コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

織田信成引退

小塚崇彦、美しい滑りと端正な演技…現役続行

昨年11月頃から引きずっていたもろもろの仕事に、きのう一区切りをつけられました。
この間、一部のクライアントに若干(数日)の納期遅れが生じましたが、品質へのこだわりということでお許しをいただきました。
有力な新規開拓や大幅な売上向上に直結する超実践的な営業ツールの作成が中心です。
出来次第で成果が左右されますので、磨きに磨きました。
きょうから2冊目の営業本『御社の営業をよくするヒント』の著者校正にかかります。
刺激的な読み物(講演集)です。
1月20日〜21日の予定が2週間以上もずれ込みました。
こちらが急がせておいて、こちらが止めてしまいました。
大変申し訳なく思います。
おそらく2月6日に著者校正を終えられます。
出版は来週、ソチオリンピックの真っ只中でしょうか。
3冊目の営業本『売上づくりは総力戦』は原稿が完成状態に達していますが、最後の詰めにかかれなくてストップしています。
ソチオリンピックの閉幕までには入稿したいです。

きょうからブログを再開します。
たいして時間を取れませんので、雑文になります。

古い話題で恐縮ですが、四大陸フィギュア選手権2014が台北で行われました。
全日本フィギュア選手権2013でソチ代表選考からもれた直後、現役引退をほのめかしていた小塚崇彦が出場しました。
自分の気持ちに何とか整理をつけられたのでしょう。
コンディションはよくなかったようですが、SP4位からフリーで巻き返して2位に入りました。
自身のシーズンベストでした。
ずるずると崩れなかったのは立派です。

小塚崇彦はどうやらけがか故障が慢性化しています(私は思い当たる節があり、別の機会に触れるかもしれません。)
世界のトップクラスの選手は大なり小なり似た事情を抱えています。
競技の特性により、選手の肉体と運動の特性により、特定の部位に負担が集中します。
痛みとつきあっていくしかないのでしょう。

私は、高橋大輔と小塚崇彦と織田信成が同時に去ると、一気にさみしくなってしまうと思っていました。
小塚崇彦が現役続行を決心してホッとしました。
来シーズンは調子を立て直し、美しい滑りと端正な演技を再び見せてくれるはずです。

なお、「高橋大輔なき後の日本男子シングルは・・・」みたいな表現を使うのはやめましょう。
彼の人生はこれからですよ。

                 ◇◆◇

小塚崇彦に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年1月23日「小塚崇彦は燃焼し尽くしたのか…現役引退」はこちら。

⇒2013年11月14日「小塚崇彦危うし、現役引退の危機」はこちら。

⇒2013年11月13日「小塚崇彦、ソチ五輪代表は崖っぷち!」はこちら。

⇒2013年11月10日「高橋大輔と小塚崇彦はソチへ行けるのか」はこちら。

⇒2012年12月29日「小塚崇彦不調、ジャンプ崩壊…佐藤信夫コーチ怖い?」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央、エキシビションの美しさ…全日本選手権

来年1冊目の営業本『結果を出せない営業はこう立て直す』は、年内に印刷会社から校正が出てきます。
正月休みが長いので(9連休)、本になるまでもう少し時間がかかりますが、間もなくです。
二転、三転し、紙の本だけにしました。

また、2冊目の営業本『御社の営業をよくするヒント』は、原稿が終わりました。
ソチオリンピック出場にかけるフィギュアスケートの選手たちの頑張りに刺激されながら、何とか仕上げました。
予定より早く進み、自分でも驚いています。
信じられないくらいの集中力を保てました。

ブラッシュアップをかけたのは、1冊目が30〜40回、2冊目が十数回です。
これは、力の入れ具合の差でなく、前者が実務書系、後者が読み物系という性格の違いです。
2冊目は年内に編集と装丁が終わり、いつでも印刷会社に入稿できる状態になります。
が、1冊目との兼ね合いもあり、どうしたものかと迷っています。
正月にじっくりと結論を出します。
もう1回くらい原稿に手を入れるかもしれません。

また、『営業に関する最高の教え』(営業マン向け)と『御社の営業が強くならないワケ』(経営者向け)の原稿もおおよそできています。
こちらはそれぞれ後6〜7回手を入れようと考えており、そうなると3〜4月に原稿が終わるでしょうか。
6〜7月に刊行することになると思います。

話は変わります。
「全日本フィギュアスケート選手権2013」。
エキシビションが火曜日に行われました。
私は仕事に猛烈に追われ、手を止めてテレビを見たのは浅田真央だけです。
演技もさることながら、全身からあふれる美しさに感嘆しました。
大人の女性になり、それに一段と磨きがかかりました。
オリンピックの舞台で、この天使を戦わせていけないのでないかと思えるほどでした。

また、私は織田信成の現役引退発表に感動しました。
高橋大輔とともに長く男子シングルを盛りあげてきました。
彼は激情家であり、競技上ではときにマイナスになったかもしれません。
しかし、他人にも我がことのように感情移入ができ、周囲から愛されてきました。
鈴木明子や村上佳菜子にねぎらわれ、大勢のファンに見守られての引退は幸せだったでしょう。
お疲れさまでした。

おそらくフィギュアスケートと何らかの関わりを持つことになると思いますが、第二の人生をしっかりと歩んでください。

◆書き加え1(12月26日)

私は、ソチ代表選考漏れの小塚崇彦について思うところがあった。
25日のブログでそれを取りあげる予定だったが、仕事に追われて時間を割けない。
日を改めて・・・。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

日本は「フィギュア王国」の看板を下ろす

フィギュアスケートシングル。
日本勢は男女ともに世界最強と呼ばれる絶頂期がしばらく続いている。
しかし、オリンピックシーズンの今季終了後に転換期を迎える。

2014年のソチ冬季五輪(オリンピック)と世界選手権を最後に、主力選手の大半が現役を引退する。
男子では、高橋大輔、織田信成。
小塚崇彦もその可能性がある。
女子では、浅田真央、安藤美姫、鈴木明子。
いずれも主要大会で表彰台にのぼって不思議でない、世界トップクラスの実力の持ち主である。

日本は戦力の大幅な低下に直面するだけでなく、「フィギュア王国」の看板を下ろすことになりそうだ。
荒川静香が2006年トリノ冬季五輪(オリンピック)で金メダルに輝いてから盛りあがる一方だったフィギュア人気も急速に冷めていく。

ここ数年、国内で開催された主要大会は満員だった。
大勢のファンを魅了し、熱狂させたスター選手が同時に去っていく。
たいていプロスケーターに転向するはずなので、演技を見られなくなるわけでない。
が、さみしさは否めない。
選手として残るのは、羽生結弦と村上佳菜子の二人だろう。
その下の世代は、実力で大きな開きがある。

先に名前を挙げた選手は、スケート人生の集大成として今季の主要大会にのぞむ。
全員がメダル、それもいい色のメダルを目指している。
全日本選手権と世界選手権は、巨大な収容人員を誇る「さいたまスーパーアリーナ」で行われる。
彼らの引退試合の様相を呈する。
むろん、会場はファンで埋まる。

続きは、あすのブログ「浅田真央、現役引退へ最高の演技を誓う」にて・・・。

                      ◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年3月17日「浅田真央とキム・ヨナ、演技と得点に大差がつく」はこちら。

⇒2013年3月15日「浅田真央の調子はどうか…フィギュア世界選手権」はこちら。

⇒2013年3月14日「浅田真央、金妍児の順位予想…世界フィギュア」はこちら。

⇒2013年3月12日「浅田真央と***、だれも知らない二人のつながり」はこちら。

⇒2013年3月10日「浅田真央の彼氏を占う・・・相性がいい男性は?」はこちら。

⇒2013年3月2日「浅田真央と金妍児への期待…世界フィギュア選手権」はこちら。

⇒2013年2月26日「浅田真央、大技と得点…世界選手権2013放送予定」はこちら。

⇒2013年2月23日「浅田真央は何もしないほど美しい・・・採点の限界」はこちら。

⇒2013年2月15日「佐藤信夫が浅田真央に勝った…世界フィギュア予想」はこちら。

⇒2013年2月13日「浅田真央は恐ろしいことを言う…世界選手権2013」はこちら。

⇒2013年2月10日「浅田真央、万感の思い・・・表彰台の表情に感動」はこちら。

⇒2013年2月10日「浅田真央、3回転−3回転で金妍児に勝つ…世界フィギュア」はこちら。

⇒2013年2月7日「浅田真央、トリプルアクセル解禁か…四大陸フィギュア」はこちら。

⇒2013年1月2日「浅田真央、金妍児を倒し、悲願の五輪金メダルへ」はこちら。

⇒2012年12月24日「浅田真央、金妍児、ソチ金メダルへのシナリオ」はこちら。

⇒2012年12月16日「浅田真央とキム・ヨナの戦い…全日本フィギュア2012」はこちら。

⇒2012年12月15日「浅田真央、全日本フィギュア⇒世界フィギュア」はこちら。

⇒2012年12月1日「浅田真央、GPファイナル2012制覇へ…ソチ五輪会場」はこちら。

⇒2012年11月25日「浅田真央、天性の清楚さ」はこちら。

⇒2012年11月23日「浅田真央、ソチGPファイナル進出…NHK杯」はこちら。

⇒2012年11月9日「浅田真央は年頃の女性、和田創は還暦の男性」はこちら。

⇒2012年7月4日「キム・ヨナ、ソチ五輪で浅田真央と再び激突!」はこちら。

⇒2012年6月23日「浅田真央と弥勒菩薩、清楚な慈愛…心の平安への祈り」はこちら。

⇒2012年6月17日「浅田真央は佐々木健介に家庭的なぬくもりを求める」はこちら。

⇒2012年6月13日「浅田真央の寝心地を初体験」はこちら。

⇒2012年5月31日「浅田真央、SPもフリーもエキシビションも新プログラム」はこちら。

⇒2012年5月30日「浅田真央、顔も体もふっくら…美しくセクシー」はこちら。

⇒2012年4月5日「溺れる浅田真央は内村航平をもつかむ…立て直しのヒント」はこちら。

⇒2012年4月4日「浅田真央抜き視聴率…フィギュア国別対抗戦放送予定」はこちら。

⇒2012年4月1日「浅田真央、ライバルと戦う前に自分に負ける…世界選手権」はこちら。

⇒2012年3月29日「浅田真央、半伽思惟像のほほえみ…世界フィギュア選手権」はこちら。

⇒2012年3月25日「浅田真央は頂点へ…世界フィギュア選手権2012放送予定」はこちら。

⇒2012年2月12日「浅田真央、ソチオリンピックで金メダルはムリ・・・」はこちら。

⇒2012年1月11日「浅田真央、女王復活のシナリオ…世界フィギュア選手権2012」はこちら。

⇒2011年12月28日「浅田真央、視聴率の化け物…日本唯一のスーパースター」はこちら。

⇒2011年12月26日「浅田真央優勝、天上の母へ金メダルのクリスマスプレゼント」はこちら。

⇒2011年12月25日「浅田真央、全日本選手権感動大賞(女子部門)決定!」はこちら。

⇒2011年12月24日「浅田真央、明るい受け答え…笑顔に隠す深い悲しみ」はこちら。

⇒2011年12月23日「浅田真央の調子…全日本フィギュア選手権5度目の優勝へ」はこちら。

⇒2011年12月15日「浅田真央、全日本選手権2011出場…母・匡子さんへの供養」はこちら。

⇒2011年12月14日「浅田真央、好意に甘えるのもよし…特例で世界選手権代表選出」はこちら。

⇒2011年12月11日「鈴木明子、浅田真央の分まで頑張る…GPファイナル銀メダル」はこちら。

⇒2011年12月10日「浅田真央、母・匡子さんの願い『娘よ、悲しみを乗り越えて…』」はこちら。

⇒2011年12月9日「トゥクタミシェワは3Aを跳び、浅田真央を揺さぶる…GP決戦」はこちら。

⇒2011年12月6日「浅田真央、トリプルアクセル回避…グランプリファイナル2011」はこちら。

⇒2011年12月3日「浅田真央、トゥクタミシェワと激突!…GPファイナル2011」はこちら。

⇒2011年12月2日「佐藤信夫、はれものに触る…浅田真央に遠慮と我慢」はこちら。

⇒2011年12月1日「グランプリファイナル2011…鈴木明子と浅田真央が出場」はこちら。

⇒2011年11月28日「浅田真央、トリプルアクセルは代名詞から疫病神へ・・・」はこちら。

⇒2011年11月26日「浅田真央、見事なダブルアクセル…GPファイナル2011」はこちら。

⇒2011年11月26日「浅田真央、心のなかで『たかちゃん、ごめんね』」はこちら。

⇒2011年11月25日「浅田真央、跳びたいから跳ぶのは幼い…GPシリーズ2011」はこちら。

⇒2011年11月23日「浅田真央、GPファイナル2011進出の条件…ロシア大会」はこちら。

⇒2011年11月20日「浅田真央に負けるわけにいかない小塚崇彦…全日本選手権2011」はこちら。

⇒2011年11月13日「浅田真央、納得の笑顔…ソチ五輪金メダルへ確かな手応え」はこちら。

⇒2011年11月12日「浅田真央、完全復活は間近…GPシリーズ2011NHK杯復調」はこちら。

⇒2011年11月2日「浅田真央をあたたかく見守ろう…心強い小塚崇彦の存在」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ