コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

AIセミナー

AIビジネスの進め方《プロジェクト編》 PoC実施と学習データ収集

「AIで何かやりたい」。実際の形をつくりあげる第一歩。

中小・地場企業における「新収益源」の選択肢
「AIビジネス」の進め方
先端事業・商品開発の《プロジェクト》をかみ砕いて解説

有望事業・商品の立ち上げを目指す、あるいは低迷事業・商品の盛り返しを目論む社長・幹部の方々を対象に、AIビジネスセミナーを開催しています。

◆内容紹介
技術革新が劇的に進むなか、国が資金面や経営面の後押しを絡めながら「AIビジネス」の立ち上げを推奨しています。米国や中国などとの後れを取り戻し、日本の地盤沈下に歯止めをかけようと躍起です。
いまや至れり尽くせりといえるほど支援環境が整っており、すでに追い風に乗って有望事業・商品の開発に突き進んでいる企業も少なくありません。
本講座では滅多にないチャンスを生かせない中小企業の社長や幹部の方々を対象に、プロジェクトを本格稼働させる基本を分かりやすく解説します。
AIをどう取り入れるか。それ次第で自社の命運が左右されます。新規事業・商品に活用するだけでなく既存事業・商品に付加することも可能です。
本講座を通じ、プロジェクトリーダーとして社員や部下を率いるツボ、成功させるツボをつかめます。1〜2年後の事業展開や商品投入により、不透明な2020年代に勝ち残りを果たしてくだされば幸いです。

AIビジネスは資金調達が断然有利です。

◆内容構成
〔はじめに〕AIビジネスはハードルが低下

機.妊ープラーニング
  ニューラルネットワークが進化を促す

  1.新事業・新商品に組み込む2大技術とは?
  2.AIには大きく機械学習と深層学習がある
  3.「ニューラルネットワーク」の多層化が支える
  4.AIがデータを分析し、規則性を抽出する
  5.人間が手入力で教えるわずらわしさがない
  6.「教師あり学習」か「教師なし学習」を用いる
  7.教師あり学習ではデータセットを読み込ませる
  8.教師なし学習ではAIが自らデータから学べる
  9.文字認識、言語認識、画像認識の精度が高まる
  10.ディ−プラーニングが実用段階に達しつつある
  11.活用事例から見えてくるAIビジネスの広がり
  12.うさん臭いAIを信じてみるところから始める
  13.会議を開いておきながら皆でAIを否定しない

供 孱丕錚叩廚瞭庸頬
  AIビジネスの第一関門をクリアする

  1.AIはやってみなければ分からないことだらけ
  2.PoCはプロジェクトで最重要の工程といえる
  3.コンセプトの実現性・有効性・受容性を調べる
  4.PoCによりAI開発におけるリスクを抑える
  5.クリアすべきKGIとKPIを定めよ
  6.はたして期待した「精度」が得られるだろうか
  7.早く小さく失敗する経験を幾度か積む
  8.プロジェクトがはらむ不確実性をつぶしていく
  9.AI開発の試行錯誤を減らし、進捗を読む
  10.どうすれば「PoC止まり」を防げるのか
  11.必要ならばプロトタイプによる検証に踏み込む
  12.AIプロジェクトへ「ゴーサイン」を出す

掘。腺疋廛蹈献Дトへ
  いよいよチームで商品開発に取り組む

  1.プロジェクトは「中期経営計画」に位置づける
  2.リーダーは文系社員でも十分に務まる
  3.AI活用プロジェクトの流れ(工程)と留意点
  4.スケジュールとコストは見通しておく
  5.【基本】商品は小さく生み、大きく育てる
  6.頻繁な修正に耐えるアジャイル型開発が適する
  7.【目標】AIで何(What)を叶えるか
  8.【設計】AIをどのように(How)つくるか
  9.実装すべき機能、発揮すべき性能を文書化せよ
  10.完璧を求めると事業展開や商品投入が遅くなる
  11.コスト面など、AI開発のハードルが下がった
  12.開発支援のインフラ・サービス・ツールが揃う
  13.CS向上へ商品のバージョンアップに励む
  14.プロジェクトの経験が次世代をたくましくする

検ヽ惱データの収集法
  ビッグデータとIoTの活用も考える

  1.学習データがAIビジネスの成否を決める
  2.精度向上にはデータの量も質も欠かせない
  3.入力データから出力データへの変換を想像せよ
  4.問題と正解のデータセットが理想といえる
  5.AI開発に必要なデータを洗い出して収集する
  6.蓄積データを活用するか新規データを生成する
  7.インターネットなどでの公開情報も活用できる
  8.いまやAIの進化によりビッグデータを使える
  9.自前のデータがなくてもライブラリーを使える
  10.IoTによるデータの爆発が実用化を加速する
  11.AI時代ではデータ自体が競争力の源泉となる

〔あすから〕プロジェクト稼働は社長次第!

1〜2年後の事業展開・商品投入へ向けたエッセンスを凝縮。

意識も発想も真逆にしないと「先端ビジネス」へ動き出せません。

「AIビジネス」の進め方《プロジェクト編》セミナーパンフレット

和田創研では「AIビジネスの始め方《ベーシック編》」と「AIビジネスの進め方《プロジェクト編》」のセミナーを2日連続で開催しています。
理解を深めるため、2日連続で参加されることをお奨めします。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

AIビジネスの始め方《ベーシック編》 〜事業計画書作成から資金調達まで

「AIで何かやりたい」。もやもやを現実に変える第一歩。

中小・地場企業における「勝ち残り」の選択肢
「AIビジネス」の始め方
先端事業・商品開発の《ベーシック》をかみ砕いて解説

有望事業・商品の立ち上げを目指す、あるいは低迷事業・商品の盛り返しを目論む社長・幹部の方々を対象に、AIビジネスセミナーを開催しています。

◆内容紹介
企業数で百パーセント近くを占める中小企業が環境変化の荒波にもまれ、業績が伸び悩んでいます。それにつれ、地域経済の疲弊も深まっています。
かたや新聞を連日賑わしているのが先端分野のスタートアップや商品リリースの記事です。
本講座では「AIで何かやりたい」と思っても、自分はうとい、技術者がいないなどの理由で「うちにはムリ」と決めつけている社長や幹部の方々を対象に、先端ビジネスの基本を分かりやすく解説します。
新規事業・商品に活用して新収益源をつくることも大切ですが、既存事業・商品に付加して魅力向上に努めることも大切です。さらに、長年にわたり蓄積した顧客資産を別の切り口で生かすことも大切です。
それ以前に、これからの「経営判断」を誤らないためのAIに関する基礎知識を養えます。
社員も巻き込んで2020年代を切り拓こうとする意欲的なトップやリーダーにお奨めします。

AIビジネスに勇気と希望が湧く内容です。

◆内容構成
〔はじめに〕自社を活性化する最速の打ち手

機\菽璽咼献優垢悗茲Δ海  
  AIは成長力も将来性も申し分なし

  1.AI関連市場は2020年代に劇的に拡大する
  2.勝ち残りには「本業刷新」の選択肢も排除せず
  3.AIを取り入れないと遠からず淘汰される
  4.社長が「うちにはムリ」と決めつけていないか
  5.【自社分析】強み・ライフサイクルを確かめる
  6.【地域分析】特性・つながりを生かし切る
  7.とにかく上昇ステージの事業・商品を持つ
  8.【第1着眼】AIを既存事業・商品に付加する
  9.【第2着眼】AIを新規事業・商品に活用する
  10.自社と社員のあすの居場所は早めにつくる
  11.小規模なオーナー企業ほど成功に近い
  12.難しいことはさておき、AIに親しんでみよう

供。腺(人工知能)とは何か
  ビジネスどころか社会を一変させる

  1.成熟度の低い発展途上の技術だから面白い
  2.職場も家庭もAI尽くしになる現実が迫る
  3.最終目標は人間並みにタスクを遂行できること
  4.AI革命は中小企業の経営を根幹から揺さぶる
  5.多くの業界や市場が消滅の危機に直面する
  6.AI(人工知能)の定義・分類・水準
  7.「第3次AIブーム」の特徴は実用化加速
  8.AIには大きく機械学習と深層学習がある
  9.AIにいまできること、まだできないこと
  10.こんなにたくさんAIビジネスのメリット
  11.自社に最適な「ビジネス発想マトリクス」
  12.新鮮な刺激が錆びついた頭脳を呼び覚ます
  13.AIビジネスは若い人材を惹きつける

掘 峪業計画書」の作成法
  魅力的なビジネスプランを生み出す

  1.事業計画書は夢や願いを叶える確かな道しるべ
  2.ビジネスの実現性と有望性を裏づけよ
  3.1枚の「エグゼクティブサマリー」が勝負
  4.【フォーム】ビジネスプランを盛りつける
  5.事業計画書の構成要素と記入方法
  6.最大の焦点は「どのような貢献を行うか」
  7.それは提供したい価値、解決したい課題のこと
  8.商品の独自性、競合商品への優位性を打ち出す
  9.関連性があれば新事業、なければ新会社になる
  10.3年後の中期目標、10年後の長期目標を掲げる
  11.関係者を巻き込み、投資家に通せるプラン
  12.【サンプル】サマリーはこうまとめる

検 峪餠眥潅」のポイント
  AIは官民を挙げた支援環境が整う

  1.先端ビジネスの調達金額・件数は群を抜く
  2.ベンチャーキャピタルは門戸を開いている
  3.資金だけでなく人材やノウハウも与えてくれる
  4.大企業との「オープンイノベーション」が可能
  5.インキュベーターはビジネスプランに関与する
  6.アクセラレーターは資金づけを後押しする
  7.投資家にピッチする機会も設けられている
  8.AI関連は融資も補助金も断然通りやすい
  9.自社にマッチした働きかけ先の選定を行う
  10.出資の可否の判断はどのように下されるか
  11.狙いどおりの資金調達を叶える最大の急所
  12.先端分野は早期IPO、破格M&Aの事例多し
  13.資金を手当てできれば、すべてが動き出す

〔あすから〕「やらなきゃ損」AIビジネス

企業価値向上により事業承継・後継確保・M&Aもスムーズ。

現行事業・商品が元気なうちに「先端ビジネス」に着手しましょう。

「AIビジネス」の始め方《ベーシック編》セミナーパンフレット

和田創研では「AIビジネスの始め方《ベーシック編》」と「AIビジネスの進め方《プロジェクト編》」のセミナーを2日連続で開催しています。
理解を深めるため、2日連続で参加されることをお奨めします。

Copyright (c)2019 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ