コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

魚津高校卒業

肉の青木…新小岩で頑張る

私は先週、下町の中堅企業で「提案営業研修標準講座(2日×5回)」の最終回を行った。
その休憩時間に喫煙コーナーで受講者と雑談を交わし、一人の方が新小岩に住んでいることを知った。

実は、私が総武線の都内区間で唯一下車したことのない駅が新小岩だった。
7カ月弱の墨田川高校在籍時、そして魚津高校卒業を経て明治大学進学後にもっとも利用したのは、赤い電車の中央線と黄色い電車の総武線だった。

三鷹⇒吉祥寺⇒西荻窪⇒荻窪⇒阿佐ヶ谷⇒高円寺⇒中野⇒東中野⇒大久保⇒新宿⇒代々木⇒千駄ヶ谷⇒信濃町⇒四ツ谷⇒市ヶ谷⇒飯田橋⇒水道橋⇒御茶ノ水⇒秋葉原⇒浅草橋⇒両国⇒錦糸町⇒亀戸⇒平井⇒新小岩⇒小岩。

私が駅名をすらすらと言えるのは総武線(都内区間)だけである。
中野、東小金井、西荻窪、三鷹、八王子に20年以上も暮らしていたので、おもに生活と仕事などで降り立った。

私が受講者に「肉の青木」を知っているかと尋ねたところ、新小岩の肉屋がどんどん消えるなかで頑張っていると教えてくれた。

私が初めて本気で思いを寄せた相手が墨田川高校の同級生だった。
当時、本人から新小岩で精肉店を営んでいると聞かされたことがあった。

私は近年、グーグルで検索して存在を確かめた。
テレビ朝日で2011年8月1日に放送された「ちい散歩」という番組にも取りあげられていた。
「みのり商店会」でも老舗なのだろう。
また、ストリートビューで肉の青木の店頭の様子を見られた。
建て替えられたのかもしれないが、彼女がここで育ったのかと胸が熱くなった。

私は魚津高校に転校する夏休み前の墨田川高校の下駄箱で、そして明治大学進学後の電話で、自分の思いを伝える機会を逃した。
どうして勇気を出せなかったのだろうと悔やみ、半世紀近く引きずってきた。
すぱっと振られてしまえば一時的に落ち込むにしろ、心が晴れた。

・・・スーパーマーケット(GMS、SM)やコンビニエンスストア(CVS)などの大手資本による精肉と惣菜の取り扱いはいまも拡充しており、街の肉屋を巡る環境は悪化するばかりである。
娘さんなので嫁がれたはずだが、肉の青木には末永く営業を続けてほしいと心から願っている。

Copyright (c)2015 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

富山名物蒲鉾(かまぼこ)に舌鼓…魚津・河内屋

「和田創 講演講師の引き出し」。
このブログの読者が徐々に、しかし確実に増えている。
ユニークユーザー(ケータイを含む)が1日1千人〜1千6百人になった。
ブログの左サイドに置いた「ありがとうカウンター」はページビューである。
こちらはユニークユーザーのおおよそ5割増で、1千5百〜2千4百人。
著名人でなく一般人のブログとしては決して少なくない。
何かのきっかけで1日のアクセスが数倍に達することもある。
熱心な読者に心より感謝したい。

                      ◇◆◇

さて、富山・滑川、かつての両親の自宅に暮らす妹が先頃、特別養護老人ホームに入所する父を見舞った。
アルツハイマーが進み、数年前から何も分からない。
このところ急激に体力が低下した。

誤嚥(ごえん)や衰弱、発熱…。
何かあったときに間に合わないはずだから顔を見ておいたほうがよいと、私が電話をかけた。
父は妹をかわいがった。
妹は父に感謝している。
田舎から横浜・港北ニュータウンに出てくるのは費用も時間もかかり大変だ。
が、私は妹に悔いを残させたくなかった。

                       ◇

ところで、妹が上京する際、魚津名物、蒲鉾(かまぼこ)を持ってきてくれた。
魚津は滑川の隣の市。
赤と青、それと昆布の3種類。
家族の大好物であり、すぐになくなった。
なかでも昆布で巻いたかまぼこが一番人気。

私は、たまたまいただいた日本酒「久保田千寿」のつまみとしても食べた。
冷酒と非常に合う。
通常のつまみにありがちな味の濃さや癖がなく、酒の邪魔をしない。
かまぼこも酒もおいしく楽しめた。

パッケージが残っておらず、インターネットで調べたが、製造元を断定できなかった。

以下は、ウィキペディアに基づいてまとめた(ほぼ転載)。
蒲鉾(かまぼこ)は、おもに白身魚のすり身を主原料とし、塩分を加えて加熱することにより、木の板の上にゲル化させて製造した魚肉練り製品。
板は、臭みのないモミ、シラベなどが好まれる。
が、魚津のかまぼこは板付きでない。

さらにウィキペディアを読み進めると、こんな記述が見つかった。
「巻かまぼこ」は、富山県で一般的な板なしかまぼこ。
板状にしたすり身をだし巻き卵のように巻いてつくる。
断面に鳴門巻きのような模様ができるのが特徴である。
これだ。

もともと昆布を巻き込んだ「昆布巻(こぶまき)」の製法。
昆布の代わりに焼き締めたかまぼこで巻く「赤巻」などもある。
富山県では定番の食材であり、地元でうどんなどを食べると、ラーメンの鳴門のように入っている。
ここでは板付きかまぼこはほとんどつくられない。
県外に出るまで、かまぼこ板を見たことがない人が珍しくない。

私は、最後の一文に噴き出した。

                       ◇

グーグルで「魚津 かまぼこ」で検索した際にトップに表示されたのが、「鮨蒲本舗 河内屋(かわちや)」。
私はクリックし、仰天した。
「鮨蒲(すしかま)」。
知らなかった…。

河内一雄(現代表取締役会長)が売れる商品開発に懸命に取り組んでいるとき、寿司屋でネタの付加価値の大切さに気づいて思いついた。
ホームページに寿司のように盛りつけられたかまぼこの写真が掲載されている。
実に鮮やか、うまそう。

河内屋は老舗で、とくに土産用や贈答用に力を注いでいる。
「細工かまぼこ」での受賞歴も豊富だ。
斬新なかまぼこづくりに情熱を注ぎ、創意工夫を重ねている。

ホームページでは小巻として「赤巻」「青巻」「昆布巻」が紹介されているが、私が食べたかまぼこかどうかは不明だ。
おそらく同一商品でなかろうか。

河内屋は本社・工場所在地がJR魚津駅前。
私は富山県立魚津高校の卒業であり、最寄りの魚津駅(当時は国鉄)を利用した。
通学路からわずかに外れていて気づかなかった。

続きは来週、「久保田千寿と浦霞禅、飲みやすくうまい淡麗辛口」のブログで…。

                      ◇◆◇

富山県と魚津高校に関するブログ(一部)は以下のとおり。

⇒2010年11月17日「富山ブラック2年連続日本一…東京ラーメンショー」はこちら。

⇒2010年11月5日「富山ブラック麺家いろは…東京ラーメンショー」はこちら。

⇒2010年6月7日「富山ダイチのスケート親父…田中実会長」はこちら。

⇒2010年5月18日「魚津の蜃気楼に壮大なロマンを感じる」はこちら。

⇒2010年4月29日「特急はくたか、強風で全面運休」はこちら。

⇒2010年4月15日「ダイチ・田畑真紀、メダルへの道のり」はこちら。

⇒2010年3月22日「魚津高校出身講師のセミナー」はこちら。

⇒2010年3月17日「卒業式シーズン…大人への通過儀礼」はこちら。

⇒2010年3月9日「五輪銀メダルのダイチは富山中小企業」はこちら。

⇒2010年2月11日「寝台特急北陸と北陸銀行セミナー」はこちら。

⇒2009年12月21日「寝台特急北陸、急行能登が消える」はこちら。

⇒2009年12月20日「巨大カボチャ風呂に入る…富山・入善」はこちら。

⇒2009年11月10日「地方紙危機、北日本新聞が夕刊廃止へ」はこちら。

⇒2008年2月19日「古里への屈折した思い」はこちら。

⇒2007年5月9日「月収1位、富山は富の山だった!」はこちら。

⇒2007年4月24日「親不孝、富山の実家に寄りつかず」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

富山ブラック麺家いろは…東京ラーメンショー

「東京ラーメンショー2010」が開催されている。
北海道から沖縄まで日本全国の有名店百店以上が集結して27ブースを出店するラーメンの祭典である。
会期は3日〜7日、5日間。
会場は駒沢オリンピック公園(入場無料)。
来場者見込みは50万人(不確か)。

当然、各店のプライドがぶつかり合う。
ここでしか食べられないラーメン、さらに有名店同士のコラボレーションラーメンも用意されている。
ラーメンはチケット制、どれでも1杯 750円。
通常より量が少なめになっており、食欲の旺盛な人なら2杯3杯いけるかもしれない。

温かいラーメンが恋しくなる季節。
私は老いたいまでも屋台のラーメンが好きである。
屋外での立ち食いは、なぜかおいしい。
私は家族と東京ラーメンショーに出かけたかった。
しかし、このところの寒さが堪えている。
私は腰痛を抱え、妻は体調不良に苦しむ。
とくに妻は医者から気温の低下にくれぐれも気をつけるように言われている。
テレビの報道番組で長い行列が映し出された。
寒風に吹かれながら、かなり待たなくてなるまい…。

                       ◇

ところで、東京ラーメンショーは昨年が第1回。
日本一に輝いたのが富山県射水市に本店を置く「富山ブラック 麺家いろは」。
3日間の会期で4千杯を売り上げた。
人出は10万人(不確か)。

今年は初日に2700杯を売った。
が、去年食べた人が違うラーメンを選ぶはずなので、2年連続日本一は難しいだろう。

実は、「富山ブラック 麺家いろは」は数年前、港北ニュータウンの「ラーメン甲子園」に出店した。
横浜市営地下鉄センター北駅ビル「ショッピングタウンあいたい」3階。
富山県立魚津高校卒業の私はさっそく食べにいった。
とてもおいしかったので、家族を連れていった。

⇒2007年3月10日「越中おわら節の哀愁…、叶わぬ夢…」はこちら。

ただし、駅ビル「あいたい」自体が閑散としており、すぐに撤退した。
だから余計に東京ラーメンショーに出かけたかった。
残念・・・。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

富山ダイチのスケート親父…田中実会長

日曜日の深夜(日付は月曜日)、TBSの「報道の魂 とことん−メダル支えたスケートおやじ」と題する番組で、富山市のダイチ株式会社が取りあげられた。
社員40名程の中小企業。地質調査会社。
質素でこじんまりした社屋が映し出された。

先のバンクーバー冬季五輪のスピードスケート女子団体追い抜き(チームパシュート)で銀メダルに輝いた3選手のなかの田畑真紀と穂積雅子を送り込んだ。
スケート部を創設したときは25億円あった年商が、その後の公共事業削減と不況により9億円に激減した。

途中、田中実会長は自らの報酬を削って凌いできた。
ダイチは昨年、金融危機の影響でついに赤字に転落した。
たいていは「廃部もやむなし」となる。
しかし、富山ダイチのスケート親父(おやじ)は“普通”でない。
このピンチを凄まじい執念で乗り切った。
スケート知らずというから、私は余計に驚く。

息子の田中洋一郎社長の存在も大きかった。
実会長とぶつかりながらも結局、支えつづけた。

私の父は入善町椚山の貧農の出身だ。
私が高校2年生のときに東京で事業につまずいて入善町に戻り、家を建てた。
その後、滑川市に家を建て替えた。
私が、晩年に横浜・港北ニュータウンに呼び寄せるまで、両親は30年以上、富山で暮らしたことになる。
私は富山県立魚津高校の卒業だが、実質1年半くらいしか住んでいない。
しかし、番組で実会長の富山弁を聞き、懐かしさが込み上げてきた。
私の父はアルツハイマーが進んで言葉を話せない。

五輪後、実会長の自宅で祝宴が催された。
ふすまを外すと、2つの和室がつながる。
両親の滑川の実家がそうだった。
実会長は2選手に挟まれ、首に2個の銀メダルをかけられ、感無量の表情を浮かべた。
苦労が報われた。

同社スケート部はこの春に高卒の新人を迎え、ロシア・ソチ冬季五輪へ向けてこれまで以上に厳しい練習のスタートを切った。
金メダルを目指していることは言うまでもない。

地元はダイチへ仕事を発注して盛りあげてほしい。

                      ◇◆◇

富山ダイチのスピートスケート女子に関するブログは以下のとおり。

⇒2010年4月15日「ダイチ・田畑真紀、メダルへの道のり」はこちら。

⇒2010年3月9日「五輪銀メダルのダイチは富山中小企業」はこちら。

⇒2010年3月1日「日本金メダル逃す…女子団体追い抜き」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2010年6月公開講座

直江津マイミクとセピオーラで歓談

きのうのブログ「特急はくたか、強風で全面運休」の続き。
ホテルアクア黒部に緊急宿泊した私は目覚めて一番にテレビのスイッチを入れた。
地元のニュースを見たら、北陸本線は通常どおり運行している。
糸魚川近辺の強風が治まり、胸をなで下ろした。

魚津駅2私は午前11時半に直江津駅前でマイミク2名と歓談の機会を持つ約束をしていた。
ところが、それに間に合う「特急はくたか」が黒部駅でなく一駅戻った魚津駅しか停車しない。
黒部駅の窓口できのうの事情を話したところ、そのための乗車券を購入することなく各駅停車で魚津駅へ。
20分程の待ち合わせ時間をホームで過ごした。
魚津駅1私は富山県立魚津高校の卒業であり、この駅は2年生の2学期から3年生の3学期(といっても受験校だったので、3学期はほとんど通学しなかったと思う)まで乗り降りした。
基本的なつくりは当時と変わっていないのでは…。
「蜃気楼」の看板はかけられていなかった?

当時も駅の奥のほうに富山地方鉄道の新魚津駅があった。
ただし、昔は国鉄(現JR)の高架橋(線路橋)が地鉄まで延びていた(不確か)。
それが消えている。
魚津駅3人気の宇奈月温泉へはこちらから。

はくたかが全面運休になったお陰で、私は魚津駅のホームで懐かしい思い出に浸ることができた。
家庭が崩壊していた富山時代だったが、最近ようやく受け入れられるようになった。
が、両親にとっては長い地獄の入り口にすぎなかった。
人生でもっとも辛い十数年でなかったか。
私と妹のために歯を食い縛って頑張ったに違いない。

                       ◇

直江津駅私は、はくたかで11時過ぎに直江津駅に降り立った。
目の前に、幾度か宿泊したホテルセンチュリーイカヤ。
2階のレストラン「セピオーラ」で森川義明氏と池田秀敏氏のマイミク2人と2時間にわたりランチを楽しむ。
私と森川氏、森川氏と池田氏は初対面。
皆すぐに打ち解けられた。
例により私はしゃべりすぎ。
ごめん!

直江津駅前その後、私は一人、半世紀以上前に通った「真行寺幼稚園」を予告なしに訪ねた。
アメーバブログで知り合った「おぼうさん」にご挨拶したいと思ったのだ。
小さなお子さんの世話をしていたご本人にお目にかかれてよかった。
ブログどおりの人柄が伝わってきた。
母君からお茶を飲んでいくように熱心に勧められた。
どこの馬の骨とも分からない私に対し、何という優しさ。
私は帰りの都合があり、お断りした。
振り返ると、家のなかからお土産2つを持って追いかけてくる。
私は再び感動。
おぼうさんが「迷惑だから…」と割って入った。
2年間お世話になった真行寺幼稚園。
呉羽紡績(現東洋紡績)の支所兼自宅と、狭い道路を挟んだ斜め向かいにあった。
直江津小学校卒業まで、私の遊び場はおもに真行寺だった。
やんちゃな子どものことだから、かなりご迷惑をかけたはず。

直江津駅で途中下車し、ホントよかった。
皆さまと再会できますように…。

                       ◇

⇒2010年4月29日「特急はくたか、強風で全面運休」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

特急はくたか、強風で全面運休

私は火曜日に富山第一ホテルで北陸経済研究所が主催する「北経研経営セミナー」の2010年度の皮切りの講師を仰せつかった。
光栄の至り。
演題は、「営業変革勝ち残りセミナー」。
対象は、富山県を中心に北陸4県の地場企業の経営トップと営業幹部。
上層部に限定したため、参加者は多くなかった。
しかし、現状に強い危機感、次世代へ深い愛情を持つ方々の集まりだったため、互いに濃密な時間を共有することができた。
受講態度は非常に真剣であり、講師として一段と熱が入った。
主催者と参加者に対し、心より感謝したい。

私は普段、講師紹介で「明治大学中退」と名乗っている。
学歴とは学業に関する経歴であり、明治大学は学び遂げられなかったので中退になった。
したがって、最終学歴は「富山県立魚津高校卒業」。
当日は地元でのセミナー。
私はいつも厳しい口調で講義を進めているが、どうしてもリラックスしてしまう。

ところで、宿泊ホテルがセミナー会場と同一であり、朝はゆっくりできる。
そこで前夜、富山駅の近くで、かつての両親の実家、滑川市天望町に暮らす妹と久し振りに食事をともにした。
ホタルイカほか海鮮を用いたメニューが中心の、地元の居酒屋。
妹は3人の子どもが大学進学で次々と親元を離れた。
寂しかろう。
2時間、会話が弾み、私は一安心。

                       ◇

北経研経営セミナーは夕方に終わった。
私は富山駅で帰りの切符を求めようとして、糸魚川付近の強風のためにダイヤが大幅に乱れていると告げられた。
「特急はくたか」は運休状態。
参ったなぁ…。

私はやむをえず、行けるところまで行こうと各駅停車に乗った。
一駅ずつ長い停車。
途中、魚津駅(うろ覚え)で、まもなく入線する特急列車が先に出発するとアナウンスがあった。
私はほとんど信じておらず、そのまま各駅停車に残った。
乗客の大半がホームに降り立って、反対側に入線する特急列車をずっと待っている。

出張の多い私は過去に幾度かトラブルを味わっており、長期戦を覚悟していた。
各駅停車はがらがら。
このチャンスしかないと思い、Tシャツとジーンズ、皮ジャンにささっと着替えた。
何と大胆な…。
が、手慣れたもの。
実は、丸1日のセミナーで汗まみれになり、体調を崩しそうだった。
先週から風邪気味だった。

かなり遅れて到着した特急列車に乗り換えたが、隣の黒部駅で長らく停車した挙げ句、運転打ち切り。
やっぱりな…。
JRが直江津駅まで振り替え輸送のバス便を用意してくれたが、私は疲労がピークに達しており、この上の長時間移動に耐えられない。
幸いにも黒部駅前の「ホテルアクア黒部」に空室があり、宿泊することにした。

私が黒部に降り立ったのは三十数年振り。
楽譜取次の松沢書店の一員として、北陸出張でレコード楽器店を毎月訪ねていた。
その駅前にこんな立派なホテルができていたことに驚いた。
至って快適。

黒部はYKK(旧吉田工業)のお膝下である。
不遇の父は同社に拾ってもらい、嘱託として女子寮の寮長を長年務めた(不確か)。
隣の生地駅か。

ふと思った。
昔、地元の人は吉田工業を「チャック」と呼んでいた(不確か)。
あちこちの家庭で内職をやっていた。
富山県民の真面目かつ豊富で安価な労働力に恵まれたから、同社の基盤が築かれたのでなかったか。

私が黒部駅に降り立った頃は暗闇に包まれ、街を見通せなかったが、とても懐かしい気持ちに浸れた。
自分の思い出より、父の姿が浮かんできた。

家族を支えるため、どん底の境遇で頑張りつづけた父に感謝したい。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

北経研セミナー:営業強化・収益伸長

私は来月、北陸銀行のシンクタンクで「営業変革セミナー」の講師を務める。
3年前、1年前に次いで3回目の開催。
過去2回は「提案営業セミナー」。
県民性も関係するのか、非常に真面目に受講していただいた。

概要は以下のとおり。

日程◆2010年4月27日(火)
時間◆午前10時〜午後5時
会場◆富山第一ホテル(富山市桜木町10−10)
名称◆北経研経営セミナー
演題◆これでいいのか、うちの営業!?
社長・幹部のための『営業変革・勝ち残りセミナー』
〜“売れる営業”“儲かる営業”へのテコ入れと再生を渾身解説〜
講師◆和田創(わだ・そう)
対象◆経営層、管理職(約40名)
主催◆財団法人北陸経済研究所

私が長らく講師を務める「みずほ総合研究所(みずほ総研)」の教育事業部「みずほセミナー」事務局の紹介。

受講者は、北陸の地場企業、それも中堅・中小企業のおもに社長や取締役、営業幹部クラスになるはず。
富山県だけでなく、石川県や福井県からも参加されるのでは…。
過去2回はお陰さまで大盛況。
しかも受講者の満足度が突出。
が、今回は対象を管理職以上に限定しているので、集客がやや心配だ。
大勢の方々にご参加いただきたい。
私は、営業強化・再建の確たる指針と方策を示す。
どうか収益伸長・業績拡大のヒントを持ち返っていただきたい。

余談ながら、私は富山県立魚津高校の卒業。
父は入善町の出身。
滑川市のかつての両親の実家で暮らす妹夫婦はそれぞれ富山市の会社で働く。
素晴らしいセミナーにしたいと、いまから張り切っている。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

まもなく北経研、経営セミナー

私は来る17日(金)、富山の財団法人北陸経済研究所「提案営業セミナー」を行う。
同財団は、北陸銀行の創業百周年記念事業の一つとして1978年3月に設立され、富山、石川、福井の北陸3県における産業の振興と地域社会の発展に寄与している。
はこのたび、北経研「経営セミナー」2009年度の皮切りの講師を仰せつかった。
演題は、「提案営業の基本と実践」
会場は、富山第一ホテル
時間は、午前10時〜午後5時。

北経研でのセミナーは2年振り。
前回は遠方からの参加者も多く大盛況となったが、北陸地方の不況は非常に深刻と聞いている。
正直なところ、集客がとても心配。
私は富山県立魚津高校の卒業である。
いわば地元。
ぜひ大勢の営業担当者、営業管理者、経営者の方々に参加していただきたい。
当日は、昨年度下期以降の経済情勢を踏まえ、不況の克服に重きを置いて講義を進めるつもり。
多くの営業関係者が直面している、顧客からの引き合いの減少をどのように乗り切るか、そのポイントを述べる。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

北陸経済研究所
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ