きのう、高橋大輔が生まれ故郷の岡山で記者会見を行い、現役引退を表明した。
スケートに巡り合ったのも岡山らしい。

高橋大輔は、バンクーバー冬季五輪(オリンピック)のフィギュアスケート男子シングルで日本初の表彰台となる銅メダルを獲得した。
世界選手権とグランプリ(GP)ファイナルの優勝も日本初の快挙である。
長らく先頭に立ち、黄金時代を引っ張った。
私は男子シングルの最大の功労者と考えている。

高橋大輔は選手としてやっていくことが難しい28歳に達していた。
また、休養中だから当然とはいえ、表情から厳しさが消えていた。
私は現役引退を予感していたが、現実にそうなるとさみしい。
フィギュアスケート界から唯一無二の存在が消えた。
この競技への関心が半減しそうだ。

高橋大輔はけがもさることながら、気力を保てなくなった。
だれにも相談せず、競技人生、選手生活に幕を引いた。
高橋大輔は引き続いてアイスショーに出る。
その後は2〜3年、フィギュアスケートから離れる意向のようだ。
私は、表現力は世界一と疑わなかったので、プロスケーターへの転向を否定したのは意外だった。
あくまで選手として競技(大会)のひりひりする緊張感のなかで演じることに喜びを感じていたのだろうか。

私は高橋大輔に近い将来、指導者の道を歩んでほしい。
そして、日本人コーチ初となる金メダリストを育ててほしい。

私は火が消えた気分だが、そうした時期がいつかは訪れることは分かっていた。
高橋大輔には心から「ありがとう。お疲れさま」と言いたい。

                ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2014年2月23日「真央と大輔がソチでカップル」はこちら。

⇒2014年2月22日「浅田真央と高橋大輔、ソチエキシビション」はこちら。

⇒2014年2月15日「高橋大輔、ソチメダルへ…フリーで巻き返し」はこちら。

⇒2014年2月6日「高橋大輔に気の毒…ソチ直前の佐村河内守騒動」はこちら。

⇒2014年1月10日「高橋大輔はソチオリンピック金メダルを狙う」はこちら。

⇒2014年1月5日「高橋大輔は文句なしに選ばれたわけでない」はこちら。

⇒2013年12月24日「高橋大輔はなぜ人騒がせなのか?」はこちら。

⇒2013年12月23日「高橋大輔をソチ代表から外すべきでない」はこちら。

⇒2013年12月20日「高橋大輔は4位でもソチ代表…全日本フィギュア」はこちら。

Copyright (c)2014 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!