コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

被災者

鉢呂吉雄は大バカ…野田内閣の主要閣僚がもう辞任

野田内閣の主要閣僚が、名前も覚えないうちに引責辞任した。
いま調べたら、鉢呂吉雄経済産業相。
大バカだ。
東京電力福島第一原子力発電所の視察後、周囲に悪ふざけとしか思えない言動を取った。
また、被災者の神経を逆なでし、心情を傷つける発言を行った。
私は、あまりのレベルの低さに呆れ返る。

鉢呂吉雄は野田佳彦首相に辞表を提出し、受理された。
最重要課題としていた原子力政策の担当閣僚だった。
V字回復の内閣支持率でスタートを切って1週間余り。
大きなダメージを受けた。

                       ◇

民主党に限らないが、政治家の質が極端に落ちた。
これは単なる「失言」では説明がつかない。
国民の痛みがまったく感じられない国会議員がどんどん増えているのだ。
現在の政治は、足を引っ張ることはあっても日本を救えない。

民間は懸命に頑張り、国民はひたすら耐えている。
政治家は危機感のかけらもない。

鉢呂吉雄は再選されるべきでない。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

孫正義、柳井正、三木谷浩史…義援金の桁違い

東日本大震災。
その復旧と復興を後押しするため、実業界の成功者も次々と名乗りを上げている。

ソフトバンクの孫正義社長が個人として百億円の義援金を寄付する。
加えて、2011年度から引退するまでのソフトバンクグループ代表としての報酬を全額寄付する。
さらに、ソフトバンクグループとしても10億円の義援金を寄付する。
これらの義援金は日赤や中央共同募金会などを通じて送られるほか、ボランティア組織への支援、両親を亡くした震災遺児への生活・勉学支援に充てられる。

同じく個人として、ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長、楽天の三木谷浩史社長がそれぞれ10億円の義援金を寄付する。

三木谷浩史社長は仙台を本拠地とする楽天イーグルスの実質オーナー(?)であり、被災者を勇気づけるために優勝を成し遂げたいところ。
兵庫県神戸市出身であり、「阪神・淡路大震災」の年に優勝したオリックス・ブルーウェーブの頑張りが頭にあるはずだ。

話を戻し、オーナー社長でないとこうした思い切った決断を下せない。
彼らは社会貢献のマインドも一級品である。

私は、起業家を育成することの大切さを、こうした側面からも思い知らされた。

◆書き加え1(4月4日)

義援金に関するブログの内容が前後している。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

すべてを失い、命が残る

大津波が三陸沿岸を襲った。
テレビ各局で、数日後の市街地の惨状が映し出されている。

自宅があった辺りに呆然と立ち尽くす被災者・・・。
建物は壊れ、流されて、集落の瓦礫に覆われている。
生きた痕跡も、暮らした痕跡も見つけられない。
うなだれた肩と背に、うっすらと雪が積もっている。

・・・すべてを失い、命だけが残った。

                       ◇

また、数日振りに再会を果たした家族の様子も映し出されている。
笑顔、抱擁、涙…。
一時は諦めかけていた。
互いの無事を喜び、幸せを噛みしめる。
が、すぐに近所や仲間の安否が気になりはじめる。

避難所の人々にも身内の安否が分かってきた。
朗報に顔が輝いたり、声を上げたりする。
が、すぐに周囲の気持ちをおもんぱかる。

容赦ない明暗である。

Copyright (c)2011 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ