熊本県で最大震度7の強い地震が発生しました。
震度7を観測したのは熊本県の中部に位置する益城町(ましきまち)です。
この熊本地震で多数の負傷者のほか、これまでに9人の死亡が確認されています。
家屋の倒壊や火災も発生しています。
また、停電や断水、道路の陥没など、ライフラインに広範な影響が出ています。
被災地の皆さまにお見舞い申しあげます。

私は長年、講師として九州生産性大学で「提案営業実践コース」を受け持っており、熊本県から毎年、営業管理者や営業担当者が参加してくださいました。
無事をお祈りします。

世間ではほとんど知られていませんが、「減災チャート」という、地震・津波の発生時における対応のありようをまとめた早見盤がリリースされています。

発売元は、自然災害対策に特化した「東海技術製作所」。
このブログでも取りあげたことがあります。
CIに「減災のパートナー」と謳い、なかでも巨大地震と巨大津波の被害・損失の軽減を支援する専門家です。

東海技術製作所は、震災から命や暮らしを守りたいとの創業者の高い志と強い思いから生まれました。
ホームページの代表挨拶、社是、営業憲章などに目を通すだけで、本気と決意が伝わってきます。

⇒2016年2月20日「減災の専門家…ユニークな東海技術製作所」はこちら。

本チャートは、減災と防災の簡易マニュアルに相当します。
地震・津波の発生時における対応は、各人が置かれた状況により大きく異なります。
いざというときにパニックに陥らず、基本に則って冷静な対処と措置を行うことが大切です。

残念ながら、絶対の安心と安全は望めません。
しかし、基礎的な知識を持っているかいないかで、受ける被害や損失に差が生じるのも事実です。
決して「命」を諦めるわけにいきません。

以下は、東海技術製作所の「減災チャート」のあらましです。

◆名称
いざというときに身を守る

減災チャート

地震・津波編


表裏◆表面:発生時
“生時の安全
発生直後の安全
2个慮気粒稜
げ从劼悗梁弍
ダ験莎’宗周辺の確認
正確な情報の入手
О柁櫃料蠍瀟⇒
避難の判断
避難前の確認
避難の開始
帰宅の判断
津波への対応

◆裏面:状況別
◇屋外
(盥埣
運転中
乗車中
っ浪竺
コご澑茲
山間部
◇屋内
〇業所
⊂学校・幼稚園
商業・娯楽施設
ぅ┘譽戞璽拭
ゥ肇ぅ譟ν畆
就寝中

以上。
減災・防災の基礎知識がコンパクトにまとまっています。
家庭はもとより、人が集まる役所や公共施設、幼稚園や小学校、医療介護施設、職場や店舗などに常備してほしいと思います。

日本では、南海トラフ巨大地震(東海・東南海・南海3連動地震)、首都直下地震の発生時期が切迫しています。
自治体と住民、企業などが一体となった備えが急務でしょう。

熊本地震では、震度6強、6弱といった凄まじい余震が発生しています。
「減災のいろは」をわきまえたうえで、一人ひとりが素早く判断を下し、素早く行動を起こすことが大事になります。
結局、自分の頭で考え、自分の身を守るほかにありません。
ぜひ「減災チャート」を参考になさってください。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!