猛暑の九州から深夜に戻ってきました。
私は3週間ほど、研修やセミナーが続き、疲労がピークに達しています。
例年、なぜか梅雨時の6〜7月に集中します。
立ちっ放し、前かがみで話していますので、背中に猛烈な張りが出ています。
ちょっと呼吸が苦しく、吐き気を感じます。

ところで、大変な豪雨災害に見舞われた朝倉市には研修で8回、24日ほど伺ったことがあります(記憶が曖昧)。
テレビ映像で知る現地は様変わりです。
自然の猛威はすさまじい。
まだ行方不明者がおり、一日も早く見つかってほしいと思います。

が、事情に詳しい方と話をしましたが、大勢の自衛隊員は深刻な疲労と闘っています。
依然として涙ぐましい捜索活動が続いています。
大量の流木が被害拡大と捜索難航の一因になっているように感じました。