセルを決めていると得点差はさらに開きます。
これは、GOE(出来栄え点)で埋めるのが大変です。
(紀平梨花は演技構成点も伸ばしてきそうです。)
宮原知子はジャンプ(構成)の基礎点を高めないと上回れないと考えているのかもしれません。

昨シーズンの全日程が終わった4月に医師から完治の知らせを受け、心おきなくトレーニングを積めるようになりました。
ジャンプの回転不足の克服などを目的に、メニューも変えています。
10圓良蕾戮鬚け、スクワットも行っているようです。
ジャンプの難度を引き上げるステップなのでしょうか。
トリプルアクセルや高難度のコンビネーションジャンプを組み込めると得点が大きく伸びます。
今シーズンは間に合わなくても来シーズンは巻き返してくると思います。

category:宮原知子ブログはこちら。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2018年11月10日「宮原知子、芝居がかった表情と表現力は唯一無二」はこちら。

⇒2018年10月23日「宮原知子は横綱相撲、スケートアメリカで坂本花織を圧倒」はこちら。

⇒2018年3月23日「宮原知子は「美しい十代」を総括する滑りを!」はこちら。

⇒2018年3月20日「宮原知子、世界選手権3枠確保はエースの責任」はこちら。

⇒2018年2月11日「宮原知子、平昌五輪銅メダル獲得の必要条件」はこちら。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ