コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

織田信成演技

織田信成、本番で落ち着いて滑れるか?

フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)第4戦「NHK杯」。
織田信成がこの大会に5年ぶりに出場した。
正直に言うと、あまり期待していなかった私は、素晴らしい出来に驚いた。
残念ながら得点は予想ほど高くなかったが、とてもよかったと思う。

織田信成は、第2戦「スケートカナダ」で4回転ジャンプなどにミスが出て、スピンでもステップでも点数を稼げなかった。
表現力などの構成点も伸ばせなかった。
SP2位から合計3位へ、順位を落とした。

そして、巻き返しを誓って臨んだNHK杯。
ショートプログラム(SP)の曲は、映画「コットンクラブ」より。
冒頭の4回転−3回転の連続ジャンプが決まった。
トリプルアクセル、3回転も決まった。
体が動き、いい笑顔で滑り終えた。
私は織田信成を見直した。
が、ジャンプが完全と判定されなかった。
SPは3位で、得点は82.70点。

フリースケーティング(FS)の曲は、「ウィリアム・テル序曲」。
冒頭の4回転−3回転の連続ジャンプが3回転−1回転に抜けた。
が、次の4回転は見事に決まり、でき映え点が加算された。
スケートカナダでは、2本とも3回転に終わった。
そして、前半のミスを後半に冷静に挽回した。
全体を通じて大きなミスを犯さず、技術点は高橋大輔を上回った。

織田信成は音楽の速度が増すにつれ、会場の手拍子に誘われるように軽やかに動き、笑顔を振りまいた。
私は躍動感あふれる演技に感心した。
フリーは2位で、高橋大輔に 2.30点差の170.46点。
合計は2位で、253.16点。
織田信成は実力の片鱗を示した。
3年ぶりのGPファイナル進出に望みをつないだ。

⇒2011年4月28日「織田信成のリベンジ…世界フィギュア表彰台」はこちら。

フリーの「ウィリアム・テル序曲」は、子どもを守る強さを表そうと選んだ。
織田信成は、妻と二人の子どもを愛するよき夫・父であり、家族の応援を受けて戦っている。
NHK杯の終了後に電話を入れ、妻の褒め言葉が聞けたようだ。

自分のために頑張れる人は、仕事でも人生でもそれなりの成果を上げ、結果を残している。
根が怠け者の私は、自分のために頑張ることができなかった。
言い訳がましいが、自分以外のだれかのために頑張れることは素晴らしいと思う。
私の場合はそれが家族だった。
織田信成は、自分は当然として、家族のために頑張っているのでなかろうか。

⇒2013年10月16日「織田信成はソチ五輪出場枠に入れる?」はこちら。

織田信成はそそっかしいし、一喜一憂しすぎる。
私は危なっかしい選手という印象を持っている。
彼が本番で落ち着いて滑ることができるなら、かなりの高得点を残せる。
今シーズンかぎりの現役引退を表明しており、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)への出場をどうしても果たしたいはずだ。

織田信成はジャンプが美しい。
高さがあり、なおかつ自然に流れる。
体がちょっと沈むようにやわらかく着氷し、そのまま滑走していく。
一連の動きがとても軽やかだ。

織田信成は4回転ジャンプを決めたうえで、スピンとステップをレベルアップできれば、五輪代表争いに割り込んでくるだろう。
関門となる年末の全日本フィギュア選手権2013で頑張ってほしい。

                      ◇◆◇

織田信成に関するブログは以下のとおり。

⇒2013年10月16日「織田信成はソチ五輪出場枠に入れる?」はこちら。

⇒2011年4月28日「織田信成のリベンジ…世界フィギュア表彰台」はこちら。

⇒2010年12月11日「村上佳菜子は僅差3位、織田信成は後退2位」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

村上佳菜子と山田満知子コーチ、ソチ五輪への本気

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011(GPシリーズ2011)第5戦フランス杯(フランス大会)が行われる。
男女とも18日はショートプログラム(SP)、19日はフリースケーティング(FS)。
GPシリーズ上位6選手によるグランプリファイナル2011(GPファイナル2011)への出場権争いも激しさを増す。
こちらは12月8〜11日にカナダで開催される。

村上佳菜子はGPシリーズ初戦の中国杯(中国大会)で精彩を欠き、自己ワーストの6位に終わった。
SP4位から巻き返しを狙ったが、フリーでジャンプのミスを重ねた。
表現面でいくらか収穫を得られたが、技術面でライバルに大差をつけられた。
GPファイナルへの進出は絶望的な状況…。
彼女から天真爛漫な笑みが消えた。

村上佳菜子は山田満知子コーチの指導のもと、困難なプログラムを組んだ。
あえて苦手なジャンプと大人の表現を取り入れた。
2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)への出場を目指し、ステップアップに打ち込む。
二人はむろん本気なのだ。

村上佳菜子はジュニアからシニアへ転向した昨季、無我夢中で滑った。
実際、1戦ごとに著しい成長を見せた。
本人もやっていけるという手応えをつかんだ。

2季目は自身の課題も徐々にはっきりし、その克服を意識するようになった。
競技(試合)の怖さも少し分かった。
また、得点や順位に対する欲が強くなる。
いろいろ考える分、演技に勢いや思い切りのよさが影をひそめる可能性がある。
いったん“小休止”に入るのかもしれない。
私は天性の明るさで乗り切ってくれると考えている。

村上佳菜子は11月7日に17歳の誕生日を迎えた。
本人は一つ大人になったので落ち着いて演技したいと心機一転を誓った。

海外勢はGPファイナル進出を決めているイタリアのカロリナ・コストナーが3戦目に臨む。
また、スケートアメリカ(アメリカ大会)優勝のアメリカのアリッサ・シズニー、スケートカナダ(カナダ大会)優勝のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワが出場する。

                       ◇

織田信成は中国杯で2位に入り、優勝すれば無条件で、2位でも他選手の順位次第でGPファイナル進出が決まる。
17日の公式練習では4回転ジャンプを成功させた。
が、けがの影響を考慮し、回避するはずだ。
中国杯で取りこぼしたスピンやステップを修正し、演技の完成度で勝負する。

海外勢はスケートカナダ(カナダ大会)優勝のカナダのパトリック・チャン、スケートアメリカ(アメリカ大会)優勝のチェコのミハル・ブレジナが出場する。

                      ◇◆◇

村上佳菜子に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年4月25日「村上佳菜子はひょっとして…世界フィギュア」はこちら。

⇒2010年12月23日「村上佳菜子に挑む浅田真央…全日本フィギュア選手権」はこちら。

⇒2010年12月11日「村上佳菜子は僅差3位、織田信成は後退2位」はこちら。

⇒2010年12月10日「高橋大輔を追う小塚崇彦に不安、村上佳菜子は自信」はこちら。

⇒2010年12月9日「真央二世・村上佳菜子、安藤美姫と頂点を競う」はこちら。

⇒2010年10月25日「浅田真央を気づかう高橋大輔と村上佳菜子」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ