コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

GPシリーズ2011

鈴木明子、フィギュア人生の仕上げ…摂食障害が彼女を強くした

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011(GPシリーズ2011)。
鈴木明子はNHK杯のSPでは完璧な演技を見せ、フリーでもよく粘った。
3つのスピンで最高難度のレベル4を得た。
SPの貯金が利いて、復調した浅田真央を僅差でかわした。
直後のインタビューで、「ちょっと申し訳ない気持ち」と胸の内を語った。
スケートカナダでの2位とNHK杯での初優勝により、日本選手のトップを切って、12月8〜11日にカナダ・ケベックで行われるフィギュアスケートグランプリファイナル2011(GPファイナル2011)への切符を手に入れた。
おめでとう!

⇒2011年12月1日「グランプリファイナル2011…鈴木明子と浅田真央が出場」はこちら。

ベテラン選手の健在が「フィギュア王国日本」の強さを支えている。
一人ひとりが国際大会の出場枠の確保に努めることは、自身はもちろん周囲の有力選手、さらに次世代の有望選手に活躍の機会を与える。

                       ◇

鈴木明子は1985年3月28日、愛知県豊橋市生まれ。26歳。
邦和スポーツランド所属。
スケーティングやエッジワークが巧みだ。
2009年にGPシリーズ中国杯初優勝、GPファイナル3位、全日本フィギュアスケート選手権2位。
2010年に四大陸フィギュアスケート選手権2位、バンクーバー冬季五輪(オリンピック)8位。

鈴木明子は“遅咲き”に見えるが、ジュニア時代から将来の代表候補として高い評価を得てきた。
安藤美姫らとともに特別強化選手に選ばれた。
21世紀に入って好成績を残せるようになった。
2003年に2006年トリノ冬季五輪(オリンピック)に出場するとの夢を叶えるため、長久保裕の指導を受けようと東北福祉大学へ進んだ。

が、初めて実家を離れ、学業と練習に打ち込むうちに変調を来した。
医師の診断は「摂食障害」だった。
彼女は体調管理に万全を期すあまり、食事に気を遣いすぎた。
どうやら、それ以前からそうした傾向はあった(不確か)。
根が恐ろしく“真面目”なのだ。
主要大会から遠ざかることに・・・。

荒川静香が2004年に世界選手権で優勝した演技をテレビで観たことが転機になった。
実家に戻り、闘病生活を始めた。
やがて栄養を摂れるようになった。
2004年−2005年シーズンから主要大会に復帰することができた。
摂食障害を乗り越えたことが彼女を強くした・・・。

鈴木明子は人柄のよさがにじむ。
私は、彼女がインタビューで大きな目をさらに大きく開いて受け答えする様子を見ていると、過去にそうした地獄の苦しみを味わったことを忘れてしまう。
心底明るく、屈託がない。
一生懸命なのは間違いないが、いくらか滑稽さやひょうきんさを感じる。
前向きに生きると心に誓っているからだろう。

鈴木明子は現役を続けられる期間はそれほど長くないと考えている。
悔いを残さぬよう、競技人生の最後の仕上げに取り組んでいる。
立派だ。
私は彼女がGPファイナル2011で表彰台に立つことを願う。

                       ◇

放送はテレビ朝日系列。
12月10日(土)午後6時58分〜 男女ショートプログラム(SP)
12月11日(日)午後6時56分〜 男女フリースケーティング(FS)
12月12日(月)午後11時15分〜 エキシビション

出場選手は以下のとおり。
◆女子シングル
エリザベータ・トゥクタミシェワ ロシア
浅田真央 日本
カロリナ・コストナー イタリア
鈴木明子 日本
アリッサ・シズニー アメリカ
アリョーナ・レオノワ ロシア

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

羽生結弦、小塚崇彦先輩を置いていく…GPファイナル2011

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011(GPシリーズ2011)第6戦「ロシア杯」。
男子のフリースケーティング(FS)が行われた。

ショートプログラム(SP)で2位につけていた羽生結弦(はにゅう・ゆづる)が逆転してGPシリーズ初優勝、グランプリファイナル2011(GPファイナル2011)初進出を決めた。
おめでとう!
スペインのハビエル・フェルナンデスは2位。
SP1位のアメリカのジェレミー・アボットは3位。
羽生結弦と同じ24ポイントを獲得した小塚崇彦は優勝がなかったことで、GPファイナル進出を逃した。

注目のフリー、羽生結弦は冒頭の4回転ジャンプの着氷で両手をつくなどミスが出たが、最後まで落ち着いて滑った。
自己ベストを7点以上更新、合計でも自己ベストを13点以上更新・・・。
フリーの出来に自ら合格点と顔をほころばせた。

羽生結弦は高橋大輔・織田信成・小塚崇彦の“御三家”を脅かす存在に成長した。
最大3枠の2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)の日本代表候補、さらに金メダル候補に名乗りを上げた。
男子は活性化によるレベルアップが図られそう。
結局、ロシア杯は浅田真央と羽生結弦がアベック優勝を遂げた。
気持ちいい・・・。

羽生結弦は宮城県生まれ、東北高校在籍の16歳の新鋭。
2009年ジュニアGPファイナル優勝。
2010年世界ジュニア選手権優勝、全日本選手権4位。
2011年四大陸選手権2位。

羽生結弦は3月11日、アイスリンク仙台で練習中に「東日本大震災」に遭遇した。
自宅も被害を受け、家族と避難所で数日過ごした。
練習拠点が4カ月以上閉鎖になり、リンクを求めて全国を転々とした。

死の恐怖に直面した出来事は、人生と競技に対する考え方に変化をもたらした。
あって当然と思っていたものやことが消え、一つひとつを大事にするようになった。
羽生結弦はチャリティーイベントに約60回出演した。
練習時間をつくるため、会場に早く入った。
また、ショーとはいえ、試合のつもりで滑った。
気持ちを切らすことなく、努力を精一杯積み重ねた。

羽生結弦は震災直後、スケートをやることに強いためらいを感じた。
しかし、元気に滑るところを見てもらい、被災地の人々の力になりたいと考えた。
逆境をバネにしてつかんだGPシリーズ初優勝、GPファイナル初進出の快挙により、その思いは故郷に届けられた。

                       ◇

このブログで述べたとおり、小塚崇彦はGPファイナル進出を逃してよかった。
いま必要なのは、シーズンの総括となる世界フィギュアスケート選手権2012の代表最終選考会を兼ねる全日本フィギュアスケート選手権2011へ向けてコンディションを整えることだ。
練習に打ち込める時間をしっかりと取れることは、彼に味方するだろう。
もっとも、浅田真央は小塚崇彦と一緒に出場できない。
さみしさは隠せない・・・。

以下に、「浅田真央、心のなかで『たかちゃん、ごめんね』」と題する2011年11月26日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

きのうのブログ「浅田真央、跳びたいから跳ぶのは幼い…GPシリーズ2011」に続いて・・・。

⇒2011年11月25日「浅田真央、跳びたいから跳ぶのは幼い…GPシリーズ2011」はこちら。

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011(GPシリーズ2011)第6戦「ロシア杯(ロシア大会)」。
女子シングルのショートプログラム(SP)が行われた。

NHK杯2位(13ポイント)の浅田真央は 64.29点でライバルを押さえてトップに立った。
NHK杯3位(11ポイント)のロシアのアリョーナ・レオノワ(アリーナ・レオノワ)は 63.91点で2位。
世界ジュニア女王で中国杯3位(11ポイント)のロシアの新星、アデリナ・ソトニコワは 57.79点で3位。
今井遥は 55.20点で6位。

⇒2011年11月23日「浅田真央、GPファイナル2011進出の条件…ロシア大会」はこちら。

浅田真央は迷わず、確実に跳ぶことを選んだ。
SPではジャンプのミスが大きく得点に響く。
トリプルアクセルをダブルアクセルにする安全策で臨み、波に乗った。
冒頭でしくじると、後の演技に引きずりやすい。
すべてのジャンプをきれいに決めた。
また、一つひとつの要素を丁寧にこなした。
終盤のストレートステップで最高難度のレベル4を得た。
得点はNHK杯をかなり上回った。

⇒2011年11月12日「浅田真央、完全復活は間近…GPシリーズ2011NHK杯復調」はこちら。

浅田真央は自信を取り戻し、演技が落ち着いていた。
千夜一夜物語「シェヘラザード」の王妃を彼女らしく表現した。
また、滑りのスピードが増した。
長い手足を生かした動きは大きい。
カメラが引かないと滑りや動きについていけない。
私は採点方法を分かっているわけでないが、浅田真央とアリョーナ・レオノワの演技は二人の得点差よりも開いていると感じた。

浅田真央は、GPシリーズでは2008年のNHK杯以来3年ぶりの優勝へ向けて好スタートを切った。
このときもSPでトップに立った。
フリースケーティング(FS)はきょう行われる。
放送はテレビ朝日系列で午後6時58分〜9時、男子SPを含む。
浅田真央は2位以内に入れば、GPファイナルへの3季ぶりの進出が自動的に決まる。
心のなかで、「たかちゃん、ごめんね」と言うのか。
小塚崇彦はファイナル進出が微妙・・・。

⇒2011年11月20日「浅田真央に負けるわけにいかない小塚崇彦…全日本選手権2011」はこちら。

以下に、「浅田真央、納得の笑顔…ソチ五輪金メダルへ確かな手応え」と題する2011年11月13日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

きのうのブログ「浅田真央、完全復活は間近…GPシリーズ2011NHK杯復調」に続いて・・・。

⇒2011年11月12日「浅田真央、完全復活は間近…GPシリーズ2011NHK杯復調」はこちら。

フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)2011。
第4戦「NHK杯」が北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われている。
きのうは女子フリースケーティング。

ショートプログラム(SP)首位の鈴木明子が逃げ切り、2009年中国杯以来2度目のGPシリーズ優勝。
12月にカナダで開催される、上位6選手が競うグランプリファイナル(GPファイナル)2011進出を決めた。
SP3位の浅田真央はフリー1位。
が、わずかに及ばず、2位に留まった。

                       ◇

浅田真央はフリーでリストの「愛の夢」を滑り終え、リンクで幾度もうなずいた。
現時点でベストの演技を行えたという納得の笑顔だった。
会場の温かい拍手はなかなか鳴りやまない・・・。

浅田真央はSPで失敗した冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を回避した。
佐藤信夫コーチからダブルアクセル(2回転半ジャンプ)を跳んでいたら得点が伸びたと諭された。
このジャンプを確実に決めるとリズムに乗り、2回転半−3回転トーループの連続ジャンプなどを決めた。
スピンとステップも見事だった。

同じ曲を2季連続で用いるのは異例だ。
そこにはプログラムを不完全で終わらせてしまったという後悔がある。
演技の完成度が高まって当然とはいえ、昨季と見違えるほどの出来栄えだった。
一連の動きが大きく、やわらかく、美しい。
しなやかな緩急が素晴らしい。
だれも彼女に及ばない。

SPの「シェヘラザード」とフリーの「愛の夢」の組み合わせは最高だ。
フィギュアスケーター浅田真央の魅力を余すところなく伝えられるプログラムといえよう。
かすかなユーモアを含んだ軽快さと明るさ、しっとりとした優雅さ(エレガンス)と美しさ。
2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)のために取っておきたいくらいだった。

私自身は、浅田真央の復調は今季後半、完全復活は来季後半で十分と考えていた。
順調すぎてむしろ怖い。
オリンピックの中間では、一流選手は落ちるだけ落ちるのもよし。
オリンピックシーズンにピークを持っていけた選手が表彰台の頂点に立てる。
いまの勝敗に一喜一憂すべきでない。
NHK杯2位という結果は彼女にとり幸運だった。

私が最近まで天才少女だと思っていた浅田真央。
彼女はフィギュアスケーターとして成熟を目指す時期に差しかかった。
世界トップクラスとしての選手寿命はそれくらい短い。
昨季苦しみ抜いたどん底の体験が彼女のスケーティングのレベルを大きく引き上げた。

浅田真央はもともと持っていた精神面の強さに磨きがかかった。
それ以前に、人間的に成長した。

佐藤信夫コーチの指導を受けるようになり、1年が経った。
とくに厳しく要求されてきたスケーティングのスピードがおおいに増した。
速いのみならず、滑らかだ。
粘り強く積み重ねてきた努力がようやく自信となって表れはじめている。

さらに、浅田真央は表現力が格段に向上した。
残る課題は、得点を伸ばせるジャンプだ。
私はNHK杯の演技を見て、浅田真央がソチオリンピック金メダルへの確かな手応えをつかんだと感じた。

                       ◇

鈴木明子はNHK杯1位という結果に、インタビューで申し訳ないと語った。
何と“人がいい”ことか。
ジャンプでミスが出たが、落ち着いて滑り切った。
26歳のベテランの頑張りは日本選手に励みとなる。

                      ◇◆◇

小塚崇彦に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年11月26日「浅田真央、心のなかで『たかちゃん、ごめんね』」はこちら。

⇒2011年11月20日「浅田真央に負けるわけにいかない小塚崇彦…全日本選手権2011」はこちら。

⇒2011年11月15日「高橋大輔と小塚崇彦の比較…スケーターの特性と演技」はこちら。

⇒2011年11月2日「浅田真央をあたたかく見守ろう…心強い小塚崇彦の存在」はこちら。

⇒2011年10月22日「フィギュアGPシリーズ2011日程&出場選手…小塚と真央は?」はこちら。

⇒2011年10月3日「小塚崇彦、劇的成長の予感…自分が引っ張るしかない」はこちら。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年7月10日「小塚崇彦と浅田真央が初々しい…お似合いカップル」はこちら。

⇒2011年4月27日「小塚崇彦、金メダルへの距離…世界選手権」はこちら。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

⇒2010年12月10日「高橋大輔を追う小塚崇彦に不安、村上佳菜子は自信」はこちら。

⇒2010年11月28日「イケメン小塚崇彦に足りないもの…GP圧勝」はこちら。

⇒2010年11月10日「安藤美姫と小塚崇彦、アベック優勝の注目度」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

村上佳菜子と山田満知子コーチ、ソチ五輪への本気

フィギュアスケートグランプリシリーズ2011(GPシリーズ2011)第5戦フランス杯(フランス大会)が行われる。
男女とも18日はショートプログラム(SP)、19日はフリースケーティング(FS)。
GPシリーズ上位6選手によるグランプリファイナル2011(GPファイナル2011)への出場権争いも激しさを増す。
こちらは12月8〜11日にカナダで開催される。

村上佳菜子はGPシリーズ初戦の中国杯(中国大会)で精彩を欠き、自己ワーストの6位に終わった。
SP4位から巻き返しを狙ったが、フリーでジャンプのミスを重ねた。
表現面でいくらか収穫を得られたが、技術面でライバルに大差をつけられた。
GPファイナルへの進出は絶望的な状況…。
彼女から天真爛漫な笑みが消えた。

村上佳菜子は山田満知子コーチの指導のもと、困難なプログラムを組んだ。
あえて苦手なジャンプと大人の表現を取り入れた。
2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)への出場を目指し、ステップアップに打ち込む。
二人はむろん本気なのだ。

村上佳菜子はジュニアからシニアへ転向した昨季、無我夢中で滑った。
実際、1戦ごとに著しい成長を見せた。
本人もやっていけるという手応えをつかんだ。

2季目は自身の課題も徐々にはっきりし、その克服を意識するようになった。
競技(試合)の怖さも少し分かった。
また、得点や順位に対する欲が強くなる。
いろいろ考える分、演技に勢いや思い切りのよさが影をひそめる可能性がある。
いったん“小休止”に入るのかもしれない。
私は天性の明るさで乗り切ってくれると考えている。

村上佳菜子は11月7日に17歳の誕生日を迎えた。
本人は一つ大人になったので落ち着いて演技したいと心機一転を誓った。

海外勢はGPファイナル進出を決めているイタリアのカロリナ・コストナーが3戦目に臨む。
また、スケートアメリカ(アメリカ大会)優勝のアメリカのアリッサ・シズニー、スケートカナダ(カナダ大会)優勝のロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワが出場する。

                       ◇

織田信成は中国杯で2位に入り、優勝すれば無条件で、2位でも他選手の順位次第でGPファイナル進出が決まる。
17日の公式練習では4回転ジャンプを成功させた。
が、けがの影響を考慮し、回避するはずだ。
中国杯で取りこぼしたスピンやステップを修正し、演技の完成度で勝負する。

海外勢はスケートカナダ(カナダ大会)優勝のカナダのパトリック・チャン、スケートアメリカ(アメリカ大会)優勝のチェコのミハル・ブレジナが出場する。

                      ◇◆◇

村上佳菜子に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年4月25日「村上佳菜子はひょっとして…世界フィギュア」はこちら。

⇒2010年12月23日「村上佳菜子に挑む浅田真央…全日本フィギュア選手権」はこちら。

⇒2010年12月11日「村上佳菜子は僅差3位、織田信成は後退2位」はこちら。

⇒2010年12月10日「高橋大輔を追う小塚崇彦に不安、村上佳菜子は自信」はこちら。

⇒2010年12月9日「真央二世・村上佳菜子、安藤美姫と頂点を競う」はこちら。

⇒2010年10月25日「浅田真央を気づかう高橋大輔と村上佳菜子」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

高橋大輔と小塚崇彦の比較…スケーターの特性と演技

フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)2011。
第4戦「NHK杯」が北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われた。
きのうは男子フリースケーティング(FS)。

その前日に行われた男子ショートプログラム(SP)。
元世界王者の高橋大輔は自己ベストを更新する 90.43点で首位に立った。
冒頭の4回転ジャンプを回避したにもかかわらず、世界歴代3位の高得点にビックリ。
久々に充実した笑顔を見せた。

昨季の世界選手権銀メダリストの小塚崇彦は 79.77点で2位につけた。
4回転ジャンプを跳ぶつもりで3回転フリップの準備をしておらず、ミスが出た。
SPでの得点差としては小さくない。

高橋大輔はフリーが初挑戦のブルースだった。
曲調にそれほど強弱がないので演技が難しい。
が、実に雰囲気があった。
音楽と一体になった世界観の構築に関しては、過去を含めて彼の右に出る選手はいない。
会場の観衆をすっかり酔わせた。
参りました…。

高橋大輔は冒頭の4回転フリップで転倒したが、その後はうまくまとめた。
一時精彩を欠いたスピンとステップも戻ってきた。
切れと粘りが見事な情熱的なダンスである。
が、本人はさわやか(?)に踊ってしまったので、メリハリをつけたいと語った。
もっと濃厚な気配を漂わせたいのだ。

高橋大輔は表現力を磨くため、米国でバレエのレッスンを受けた。
また、フランスでスケーティングの基礎技術を見直した。
そうした成果が早くも表れている。
3位に終わった初戦の「スケートカナダ(カナダ大会)」から一気に調子を上げてきた。

本人はNHK杯連覇について、去年は優勝していいのかなという感じだったが、今年は一歩ずつステップアップしていると分かった優勝だったのでよかったと総括した。
気力が充実してきた。
体力が増し、調整が進めば、得点をさらに伸ばしそうだ。

小塚崇彦は冒頭の4回転ジャンプが両足着氷となったが、その後は大きなミスを犯さずにまとめた。
SPに続き、フリーでもシーズンベストを更新した。
それでも昨季のピークから調子をかなり落としている。
しかし、自身の課題に則って計画的に練習に取り組んでおり、心配はまったくいらない。
調整の遅れに尽きる。
私はNHK杯の演技を見て、表現面でおおいに進歩していると感じた。
今季は棒に振ってもかまわない。

小塚崇彦はバックステージで高橋大輔のフリーの演技を見届けた。
全体的な流れ、そして競技とはいえ“魅せる”ところが自分はまだまだと総括した。
一度は乗り越えたかと思った高橋大輔に跳ね返され、圧倒された。

小塚崇彦は高橋大輔とスケーターとしての特性も演技も対照的である。
同じ観点での比較に意味はないにしろ、魅せるという部分では依然として相当な差がある。
得点もさることながら、会場で観衆を巻き込めないと、世界で頂点に立てない。
「自分の殻を破る」が、できそうでなかなかできない。

なお、日本勢は前日の鈴木明子と合わせ、3年ぶりの男女優勝となった。
高橋大輔は12月にカナダで開催される、上位6選手が競うグランプリファイナル(GPファイナル)2011進出を決めた。
小塚崇彦は残りのGPシリーズ2戦の結果待ちだ。

                      ◇◆◇

高橋大輔に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月29日「高橋大輔、燃え尽き症候群克服か…GPシリーズ&ファイナル」はこちら。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年5月17日「浅田真央と高橋大輔の関係をすっぱ抜く」はこちら。

⇒2011年4月28日「高橋大輔、世界フィギュア優勝へのスイッチ」はこちら。

⇒2011年4月26日「高橋大輔は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

⇒2011年2月20日「高橋大輔、金メダル宣言…世界選手権東京大会」はこちら。

⇒2010年12月7日「高橋大輔は心に訴えない…内臓を揺さぶる泥臭さ」はこちら。

⇒2010年10月25日「浅田真央を気づかう高橋大輔と村上佳菜子」はこちら。

⇒2010年4月16日「妹真央を兄大輔が気遣う春の園遊会」はこちら。

⇒2010年3月26日「高橋大輔、日本男子初の金メダル!」はこちら。

⇒2010年3月4日「あきれた浅田真央と高橋大輔の言葉!」はこちら。

⇒2010年2月19日「高橋大輔、4回転失敗も銅メダル!」はこちら。

⇒2010年2月19日「高橋大輔、攻めか守りかメダル予想」はこちら。

⇒2010年2月17日「男子フィギュアSP、高橋3位、織田4位」はこちら。

                      ◇◆◇

小塚崇彦に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年11月2日「浅田真央をあたたかく見守ろう…心強い小塚崇彦の存在」はこちら。

⇒2011年10月22日「フィギュアGPシリーズ2011日程&出場選手…小塚と真央は?」はこちら。

⇒2011年10月3日「小塚崇彦、劇的成長の予感…自分が引っ張るしかない」はこちら。

⇒2011年9月30日「ジャパンオープン2011…安藤美姫、高橋大輔、小塚崇彦が出場」はこちら。

⇒2011年7月10日「小塚崇彦と浅田真央が初々しい…お似合いカップル」はこちら。

⇒2011年4月27日「小塚崇彦、金メダルへの距離…世界選手権」はこちら。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

⇒2010年12月10日「高橋大輔を追う小塚崇彦に不安、村上佳菜子は自信」はこちら。

⇒2010年11月28日「イケメン小塚崇彦に足りないもの…GP圧勝」はこちら。

⇒2010年11月10日「安藤美姫と小塚崇彦、アベック優勝の注目度」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

浅田真央をあたたかく見守ろう…心強い小塚崇彦の存在

先だってのブログ「浅田真央は順調らしい…GPシリーズ2011NHK杯が初戦」に続いて・・・。

⇒2011年10月6日「浅田真央は順調らしい…GPシリーズ2011NHK杯が初戦」はこちら。

浅田真央がいよいよ登場する。
フィギュアスケートグランプリシリーズ(GPシリーズ)第4戦、NHK杯(日本大会)。
彼女はジャパンオープン2011を欠場しており、今シーズンの初戦になる。
世界選手権2011の開催が延び、さらにチャリティーイベントの出演が続き、オフシーズンが短かった。
練習と調整の時間を取れなかったため、始動を後ろにずらしたのだろう。
加えて、フリースケーティングは昨シーズンに引き続いてリスト「愛の夢」とした。
賢明な判断だ。
それくらい不本意だったという裏返しでもあろう。
演技の熟成が図られる。

浅田真央はGPファイナル2008で金メダルに輝いた。
が、ここ2年は低迷が響き、GPファイナル進出さえ逃している。

浅田真央が例年より登場が遅れた分、ファンの期待が一気に高まる。
とはいえ、昨シーズンのスランプ(不調・不振)から脱出できるかとなると、かなり難しいのでは…。
むろん、あれほどの惨敗はない。
私は、本格的な復活は来シーズンの後半にずれ込むと考えている。
そうだとしても2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)に十分に間に合う。
焦らなくてよい。

浅田真央にとり“滑り”の矯正は思い切った決断だった。
大きなリスクをともなう。
とりあえず“地獄”をくぐり抜けたせいか、昨シーズンの後半から表情がいくらか明るくなってきた。
名伯楽の佐藤信夫コーチの指導を受けて半年、国際大会での演技の出来はともかくとして、納得のいく練習ができるようになった。
それはやがて本番での得点にかならずつながる。
徐々に手応えを感じているはずだ。
一緒に練習する小塚崇彦の存在と成長も彼女には非常に心強い。
二人は互いに素晴らしい刺激を与え合っている。

ジュニア時代から突出した成績を残してきた浅田真央。
文句をつけようがない。
周囲はだれも彼女に合理的で科学的な滑りの指導を施すことがなかった。
素質と身体能力に恵まれており、その必要がなかったのだ。
乱暴な言い方になるが、ほとんど“感覚”で滑っていた。
自身が大人の女性に変化し、またライバル選手が成長するなかで、それだけでは世界の最高クラスの舞台で頂点に立つことができなくなった。
浅田真央はかつての“空白”を取り戻そうと、もがき苦しんでいる。
あたたかく見守ろう。

                       ◇

浅田真央は日本大会とロシア大会に出場する。
日程とおもな選手は以下のとおり。

第4戦◆GPシリーズ 日本大会(NHK杯)
日程:2011年11月11〜13日
男子:小塚崇彦、高橋大輔、町田樹、トマシュ・ベルネル(チェコ)
女子:浅田真央、鈴木明子、石川翔子、キーラ・コルピ(フィンランド)、アリョーナ・レオノワ(ロシア)

第6戦◆GPシリーズ ロシア大会(ロシア杯)
日程:2011年11月25〜27日
男子:羽生結弦、アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)、トマシュ・ベルネル
女子:浅田真央、今井遥、キーラ・コルピ、アリョーナ・レオノワ

浅田真央は昨シーズンのNHK杯では屈辱の8位に沈んだ。
そのときよりも完成度の高い演技を披露し、ファンを安心させてくれるのでは・・・。
私はとても待ち遠しい。

以下に、「浅田真央は貯金を使い果たした」と題する2010年12月16日のブログをそのまま収める。

                      ◇◆◇

おとといのブログ「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」の続き。
競泳平泳ぎ男子・北島康介は五輪(オリンピック)の都度、古い泳ぎを脱ぎ捨てた。
それは改造というより「創造」である。
私たちに進化した姿を見せてくれた。

北島康介は金メダルを取るために2〜3年がかりで脱皮を成し遂げた。
1年程度では自分のものにできないのかもしれない。

⇒2010年12月14日「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」はこちら。

フィギュアスケート女子・浅田真央はジャンプの矯正に取り組んでいる。
私は専門知識を持たないので、それがどの程度のものか分からない。
が、2014年ソチ冬季五輪(オリンピック)で頂点に立てることを目標にしていなくては意味がない。
マスコミなどはせっかちだが、すぐに結果を出せたら、それこそ問題でなかろうか。

専門家の一部が浅田真央の滑りとジャンプに問題があると指摘していた。
もしそうなら、これまではジュニア時代の“貯金”で勝ってきたということはないのか?

ジュニアからシニアへ転向するときに大きな挫折を味わうのが普通である。
ところが、実力の突出した選手はすんなりと勝ててしまう。
一番の強みは、軽い体でくるくる回れること。
表現の不足をジャンプの得点でカバーしておつりがくる。
たいていの選手が避けられない滑りの見直しを通り抜けられるのだ。

浅田真央は、安藤美姫がシニアへ転向してから、周りにライバルがいなかった。
滑れば勝つ。

今シーズンの不調の直接的な原因は滑りとジャンプの修正であり、それ自体は心配いらない。
しかし、昨シーズン辺りからの不調の根幹の理由は、貯金を使い果たしたことでなかろうか。

浅田真央は20歳になり、ジュニア時代からの脱皮を図らなければ結果を出せない難しい地点に差しかかっている。
私は、来シーズンの後半には新しい姿を見られると信じ、心待ちにしている。
焦らず、どうか納得がいくまで改造、いや創造に取り組んでほしい。

やはり村上佳菜子にも壁にぶつかる時期が訪れるはずだ。

                      ◇◆◇

浅田真央に関するブログは以下のとおり。

⇒2011年10月6日「浅田真央は順調らしい…GPシリーズ2011NHK杯が初戦」はこちら。

⇒2011年10月1日「なぜ? 浅田真央ジャパンオープン、安藤美姫グランプリシリーズ欠場」はこちら。

⇒2011年9月17日「浅田真央…和田創は「浅田創」状態なのか?」はこちら。

⇒2011年7月10日「小塚崇彦と浅田真央が初々しい…お似合いカップル」はこちら。

⇒2011年7月3日「浅田真央はどんな「愛の夢」を見るのか?」はこちら。

⇒2011年6月30日「北島康介の勝負脳、浅田真央の脱皮計画を応援しよう!」はこちら。

⇒2011年6月27日「佐藤信夫コーチのカミナリ、浅田真央を直撃!? 」はこちら。

⇒2011年6月22日「浅田真央の肉球、アメショーのトリプルアクセル」はこちら。

⇒2011年6月20日「浅田真央、看板を引っ込める勇気…トリプルアクセル」はこちら。

⇒2011年6月18日「AKB48の隆盛、浅田真央の奇跡、読売巨人軍の凋落」はこちら。

⇒2011年6月16日「浅田真央の準備、プロ講師の準備」はこちら。

⇒2011年6月14日「浅田真央・井上真央・大地真央…血液型と美人度」はこちら。

⇒2011年6月11日「浅田真央と高橋大輔、二人の熱愛のその後」はこちら。

⇒2011年5月22日「浅田真央コーチ、安藤美姫コーチ、どうしたものか?」はこちら。

⇒2011年5月19日「佐藤信夫、浅田真央を叱る…新横浜の好々爺」はこちら。

⇒2011年5月17日「浅田真央と高橋大輔の関係をすっぱ抜く」はこちら。

⇒2011年5月14日「浅田真央のストイック、金妍児の自由奔放」はこちら。

⇒2011年5月12日「金妍児、ソチオリンピック出場と優勝の可能性」はこちら。

⇒2011年5月5日「荒川静香と浅田真央、天才少女の重圧と低迷」はこちら。

⇒2011年5月3日「世界フィギュア採点のなぞ…安藤美姫の勝利」はこちら。

⇒2011年5月1日「浅田真央、世界で勝つ判断と作戦…佐藤信夫コーチ」はこちら。

⇒2011年4月30日「浅田真央、やってみないと分からない…修正途上」はこちら。

⇒2011年4月29日「浅田真央の連覇か安藤美姫の返り咲きか…世界女王」はこちら。

⇒2011年4月27日「浅田真央の純粋な狂気に学ぶ…プロ講師の心得」はこちら。

⇒2011年4月24日「世界女王・真央と五輪女王・ヨナ、プライド激突!」はこちら。

⇒2011年4月23日「キム・ヨナの恩返しと現役引退…世界フィギュア」はこちら。

⇒2011年4月22日「世界フィギュア2011日程…浅田真央は勝てる?」はこちら。

⇒2011年4月20日「浅田真央と井上真央、もう一人の真央」はこちら。

⇒2011年4月17日「斎藤佑樹のハラハラ、浅田真央のドキドキ…日本の至宝」はこちら。

⇒2011年4月17日「浅田真央、世界フィギュア2011延期の影響」はこちら。

⇒2011年3月6日「浅田真央は2位じゃダメなんでしょうか」はこちら。

⇒2011年3月2日「浅田真央、キム・ヨナにめらめら…世界選手権」はこちら。

⇒2011年2月26日「真央ちゃんと二人乗り…うれしはずかし」はこちら。

⇒2011年2月24日「浅田真央、世界フィギュアは崖っぷち」はこちら。

⇒2011年2月19日「復調・浅田真央、本場の中華が高速で回転!」はこちら。

⇒2011年2月17日「浅田真央の調子と連覇…四大陸フィギュア選手権」はこちら。

⇒2011年2月6日「浅田真央、バレエ転向の噂…ストナリニ選手権後」はこちら。

⇒2011年2月5日「浅田真央に連覇の期待…世界フィギュア2011東京大会」はこちら。

⇒2011年1月28日「キム・ヨナ、浅田真央への秘策…世界選手権2011」はこちら。

⇒2011年1月27日「浅田真央は小塚崇彦をどう思っているのか?」はこちら。

⇒2011年1月17日「浅田真央と福耳ボールペン」はこちら。

⇒2010年12月29日「浅田真央と30人31脚」はこちら。

⇒2010年12月26日「浅田真央、蝶の舞、2011世界フィギュア選手権代表」はこちら。

⇒2010年12月25日「浅田真央、観衆総立ち、感動の1位発進…全日本」はこちら。

⇒2010年12月23日「村上佳菜子に挑む浅田真央…全日本フィギュア選手権」はこちら。

⇒2010年12月20日「浅田真央はもうあの頃に戻れない」はこちら。

⇒2010年12月18日「浅田真央を取りあげた、いい加減なブログ」はこちら。

⇒2010年12月16日「浅田真央は貯金を使い果たした」はこちら。

⇒2010年12月14日「浅田真央は五輪4冠の北島康介の脱皮計画に学べ」はこちら。

⇒2010年12月11日「浅田真央がかいた汗の量」はこちら。

⇒2010年12月4日「浅田真央、惨敗後インタビューの残酷と地獄」はこちら。

⇒2010年12月2日「浅田真央のリップサービス…マスコミ対応」はこちら。

⇒2010年12月1日「浅田真央はソチ仕様に工事中、勝てなくて当然」はこちら。

⇒2010年11月29日「浅田真央、ジャンプの修正か改造かの判断」はこちら。

⇒2010年11月28日「惨敗・浅田真央は輝きを取り戻せるか?」はこちら。

⇒2010年11月27日「浅田真央、得意なジャンプが壊れる恐怖」はこちら。

⇒2010年11月25日「浅田真央を引き受けた佐藤信夫コーチの胸中」はこちら。

⇒2010年11月23日「浅田真央、ソチ五輪栄冠への長いトンネル・・・」はこちら。

⇒2010年11月21日「浅田真央が流した悔し涙の価値とは?」はこちら。

Copyright (c)2011 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
日本ロボコム代表
ロボットビジネス勉強会&交流会主宰
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研

お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ