コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

町田樹ブログ

羽生結弦の強運と精神力…世界フィギュア金メダル

ご無沙汰しています。
実質、ソチオリンピック以来の更新です。

私は今年に入り、2冊の営業本を刊行しました(もう1冊は仕上げ段階の最後の最後でストップ)。
そこに景気回復の追い風も重なり、仕事を回しきれなくなりました。
このところは年度末と年度初めに納品の営業戦略や営業ツールの作成などに追われています。

そんな私ですが、「世界フィギュア選手権2014」は見ました。
“ながら視聴”、おもに日本の主力選手の演技です。

男子シングルは、羽生結弦が金メダル、町田樹が銀メダルに輝きました。
3連覇中のカナダのパトリック・チャンが不参加だったとはいえ、表彰台に2人がのぼったのは見事でした。
文字どおり僅差でしたので、個人的には町田樹に金メダルを獲らせてあげたかった・・・。

オリンピックや世界フィギュアに出場する選手は全員、猛烈な努力家という前提で述べます。

羽生結弦は類まれな才能に加え、強運も持っていると感じました。
そうでなければ、とくにオリンピックでは勝てません。
今シーズンは彼の競技人生で最初のピークとぴったり重なりました。
グランプリファイナル(GPファイナル)、オリンピック、世界フィギュアと、世界大会3戦全勝です。

羽生結弦はソチで金メダルを獲得して以降、取材や催しなどが続き、練習の時間を取るのも大変だったはずです。
ざわついた雰囲気のなかで何とかコンディションを整えました。
虚脱感と重い疲労で、おそらく世界フィギュアは欠場したかったでしょう。
この選手は顔に似合わず(?)、精神力が強靭です。

羽生結弦は、ショートプログラム(SP)でミスを犯しました。
その出遅れを、ソチで散々だったフリースケーティング(FS)で巻き返し、大逆転につなげました。

インタビューで「意地」という言葉を使っていたのが印象的でした。
不甲斐ない自分への意地、そしてオリンピックチャンピオンとしての意地でしょうか。
が、完璧の演技というわけにいきませんでした。

羽生結弦にとり、嵐のような一年が終わりました。
しばらく心身を休めてほしい・・・。

遅咲きの町田樹は、いずれも初出場のオリンピックと世界フィギュアで立派な成績を残しました。
大きな自信になったでしょう。
今シーズン限りでの現役引退を考えていたはずですが、いまはそんな気持ちはさらさらありません。
私は成長の余地をかなり残していると考えます。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

高橋大輔、ありがとう…最後の五輪は笑顔

ソチオリンピック、フィギュアスケート個人戦の男子シングルフリースケーティング(FS)が行われた。

金メダル争いは、羽生結弦とカナダのパトリック・チャンの二強に絞られた。
その分、銅メダル争いが熾烈になった。

町田樹は第3グループの最後に滑った(18番滑走)。
地元ロシアの応援も得られる「火の鳥」。
最初の4回転トゥループでいきなり転倒した。
足が震え、踏ん張りが利かないのか。
やがて落ち着きを取り戻し、ジャンプが決まった。
169.94点(技術点 88.22点、演技構成点 82.72点、減点1点)。
合計253.42点。

町田樹は、硬すぎた最初が惜しい。
練習での高難度ジャンプの好調を本番で出せなかった。
大舞台でも自分の力を信じるということは決してたやすくない。

演技後に暫定1位に立てず、メダルを逃したことを悟ったかのような落胆した表情を見せた。
結局、5位入賞。
初の五輪出場でよく頑張った。
世界フィギュア後にこれからの競技人生をじっくりと考えてほしい。

高橋大輔は第4グループの2番目に滑った(20番滑走)。
「ビートルズ・メドレー」。
やはり高難度ジャンプを決められなかった。
164.27点(技術点 73.27点、演技構成点 91.00点)。
合計250.67点。

高橋大輔は昨年のけがの影響で、追い込んだ練習を積めなかった。
万全の調子でないとの自覚を踏まえ、慎重かつ丁寧に滑った。
いつもの表現の冴えが感じられなかった。
本来の力からすれば、出来はとうてい満足できない。
しかし、演技後にファンに感謝の笑みを浮かべ、熱烈な声援に応えた。

私は、一度も4回転ジャンプを決められないと表彰台に立てないと考えていた。
高橋大輔は、練習でも精度が悪かった。

私は、高橋大輔と浅田真央のおかげでフィギュアスケートが一層好きになった。
すべての日本選手を応援しているが、二人は別格である。
6位入賞という結果は悔しいが、最後の五輪での勇姿をまぶたに焼きつけた。
よく頑張った。
高橋大輔に心からありがとう、お疲れさまと礼を述べたい。

おっと、高橋大輔にも世界フィギュアが残されている。

◆書き加え1(2月15日)

町田樹は、「後悔はない。最後まで力強く戦い抜くことができた」と振り返った。
本人は、4回転ジャンプに絶対の自信を持って臨んだ。
しかし、実際には転倒した。
皆がそうであるように、ひどく緊張していたのだろう。

◆書き加え2(2月15日)

高橋大輔は、「これで終わった」と語った。
悔しさと情けなさと同時に、やりきったという気持ちが残った。
最後まで諦めずに精一杯の滑りと演技を見せた。
改めてファンへの感謝の言葉を口にした。

今後は指導者としての道を歩むことになるのだろう。
けがと戦いながら挑みつづけた現役選手としての経験は最高の糧になる。

                ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月15日「高橋大輔、ソチメダルへ…フリーで巻き返し」はこちら。

⇒2014年2月6日「高橋大輔に気の毒…ソチ直前の佐村河内守騒動」はこちら。

⇒2014年1月10日「高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う」はこちら。

⇒2014年1月5日「高橋大輔は文句なしに選ばれたわけでない」はこちら。

⇒2013年12月24日「高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?」はこちら。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

                ◇◆◇

町田樹に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月10日「町田樹気迫の団体戦フリー…ソチ個人戦へ弾み」はこちら。

⇒2014年1月19日「町田樹はソチでメダル争いに絡める」はこちら。

⇒2013年10月19日「町田樹(たつき)、遅咲きでソチ五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔、ソチメダルへ…フリーで巻き返し

ソチオリンピック、フィギュアスケート個人戦の男子シングルショートプログラム(SP)が行われた。

バンクーバーオリンピック銅メダルの高橋大輔。
抜群の実績と豊富な経験で、日本のフィギュア界を引っ張ってきた。
これが最後と決め、集大成のソチオリンピックに臨んでいる。
見納めの大舞台に、大勢のファンが詰めかけている。
人気もすごい。

高橋大輔は第5グループの最後から一つ前に滑った(29番滑走)。
「ヴァイオリンのためのソナチネ」。
別人作曲家問題でケチがついた。
高橋大輔はこの曲に思い入れがあり、動揺は感じられなかった。

冒頭の4回転トゥループが両足着氷になった。
3回転と判定された。
トリプルアクセル、トリプルルッツ−トリプルトゥループは滑らかに決めた。
プログラム全体を丁寧にまとめた。
86.40 点は4位(技術点 41.75点、演技構成点 44.65点)。
自己ベストにはだいぶ及ばなかったが、幾多の試練を乗り越えた精神面の強さはさすがである。
演技後は珍しくほっとした表情を浮かべた。

高橋大輔は右すねを痛めた状態で出場した全日本フィギュアで、SPは4位、流血のフリーは5位に沈んだ。
しかし、本人が諦めたソチ日本代表に選ばれた。

高橋大輔はリハビリに努めたが、負傷の影響が尾を引いている。
おそらく限界の練習を積めなかった。
現地での練習でも高難度ジャンプ、とくに得点源の4回転ジャンプの精度が悪かった。

フリーは「ビートルズ・メドレー」。
やはり、練習での精度が高まっていない。
私はもちろんメダルを獲ってほしいが、高橋大輔が現在の最高の演技を行えることが一番だと思う。

町田樹は第5グループの最後、出場30選手の最後に滑った(30番滑走)。
「エデンの東」。
最初の4回転トゥループをこらえてトリプルトゥループのコンビネーションにつなげた。
トリプルアクセルを慎重に決めた。
後半のトリプルルッツが2回転になった。
痛恨のミスに、演技後は顔が曇った。
83.48 点で11位(技術点 40.98点、演技構成点 42.50点)。

町田樹は現地での練習でも4回転ジャンプをきれいに決めるなど、好調をうかがわせた。
緊張のせいだろうか。

町田樹を指導する大西勝敬コーチは、彼の伸び悩みは精神面が原因と考えた。
そこで、自らを有言実行で追い込むように求め、弱気の虫をやっつけた。

フリーはストラヴィンスキーの「火の鳥」。
ソチオリンピックの開会式で聖火点灯の際に流れ、聖火、会場、花火で火の鳥が浮かびあがった。
トリノオリンピックの開会式で熱唱された「トゥーランドット」をフリーで滑った荒川静香は金メダルに輝いた。
町田樹は、「ロシアで火の鳥を降臨させたい」と意気込んでいる。

盒饗臺紊蓮■外未離好撻ぅ鵑離魯咼┘襦Ε侫Д襯淵鵐妊垢箸錣困0.58点差。
差はないに等しい。
町田樹は、3.50点差。
本人も絶対に諦めないと語った。

3位、銅メダルは大混戦、いや横一線である。
二人はフリーで巻き返しを誓う。

◆書き加え1(2月15日)

男子はフリーで4回転ジャンプを決められないと、非常に厳しい戦いになる。
正直に述べれば、高橋大輔が練習でも決められない事実を案じている。
最後のオリンピックで表彰台にのぼらせてあげたい。
祈るような気持である。

                ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月6日「高橋大輔に気の毒…ソチ直前の佐村河内守騒動」はこちら。

⇒2014年1月10日「高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う」はこちら。

⇒2014年1月5日「高橋大輔は文句なしに選ばれたわけでない」はこちら。

⇒2013年12月24日「高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?」はこちら。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

                ◇◆◇

町田樹に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月10日「町田樹気迫の団体戦フリー…ソチ個人戦へ弾み」はこちら。

⇒2014年1月19日「町田樹はソチでメダル争いに絡める」はこちら。

⇒2013年10月19日「町田樹(たつき)、遅咲きでソチ五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

町田樹はソチでメダル争いに絡める

ライブドアブログ「和田創 講演講師の引き出し」には、右上にページビューを表示するカウンターを設置している。
これがときどき不具合を起こし、とんでもない数字に跳ねあがることがある。
実際より数千多くなる。
翌日に「昨日」の数字を見ると、正常値に戻っている。
つまり、がくっと落ちる。
どうしてこの問題が改善されないのか、私は不思議である。

さて、ソチオリンピックの開幕が迫っている。
私はとくにフィギュアスケート選手の状態が気になっているが、仕事に追われてテレビはもちろんネットに接する時間も惜しい。
世間の出来事や様子がほとんど分かっていない。

私が男子シングルで期待する選手が町田樹(まちだ・たつき)である。
昨年末の全日本フィギュア選手権で2位に入り、文句なしでソチ代表切符をつかんだ。
大会前に強い意気込みを語っていた。
私は、彼はソチへ行きそうだと感じたが、そのとおりになった。

昨年のフィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)。
町田樹は第1戦「スケートアメリカ」で高橋大輔と小塚崇彦を抑え、優勝を飾った。
265.38点の高得点だった。

町田樹は第6戦「ロシア杯」で調子が悪かったにもかかわらず、我慢の滑りでSP2位から逆転優勝を飾った。
257.00点の高得点だった。
一昨年はGPシリーズ1勝目を収めた後に調子を崩してグランプリファイナル(GPファイナル)に進めず、全日本フィギュアでも不本意な成績に終わった。
同じ失敗を繰り返さなかったことで、大きな自信をつけた。

そして、GPファイナルでも調子が上向かなかったが、SP6位から4位と巻き返した。
私は、町田樹のとくに精神面の成長を感じた。

⇒2013年10月19日「町田樹(たつき)、遅咲きでソチ五輪代表へ」はこちら。

町田樹は闘志にあふれ、演技は「全身全霊」という形容がぴったりである。
私は、本番の大舞台では平常心で滑ることのほうが大事だと思う。
老婆心ながら、入れ込みが空回りしないように願う。
本来の実力と今シーズンの勢いを発揮できれば、確実にメダル争いに絡める。

町田樹は4回転ジャンプが不安定で、仕上がりが遅れているようだ。
本人は強い危機感を持ち、ソチに絶対に間に合わせると言い切っている。
また、メインコーチを昨年2月から指導を受ける大西勝敬(おおにし・よしのり)に変更した。
私は、その事情や理由を知らない。

町田樹は、最初で最後のオリンピックと思って臨む。
しかし、どうだろう。
遅咲きなので、現役選手としての寿命は延びる可能性がある。
引退を口にするのは早すぎると、私は思うが…。

              ◇◆◇

町田樹に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年10月19日「町田樹(たつき)、遅咲きでソチ五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

町田樹(たつき)、遅咲きでソチ五輪代表へ

フィギュアスケートのグランプリシリーズ(GPシリーズ)第1戦「スケートアメリカ」が行われている。
男子シングルのショートプログラム(SP)。
23歳の町田樹(まちだ・たつき)が前回優勝の小塚崇彦、高橋大輔らを抑え、自己ベストを8点近く更新する 91.18点で首位に立った。
世界歴代6位の高得点である。

町田樹は冒頭、練習から好調だった4回転−3回転の2連続ジャンプを見事に決めた。
そして、3回転半ジャンプ、3回転ジャンプと、3種類のジャンプをすべて決めた。
演技要素では減点なし、プログラム構成点では8点台を並べた。

町田樹はフィニッシュポーズの直後、渾身のガッツポーズで雄たけびを上げた。
終了後、「とても幸せな3分間を過ごせた」と喜んだ。
SPは遠い地平線を思わせる雄大な「エデンの東」。
芸術作品として仕上げることに集中したのがよかったとのこと。
この言葉に強いこだわりが表れている。

町田樹は、昨シーズンに劇的な成長を見せた遅咲きの選手といえよう。
前回の「スケートアメリカ」で3位に入り、初めてGPシリーズの表彰台にのぼった。
そして、「中国杯」で優勝を飾った。
しかし、その後はコンディションを崩し、グランプリファイナル(GPファイナル)で6位に留まった。
さらに、全日本フィギュア選手権で9位に沈み、世界フィギュア選手権の代表切符を逃した。

小塚崇彦は、それほど難しくない3回転−3回転の2連続ジャンプを失敗し、 77.75点で4位に留まった。
が、体は動いているとのこと。
巻き返しを期待したい。

高橋大輔は、3種類のジャンプをことごとく失敗し、 77.09点の5位と出遅れた。
練習でもうまくいっていなかった。
体の感じはいいが、ジャンプのタイミングやスピードがかみ合わないとのこと。
高橋大輔はかなり調子が悪く、年末の全日本選手権までに立て直せるか、私は心配である。

昨シーズン前半で手応えをつかんだ町田樹は、本気でオリンピック出場を目指している。
フリースケーティング(FS)は激しく力強い「火の鳥」。
SPとタイプの違う曲を用いる。
町田樹は4回転ジャンプを意識しないくらい好調であり、小塚崇彦と高橋大輔を上回るかもしれない。
なお、フリーの頑張り次第で、日本勢は表彰台を独占する。

2014年ソチオリンピック(冬季五輪)の代表選考レースはさらに混沌としそうだ。

◆書き加え1(10月20日)

男子シングルのフリースケーティング(FS)が終わった。
町田樹が大差をつけ、優勝を飾った。
おめでとう!

1位は、町田樹、265.38点。
2位は、アダム・リッポン(米国)、241.24点。
3位は、マックス・アーロン(米国)、238.36点。

4位は、高橋大輔、236.21点。
5位は、ジェイソン・ブラウン(米国)、231.03点。
6位は、小塚崇彦、230.95点。

町田樹は、冒頭の4回転ジャンプなど、すべてのジャンプを決めた。
前日のSPに続き、フリーでも自己ベストを更新した。
見事な圧勝劇だった。

深刻な不振とはいえ、高橋大輔と小塚崇彦という世界のトップクラスの2選手を抑えたことは立派だ。
昨シーズンみたいに調子を落とさないよう留意してほしい。
大舞台での経験と実績の少なさをカバーできるメンタリティを備えるなら、全日本選手権そしてソチオリンピックが楽しみである。

◆書き加え2(10月20日)

町田樹は昨シーズン、GPファイナル初進出と躍進した。
しかし、年末の全日本選手権で9位と惨敗した。
そこで、滑りの原点に立ち返ろうと、4月に米国から大阪に拠点を移し、恐ろしく地道な基礎練習を積み重ねた。
その成果か、高難度ジャンプが安定感を増した。

スケートアメリカでの優勝は、GPシリーズ2勝目になる。
今回は狙いにいき、自分でつかんだというから立派だ。
合計点は自己ベストを30点近く更新した。
世界歴代5位の高得点である。

町田樹は、性格の濃さがそのまま顔の濃さに表れている。
自らの競技人生を通じ、フィギュアスケートを“純粋芸術”にするとの壮大な目標を掲げている。
その理想にいくらか近づいた。

町田樹は、自分は崖っぷちの立場という意識を持って頑張りたいと語った。
ソチオリンピックへの出場を念頭に置くことは述べるまでもない。
一気に開眼した町田樹が代表切符をつかむかもしれない。

                      ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年10月13日「浅田真央の人気、高橋大輔の人気」はこちら。

⇒2013年10月9日「高橋大輔、ホスピタリティ…ビートルズメドレー」はこちら。

⇒2013年2月9日「羽生結弦と高橋大輔の一騎打ち…四大陸選手権」はこちら。

⇒2012年12月23日「いやぁ〜、高橋大輔のフリーの演技は凄かった」はこちら。

⇒2012年12月21日「全日本フィギュアのリンクへ向かう選手の心境」はこちら。

⇒2012年12月2日「フィギュアGPファイナル2012出場選手&放送予定」はこちら。

⇒2012年4月22日「高橋大輔とカタリナ・ビット…伝説のフィギュアスケーター」はこちら。

⇒2012年4月21日「高橋大輔、独自の世界観・・・氷上舞台芸術の域へ」はこちら。

⇒2012年3月31日「高橋大輔は別格、芸術性の高い熟練の演技で魅了」はこちら。

⇒2011年12月27日「高橋大輔、圧巻のSP、ボロボロのフリー、文句あるか!」はこちら。

⇒2011年12月24日「高橋大輔、圧巻4回転ジャンプ、完璧演技で全日本王者!」はこちら。

⇒2011年12月21日「高橋大輔、『どうだ! 小塚君!』…全日本選手権で一蹴」はこちら。

⇒2011年12月12日「高橋大輔、世界一の演技でチャンを圧倒!…GPファイナル」はこちら。

⇒2011年11月17日「高橋大輔・大ちゃんの魅力…子犬のような人懐っこさ」はこちら。

⇒2011年11月15日「高橋大輔と小塚崇彦の比較…スケーターの特性と演技」はこちら。

⇒2011年10月29日「高橋大輔、燃え尽き症候群克服か…GPシリーズ&ファイナル」はこちら。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年5月17日「浅田真央と高橋大輔の関係をすっぱ抜く」はこちら。

⇒2011年4月28日「高橋大輔、世界フィギュア優勝へのスイッチ」はこちら。

⇒2011年4月26日「高橋大輔は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

⇒2011年2月20日「高橋大輔、金メダル宣言…世界選手権東京大会」はこちら。

⇒2010年12月7日「高橋大輔は心に訴えない…内臓を揺さぶる泥臭さ」はこちら。

⇒2010年10月25日「浅田真央を気づかう高橋大輔と村上佳菜子」はこちら。

⇒2010年4月16日「妹真央を兄大輔が気遣う春の園遊会」はこちら。

⇒2010年3月26日「高橋大輔、日本男子初の金メダル!」はこちら。

⇒2010年3月4日「あきれた浅田真央と高橋大輔の言葉!」はこちら。

⇒2010年2月19日「高橋大輔、4回転失敗も銅メダル!」はこちら。

⇒2010年2月19日「高橋大輔、攻めか守りかメダル予想」はこちら。

⇒2010年2月17日「男子フィギュアSP、高橋3位、織田4位」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ