コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

社長講演

来る者は拒み、去る者は追わず

私は還暦以降、大手企業の仕事から中小企業の仕事に、講師(教育)の仕事からコンサル(指導)の仕事に軸足を移してきました。

講師としては体力の衰えもあり、おもに社員向けとなる企業研修を減らし、おもに社長向けとなる自社(和田創研)開催を含めた公開セミナーを増やしています。
さらに、公開セミナーについても、ほぼ社長向けとなる短時間の講演を増やしています。
私の負担が軽くなるだけでなく、経営への貢献度が高まっているはずです。

コンサルとしては無料の個別経営相談を通じた社長との接触を重んじています。
目標達成による業績向上、成長持続による社業発展は、私でなくクライアントが成し遂げます。
中小企業ましてオーナー企業は「社長がすべて」ですので、失礼ながら経営相談の場で見極めたうえで成果を上げられると確信したところしか仕事を引き受けていません。

コンサルの営業はある意味で簡単であり、企業・事業・商品開発にせよ、販路・顧客開発にせよ、目に見えた数字の変化をもたらせるならクライアントに困りません。

コンサルは仕事を選ぶこと、言い換えれば仕事を断ることが長くやっていく秘訣です。
仕事に飛びつくのは一番いけません。
「結果がすべて」というやりがいの大きい稼業です。

相手を問わずに立て直せるのは、稲盛和夫や永守重信などの一流の経営者に限られます。
私のような凡人のコンサルは本気で会社をよくしたい社長に絞ってつきあうことです。

業務受託に至る過程においては「来る者は拒み、去る者は追わず」という姿勢を基本にすべきでしょう。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業本は売り上げを伸ばせない

「リーマン・ショック」が引き金になったのか、企業はここ数年、営業を強化しようとの情熱を急激に失った。
経営層や管理職はもとより、担当者が営業本や営業セミナーに関心を寄せない。
その結果、営業本は販売が不振を極め、営業セミナーは集客が不振を極める。
当然、出版社は刊行を減らし、セミナー会社は開催を減らす。
どちらも極端に絞られた。

それは単に教育予算の縮小では説明がつかない。
最大の原因は、営業本や営業セミナーで売り上げを伸ばせなかったという失望だろう。
皆が内容の有効性に不信感を持っている。
営業分野の講師やコンサルタントの責任は重い。
私も講演で接した社長に、「何をやってもダメでしょう」と吐き捨てられたことがあった。
営業関係者の思いを代表する声だ。

しかし、私を含めた同業者は、こうした厳しい現実に落胆しているわけにいかない。
むしろ、最大のチャンスを迎えていると前向きにとらえたい。
そうした皆の諦めにも似た認識を覆せばよいのだ。

企業の関心は、営業本でも営業セミナーでも業績の向上に尽きる。
あくまでも「営業再建屋」としての結論を述べれば、社長が読まない営業本、社長が受けない営業セミナーには、売り上げの改善効果をほとんど望めない。
数字の立て直し専門の私はここにとことんこだわりたい。

日本は人口激減と大増税の入口に差しかかっている。
この先、売り上げづくりが一段と難しくなっていくことは間違いない。
苦闘する日本の営業への本気の貢献が求められている。

私はそれを肝に銘じ、1997年(刊行は2001年)以来、実に15年ぶりとなる営業本の原稿に情熱を注いでいる。
通常の仕事を終えた深夜から早朝にかけ、疲れた老体にムチを打ち、こつこつと書き進めている。
ただし、ゴールはまだ一向に見えてこない・・・。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

数字立て直しの最大のキモ…営業再建屋

私は営業再建屋として数字の立て直しに入る際、当事者を前に言い切っている。
「結果責任は私にある。結果が出なければ、どのような批判も甘んじて受ける」。
「あなた方は行動責任を果たせ。これだけはやり抜くという行動を伝える」。
私は指導を行っているが、営業を教えているのでない。営業を命じている。
したがって、社長が指導にかならず立ち会う。
大手企業でも営業統括責任者が立ち会い、それは社長か専務か常務になる。

こちらも責任を負うと宣言しているので必死である。
これをやり抜くなら絶対に売り上げを伸ばせるという確信を持てることしか伝えない。
第1に、行動に選択肢を与えると、当事者は迷いが生じる。
私と彼らの責任の所在もうやむやになる。
第2に、行動をあれこれ命じると、当事者は消化不良を起こす。
私に覚悟が決まっていないと欲張りたくなる。
どちらも行動をあいまいにするので、数字は変えられない。
まして短期間では絶対に不可能!
私は幾度か失敗を犯し、それに気づいた。

数字立て直しの最大のキモは、どこまでシンプルに命じられるかだ。

とくに営業においては、「能力」を命じるのでなく、「行動」を命じる。
能力のいることを命じると、能力の乏しい人が脱落し、全員を巻き込めない。
あっという間に諦めの空気が職場を支配する。
「できるか、できないか」でなく、「やるか、やらないか」にフォーカスする。
こんな簡単な結論に到達するのに、私は苦悶しつづけた。

私が講演や公開セミナー、企業研修で説く内容の骨格は、営業再建屋としての信念である。
すべての営業関係者が守るべき「行動の誓い」にほかならない。
ともすれば小学生でも分かるので、営業を知りたい人はがっかりする。
大きな数字をつくるのはもちろんたやすくない。
が、営業は「難しい」というよりも「厳しい」といったほうが、私の実感に近い。
ここに営業の仕事の奥深さがある。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

二代目社長に必要なのは…後継者養成セミナー

日本の会社の数のほぼ百パーセントを占める中小企業の社長の代替わりが進んだ。
時期的に、1990年代の「空白の十年」、2000年代の「衰退の十年」と重なる。
中小企業の業績は社長次第だが、彼らの弱体化が著しい。
日本経済が衰退した主因の一つである。

私は講演やセミナーで二代目社長と接し、つくづく思う。
彼らは概して、学歴の高さにも後継の地位にもコンプレックスを抱いている。
何せ創業社長から一方的に与えられたものだ。
それを悟られまいとするから、周囲に傲慢に映る。
人一倍強いプライドは、人一倍強いコンプレックスの裏返しだろう。

彼らにとって一番の良薬は、周囲の「尊敬」である。
上辺のプライドはこの先、会社を経営するうえでも、社員をけん引するうえでもマイナスにしかならない。
自ら進んで営業活動の過酷な現実に身を投じるなら、つまらないプライドはあっさりと吹き飛んでしまう。
売れない時代でもっとも嫌なことは売ることである。
それを分かっている社員は、にわかに社長を見る目が違ってくる。

なお、コンプレックスが傲慢でなく、物分かりのよさとして表れる二代目社長もいる。
根は同じ。
物分かりがよくては、とてもトップセールスで成果を収められない。
顧客との衝突を乗り越えてこそ、着地を果たせる。
そもそも営業活動の初期段階では、こちらとあちらの利害は鋭く対立するはずだ。
私は二代目社長にもっとも必要なのは、マネジメントやマーケティングの知識でなく、営業の行動だと考えている。

私は、おもに都市銀行や地方銀行が取引先向けに開催する後継者養成の講演やセミナーでも講師を務めてきた。
2時間から、せいぜい1日。
私がずっと疑問に感じてきたことがある。
数日間のコースでも「営業」のカリキュラムが組み込まれていないか、弱い。
零細・中小企業は社長が儲かる注文を取ってこられるなら、何とか回る。
コースを企画する主催者に再考を促したい。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

トップ主導・営業再生講演会…SMBCセミナー

このブログがアップされる午後6時30分から東京・麹町のSMBCコンサルティングにて経営層と上級管理職向けのセミナーを行う。
三井住友銀行系列のシンクタンク。
参加者との名刺交換や質疑応答を含めて2時間。正味は90分程か。

◆演題
《経営変革講演》
社長・幹部と次世代リーダーの新常識
営業再生の指針と押さえるべきツボ
ソリューション系手法&人材への転換を急げ!

私は営業変革一筋の講師だ。
あくまで「営業」をメーンテーマに、どのように業績の低迷や下落から抜け出し、回復を図っていくのか、そのガイドラインと急所を明らかにする。

こうした短時間の講演会ではテキストが存在しないことも珍しくないが、かなり充実している。
A4版・横位置、20ページ。
コンテンツのつくり込みに、気の遠くなる手間をかけた。
私がいかに頭が悪いか分かってしまうので、要した時間は内緒…。
恥ずかしくて、とても言えない。

私は背中の左側に強い張りが出ている。
静かに講義を進めようと思う。

「本日は、大変ご多用のなか、本講演会にわざわざお運びくださいまして、まことにありがとうございます。
心より御礼(おんれい)申しあげます。
私(わたくし)、ただいま事務局よりご紹介いただきました和田創でございます。
何の因果か、長らく遊び人をやっております。
さて、本日のテーマは・・・」。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業再生の指針と押さえるべきツボ…大人気講演会へ

私は講演の段取りでバタバタの状態が続いた。
先週水曜日に初テーマ(演題)に挑戦したので、そのコンテンツの作成に没頭していたのだ。
そうはいっても、若い頃みたいに「集中力」を持続できない。
連日16〜17時間は平気だったが、いまは日により3〜12時間とばらつく。
年を取ったなぁ・・・。

2時間の講演会はきわめて高い評価をいただいた。
準備に膨大な時間と労力をかけた甲斐があった。
演題は以下のとおり。

《経営変革講演》
社長・幹部と次世代リーダーの新常識
営業再生の指針と押さえるべきツボ
ソリューション系手法&人材への転換を急げ!

今週も同じ講演を行う。
主催は三井住友銀行系列のシンクタンク・SMBCコンサルティング。
会場は千代田・麹町。
時間は90分。

また、早速、財団法人九州生産性本部での開催が決まった。
対象は九州地区の大手・中堅企業の社長や取締役、部長など上級管理職。

この講演は、主催者の都合に合わせて90分〜3時間で実施が可能。
あくまで経営層向け。

生意気を言えば、コンテンツは相当な出来栄え。
が、まったく改善の余地がないわけでない。
私はさらにブラッシュアップを図り、内容をピカピカにする。
問われるのは、執念。
かならずや「大人気講演会」に育てあげる。
そして、来月から公開セミナー会社などに営業活動をかけ、採用を働きかける。
同時に、これをDVDとテキストに仕立て、経営教材として販売に踏み切る。
楽しみになってきたなぁ・・・。



大勢の読者(視聴者)に約束した『月刊トップセミナー』の配信が延び延びになっている。
申し訳なく思う。
講演の撮影はもとよりコンテンツの作成が済んでいない。
何とか遅れを取り戻したいと考えている。
いましばらくお待ちいただきたい。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

社長教育の綾小路きみまろ…講演講師

私は、自分の体調や体力を考慮し、短時間の講演講師への転職に挑戦している。
40年以上に及ぶ職業人生を振り返り、目論見がすんなり叶った例がない。
決まって地獄を舐めさせられる。
今回の転職においても、相当な苦労を覚悟している。

さて、その域に達することは不可能と思っているが、講演のイメージとしては社長教育の「綾小路きみまろ」。
それをもっと辛口にアレンジする。

そこに、「ケーシー高峰」の“板書”の技術を取り入れる。
あれは考え抜かれていて完成度が高い。

さらに、私が大好きな「牧伸二」の“癒し”の効果を取り入れる。
歌うような語りは魅力が大きい。

3者に共通しているのは「皮肉」である。
チクリチクリやりながら笑いを取っていく。

とはいえ、私は広い意味のビジネスに関連した講演なので、面白くてタメにならなくてならない。
そうでなくては、講師としてお呼びがかかるはずがない。
滅茶苦茶難しそう。

日本はどん詰まりで、閉塞感が社会を覆い尽くしている。
会社と社員を守るのは並大抵の苦労でない。
経営者にかかる負荷は想像を絶するほど重い。
その座を降りようにも降りられない社長は少なくない。

テーマは変革や再建、革新や創造であり、領域はマネジメントやマーケティングなど幅広い。

私は、経営トップ向けの講演に“笑い”の要素をテンコ盛りにし、元気と勇気を持ち返ってもらいたいと考えている。
職場を明るく変えることが先決だろう。

                      ◇◆◇

綾小路きみまろに関するブログは以下のとおり。

⇒2009年11月23日「綾小路きみまろの言葉と生き様」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年6月公開講座

目が点状態…予算未達の原因セミナー

火曜日の夕方、首都圏は真冬の寒さが戻り、みぞれ混じりの雪が降った。
都心でも2〜3センチの積雪。
午後6時50分から「NPO法人営業実践大学」の公開講座だったので、私は参加者の取り止めが相次ぐのでないかと心配した。
公開講座5ところが、悪天候のなか、20名程が会場に駆けつけてくれた。
ありがたい。

大学セミナーの演題は「名刺だけで仕事を取る秘訣とは!?」

要は、“働き者”の名刺のつくり方。
御社(貴方)の名刺にもっと営業活動をやってもらおうとの趣旨。
ならば、営業関係者は楽ができよう。
福ちゃん名刺2内容がきわめて具体的であり、しかも即座に生かせる。
こうした実践性に、ゲスト・福田剛大(ふくだ・たけひろ)氏の人間的な魅力が加わり、素晴らしいミナーになった。
氏はいまでは名刺専門のコンサルタントや講師として人気が出て、目覚ましい実績を挙げている。

公開講座3福田剛大氏が普及を目指す名刺は、おもに2つの狙いを持っている。
第1は、顧客との初対面時に“話材”となること。
それも営業パーソンがしゃべるのでなく、顧客に尋ねさせる。
ここがミソ。
質問への回答がさりげない「セールストーク」になるように設計されているのだ。
実によく考え抜かれている。

福ちゃん名刺1第2は、後日、顧客に回想・想起してもらうこと。
自分を思い出させる、思い起こさせる。
営業パーソンの営業力や人間力が秀でていればともかく、名刺でこれを叶えるのは画期的だ。
現実には、顧客が営業パーソンの名刺を振り返るのは稀である。

公開講座1この2つの狙いをしっかりと押さえた名刺を差し出すことにより、仕事の受注や商品の販売につなげていく。
ちなみに、氏は大量の仕事を抱えて大忙し。

なお、福田剛大氏が指導する名刺をすぐに取り入れられるのは、中小・零細企業、士業(しぎょう、さむらいぎょう)、タレント、作家やクリエイター、コンサルタントや講師などのフリーランス、保険代理店や業務受託などの個人事業者と幅広い。
ちなみに、士業とは、弁護士・弁理士・司法書士・行政書士・中小企業診断士・社会保険労務士・公認会計士・税理士・不動産鑑定士・建築士ほか。

公開講座4私がこのセミナーを聞くのは2度目。
前回も有益だったが、さらに磨かれていた。

私は和田創研のオフィスを丸の内トラストタワー本館に移転したばかり。
怠慢で、名刺をつくっていない。
せっかくの機会なので、思い切って見直そうかな…。

                       ◇

NPO法人営業実践大学理事長の私は、経営トップや営業幹部向けの講演「深刻、予算未達が慢性化する職場」を行った。

終了後の休憩時間、喫煙ルームで中堅クラスの営業パーソンが話しかけてきた。
「お世辞で言うわけでありません。いままで聞いた営業セミナーのなかでもっともよかったです」。

また、別の場所で営業管理者が話しかけてきた。
「先生のお話に感動しました。気迫が凄かったです」。
私は還暦間近で老いた。
元気一杯だった頃に講演を聞いたら、彼は卒倒したのでないか。

この講演では、会場の参加者は「目が点」状態だった。
私はてっきり内容を理解してもらえないと思ったが、そうでなく呼吸が止まっていたのだ。

                       ◇

公開講座2とても充実したセミナーだった。
ゲストと参加者の皆さまに心より感謝したい。

多くの方々に熱心に受講していただき、私は2011年3月末日にNPO法人営業実践大学を閉鎖するのが申し訳ない。

第166回 公開講座は、2010年4月13日火曜日、午後6時50分スタート。
会場は交通の要所、地下鉄神保町駅至近のジェイック・セミナールーム。
1回わずか4千円の営業研修だ。
どうか積極的にご参加ください。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

実質下請けの惨状…製造業セミナー

顧客がくしゃみをすると、自社は高熱で寝込む。
ときに命を落とす。
これが下請けの実情だ。

今回の大不況で分かったのは、もはや一定の仕事を保証してくれる顧客はいないということ。
売り上げが特定の企業やグループ、市場や業種に偏る状態を放置しては、あまりに危険である。

下請けから抜け出すには、経営トップが不退転の決意を固め、「営業発の全社改革」に取り組まなくてなるまい。

とりわけ製造業は垂直統合型から水平分業型へ。
強固な「ピラミッド構造」が崩壊しかかっている。
従来の業界は一気に仕事と利益を失いかねない。
下請けの部品メーカー、孫請けの工場などはきわめて厳しくなろう。

                       ◇

先の3連休に『月刊トップセミナー』の収録を行った。
これは、おもに社長など経営層、支社・支店長や部・課長など営業幹部を対象に、経営革新と営業変革に役立つ講演動画を毎月無料でお届けするサービス。

今朝、『月刊トップセミナー』1月号を発行。
半月の遅れ。
申し訳ない。

◆2010年1月号
実質下請けで会社と社員は守れない
〜全員の意識改革と営業の強化・育成を!

会社の繁栄と社員の幸福を願う大勢の皆さまに視聴していただきたい。
私は、次世代の“精鋭”も育成しようと欲張っている。
ご登録くださると、最新号よりお届けする。

◆『月刊トップセミナー』無料購読のお申し込みはこちら

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業人材&手法マトリクス(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
営業変革講演それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
SBI大学院大学《資料請求》この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第9弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。

◆営業人材&手法マトリクス
〜合言葉は「ソリューションへ針路を取れ!」


                       ◇

営業変革講演 13.営業手法&人材マトリクス私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

営業ノウハウは役立たず?(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
営業変革講演それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
SBI大学院大学《資料請求》この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第8弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。

◆営業ノウハウは役立たずなのか?
〜「そうやってもダメだった」。ウソばっかり!


                       ◇

営業変革講演 10.営業ノウハウは役立たずなのか?私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

勝ち組は営業生産性に拘る(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
営業変革講演それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
SBI大学院大学《資料請求》この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第7弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。

◆勝ち組は営業生産性にこだわる
〜価格提示型から「価値提供型」へ転換させよ


                       ◇

営業変革講演 9.勝ち組は営業生産性にこだわる私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

エラソォ〜な製造を変える(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
営業変革講演それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
SBI大学院大学《資料請求》この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第6弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。

◆エラソォ〜な製造を変える
〜「つくったから売れ」「生産ラインを空けるな」


                       ◇

営業変革講演 7.エラソォ〜な製造を変える私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

営業管理者の仕事とは何か?(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
営業変革講演それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
SBI大学院大学《資料請求》この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第5弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。

◆営業管理者の仕事とは何か?
〜「おれの部下でホント、幸せもんだ」


                       ◇

営業変革講演 6.営業管理者の仕事とは何か?私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

全社に顧客の横串を通せ(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
営業変革講演それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
SBI大学院大学《資料請求》この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第4弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。

◆全社に顧客の横串を通せ
〜勝ち残りへのムーブメントを引き起こす


                       ◇

営業変革講演 5.全社に顧客の横串を通せ私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

提案営業で売り上げは落ちる(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第3弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。

◆間違いだらけの営業研修
〜提案営業をかじると、売り上げは落ちる


                       ◇

営業変革講演 3.間違いだらけの営業研修私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

御社の営業を元気にする(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第2弾の講話映像。
どうかお楽しみいただきたい。
私は講演のなかで、営業のことを「顧客説得の窓口」と述べているが、まったくの言い間違い。
正しくは、「顧客接触の窓口」。
お詫びしたい。
いつか撮り直しを行うつもり。

◆営業に“勝ち癖”をつける
〜「変わったね」と、顧客から言われること!


                       ◇

営業変革講演 2.営業に“勝ち癖”をつける私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

無法地帯と化す営業現場(動画)

「和田創・営業変革講演」の動画(講話映像)を平日、順次アップ。
全体のテーマは、「営業発・全社改革の思想」である。
合計9本
営業変革講演それぞれが12〜15分程度。
私は早口で怒鳴り散らすとよく言われるので、9本ともかなり抑えて語っている。

また、視聴していただきたい方は、社長や役員のほか、経営企画室長や業務改革推進室長、人事部長や教育部長、支社長や支店長、営業部課長など。
さらに、講演やセミナーの企画担当者、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミ関係者。

「和田創・営業変革講演」のベースは、私がMBAで講師を務める「実践営業論」の全15時限の授業である。
SBI大学院大学《資料請求》この導入編であったり発展編であったり…。
内容もバラエティに富んでいる。

きょうは第1弾の講話映像。
実は以前、第3弾まで収録して公開したが、体調不良や多忙を言い訳に挫折してしまった。
当初の計画は7本だったが、9本に変更して再挑戦。
最初の3本も撮り直し。
どうかお楽しみいただきたい。

◆目をおおう営業活動の実態
〜「顧客第一」など大ウソである


                       ◇

営業変革講演 1.目をおおう営業活動の実態私は経営コンサルタントとして十数年にわたり、おもに「営業再建」に携わってきた。
それは困難を極めたが、そうした経験からつかんだ勝ち残りの指針と勘所、打ち手などを縦横に述べている。
取り組むべきは、顧客の立場や目線からの会社と社員の再生であろう。

私は大勢の経営層や管理職の方々に視聴していただきたい。
そして、何か得るところがあったら、ぜひ周りの方々にご紹介、ご推奨いただきたい。

なお、全9本を収録したDVDを「営業発・全社改革の思想」というタイトルで発売する。
以前、3本を公開した際、有料でもいいから欲しいとの声が寄せられた。
価格は1万円(送料込み。消費税別途)。
時間は2時間前後。
じっくり視聴したい、繰り返し視聴したい、皆で視聴したいなどの要望に応える。
この際、自社を徹底的に変えたいと願う経営トップや営業幹部の強い味方になるだろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

経営トップセミナー(衝撃映像)

営業変革講演前例のない販売不振、受注低下。
それにともなう生産下落。
強いはずの製造業でさえ、経営悪化が日増しに深刻さを増している。
正社員のリストラや賃金のカットに踏み切るべきか、ぎりぎりの選択を迫られているトップは少なくない。
4月以降は、景気後退がさらに鮮明になりそう。

戦後最大の不況に直面してもがき苦しむ社長や取締役、経営幹部を励まそうと、私は「トップセミナー」の動画を公開している。
平均10分程度の激辛面白講話SBI大学院大学《資料請求》映像。
テーマは、未曽有の経済危機に打ち克つ「営業発の全社改革」について。
顧客目線に基づいた経営革新、営業変革の思想と急所

経営教本0359********************

和田創 経営革新・営業変革講演(第1弾)
◆目をおおう営業活動の実態
〜「顧客第一」など大ウソである


********************
和田創 講演メニュー
和田創 経営革新・営業変革講演(第2弾)
◆営業に“勝ち癖”をつける
〜「変わったね」と、顧客から言われること!

経営教本0360
********************

和田創 経営革新・営業変革講演(第3弾)
◆間違いだらけの営業研修
〜提案営業をかじると、売り上げは落ちる


経営教本0361********************

「このままではやっていけない」。
強い危機感と変革志向を持つトップやリーダーに打ってつけのセミナー
経営の立て直しや業績のテコ入れを、再建屋・和田創が営業面から考察し言及している。
大勢の方が見てくださり、営業強化・収益伸長のヒントをつかんでいただきたい。
同時に吹き出していただきたい。
日本中が暗い話題で覆われている時期だからこそ「笑い」を大切にしたいのだ。
私が目指すのは、経営漫談でトップを元気にすること!

Copyright ©2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

無料個別相談会
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ