コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

職業講師

MBA学生の「知識汚染度」「頭でっかち度」

私は長年、職業講師として講演や公開セミナー、企業研修などを通じて社会人に対する実務教育に携わってきた。
21世紀に入ってからひしひしと実感するのは、知識学習・受験勉強を中心に回ってきた戦後教育の弊害である。

これは高学歴の若手ほど顕著といえる。
とにかく「知りたがる」「教わりたがる」。
私が行う講演やセミナー、研修はそうした人たちが不満を感じるものであってほしい。
コンテンツの作成では、彼らに「ストレス」が残るように心がけている。
すなわち、「知識汚染度」さらに「頭でっかち度」を問う。
私がMBAで受け持つ「実践営業論」の授業やテストでも同じ。

彼らはきれいに問題を解き、すっきりと答を出せないと面白くない。
つまり、自分の頭がよくなったという錯覚を抱けないと納得しない。
成果をもたらす行動に興味がないので、授業料ばかり払わされる。
事業者の宣伝に載せられ、勉強を「自己投資」とごまかす人が後を絶たない。
それは単なる支出である。
行動へ移して成果を上げ、報酬に変えたとき、初めて自己投資と呼べる。

私にはカネを払って学ぶという発想がない。
それでは親のすねをかじる学生の意識とたいして変わらない。
カネをもらって学ぶというのが社会人の基本姿勢だろう。
すなわち、できない仕事に挑み、その経験から学ぶ。
「トリプルアクセル」でなくてよい。
「ダブルアクセル」を試みよ。

まずは壁にぶつかる。
そして、悩み、苦しみ、考え抜き、それでもどうしても分からなければ、だれかに教わったり、本で知ったりする。
「教わる」「知る」は、「行う」の後工程である。
そうした気持ちを大切にし、ときに講演やセミナーを活用するなら、よく身につくと思うのだが…。

私は職業教育の現場で戦後教育の弊害と闘っている。

                       ◇

起業にしろ、経営にしろ、営業にしろ、それらに関する知識をどんなに詰め込んだところで、無限の現実に対応できない。
勉強が好きな人ほど、知識に現実を合わせようとする。
もちろん不可能なので、いつまで経っても行動を起こせない。
起業家養成を謳うMBAの学生の起業率が低いのもうなずける。

自分の知識と外部の現実をつなぐのが「イマジネーション」である。
「クリエイション」と並び、イマジネーションが失われている。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

コンサルタントのクライアント獲得、顧問契約

世の中はきのうから「お盆休み」の帰省ラッシュとか…。
例年だと、13日〜16日では?
この4日間は書斎でデスクワークに没頭できるので、きわめて貴重である。
私は8月中に2本、9月中に2本、90分間の新講演のコンテンツの締め切りを迎える。
長年にわたり書き溜めた原稿が揃っているとはいえ、それを編集加工し、さらに練磨するのは非常に骨が折れる。
お盆に限界まで頑張らないと間に合わせられない。

還暦に新講演を一気に引き受けた私。
無謀な挑戦だったと気づいたが、後の祭・・・。
いまの状態は、締め切りに追われる漫画家に似ている。
それも「連載」というより、「単発」。
一回ごとの真剣勝負であり、恐ろしく厳しい。
地獄!
私が来年3月まで抱える約20本の締め切りのうち、10本が連載(シリーズ講演)、10本が単発。
もちろん、連載でも人気(評価)が低ければ、それっきり。
ただし、漫画家と異なり、いったん決まったものが途中で打ち切られることはない。
なぜなら、主催者がシリーズで集客を行っているからだ。

私は、コンテンツ作成に膨大な手間をかけており、それは同じ講演を数十回は繰り返すという前提である。
1回で終わると私に限らず、職業講師は食べていけない。

この4日間は1日18時間、体力と精神力が続くなら20時間近くやるつもり。
自分との闘いだ。



ところで、中小企業でのコンサルティングではかならずと言っていいほど社長が対象になる。
すると、「厳しく指導してほしい」。
私はこの仕事の経験が長いので、厳しく指導してはいけないと分かっている。
が、せっかくなので厳しく指導する。
それきりになることが珍しくない。
クライアントをずいぶん失った。

なかでもコンサルタントが絶対に気をつけなければならないこと。
先方が差し出した資料にコメントを求められたときだ。
戦略・企画・計画、あるいは販売・営業などに関するそれ。
コンサルタントはクライアントを獲得する際の最初の関門、そして最大の危機を迎えた。
先方はあくまで専門家に謙虚にうかがうという姿勢を見せるが、この手に乗ってならない。
なぜなら、内心は自信を持っている。
コンサルタントは間違っても率直な意見を述べないことだ。
そこで、私は正直な感想を伝える。
顧問契約はたいてい流れる。

確かに、ものには言い方がある。
しかし、コンサルティングの現場ではそれを気にしてはいけないというのが信念だ。
はっきり言って、私は感じが悪い。
自分でもつくづくそう思う。
目の前の相手に不快な表情をしばしばされてきた。
いや、いまでも・・・。

私が講師として最近感じるのは、ちょっと厳しく指摘すると落ち込む営業担当者が増えたことだ。
若手に加え、中堅やベテランもそうした傾向が強くなった。
「ストレス耐性」が極端に低い。
それと同じことをコンサルティングで感じる。
社長が私を避け、電話に出ない。
おもに勉強好きでデリケートなタイプ。
ホント、心が弱い・・・。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

講師は好かれると貧しくなる…食べていけない低収入

どうして世の中、好かれようとする講師ばかりなのだろう。
私のような嫌われる講師はすごく助かるが・・・。

私は、その気持ちがまったく分からないわけでない。
参加者や受講者に好かれると、講師は講演・セミナー・研修をやりやすい。
また、楽なので、終わった後の疲労が少ない。
それに、好かれるとアンケート評価が上がる。

しかし、好かれようとする講師は凄まじい競争のなかに身を投じることになる。
存在そのものが埋没しかねない。
競争を勝ち抜くことは大事だが、競争は避けるに越したことはない。
マーケティングの基本中の基本だと思うのだが・・・。

私は経験していないが、かつて職業講師の全盛時代があった。
先生、先生と呼ばれ、1日の講師料がサラリーマンの1月の給料を超えた。
ハイヤーによる送迎も贅沢な接待もお決まり。

しかし、いまやこの仕事だけでやっていくのは至難である。
とりわけ参加者や受講者に好かれると、職業講師は貧しくなりやすい。
私は嫌われるおかげで、何とか食べていける。

社内で憎まれ役がどんどん減っている。
上は下に言うべきときでさえ、喉まで出かかった言葉を飲み込んでしまう。
嫌われる講師には、まだいくらか仕事が残されている。
ありがたい。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

プロ講師の百倍ルール…食べていけない低収入

私は人前で話す時間の最低でも百倍の時間をコンテンツの作成に費やすことを絶対のルールにしている。
例えば、90分の講演なら最低 150時間、1日(6時間)の講演なら最低 600時間。
職業講師なので、講演・セミナー・研修の内容(コンテンツ)に大きな情熱とエネルギーを注ぐのは当然だろう。

しかし、「内容」と「表現」は半々と強く戒めている。
参加者や受講者に「話しても伝わらない」というのが、職業講師としての出発点である。
では、どう伝えるか?
それを本気で追求すると、話す時間のゆうに百倍の時間が準備にかかる。
これが、自分自身に課した「百倍ルール」。

私は、企業(クライアント)やビジネスセミナー会社などで新テーマの講演・セミナー・研修の採用が相次いでいる。
何と今年度下期だけで20本近い新テーマである。
正直、仕事を欲張りすぎた。
キャパシティオーバーだった。
が、自分が進んで引き受けた以上、顧客に迷惑をかけるわけにいかない。
やるっきゃない!

むろん、それらのコンテンツのベースはすでに存在する。
また、そうでないと引っ繰り返って頑張っても間に合わせられない。
完成に近い状態、叩き台と呼べる状態、素材くらいの状態と、原稿はレベルがまちまちである。
これを講演・セミナー・研修の実施日に合わせてブラッシュアップしていく。
この先、デスクワークが可能な日はそれに没頭することになる。
おそらく8カ月〜1年間。
自分の頭と心、体の限界との戦いが延々と続く・・・。

                       ◇

表現を含めたコンテンツは、講師の「商品」である。
そう、命!
世の中の会社は商品の開発に気の遠くなる情熱とエネルギーを注いでいる。
この商品には人気テーマパークや高級ホテル、老舗百貨店などでのサービスといった無形のものも含まれる。
例えば、一杯千円もしないラーメンの開発に数カ月はおろか数カ年の歳月をかける人が大勢いる。
私の「百倍ルール」に驚く人がいるが、この程度の格闘は屁みたいなものだ。

会社を儲けさせるのも潰すのも、決めるのは顧客である。
同様に、講師を儲けさせるのも潰すのも、決めるのは顧客である。

講師は自身の商品となるコンテンツ作成にそれくらいの努力を傾けないかぎり、プロとして長くやっていけない。
それどころか、ろくに食べていけないはずだ。
実は、講師やコンサルタントは気の毒なくらい収入が低い。
指導先の社員よりもずっと貧しいのが普通である。
私が若い講師やコンサルタントに尋ねると、正直な人が答えてくれることがある。
耳を疑う低収入だ。
たいてい周辺の仕事やさまざまな副業で生活を支えている。
これでは彼らに講演やコンサルティングを依頼する気にもなれない。

21世紀に入り、とくにリーマンショック以降、ゆとりを持ってこの仕事を悠々と楽しめる職業講師が激減した。
主要なビジネスセミナー会社でも10年間で常連の営業講師は大方が消えてしまった。
かたや、若い営業講師がほとんど現れない。
いや、現れるのだがよくて2〜3年、人により一瞬で消える。

プロ講師であろうとしたら、やはり自分の最大の売り物となるコンテンツ作成に命を懸けるしかないのだ。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

パスファインダートロリーの評価

私は出張で飛び回っており、いつもパラゴン社の「パスファインダー」を引き連れている。
職人系の仕事は概して持ち物が多くなる。
わが人生0485私は世界的なブランドも試した末、このソフトタイプのキャリーバッグ(トローリー)にたどり着いた。
旅行でなく“出張”に絞り込んだ性能の追求が、他社のスーツケースとの決定的な違い。
なお、パスファインダーとは「先駆者」「開拓者」。
それ以来、パスファインダーは職業講師としての私のプライドになった。
ところが、徹底的に使い込んだせいで修理が不可能なほど痛み、ついに寿命を迎えた。
ここまでは、先日のブログで述べたとおり。

さて、この記事を目にしたマイウィズリが即座に購入を決断した。
私は正直、冷や冷や。
わが人生0486使用頻度にもよるが、“十年物”の買い物である。
また、商品力からすればリーズナブルなのだが、決して安くない。

人(職務内容)によりラゲッジは使い勝手がまるで異なる。
現物で確かめないのは危険!
とはいえ、店頭に商品がほとんど置かれていない。
ウェブショップに親切な写真と解説を載せているものもあるが、それでも一度は現物を手にしたい。
とりわけパスファインダーの最大の持ち味である多様なポケットは、写真ではっきりしない。
わが人生0487マイウィズリはとりあえず気に入ってくれたようで、私は胸をなで下ろした。
氏から丁寧な報告が寄せられた。何と律儀か。

ところで…。
私は、これまでと同一モデルの進化版を「地球の歩き方」で買った。
「パスファインダー レボリューションXT DAXトロリー」。
サイズもスーツバッグが付く22インチと変わらない。

わが人生0488私は商品が届いて言葉を失った。
雑多なアイテムを詰め込んでいたポケットが減っていた。
確かに、大幅な軽量化は図られている。
また、かなりコンパクトになりながら容量は保たれている。
拡張時は容量が増えている。
車輪や持ち手など、よりしなやかで丈夫になっている。
転がすと、一段とスムーズである。
あちこちに改良の跡が見られる。

しかし、ラゲッジの内側に左右のポケットのほかにあった天地のメッシュポケットがなくなっていた。
わが人生0489私はむしろこちらのほうが重宝していた。
地のポケットには折り畳み傘や酸素ボンベなどが、天のポケットには薬品などがうまく収まった。

さらに、外側の最大のポケットのなかに2つの小さなポケットがあり、とても便利だった。
1つには栄養ドリンクなどが、もう1つにはマウスやマウスパッドなどがすっぽり収まった。
これがなくなっていた。
その代わり、取り外し可能な薄っぺらなビニールケースが1つ付いている。

進化版では、私がもっとも使っていた計4個のポケットが消えた。
どういう意図なのか分からない。
ただし、外側の裏面にポケットが1つ増えたが…。
要は、厚みのある雑貨が入れにくくなっている。
わが人生0490私にとり、残念な結果。
ラゲッジの外側と内側に、大方の用途に応えるポケットを持つ昔のモデルは突出して使い勝手がよかった。

だが、パスファインダーに対する私の基本的な評価が損なわれたわけでない。
実際、商品力は図抜けている。
とくに機能性(実用性)が、そして耐久性も素晴らしい。
雑多な商売道具を道連れにしなければならない職人系のビジネスパーソンには、最高のトローリーといえよう。
仕事ができる人は皆、バッグにこだわる。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創 提案営業研修 1日体験版

「泣かなくていいよ…」

私の地元で「世界卓球2009横浜」が行われている。
正式名称は、「H.I.S.2009年世界卓球選手権横浜大会」。
開催期間は、2009年4月28日(火)〜5月5日(火)。
会場は、横浜アリーナ。
主催は、国際卓球連盟。
神奈川県や横浜市、その関係機関などが運営に協力する。
大会の模様を放映するテレビ東京では事前PRに力を入れ、女子アナを動員して盛りあがりを図った。

8年振りの日本開催とかで、国民の関心も高まった。
ところが、注目の福原愛選手は、一昨日の女子シングルス2回戦で世界ランク格下の相手にまさかの敗退。
「勝ちたい気持ちが強すぎて焦った」。
冷静さを失い、本来のリズムを取り戻せなかった。
それを引きずったのか、昨日の混合ダブルスでも2回戦で敗退した。

試合後のインタビュー、テレビカメラの前で号泣する愛ちゃんを見ていて、私は気の毒になった。
「泣かなくていいよ…」。
ファンの期待に応えられなかった、不甲斐ない自分をしきりに責めている。
次から次へとあふれ出る涙・・・。
責任感の強い子。
私などが想像もできないほど大きなプレッシャーがかかっていたのだろう。

人がいつも何かにベストの状態で臨めることはないはず。
例えば、社会人がそれを強烈に意識して仕事に対峙するのは、年にどれくらい? いや何年に一度くらい?
スポーツ選手の場合には、大会などの本番に照準を合わせて練習や調整を行うが、それでもベストの状態に持っていくのは至難でないか。

愛ちゃんの姿を見て、私は自分の働き方を振り返った。
長らく職業講師として何百回も繰り返してきたテーマでも、当日の体調や気力により出来がマチマチ。
私は演台の前に立つ以上、すべて一生懸命に行っているが、心身の状態に大きく左右される。
同じ公演を何十回、何百回と繰り返している役者に尋ねてみたい。

まれに、あまりのひどさに途中で帰りたくなる。
会場に足を運んでくれた方の大多数は、私の公開セミナー講演に初参加。
不出来を謝ってしまうと、かえって失礼になるので口をつぐむが、とても心苦しく思う。
しかし、焦るともっと悲惨な状態になることをこれまでの経験から知っているので、淡々と続ける。
なかには2〜3度目という参加者もいて、不審な目を向けられる。
また、休憩時間に「先生、お体はいかがですか?」と話しかけられる。

ちなみに、4月の公開セミナーはすべて即興で組み立てたが、我ながら素晴らしい。
ところが、自分でもその理由がつかめない。
「天才じゃないかと思った」。
私の公開セミナーに幾度か立ち会っている妻に告げたら、吹き出した。
この件に関し、彼女は私が自己評価の厳しいことをよく分かっている。
ただし、当日の参加者がブログを見て、会心の出来映えであの程度かと笑うかもしれない。

実は、とりわけ公開セミナーでは、講師は参加者からアンケートのかたちで容赦ない評価にさらされる。
彼らにすれば、1日3〜4万円払うのだから当然か。
終了後、主催者は集計し、満足度や有益度を数値で示す。
このスコアが低いと、集客がうまくいき、ビジネスとしては採算が取れても、主催者は講師にもう声をかけない。
一度登場して終わる人のほうが多い。
それなりに厳しい世界で働いていることになる。
とはいえ、スポーツ選手は勝つか負けるかぎりぎりの場で戦っており、結果はいずれかしかない。
私よりはるかにはるかに厳しい世界で生きている。

福原愛と自分を同列で比べる気はないが、私などはしょっちゅう「情けない」仕事をやっている。
愛ちゃんにはどうか次の機会に挽回してほしい。
(愛ちゃんなんて呼ぶから、彼女を余計に苦しめるのかなと、いま思った。)

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ