コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

町田樹銀メダル

高橋大輔から小塚崇彦へ

2014年世界フィギュアスケート選手権は日本(さいたま市)で行われた。
羽生結弦と浅田真央が金メダル、町田樹が銀メダルという大活躍を示した。
にもかかわらず、私はとても大事なものが欠けているという感覚にとらわれた。
代表に選考された高橋大輔の人懐っこい表情と情熱的な演技がそこになかったからだ。

結局、高橋大輔は先頃、現役引退を表明し、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)が選手としての最後の演技になってしまった・・・。

ところで、けがで棄権した高橋大輔に代わって世界選手権に出場した小塚崇彦は復調に程遠かった。
練習と調整の時間も不十分だったのかもしれない。
私は彼に関する情報を持っていないが、足首の辺りにけがというか、疲労性の損傷を抱えている気がした(単なる推察にすぎない)。
ジャンプでまったく踏ん張れないのだ。

一時は現役引退に傾いた小塚崇彦は気持ちを立て直し、現役続行を表明した。
今シーズンは持ち前の洗練されたケーティングを取り戻してほしい。
高橋大輔が去った日本のフィギュアスケート男子シングルを引っ張っていく役割も期待されている。

                ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年10月16日「高橋大輔、人を楽しませる天才」はこちら。

⇒2014年10月15日「高橋大輔、ありがとう、お疲れさま」はこちら。

⇒2014年2月23日「真央と大輔がソチでカップル」はこちら。

⇒2014年2月22日「浅田真央と高橋大輔、ソチエキシビション」はこちら。

⇒2014年2月15日「高橋大輔、ソチメダルへ…フリーで巻き返し」はこちら。

⇒2014年2月6日「高橋大輔に気の毒…ソチ直前の佐村河内守騒動」はこちら。

⇒2014年1月10日「高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う」はこちら。

⇒2014年1月5日「高橋大輔は文句なしに選ばれたわけでない」はこちら。

⇒2013年12月24日「高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?」はこちら。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦の強運と精神力…世界フィギュア金メダル

ご無沙汰しています。
実質、ソチオリンピック以来の更新です。

私は今年に入り、2冊の営業本を刊行しました(もう1冊は仕上げ段階の最後の最後でストップ)。
そこに景気回復の追い風も重なり、仕事を回しきれなくなりました。
このところは年度末と年度初めに納品の営業戦略や営業ツールの作成などに追われています。

そんな私ですが、「世界フィギュア選手権2014」は見ました。
“ながら視聴”、おもに日本の主力選手の演技です。

男子シングルは、羽生結弦が金メダル、町田樹が銀メダルに輝きました。
3連覇中のカナダのパトリック・チャンが不参加だったとはいえ、表彰台に2人がのぼったのは見事でした。
文字どおり僅差でしたので、個人的には町田樹に金メダルを獲らせてあげたかった・・・。

オリンピックや世界フィギュアに出場する選手は全員、猛烈な努力家という前提で述べます。

羽生結弦は類まれな才能に加え、強運も持っていると感じました。
そうでなければ、とくにオリンピックでは勝てません。
今シーズンは彼の競技人生で最初のピークとぴったり重なりました。
グランプリファイナル(GPファイナル)、オリンピック、世界フィギュアと、世界大会3戦全勝です。

羽生結弦はソチで金メダルを獲得して以降、取材や催しなどが続き、練習の時間を取るのも大変だったはずです。
ざわついた雰囲気のなかで何とかコンディションを整えました。
虚脱感と重い疲労で、おそらく世界フィギュアは欠場したかったでしょう。
この選手は顔に似合わず(?)、精神力が強靭です。

羽生結弦は、ショートプログラム(SP)でミスを犯しました。
その出遅れを、ソチで散々だったフリースケーティング(FS)で巻き返し、大逆転につなげました。

インタビューで「意地」という言葉を使っていたのが印象的でした。
不甲斐ない自分への意地、そしてオリンピックチャンピオンとしての意地でしょうか。
が、完璧の演技というわけにいきませんでした。

羽生結弦にとり、嵐のような一年が終わりました。
しばらく心身を休めてほしい・・・。

遅咲きの町田樹は、いずれも初出場のオリンピックと世界フィギュアで立派な成績を残しました。
大きな自信になったでしょう。
今シーズン限りでの現役引退を考えていたはずですが、いまはそんな気持ちはさらさらありません。
私は成長の余地をかなり残していると考えます。

Copyright (c)2014 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ