コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

道場六三郎

ぺんてるプラマンとぺんてる筆…愛用文具

きのうのブログ「道場六三郎、お品書きの感動…料理の鉄人」に続いて・・・。

⇒2013年8月22日「道場六三郎、お品書きの感動…料理の鉄人」はこちら。

私が仕事に追われて疲労が溜まり、集中力を保てなくていらいらが募っていたとき・・・。

たまたま立ち寄った文具店で「ぺんてる筆」を目にし、自分に気合を入れようと買い求めた。
太いタイプと細いタイプ、そして朱筆。
「これだっ!」と、そのときは思った。

しかし、冷静になり、はたして「ぺんてる筆」で自分に気合を入れられるのかという疑問が湧いてきた。
それ以前に、私は具体的な用途も考えずに衝動買いをしている。

・・・なのに、私は「ぺんてる筆」を使っている。
おもに「行動」に関わる自分の誓いを手帳に記す。
また、仕事上の重大な取り組みを手帳に記す。
どちらも還暦を過ぎた私にとり「挑戦」の意味合いが強い。

「ぺんてる筆」を用いると、おのずと文字が大きくなる。
それでやり遂げられるというわけでないが、流されやすい自分をいくらかでも引き締められる。
毎日もいくらか充実する。
「ぺんてる筆」はお気に入りになった・・・。

私は、ぺんてる製品に縁が深い。
「ぺんてるプラマン」を発売当時から用いてきた。
使い勝手が抜群の簡易万年筆だ。
書斎のデスクに何本か転がっている。
外出や出張に2本は持ち歩いている。
「能率手帳」と並び、一番の愛用文房具(文具)である。

「ぺんてるプラマン」は気合を入れるのに好都合だが、「ぺんてる筆」はもっと適する。
簡易毛筆(筆ペン)は重宝だ。
といっても、私はひどい悪筆である。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

道場六三郎、お品書きの感動…料理の鉄人

フジテレビに「料理の鉄人」という料理をテーマとしたバラエティ番組があった。
終了後かなり間が空き、「Iron Chef(アイアンシェフ)」として再スタートを切った。
こちらは視聴率が取れなかったせいか、半年足らずで消えてしまった。
好きな番組の一つだったので、私は残念だった。

「料理の鉄人」は、レギュラーで出演する鉄人とゲストで登場する挑戦者が特設のキッチン・スタジオで腕を競う。
頂点を極めた料理人同士が繰り広げる真剣勝負、そして極限状況で発揮されるクリエイティビティは見応えがあった。

「料理の鉄人」で初代の「和の鉄人」として9割近い驚異的な勝率を収めたのが銀座「ろくさん亭」主人の道場六三郎(みちば・ろくさぶろう)だった。
和食の常識にとらわれない料理を創作し、「日本料理界の異端児」と称された。

「料理の鉄人」では、審査基準となるテーマ食材を知らされてから瞬時にメニューを考え、短時間で何品もつくらなくてならない。
即興のコース料理なので至難である。

道場六三郎はいつも筆で和紙に「お品書き」を記してから取りかかった。
これには助手に調理の方向を示すとともに、挑戦者を呑み込むとの意図もあったようだ。

私は、道場六三郎の「お品書き」の儀式に大きな学びを得た。
これを元旦に行えば、まったく違った一年になると・・・。
年初、取り組みの誓いを手帳に大書する習慣は揺るぎないものになった。

再開された放送では、「和のアイアンシェフ」は湯島「くろぎ」店主の黒木純(くろぎ・じゅん)だった。
「日本料理界の牛若丸」と称される。
81歳の道場六三郎は、34歳の黒木純に挑んだ(年齢は不確か)。
高齢まで向上意欲を持ち、精進を続ける生きざまに、私は心を打たれた。

しかも、この放送では与えられた時間が通常より短かったはずだ。
にもかかわらず、道場六三郎は「お品書き」に相当な時間を割いた。
私は調理が間に合わないのでないかと、はらはらした。

忙しいからこそ、最初に自分に気合を入れ、お客に心を込めて「お品書き」を認める。
その姿勢に感服した。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ