コンサルの引き出し|和田創ブログ

だれの目の前にも可能性の地平は広がる。それを切り拓けるかどうかは自分次第である。「面白くないジョークの会」初代会長が解き明かす経営と人生の奥義とは?

MBA

『起業の教科書』刊行…SBI大学院大学

起業の教科書 ―次世代リーダーに求められる資質とスキルビジネス雑誌・図書の老舗出版社「東洋経済新報社」から『起業の教科書』が発行された。
10年振り。
私がいかに怠けていたか、よく分かる。
といっても、SBI大学院大学(MBA)の教官12名による共著である。
私が執筆したのは3万字、通常の単行本の3分の1、70ページくらい。
それを2万4千字まで減らすのに苦労した。
私が受け持った章は、「起業を円滑・確実にする営業力 〜出会いと巻き込みによる成功法」である。

書名◆起業の教科書
副題◆次世代リーダーに求められる資質とスキル
編著◆北尾吉孝(SBI大学院大学学長)
刊行◆東洋経済新報社
仕様◆A5判上製、292ページ
定価◆2,730円(消費税込み)

私は、東洋経済新報社のホームページをのぞいた。
それによれば、内容はSBI大学院大学の講座内容を軸に、ベンチャービジネスに必要な知識を網羅している。
ビジネスモデル、収支計画、事業計画、資金調達、営業、法務の基本を丁寧に解説している。

おそらく格調の高い原稿が並んでいるのでは…。
ハードカバーの装丁に気品を感じた。
私は例によりえぐい原稿である。

私が言いたかったのは、営業マンこそ会社をつくりなさい。
主張は明快だ。
仕事を取ってこられる営業力を持つなら、起業など恐れるに足らない。
また、私を含め、考えない営業マンこそ起業に向いている。
MBAで学ぶ人を眺めれば分かるように、知識や技術、手法を詰め込むと自らブレーキを踏みやすい。
起業は度胸に決まっている。

なお、私の原稿は、おもにこのブログ「和田創 講演講師の引き出し」からピックアップした記事を編集加工した。

                       ◇

私は何とか来年3月までに“自分の本”を2冊出したいと頑張っているところ…。
1冊は営業本だ。
営業変革・再建系コンサルタントとしての集大成である。
長年にわたり企業研修、公開セミナー、講演などで述べてきた収益伸長のための営業の極意を明かす。

書名◆営業全否定
副題◆真逆営業の思想と実際
惹句◆エイギョウの「エ」の字も知らない社長と上司につける薬

むろん、すべて仮。
やはりこのブログの記事を編集加工する。
私の思惑にすぎないが、年明け早々に刊行できればうれしい。
それもこれも原稿をいつ完成させられるかにかかっている。

◆書き加え1

このブログはきのうの午前中にしたためた。
夕方、麹町の書店に足を運んだが、『起業の教科書』はまだ店頭に並んでいなかった。
隣のSMBCコンサルティングで「変革リーダーの条件」講演会に立ち会う。

自宅に戻ると、書籍が届いていた。
なかなか立派である。

きょうくらいから出回っている模様。

◆書き加え2(7月27日)

楽しみにしていた『起業の教科書』の刊行。
ところが、本を手にし、目を疑った。
私が知らないうちに原稿が書き換えられていた。
しかも、内容がゆがんだり、間違っていたり…。
揚句、結論が反対になった。
私は絶句…。

読者にも大変申し訳なく思う。
以下に『起業の教科書』和田創正誤表を載せた。

⇒2010年7月27日「起業の教科書・正誤表…SBI/東洋経済」はこちら。

Copyright (c)2010 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

SMBC20100728

MBA、大学で営業学の授業

私は新設間もないSBI大学院大学で講師を務めている。
わが人生0460大学を例に引くまでもなく、学校のブランドづくりには相当な歳月を要する。
まったくこれからのMBA(社会人大学院)といってよい。
教育機関が置かれている経営環境は厳しいが、たくましく育ってもらいたい。
むろん、私も微力を尽くす。

わが人生0461さて、自分で言うのも何だが「教育者」の端くれ。
実学重視との趣旨で声をかけていただいたとき、使命のようなものを感じてわくわくした。
だから、条件面は何一つ尋ねることなく、ボランティアのつもりで引き受けた(無料でない)。

40代前半、日本経済新聞社や産能大学などから「企画」に関わる著作を立てつづけに刊行した。
その際にも話が持ちあがったが、私の事情で叶わなかった。
最近にもあったが、地理的な条件などで難しかった。

わが人生0462私がSBI大学院大学の要請を受け入れた理由はいくつかある。
例えば、地元の横浜・関内。和田創研にとりきわめて重要な顧客のすぐそば。
一番大きいのは、年齢的なもの。
日本の将来を担う人たちに何か伝えられるのでないかという思い。
しかし、本業、つまり収入をあまり犠牲にできない。

営業変革講演なるべく近場でと考えていたので、通信制授業のMBAはぴったり(収録も関内)。
学校もネット講義も初挑戦だった。

私は昨年度の後期から携わったものの、学生の反応が見えないため、講師に大きなストレスが残ることが分かった。
そこで、新年度を迎えるに当たり、MBAの事務方に対し、教室での特別授業と学生とのディスカッションを無償で行うと申し入れた。
学生は経営層が中心であり多忙を極めるが、希望が寄せられるなら喜んで…。
SBI大学院大学《資料請求》私が受け持っているのは「実践営業論」である。
特別授業は「営業」をテーマとするが、その後のディスカッションは「起業」を絡めたい。
営業と起業について考えを深める場になり、さらにビジネスが生まれるきっかけになれば嬉しい。

SBI大学院大学では先週土曜日から前期の過程が始まった。

                       ◇

わが人生0463私が十余年にわたって行ってきた講演公開セミナー企業研修は、経営トップや営業幹部を含めた社会人が対象となる。
その点で、MBAでの講義に違和感はなかった。

いつか、私にとり未経験の、大学生を相手としたナマの授業を行ってみたい。
営業部門に配属される新卒も多いのだから…。

わが人生0464最終的には、大学、大学院、MBAのすべてで「営業学」の指導を経験できればと思う。
私が目指す営業人と営業職の社会地位、社内地位の向上にもつながろう。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

営業変革トップセミナー

2合目辺りで道に迷う

きのう、私が「アゴリア」に登録していることを書いた。
それが、大前研一(私は確立したブランドに「さん」をつけない)の率いるMBAで学ぶ人たちが中心となっているSNSだと知ったのは、ずっと後になってから。

わが人生0441私は、社会人大学院で学ぶ人たちに尊敬の念を抱いている。
仕事に携わりながらという姿勢が凄い。
そうでない人についても、仕事に就いた後で中断し、学習に取り組むという姿勢が凄い。
怠惰な自分にはとてもマネできない。
企業を、経済を、日本を、すでに引っ張っているか、これから引っ張っていく人材が集う。

わが人生0442さて、先だってアゴリアで“友だち”の申請が寄せられた。
それが大正生まれの、80歳を超えた人生の大先輩。
アルツハイマーで家族さえ分からなくなってしまった親父と5歳ほどしか違わない。
私の膨大なブログなどにきちんと目を通してくださったようで、読むスピードが速くなければ叶わない。

私は大先輩のブログをいくつか拝見した。
しっかりとした内容と文章だが、書くスピードが速いことが伝わってくる。
いつも頭を鍛えている証拠!
読むのも書くのも極端にのろい私と正反対である。

わが人生0443メッセージによれば、日本の将来に思いを寄せ、さまざまな社会活動に目を向けておられるとのこと。
政局ばかりでなく、とくに教育問題、なかでも次世代のリーダーのMBAでの研鑽に関心をお持ちのようだ。
私はヒヨコだが、同感。
MBAには最高の人材が集まっており、日本経済のあすは彼らにかかっている。
非常に気がかり。

私が何よりも驚いたのは、ご高齢にもかかわらず読書や受講などを通じて猛勉強を続けておられること。
プロフィールに学習履歴のごく一部が記されていたが、その質と量に圧倒された。
私は向上意欲が強いつもりだが、向学心が薄い。勉強が大の苦手で、読書がまったくダメ。

わが人生0444私は若い頃、社会のどこにも居場所を見つけられなかった。
自分の意思でなく、結果としてドロップアウトした。
となると、自分で居場所をつくっていくしかない。
食っていくのが先決なので、働き場所と呼んでもよい。
フリーランスの走りだった。
会社に務めた経験がないので、だれからも教わったことがない。
目の前の仕事をしゃにむにこなし、生活費に変えていった。

わが人生0445私は、当初は食べるのに精一杯で、そしていくらか軌道に乗ってからは多忙で、本をほとんど読めなかった。
年中無休、起きている時間はすべて働いていた。

やがて文字を追うことが億劫になり、さらに本を読まなくなる。
同時に、何もかも自力で考えることに喜びを感じるようになった。
また、現職のコンサルタントになり、教わることにより考える力を衰えさせた人と多く接した。
ついに本をまったく読まなくった。

わが人生0447しかし・・・。
職業人生に夕暮れが迫っているというのに、私は5合目にも達していない。
いや2合目辺りで道に迷っているのかもしれない。
頂上にたどり着くのはムリとしても、せめて8合目に差しかかっていれば、澄んだ眺望が開けてくるだろうに…。

私は思う。
わずかでも本から学んでいたら、これほどの試行錯誤は避けられたのでないか。
半分の歳月で、現在の地点に立っていられた?

遠回り、滑りっ放しの職業人生である。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

2009年4月公開講座

会社をつくりMBAに行こう

「会社をつくりMBAに行こう」。
川柳20080312-03おおいに結構。
経営に打ち込むなかでさまざまな困難や問題にぶつかる。
まずは自分の頭で考え抜く。
しかし、会社が大きくなるにつれ、克服や解決が難しいケースが出てくるかもしれない。
そうした際にMBAで学ぶことはかなり有効である。
社長としてのっぴきならない現実を抱えているので、教えもよく身につくはず。

起業教本0071ところが、「会社をつくりMBAに行こう」の順序を逆にしてしまうと厄介である。
社会人大学院(MBA)の多くは起業家の養成を謳う。
また、学生はそうした希望を持ち、すでに相当な自己学習を積んできた人も珍しくない。
しかし、修了(卒業)後の起業率は目を疑うほど低い。

起業教本0072知識は行動にブレーキをかける方向に働きやすい。
とくに起業はリスクそのものであり、頭を巡らせるほどネガティブな結論に辿り着く。
「MBAに行って会社をつくろう」とすると、乗り越えるべき障壁が高くなる。

MBAソリューションセールス研修実際、会社を経営するには、小学生高学年くらいの知識があれば済む。
足し算と引き算。
ただ、これだけだと280円の饅頭が347個売れたときに大騒ぎになるので、掛け算と割り算。
起業教本0073ちなみに、会社をつぶすのは引き算のできない社長。
これを専門用語で「収支管理」と呼ぶ。

経営コンサルタントとして多くの創業社長に接してきた私の経験から述べれば、起業は内なる衝動から始まる。
起業教本0074だいたい皆、頭が悪い。
おそらく先方も私に対して同じように感じているのでなかろうか。

頭が悪い者同士だから話が至ってシンプルになり、馬も合う。
起業教本0075世の中はつくづく面白い。

理性の制止を振り切り、起業のリスクを冒すのは難しい。
やはりMBAに行く前に会社をつくるのがよい。
学習効果もケタ違い。

起業教本0076安心を求めてMBAに行くようだと、起業は絶望的である。
せめて挑戦を求めてほしい。

Copyright (c)2009 by Sou Wada

人気ブログランキング←応援、よろしく!

和田創 提案営業研修 1日体験版

不況乗り切り、営業強化セミナー

人気ブログランキング←応援、よろしく!

景気は土砂降りから嵐に突入しそうな気配…。
いよいよ大不況がやってくるのだろうか?
すでに営業現場では顧客からの引き合いが減りはじめている。
顔出しや御用聞きのレベルではとてもやっていけない。
秋口、業績の下方修正や企業の経営破綻が相次ぐはず。
この難局を乗り切るには、営業強化が必須かつ急務である。

そこで、近々、和田創公開講座「提案営業研修1日体験版」を開催する。
私が、営業関係者の意識改革の重要性、提案営業の必要性を懇切丁寧に解説する。
経営トップが主導し、「営業発の全社改革」を断行する際に、社内コンセンサスが円滑に形成されよう。
ちなみに、この提案営業は「コンサルティングセールス」「ソリューションセールス」とも呼ばれ、生き残りでなく勝ち残りを目指す営業手法だ。
内需縮小下でも持続的成長を成し遂げる。

当日は、提案営業研修の定番、和田創研「8日間コース」のエッセンスを丸1日、心ゆくまで堪能できる。
私ども主催ならではの至れり尽くせり。中身の濃さ、気づきの深さは随一。
研修+懇親会で、膝を叩いて納得できる。
24名限定で、衝撃・感動の貴賓席をご用意している。

以下に、私どもの「提案営業研修8日間コース」の際立った特色を紹介しよう。

                       ◇

私が長年の試行錯誤の末につかんだ営業の真髄を、企業向けのカリキュラムに仕上げたのが「和田創方式提案営業研修8日間コース」である。

本研修を世に送り出し、十余年―。
この間、私は研修の反応や成果を検証しながらコンテンツを見直し、カリキュラムを練りあげてきた。
こうした不断の改善の執念が実り、日本を代表する営業研修として、不動の地位を確立している。

これまでに業種や商品、規模や階層を超え、多くの企業で採用され、圧倒的な評価を獲得してきた。
うなりを立てて押し寄せる「受講者の声、声、声…」がそれを物語っている。
机上の空論を排し、己の営業体験と優績者の営業思想・営業技術で裏打ちした、実践的かつ具体的なカリキュラムである。

私がとくに心血を注いだのは、トップセールスパーソンの秀でたセオリーとノウハウを咀嚼し翻訳して、普通の営業担当者にフィードバックすることだった。
その意味で、本コンテンツの有効性は、その成り立ちからも担保されている。
実践的かつ具体的なばかりでなく、実証的かつ合理的なカリキュラムである。

本研修は、成長を願うすべての営業関係者に、「血となり肉となる」ものであることをお約束する。

                       ◇

以上。
私の通常の公開セミナーと比較し、時間をたっぷりと確保している。
この1〜2時間のプラスが“本物の提案営業”を把握するうえで非常に重大である。
また、参加者を経営層と管理職に限定しているので、落ち着いた雰囲気のなかで受講できる。
さらに、夕食を交えた「懇親会」で質疑応答や意見交換が行える。
「提案営業研修1日体験版」のカラーパンフレットこちら

事前に私どものホームページにお目通しくださると、研修内容をスムーズに理解できる。
研修および懇親会の会場は決定次第、詳しい地図を添えてご連絡する。
また、和田創のプロフィールこちら
どうか奮ってご参加ください。

なお、こうした長年の努力と多大な実績が認められ、10月よりSBI大学院大学にて「実践営業論」を指導することになった。
MBAで「営業」が通年の授業として採用されるのは、私の知る範囲では日本初である。
しかも、通常の倍の単位が認定される。

Copyright ©2008 by Sou Wada

MBAの授業の準備に目が回る

人気ブログランキング←応援、よろしく!

私は、起業家養成のSBI大学院大学(MBA)での「実践営業論」のレクチャーに備え、目が回るほどの忙しさ。
同校の設立趣旨に共感して講師を引き受けたものの、いよいよ授業が始まるとなると準備が非常に大変なことが分かってきた。
火曜日に横浜・関内の同校で打ち合わせを行った。
正直、とても気が重い。

長らく講師として経験を積んできたので、コンテンツのベースはある。
定番の「提案営業研修8日間コース」
ソリューション研修の最高峰と自負している。
したがって、ゼロからカリキュラムをつくるわけでない。
しかし、SBI大学院大学はインターネットを通じて授業を進めるため、教材をきちんと用意しなければならない。
私は企業研修公開セミナーで板書を多用しているが、これをすべて図版に起こす。
殴り書きと異なり、内容の詰めを欠かせない。
かなりの時間がかかりそう。
さらに、放送大学みたいな収録に15日ほど取られる。
8月から10月まで、文字どおり寝る間を惜しむ状態か…。

大学などで講師を務めた経験を持つ方なら分かると思うが、名誉職のようなもの。
したがって、ビジネスでなくボランティアになる。
こんなことを言うと、事務局から報酬を支払っていると叱られそうだが、これに要する一切の時間で割ると、マクドナルドの時給よりはるかに安い。
一足早く短大の講師になった知人が同じことを言っていた。笑いながら…。

                       ◇

MBAで営業が通年のしかも正規の授業に組み込まれたのは、恐らく日本初!
そのうえ2倍の時間、それゆえ2倍の単位が与えられる。
そして、講師にほかならぬこのが選ばれた。
頑張ってきた甲斐があった。
心より感謝したい。

私が使命としてきたのは、わずか2つである。
第1に、営業変革
第2に、営業の地位向上
これは企業勝ち残りの条件と考えているからだ。

今回のMBAの授業への採用は、この第2にいくらか貢献するだろう。
弱音を吐いている場合でない。

Copyright ©2008 by Sou Wada
フリーランス募集
コピーライター、デザイナー(グラフィック、ウェブ)、イラストレーターなどのクリエイター、コンサルタントなどを求めています。
詳しくは、和田創研のホームページをご覧ください。

和田創研
9784907620035-00

9784907620059-00

tokuhon-salestool

tokuhon-salesrobot


応援クリック
いつもおつきあいくださり、ありがとうございます。
皆さまに応援していただくと大きな励みになります。

人気ブログランキングへ

このブログは、おもに長期出張の移動時や宿泊時などに数日分〜1月分の記事を書き溜め、それを家族に更新してもらっています。
しかも、私がときどき新しい記事を割り込ませています。
内容が古かったり、順序が変だったりするのはそのためです。

なお、ブログによりぎりぎりのジョーク、成人向けの内容が含まれます。
ご承知おきください。
私は執筆に当たり全人格を投影したいと考えます。
著作権について
ここに掲載した記事を複写・複製・翻訳・転載・掲示・送信・配信すること、および各種媒体に入力することは、著作者の権利侵害となります。
和田創PDF無料本
(308頁。2月14日発売)
9784907620004-00

(272頁。2月10日発売)
9784907620011-00
プロフィール
wada01











和田創

和田創研代表
シニア起業家
和田 創(わだ・そう)

数字立て直し(伸長)一筋の経営コンサルタント。
教育と指導の年間実績は約百回。対象は社長から役員、管理者、社員まで、テーマは経営から管理、採用、事業、商品、企画まで広範。著書や教材は多数。
2017年、66歳以降はAIやロボット関連の起業に挑むとともに、おもに内需・地場企業から先端分野・成長分野の事業・商品開発を請け負う。クライアントとともに77歳までに百社の設立を目指す(内、自ら11社)。

その他の役職
面白くないジョークの会会長 

和田創研
お気に入り

わだ・そう

カテゴリ




QRコード
QRコード


最新記事









月別アーカイブ
  • ライブドアブログ