コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

高梨沙羅平昌冬季五輪

高梨沙羅、北京五輪にジャンプ混合団体の新種目

2022年北京冬季五輪ジャンプ混合団体
高梨沙羅は2つのメダル獲得へ

朗報です。
2022年北京冬季五輪でノルディックスキー・ジャンプ混合団体が行われます。
国際オリンピック委員会(IOC)が発表した7つの新種目に含まれていました。

2018年平昌冬季五輪ジャンプ女子ノーマルヒル銅メダリストの高梨沙羅は「女子選手が出場できる種目が増えたことをうれしく思います」という喜びのコメントを発表しています。
先輩や関係者への感謝の言葉も述べています。
かねてよりジャンプ混合団体を希望していました。

日本は2013年世界選手権で同種目金メダルに輝き、昨年の世界選手権では高梨沙羅、伊藤有希、伊東大貴、竹内択のメンバーで2大会連続の銅メダルを獲っています。
北京五輪でメダル獲得が有望視されます。
高梨沙羅はジャンプ女子ノーマルヒルと合わせて、2つのメダルを獲れるかもしれません。

本人はこれをきっかけに女子ラージヒル、女子団体と増えていき、多くの子どもがスキージャンプ競技を始めてほしいと言い添えています。
まだ21歳ですので、これから充実期へ向かいます。

これまでの彼女からは考えられないほどの不調に陥ったオリンピックシーズンのスキージャンプ・ワールドカップでしたが、男女で歴代最多の55勝をどんどん更新してほしい。
私は完全復活を心から願っています。

Copyright (c)2018 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高梨沙羅W杯勝利、通算最多53勝へ

ノルディックスキーW杯(ワールドカップ)ジャンプ女子。
高梨沙羅(たかなし・さら)が圧巻の開幕2連勝を飾りました。
開幕前に「W杯は全戦全勝を目指す」と宣言していました。
2季連続4度目の個人総合優勝へ向けて、その言葉どおりに幸先のいいスタートを切りました。

高梨沙羅は15歳の2012年3月にW杯初勝利を上げてから、通算46勝を収めました。
出場75試合で46勝ですので、勝率は6割超えです。
また、これまでに表彰台を逃したのはわずか9戦です。
表彰台の中央はとうに定位置になっています。
女子で2位、アメリカのサラ・ヘンドリクソンは13勝ですので、その強さは群を抜いています。

通算46勝は男子で「鳥人」と呼ばれたフィンランドのマッチ・ニッカネンに並び、男女を通じて歴代2位という記録です。
高梨沙羅がこの調子で勝ち進めば今シーズンに男子でオーストリアのグレゴア・シュリーレンツァウアーの通算最多53勝に届くかもしれません。
ちなみに、彼女は開幕戦を制した3シーズンのすべてで個人総合優勝を飾っています。

競技から話がそれますが、高梨沙羅は先ごろ20歳になりました。
もともと可愛く、笑顔が素敵でしたが、大人の女性らしい雰囲気が漂いはじめました。
本人によれば、「すっぴんはできない」とのこと。

スキージャンプは選手生命、したがって現役生活がフィギュアスケートより長い。
単純に男子と比べられませんが、レジェンドと称される葛西紀明が44歳にして活躍を続けています。
高梨沙羅には2018年平昌冬季五輪、2022年北京冬季五輪はもちろん、その先もずっと頑張ってほしいと思います。

Copyright (c)2016 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ