コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

直江津祇園祭

宮原知子は引っ込み思案なのに閉店しない

街並みに調和した和風の外観が心地よい京都市東山区のコンビニエンスストア「ローソン八坂神社前店」が年明けに閉店することになりました。
インバウンドの急増を背景とした宿泊施設などの建設ラッシュで同地区は地価が高騰していました。
どうやら賃貸契約更新交渉で家主と折り合わなかったようです。

同店は八坂神社と東大路通を挟んだ西向かいにあり、1997年のオープンとか。
新潟県直江津市(現上越市)生まれの私は直江津小学校時代、八坂神社の近くで暮らしていました。
むろん京都の八坂神社の流れを汲んでいます。
当時の一番の楽しみといえば毎年7月下旬に行われる「直江津祇園祭」。
19の町内(当時は不明)の屋台(山車=だし)が4日間練り歩き、最終日に八坂神社に米俵が奉納されます。
私は「八坂神社」と聞くだけで何ともいえない親しみと懐かしさを感じます。

ローソン八坂神社前店は、市の屋外広告物条例や市民グループの要望などを踏まえ、祇園地域の景観との調和が図られたそうです。
青地に白色の通常の看板に対し、同店は白地に濃い茶色の字体を用いました。
ガラス窓に格子をあしらっています。
由緒ある観光地にふさわしいコンビニエンスストアとして長らく注目されてきました。
今回の閉店により、その歴史に幕を閉じます。



強引ですが、フィギュアスケート好きの私は京都といえば女子シングルの「宮原知子」と結びつけたくなります。
1年近くけがに苦しみましたが、平昌五輪代表選考会を兼ねる全日本フィギュアスケート選手権の直前に復帰しています。
我慢に我慢を重ねたのでしょう、ぎりぎりのタイミングでした。
浅田真央の不在期間を引っ張ってきた日本女子のエースですから、よかった。

宮原知子はオリンピックシーズンに「和」のプログラムで勝負をかけてきました。
ショートプログラム(SP)は映画「SAYURI」の曲です。
私は観ていませんが、一人の男性を思いつづける芸者の物語らしい。
フリースケーティング(FS)はあまりに有名な「蝶々夫人」の曲です。
夫を待ち焦がれる芸者を描くオペラです。

宮原知子はSPとFSでテイストがかぶると考えましたが、振付で違った雰囲気を出せたので、これでいくと決めたようです。
一つのことを真剣に追い求める主人公のストーリーに自分との共通性を感じ、自然に溶け込めると語っています。
かならずしも「芸者」に憧れているわけでありません。
芯の強い日本女性を表すプログラムを滑りたかったのです。
わっと驚くほど「和」が似合います(←苦しい)。

⇒2015年12月13日「宮原知子、京都舞妓の風情が漂う」はこちら。

滑りの「正確さ」は依然として彼女の持ち味ですが、それが強調される面白みのない演技でなくなりました。
いまは心というか「感情」がすーっと伝わってきます。
表情の変化や動きの緩急を含め、表現力がとても豊かです。
演技構成点も高まりました。

宮原知子は寡黙で引っ込み思案の性格であり、とにかく真面目です。
果てしない練習の努力で今日の地位を築きました。
濱田美栄コーチと出会え、指導を受けられたことも幸運でした。

⇒2017年12月10日「ハマちゃんとサーさんコンビ、GPファイナルの感動」はこちら。

濱田美栄コーチは温厚な印象を受けますが、注意深く眺めると「厳しさ」が漂います。
「私は近所のおばちゃんじゃない」とだれかに言い放ったそうですから師弟のけじめを重んじています。
「他人に厳しく、自分に優しく」をモットーとする私なら1日で逃げ出しました。
しかし、宮原知子は当然のように濱田美栄コーチに食らいつき、選手稼業を閉店することはありませんでした(←おかげさまでブログのタイトルとつながりました)。

GPシリーズやGPファイナルで宮原知子にちょっとした、しかし明白な変化が表れています。
不自然なガッツポーズからラブリーなハートマークへ!

⇒2016年12月13日「宮原知子への疑問 〜ガッツポーズは練習するものか」はこちら。

復帰の喜びと、それまで支えてくれたスタッフやファンへ感謝の気持ちを伝えたかったのでしょう。
宮原知子はキスアンドクライでもだいぶさまになってきました。
全日本選手権でもこのシーンを見られると私は確信しています。

◆書き加え(11月15日)

私は東京証券取引所の新興市場への上場を目指す中小企業の社長と重大な打ち合わせを行いました。
はるばる遠方からお運びいただきました。
ごく短期間で全国にフランチャイズ網を形成することをお約束しました。

お帰りになる際、クライアントに対する感謝の気持ちを伝えたくて両手でハートマークをつくってみましたが、反応はいま一つでした。
こうした仕草にも適齢期があるようです。

◇◆◇

宮原知子に関するブログは以下のとおり。

⇒2017年12月13日「宮原知子が五輪代表選考レースから抜け出す」はこちら。

⇒2017年12月10日「ハマちゃんとサーさんコンビ、GPファイナルの感動」はこちら。

⇒2017年12月8日「宮原知子、GPファイナルは全日本へのステップ」はこちら。

⇒2017年12月2日「宮原知子、GPファイナル出場のマイナス」はこちら。

⇒2017年11月29日「宮原知子は2位に僅差の4位なら平昌五輪代表へ」はこちら。

⇒2017年11月28日「宮原知子へ全日本選手権2位狙いのすすめ」はこちら。

⇒2017年11月27日「宮原知子は全日本選手権2017へ復活をアピール」はこちら。

⇒2017年11月25日「宮原知子はスケートアメリカで 210点に届く」はこちら。

⇒2017年11月15日「宮原知子の復帰で平昌五輪代表争いは大混戦」はこちら。

⇒2017年11月14日「宮原知子は焦りを抑え、全日本選手権に合わせる」はこちら。

⇒2017年11月12日「宮原知子の復帰戦の演技に胸が熱くなる」はこちら。

⇒2017年11月10日「宮原知子がGPシリーズNHK杯で復帰する」はこちら。

⇒2017年10月9日「宮原知子は試練と競争を乗り越えて平昌五輪代表へ」はこちら。

Copyright (c)2017 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

直江津祗園祭、花火大会、舟形屋台

私が子どもの頃もっとも楽しみにしていたのは、直江津祗園祭(祇園祭)。
それはもう待ち焦がれた。
わが人生05077月26日〜29日の4日間(当時は不明)。
梅雨明けのタイミングと重なる。
直江津市が高田市などとの市町村合併を経て上越市となった現在、「上越まつり」の一部という位置づけ。
祭は1週間、前半の3日間は高田地区で、後半の4日間は直江津地区で行われる(これは昔から変わらないらしい)。

そして、直江津祗園祭の始まりを華かに告げるのが直江津花火大会。
いまは「上越まつり大花火大会(直江津地区)」
わが人生05085千発の打ち上げ、10万人の人出(当時は不明)。
人口3万人の小都市だったから規模は決して大きくないが、地域住民には最大のイベントだった。
花火大会の会場周辺に、後に述べる舟形屋台(山車)が集結して祗園囃子を奏でる様子は壮観である。
八坂神社(祗園社)から高田地区へ貸し出していた神輿(みこし)が両地区を流れる関川を船で下り、直江津地区に戻ってくる。
わが人生0509神輿の関川河口(花火大会会場)の到着に合わせ、ナイアガラとスターマインの豪華競演が繰り広げられる。

直江津地区の19町内会(当時は不明)がそれぞれ1台、装飾を凝らした舟形屋台(山車)を持っている。
昔、直江津は北前船の寄港地として栄え、千石船が絶え間なく出入りしていた。
舟形屋台はそれをかたどったもの。
直江津小学校これを各町内会の小学生がロープで引っ張る。
掛け声は、男の子が「わっしょい」と発し、女の子が「よいやさ」と受ける。
ニュアンスとしては「わぁーっしょい」「よいやさぁ〜」。

当時、直江津小学校の私も御幸町の舟形屋台(山車)を引いた。
わが人生0510かなりの重労働。
まして夏場なので汗だくになるが、それでも嬉しくて仕方がなかった。
「ご苦労さん」ということで、確かビニール袋に入った駄菓子が配られた。
しかし、それが目当てでない。
ひょっとすると、祗園祭に直江津小学校の鼓笛隊もパフォーマンスを披露したのでないか。
ならば、私は隊長だったので、先頭で指揮棒(指揮杖)を振っている。
記憶が曖昧。

この舟形屋台(山車)の後ろに太鼓が2つ据え付けられており、大人が叩く。
その後ろに笛を吹く大人数名が従う。
わが人生0511日が暮れて青っぽい提灯に明かりが灯ると、舟形屋台は優雅で幻想的な雰囲気に包まれる。
私は子ども心に、とても美しいと感じた。
ちなみに、祗園は京都八坂神社の旧称、祗園祭は京都八坂神社の祭礼。
知らなかった。

直江津祗園祭の4日間の大雑把なスケジュールは以下のとおり(当時は不明)。
1日目は、神輿が関川河口に到着。花火大会が開催。舟形屋台(山車)も会場周辺に集結。
わが人生05122日目は、舟形屋台が市街巡回。
3日目は、舟形屋台が市街巡回。民謡流し(佐渡おけさのパレード)。
4日目は、舟形屋台がメーンストリート(八坂神社付近の商店通り)に集結。1台ずつ八坂神社に御饌米(おせんまい)を奉納。舟形屋台が解散(各町内会へ)。
なお、奉納では重い俵を担いだ大人が、露店が両脇を埋める八坂神社の百メートル強の参道を本殿目がけ、一気に駆ける。
なかなか勇壮!

私がグーグルで検索したら、生まれ育った直江津を深く愛する方のホームページが見つかった。
小学生、高校生、大学生、青年会と祗園祭にのめり込んだ経験が成長の糧となったと述べている。
わが人生0513氏は、さらに祗園祭が果たしてきた教育面の効用に言及し、その重要性を強調している。
祗園祭は長らく直江津地区で学校とは別の、地域社会のなかでの“学び”の機会になっていたとのこと。

近年、若者が祗園祭を支える青年会に入りたがらず、また小学生が少なくなり、永続が危ぶまれるのだとか…。
そのため、大人が担ってきた太鼓と笛を、中高生を含めた子どもが受け持つように…。
わが人生0514町内会によっては舟形屋台(山車)を引く小学生がほとんどいない。
また、地方衰退と人口減少の影響が祗園祭の沿道に現れている。
舟形屋台が集まっても人出が少なく、かつての熱狂が失われている。
地域住民の祗園祭に対する関心がかなり下がった。
私が子どもの頃は皆、祗園囃子が聞こえてくるだけで家の外に飛び出し、舟形屋台を探し歩いた。

ところで、私は「直江津屋台会館」ができたことは知っていたが、食べ物の屋台が揃う、観光客向けの飲食施設をイメージしていた。
わが人生0515何と食い意地が張っているのか。
そうでなく、祗園祭で繰り出される19町内会の舟形屋台(山車)を収蔵・展示しておくためにつくられた施設だった。
となると、明るい照明のもとですべての舟形屋台を四方八方から眺められる。

私は元気なうちに、直江津祗園祭を4日間じっくりと楽しみたい。
子どもの頃に覚えた胸の高鳴りを、もう一度取り戻したいのだ。
夢は叶うか?
両親と一緒というわけにいかない…。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り
カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ