コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

Facebook

正範語録(改訂版1)

「正範語録」なるものがFacebookでシェアされて広まった。
いまでは多くのブログやウェブサイトで引用されている。
作者も出展(出所)も不明。
「渡辺勇治」「湯城豊勝」「後藤静香」という説があるが、いずれも違うのでないか(不確か)。
無名のだれかがつくり、形と内容を少しずつ変えながら語り継がれてきた?

以下に、Facebookでシェアされた「正範語録」を掲げる。

                      ◇◆◇

正範語録

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差

真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

本気でするから大抵のことはできる
本気でするから何でも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる

                      ◇◆◇

「正範語録」は、人が懸命に生き、懸命に働くことの大切さを説いている。
生活にも、仕事にも、経営にも、人生にも通じる。
私は、深い共感を覚える。

なお、「判断力の差は情報の差」はせっかくの「正範語録」をつまらなくしているように思う。
人生経験(職業経験)から編み出された実感としての真理を理屈っぽくしてしまった。
また、この1行により、前後のつながりが悪くなった。
結果、3種類の箴言(格言)を寄せ集めた印象が残る。

最初の3行の流れからすれば、「判断力の差は覚悟の差」としたい。
ならば、文脈もすっきりするし、全体もまとまる。
次の行で「真剣だと知恵が出る」と説いており、人が真剣になれる前提は覚悟を決めることだろう。

さらに、これだけ同じ文節にこだわるなら、「いい加減だと言い訳ばかり」は「いい加減だと言い訳が出る」がよい。
ところが、実際には一本調子になる。
詩として眺めた場合の生っぽさというか、躍動感が消える。
やはり、そのままがよい。

仮に「正範語録」が伝承・伝播の過程で徐々に固まってきたとすれば、以下のように改訂したい。

                      ◇◆◇

正範語録(改訂版1)

実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は覚悟の差

真剣だと知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

本気でするから大抵のことはできる
本気でするから何でも面白い
本気でしているからだれかが助けてくれる

                      ◇◆◇

万一、確かな著者が存在するとしたら、こうした改訂は許されないだろう。
このブログは「正範語録」が何人かの手で練りあげられたとの前提に立つ。

大勢の注目を浴びる「正範語録」。
私は、作者に名乗り出てほしいが・・・。

◆書き加え1(6月26日)

「人格の差は苦労の差」に違和感を覚える方もいるはずだ。
が、この1行は原因を示したというよりも激励を込めたのでなかろうか。
うまくいかずに苦労している人、目標を叶えようと苦労している人へのあたたかい眼差し(まなざし)が感じられ、私はこれでいいと思っている。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

食事制限…3日間何も食べない

金曜日と土曜日、Facebookの画面が突然消えてしまった。
原因は不明。
ところが、土曜日の夕方に突然現れた。
何なのだろう?
「いいね!」の押しすぎ?
FBの友達に電話で尋ねたら、過去にそういうことがあり、1週間ほど消えたとのことだった。
2日間での復活はわりと早い?

私は仕事の頑張りが下旬まで続く。
連日、自分の頭と心、体の限界近くまで打ち込んでいる。
先日述べた「きょうが働ける最後の日」状態である。

ブログは長らく休止する。
私自身、更新を楽しみにしているので、とても残念である。

また、厳しい食事制限を続けている。
ご飯はずっと食べていない。
実は、食事制限は平気だ。
つらいと思わない。
下旬まで続ける。

学生時代を含めた数年、食生活はひどかった。
一日に白い飯を軽く一杯はしょっちゅう。
マーガリンを微量載せ、なければ醤油、なければ塩をかけた。
まったく食べない日も珍しくない。
体力を消耗しないよう、狭い部屋でずっと横になっていた。

食事制限の悩みは、肝心の腹回りが落ちなくて、顔がげっそりしてしまうことだ。
一層貧相になる。
人前でしゃべる商売なので、みっともない。

3日間くらい何も食べなくても、どうってことはない。
私がつらいのはブログ制限である。

Copyright (c)2012 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

フェイスブックを通じた交流の意味と楽しさを考える

ソーシャルメディアの普及により、それまでは出会うことのなかった方々と気軽に“友達”になれる。
広範囲かつ高効率に、しかもストレスフリーで…。

私が知人に勧められて始めたFacebook(以下、FB)は顔写真付きの「実名登録」である。
自らの発言に責任を持つという観点からも好ましい。
ネット上のやり取りでもマナーやルールはあってしかるべきだが、それが一段と重んじられる。
これまでが異常だった。

ゆえに、FBではリアルの交流に近づく。
が、近づきすぎると、ソーシャルメディアの意味が薄れるように思う。
私たちは普段、気が合う仲間との結びつきに凝り固まっている。
人間関係は「共感」がベースになることに異論はないとして、実生活に似たクラスターをネット上につくっても刺激が乏しい。
価値観や階層が共通のつながりは快適・安心だが、自分の成長にはつながりにくい。
FBはそれを打ち破っていくものだ。

「面識のある人としか友達にならない」とプロフィールに記している人がいる。
私などは、何のためにソーシャルメディアを使うのかと思ってしまう。
しかし、FBはリアルの友人や知人との交流にこの上なく便利なことも確かだ。
電話をかける、メールを出す、足を運ぶなど、こちらが行動をわざわざ起こさなくても彼らの様子や気配を容易に感じられる。
それも、一人ひとりのウォールを覗かなくても自分のウォールで…。
FBの発祥は親しい学生同士のネット上のコミュニティ(共同体)であり、したがってリアルの友人や知人に限定する人を否定はしない。
とりわけ友達を“仲良し”に絞れば、FBはとても楽しいのでは・・・。
その際はきっとやり取りも公開しない。

なお、友達が大勢でも、それを分類しておくことにより、ウォールに書き込むときにシェアする範囲(相手)を指定できるようだ。
ちなみに、FBは機能に改良が頻繁に加えられるため、私はよく分かっていない。

                       ◇

余談。
Facebookはリタイア後のシニアによい。
私は職業人生の幕引きが迫っている。
その頃にはおそらく体を動かして人に会いにいくのが億劫になっている。

友達とのコミュニケーションの機会がたやすく得られるので、退屈をそれほど感じないし、孤独もいくらか和らぐのでは・・・。

問題は、仕事や職場を離れたときにリアルの友人や知人をどれくらい持っているかだろう。
それによりFBを通じた交流の楽しさが決まる。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

多忙の「忙」は心が亡ぶと書く…仕事の工程表

忙しい・・・。
多忙の「忙」は、心が亡ぶと書く。
忙しくしたのは自分なのに、あまりに忙しいと自分を見失いそうになる。
何もかも分からなくなってしまう。

私は仕事がどうにもならないくらい増え、膨らみ、そして溜まっている。
焦りが先立ち、気持ちが空回り・・・。
このままでは仕事にほころびが出て得意先(クライアント)、講演やセミナーの主催者に迷惑をかけかねない。
そこで、冷静になって頭を整理することにした。
今年度中(〜2012年3月)にやるべき仕事を大きな紙に書き出し、プライオリティを考えて工程表(?)をつくろうとしたら、ますます絶望的な気分になった。
キャパシティをはるかに超えている。
結論は、締め切りの迫る仕事から一つひとつ片づけていくしかない。

このところの暑さ(節電)も一因だが、頭がオーバーヒートを起こしており、眠りが極端に浅い。
脳(?)に熱がこもり、抜けない。
ますます疲労と寝不足がひどくなる。

というわけで、私にとりわずかな楽しみのFacebookにもブログにもほとんど関われない。
なかでも自分に長年課してきたブログの更新がままならない。
定期的に訪れてくれる熱心な読者に対し、まことに申し訳なく思う。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ