2017年、66歳以降はシニア起業家として挑戦中
ロボットビジネスなど先端百社設立へ

株式会社和田創研代表/日本ロボコム株式会社代表
「ロボットビジネス勉強会」主宰
和田 創(わだ・そう)

職業人生では一貫して「興味と困難」をテーマに面白そうだけれども自分にできそうもない仕事を選び、「七転八倒」「人生谷あり底あり」を味わってきた。
うまくいく仕事は退屈なので好きになれない。
その結果、プランナーとしてほぼ全ジャンルの企画立案業務に携わり、コンサルタントとしてほぼ全業種の教育指導業務に携わる。

2017年に職業人生のラストステージと定めた「66歳〜77歳」に差しかかり、典型的な文系・ローテク・アナログ人間の自分がもっとも不得手・不可能と考えるロボットなど先端ビジネスに挑む。
同年に主宰者として「ロボットビジネス勉強会」を発足させ、クライアントを含む会員とともに10年程で百社の設立を目指す。
この内、自らは11社の設立に踏み切り、キャリアの総決算にしたいと願っている。
まず2017年中に「日本ロボコム株式会社」など新会社4社を立ち上げる予定。

既存商品や既存事業が急速にロボット化するのは確実な情勢であり、このままでは理系しか活躍できない産業界や経済界になると危惧している。
家系のアルツハイマーの恐怖と闘うシニアが起業家として文系の意地と底力を見せる。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!