コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

首都直下地震

3連動の宝永級巨大地震の発生が迫る【南海トラフ】

以前の日本経済新聞に、高知大学の岡村真特任教授のチームによる3連動巨大地震の調査結果が載っていた。
とても気になる情報なので、きょうのブログで紹介したい。

1707年の宝永地震は、東海・東南海・南海地震の3連動で起きたとされる。
それに匹敵する巨大地震が、過去約六千数百年の間に15回程度起きていた。
同チームが高知県土佐市の蟹ケ池で津波堆積物を確認した。

これまでに実施した約2千年前までの地層調査で、1707年の宝永地震、1361年の正平地震、 684年の白鳳地震、300〜600年頃の地震、約2千年前の地震の5層の津波堆積物を発見した。
新たに実施した地層調査で、約2千年前から六千数百年前頃の間に、10層程度の津波堆積物を発見した。

東海沖から四国沖にかけての「南海トラフ」付近の津波痕跡は、約2千年前までのデータしかない。
したがって、同チームが発見した津波痕跡は最古級となる。

岡村真特任教授は、この調査結果は「300〜400年の間隔で宝永級の地震が起きる」という従来の研究成果を裏付けたと語った。
そして、次に発生する地震が宝永級の3連動巨大地震になる可能性が高いと付け加えた。

結局、いま起こっても不思議でないという危険な時期に入っているようだ。
岡村真特任教授は、巨大津波から逃げるための対策の整備が急務と締め括った。

◆書き加え1(2月8日)

先月11日頃から箱根山の駒ヶ岳付近で地震活動が活発化している。
衛星を使った観測でも山が膨張する変化が見られる。
気象庁は「噴火の心配はないものの、注意深く監視を続ける」と話した。

                      ◇◆◇

大地震と大津波に関するブログは以下のとおり。

⇒2009年8月11日「東海地震と東海道新幹線のぞみ」はこちら。

⇒2009年8月11日「東海地震の1%以下でも東名高速崩落」はこちら。

⇒2011年4月14日「震源は南下、東京・神奈川の直下型地震が心配」はこちら。

⇒2011年4月16日「ぐらり…関東直下地震の足音」はこちら。

⇒2011年4月24日「首都直下地震(東京直下地震)誘発の可能性」はこちら。

⇒2012年1月2日「憧れの湘南は大丈夫か?…東海地震巨大津波が市街地を襲う」はこちら。

⇒2012年8月30日「巨大津波シェルター・ノア…湘南などで注文殺到」はこちら。

⇒2012年9月3日「南海トラフ巨大地震発生⇒死者最大32万人の衝撃」はこちら。

⇒2013年1月15日「地震雲発生…東北〜関東で震度5〜6の恐れ?」はこちら。

Copyright (c)2013 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

憧れの湘南は大丈夫か?…東海地震巨大津波が市街地を襲う

地元・横浜は元日にぐらっときました。
私は、わりとゆったりした大きな横揺れに、てっきり「東日本大震災」の被災地で再び巨大地震が発生したのでないかと思いました。
直感が外れ、胸をなでおろしました・・・。

日本列島とその周辺海域は地震の活発期に突入したのでしょうか。
毎日のようにどこかが揺れています。
「首都直下地震(南関東直下地震)」と「東海・東南海・南海地震」の発生が迫っていると言われています。
私は家族とときどき話し合いの機会を持ってきました。
各地の地震が収まるまで警戒を解けません。

私個人は今年、関東と東海・四国・九州太平洋側の巨大地震の発生を懸念しています。
出張が多く、不在がちですので、家族でやれる対応策は考えています。
むろん、それで命が助かるという保証はありません・・・。

東日本大震災では、ハードは“想定外”が多かったわけですが、地域や学校での啓蒙・訓練などのソフトは効きました。
カネをかけなくても「減災」はそれなりに可能です。
しかし、横浜でも東京でも震災以降、そうした取り組みが活発化しているという話はあまり聞きません。
東日本大震災の教訓が生かされているとはとても思えません。

                       ◇

ところで、新潟県直江津市に生まれ、日本海を見ながら育った私にとり、風光明媚な「湘南」は憧れの土地です。
仕事との絡みで叶いませんでしたが、自宅を構えたかったです。
私と同じ思いを持つ人は大勢いるようで、湘南は住宅地として高い人気を誇っています。

が、私は東日本大震災後、急に不安になりました。
東海地震による巨大津波が押し寄せたときに市街地全体が飲み込まれかねない逗子市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市などの対策はどうなっているのでしょう。
太平洋沿岸の平野部には広大な住宅街が形成されており、百万人を超える方々が暮らしています。

◇逗子市:58,359人
◇鎌倉市:174,400人
◇藤沢市:410,504人
◇茅ヶ崎市:235,536人
◇平塚市:260,638人
◇小田原市:198,302人
※2011年1月1日現在。

住民の命を守るのが第一です。
自治体の取り組みの本気度により、経済的損失はともかくとして人的被害はまったく違ってくるはずです。
ハードの整備には大きなコストと長い期間がかかります。
いまの財政状況では不可能ですし、また東海地震は待ってくれません。
住民の危機意識の高まりを促すとともに、減災啓蒙・訓練を徹底的に行うことが急務でしょう。
もう想定外という言葉は使えません。

⇒2011年4月24日「首都直下地震(東京直下地震)誘発の可能性」はこちら。

⇒2011年4月16日「ぐらり…関東直下地震の足音」はこちら。

⇒2011年4月14日「震源は南下、東京・神奈川の直下型地震が心配」はこちら。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ