コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

紀平梨花感覚

3Aパンク、紀平梨花が優勝候補筆頭の重圧に負けた!

勝ちたい気持ちが強すぎて冷静さを失う
ダブルアクセルならザギトワを追う展開

世界フィギュアスケート選手権女子シングル。
注目の紀平梨花は今大会の公式練習で19日を除き、初日18日と本番20日はジャンプが絶不調でした。
とくにショートプログラム(SP)本番当日は昼過ぎのサブリンクでの最終調整で代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を4度しか決められませんでした。
何度か回転が抜け、2度も転倒し、これまでの彼女からは想像できないほどの不出来です。

SP「月の光」の曲かけ練習でもトリプルアクセル、3回転フリップ−3回転トウループ、3回転ルッツのうち、コンビネーションの後ろのジャンプが抜けています。
得点源の高難度ジャンプが崩壊してしまったと感じるほど精度が落ちました。

SPが行われ、紀平梨花は冒頭のトリプルアクセルがパンクして0点になる痛恨のミスが出ました。
得点は 70.90点でまさかの7位発進です。

いまさら言っても仕方ありませんが、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)に落としたほうがよかった。
これならSP1位を僅差で追う展開になりました。
このジャンプが0点だと6点差で追う展開になり、トップ選手がベストコンディションで臨む世界選手権での逆転はそれほど容易でありません。

世界選手権11点差は自力で逆転できない

ところが、最終滑走のアリーナ・ザギトワがルール改定後の自己ベストの 82.08点を叩き出す想定外の展開になりました。
今シーズンは成長期の壁にぶつかってジャンプが崩壊しており、表彰台争いにも絡めないと予想されていました。
直前滑走の紀平梨花が大失敗を犯しており、プレッシャーを感じずに滑れたということも関係しているでしょう。

それでも、紀平梨花がダブルアクセルに変えていれば6点差で追う展開になり、逆転の可能性はいくらか残りました。
世界選手権SPでの 11.18点差はあまりに大きく、アリーナ・ザギトワがフリースケーティング(FS)でよほどのミスを犯さないかぎりは引っ繰り返せません。

アリーナ・ザギトワもエフゲニア・メドベージェワも公開練習で復調の気配を見せていました。
二人ともロシア国内でジュニア勢に押され、猛烈な危機感を抱いて調整に励んできました。
エフゲニア・メドベージェワも 74.23点で4位発進であり、今シーズンの成績を考えれば大健闘といえます。

持ち味の緩い性格、柔軟な判断はどこに

このブログで幾度か述べていますが、オリンピックシーズンを除けば最大のイベントとなる世界選手権前に4回転ジャンプの特訓を行うことは無謀です。
来シーズンに4回転ジャンプを跳ぶロシアのジュニア勢がシニアに上がってくることを念頭に置き、いつでも投入できるようにしておきたかったのでしょう。
早めに対策を講じたともいえますが、焦り(あせり)とも受け取れます。
そもそも彼女らは体形が少女に近く、成長期を迎えるこれからも跳べるかどうかは未知数です。

紀平梨花は今シーズン国際大会6戦6勝の快進撃を続け、初出場初優勝の期待がかかっていました。
国内でも海外でも優勝候補筆頭に挙げられていました。

演技後、本人は重圧を否定しましたが、私はそうでないと思います。
「勝たなければ」という気持ちが強すぎて、コンディション次第でダブルアクセルに落とすという「冷静さ」をすっかり失っています。
あらかじめ3本などと表明する必要はさらさらなかったのです。
重圧に負け、緩い性格、柔軟な判断という持ち味を忘れました。
公式練習で安定せず、しかも国際大会のSPで1度しか決めていないトリプルアクセルにこだわったのが不可解です。

⇒2019年3月10日「紀平梨花、世界女王へトリプルアクセルは2本か1本か」はこちら。

トリプルアクセルは構えすぎ、力みすぎ

紀平梨花は表情が硬く、滑りも動きもいつものスピードと伸びやかさがありませんでした。
とりわけトリプルアクセルは構えすぎ、力みすぎでしょう。
3回転フリップ−3回転トウループのコンビネーションと両手を上げての3回転ルッツも練習の不出来を引きずっており、彼女らしいジャンプといえません。

紀平梨花は「自分に集中しすぎていた。もっとまわりを見渡さないといけなかった」「感覚が合わなかった」と独特の言い回しをしました。
FSでトリプルアクセルを2本跳ばざるをえない状況に追い詰められました。
(ライバルは自分に数点差で続かれるのが一番嫌だということが分かっていません。)

紀平梨花は自力優勝がなくなり、表彰台に上れるかどうかも危うくなっています。
最終組で滑れないのは屈辱でしょう。
せめて自己ベストを出したいと考えています。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2019年3月20日「紀平梨花はSP首位なら記録尽くめの世界選手権初制覇」はこちら。

⇒2019年3月16日「紀平梨花専属トレーナー橋本大侍が明かす強さの秘密」はこちら。

⇒2019年3月15日「世界選手権で唯一勝てるとしたらトゥクタミシェワ」はこちら。

⇒2019年3月10日「紀平梨花、世界女王へトリプルアクセルは2本か1本か」はこちら。

⇒2019年3月9日「世界選手権で紀平梨花の最大のライバルはだれか」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

紀平梨花専属トレーナー橋本大侍が明かす強さの秘密

紀平梨花の主要大会に帯同してケア
国際試合6戦6勝の快進撃を支える

フィギュアスケート女子シングルの紀平梨花。
シニア1年目に国際試合6戦6勝の快進撃を続けています。

それを陰で支えるのが3年前に知人を通じて知り合い、紀平梨花の専属トレーナーとして体のケアに当たる橋本大侍(はしもと・だいじ)です。
FC大阪でプレーしていたサッカー選手です。
26歳で現役を引退してこの道に入り、実家の整体院などで修業を積みました。
(その技術はJリーガーやプロ野球選手にも定評があるようです。)

紀平梨花は夜、橋本大侍トレーナーが総院長を務める大阪市内の整骨院を訪れ、練習で疲れた体を癒やしてきました。
トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)はとても負荷が大きく、着氷でねじれる骨盤や跳ぶ際に力を込める首に加え、太腿(もも)、肩とケアは全身に及びます。
通院は昨シーズンまでは週2、3回でしたが、忙しくなった今シーズンは月1、2回に減りました。
しかし、今シーズンからは橋本大侍トレーナーが国際大会や海外合宿に帯同しているそうです。
紀平梨花は「夜遅くても、急なときでもケアしてくれる」と感謝しています。

四大陸選手権では手の位置を変える

開幕前に左手薬指を負傷した四大陸選手権で、紀平梨花は橋本大侍トレーナーに「指が痛いというよりは、使いづらい」と言いました。
ジャンプのときに指を曲げられないと体が開きやすくなります。
それでも「けがしたら、それなりのやり方で前向きにやろう」と話し合ったそうです。

紀平梨花は回転が遅くなる傾向を感じ取っていました。
フリースケーティング(FS)当日午前の練習では、ショートプログラム(SP)の失敗を踏まえて修正を済ませていました。
「トリプルアクセルを跳ぶときの手の位置をいつもの真ん中から、ちょっと右に寄せる意識を持った」と話しました。

そして、本番で冒頭のトリプルアクセルを完璧に着氷しました。
大技はこの1回に留めましたが、すべてのジャンプを成功させています。
ほぼノーミスの演技で153.14点の高得点を記録し、合計221.99点で初出場初優勝を鮮やかな逆転で果たしました。

紀平梨花は信じられないほど感覚が繊細です。
高感度センサーが内蔵されているみたい。

遅筋と速筋がバランスよく備わる!

橋本大侍トレーナーは紀平梨花の強さの秘密を明かしています。
「腿の筋肉の質が日本人では群を抜きます」。
「遅筋」は持久力を発揮しますが、大きな力を出せません。
「速筋」は瞬発力を発揮しますが、疲れやすい欠点があります。
紀平梨花は特性の異なる二つの筋肉が男子サッカー選手のようにバランスよく備わっています。
だから演技後半でも質の高いジャンプを跳べます。
フィギュアスケートは体力もいるし瞬発力もいります。
(見た目の優雅さと異なり、もっとも過酷なスポーツの一つです。)

また、紀平梨花は自らの体への研ぎ澄まされた感覚を持つそうです。
「1つの筋肉について普通の選手はここが痛いとか1つしか言いいません。あの子は1つの筋肉についてミリ単位で3つくらい訴えます。ネガティブとか、細かすぎるとか思うかもしれないが、それくらいこだわるからこそ、よいパフォーマンスができます」。

⇒2018年11月27日「紀平梨花、音を「筋肉」で感じ取り再現する才能」はこちら。

世界選手権の金が最高のプレゼント

紀平梨花はグランプリ(GP)ファイナル、四大陸選手権と合わせ、世界選手権で「3冠」を狙っています。
その世界選手権の公式練習に臨む3月18日は、橋本大侍トレーナーの誕生日です。
「世界選手権の金メダルが最高のプレゼントです」と待ちわびています。

宇野昌磨にケアを施す出水慎一トレーナーも同じ気持ちでしょう・・・。

⇒2019年3月11日「宇野昌磨、胸に響いた出水慎一トレーナーの言葉」はこちら。

category:紀平梨花ブログはこちら。

◇◆◇

紀平梨花に関するブログは以下のとおり。

⇒2019年3月15日「世界選手権で唯一勝てるとしたらトゥクタミシェワ」はこちら。

⇒2019年3月10日「紀平梨花、世界女王へトリプルアクセルは2本か1本か」はこちら。

⇒2019年3月9日「世界選手権で紀平梨花の最大のライバルはだれか」はこちら。

⇒2019年3月8日「紀平梨花のジャンプ基礎点にライバルは戦意喪失」はこちら。

⇒2019年3月7日「紀平梨花が描く世界女王の青写真、浅田真央超え3冠達成」はこちら。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ